2020年07月10日

災害時に車両を残して避難した場合、積載している荷物に対する責任はどうなる?

梅雨らしい天候が続く日々、ドライバーにとっては憂鬱ですね。
九州の方では毎日が「数十年に一度の大雨」という感じで、道路もあちこちで寸断され橋は流され、物流に影響が出ているようです。
鹿児島では新聞配達員の方が増水した川に流されたのではないか?と報じられていました。

ドライバーは特に悪天候時はくれぐれも無理をせぬよう気を付けたいものです。
会社への忠誠心とか荷物や仕事に対する責任感も大事ですが、何よりも命あってのもの。
家族を悲しませては元も子もありません。


さて、軽貨物ドライバーは配達仕事中に災害級の大雨とか大地震に遭遇し、車を捨てて緊急避難するような状況になってしまったら、どのように行動すべきなのでしょう?

問題は車内に荷物を積載したまま車両を放置し避難しなければならなくなった時です。


軽貨物を始める方にとって災害時の状況を想定して元請けや運送会社と取り決めをする方はほとんどいないと思います。

しかし最近は雨の降り方もおかしいしあちこちで地震も増えており、火山も活動が活発になっている。
大地震・大災害がいつどこで起きてもおかしくない。
1日の半分以上の時間を車内で過ごしているような軽貨物ドライバーは、車中で災害に巻き込まれる確率は相当高い。

災害遭遇時、もし荷物を積んでいたら?
車両が水没等して荷物をダメにしたら?
大地震で車両を置いて避難し、荷物が無くなってしまったら?

責任はドライバーにあるのか?会社はフォローしてくれるのか?

こういう部分は至急確認しておいた方が良い。

おそらく真っ当な委託契約を結ぶ時には委託のドライバー・車両は貨物保険に加入することが求められると思います。
保険の内容にもよりますが、多くのトラブルにおける荷物の損害賠償は貨物保険でカバーさせるために委託契約では半強制的に加入させられます。
もし契約時に荷物の責任についての話をしていないのであれば、例え緊急時であっても車載の荷物に何かあった場合はドライバーに責任を押し付けられることがあるかもしれません。



メチャクチャ高額な品物は委託の軽貨物には運ぶ機会が少ないかもしれませんが、それでも数万円〜数十万円ぐらいの荷物は宅配でも普通に運んでいます。
例えばパソコン等や家電類とか。
しかも1件だけではなく数十件分の荷物となれば総金額にすれば100万円を超えてくるでしょう。

もしそれらの荷物について損害賠償請求されたら自腹で払えますか?納得できますか?


先週のある雨の日、ある工場宛てに10ケースの納品がありました。
そのうちの1ケースが湿気で外箱がフニャフニャになり潰れて中身に少し影響があったため返品を食らってしまいました。
私はてっきり数千円ぐらいのものかと思っていたのですが、後日運送会社から値段を聞いてビックリ!ナント一箱4万円相当のものだったと。

ちょっと外箱を傷つけたり濡らしただけで返品食らう神経質な納品先やお客様はいます。
特に宅配より商業貨物の仕事は法人相手で高額な品を運ぶことが多いので貨物保険加入は必須です。
先日は幸い荷主様の方で肩代わりしてもらえたので私が弁償せずに済みましたけど、委託のドライバーとはこういうリスクもある商売です。


ドライバーが落下させて破損したり紛失したならそれは自業自得であり、責任を感じるでしょう。
しかし災害という特殊な状況において命 > 荷物という背に腹を変えられない時でも、荷物に何かあった場合にドライバーはどこまで責任を負わねばならないのか?



最近は異常気象や地震リスクが高まってきているので、命の防衛とともに荷物の責任の所在についても確認しておきましょう。

「配達中、災害に遭遇した場合の荷物についての責任」はユーチューバーさん達も誰も報じてくれていませんが、「1日200個配達できるようになる方法」なんかより大事なことです。
配達することに集中しすぎて積んだ荷物のどこかを傷めたりするなんてことは軽貨物あるあるです。

運んでいる荷物一つ一つに損害賠償の責任を感じましょう。
もし自分が荷物を頼んだ側になって考えれば、この仕事の怖さがよりハッキリと見えてきます。

災害時の荷物に対する補償を知っておくことは命を守るのと同様に大事なことなのです。
どんな高額な荷物運んでも配達単価が同じということを不思議に思わなければ、いずれは痛い目に遭いますよ!

請負先との荷物の補償問題と貨物保険の内容の確認は忘れずに!




posted by ガラダマ at 18:01| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

軽貨物の他に収入の柱を持とう!コロナに負けない強い働き方を構築せよ!

自粛解除後の東京都の1日あたりのコロナウイルス感染者数がついに100人を超えてきました。
昨日は107人、そして今日は124人に!

都知事選が近づいてきて明らかにコロナ対策のスピード感・緊急性が無くなってきた感じがします。
ここ最近の主な感染源がどこなのか明らかなのに何の対策らしきものが示されないのは、政治家が無能なのかもはや打つ手が無くなってしまったのか?

このまま放置していれば感染者は東京から全国へ飛び火していくのは明らか。
そして再度緊急事態宣言となれば、様々な行動制限や経済活動の自粛となり廃業や倒産は空前絶後の数字となるかもしれません。

春先の第一弾では内部留保やテレワークといった奥の手で何とか凌げた企業も、第二弾が炸裂すれば今度はどうなるかわかりません。自社だけが無事でも関係会社や取引先がポシャレば仕入れも売り上げもあったものではありませんから。

しかも日本国内の問題だけではなく世界各国で同様の事態になっているのですから逃げ場がない。
この夏の間に劇的にコロナが収束でもしない限り、年末に向けて暗い空気が日本中を覆いつくすのではないか?
年末のボーナスで住宅ローンやら何やら補填しようと思っている方、対策を考えておいた方がよろしいのでは?
夏のボーナス査定はコロナ前のもの。年末査定はコロナ後ですから。




軽貨物で独立されている方々もいろいろと最悪のシーンを想定して策を練っておいた方が良いですね。
春先の第一弾では荷量がかなり落ち込んだことを経験していると思います。関わっている荷物・仕事の種類によっては収入を大きく減らした方もいましたよね?

例年ですと今頃は夏のボーナスやお中元商戦で荷物は多少賑わいます。
ところが冒頭でお伝えしたようにまた全国的に感染者が増加傾向に転じており、春先のような厳しい封じ込め対策も行われないため先の見通しが不透明。

年末のボーナスは厳しそうだし、自分の会社や仕事がどうなるかもわからない状況では消費も伸びないでしょう。
そうなると物流に影響が及ぶのは必然の流れ。
年末繁忙期は軽貨物ドライバーにも悪夢再来となるかもしれません。


緊急事態宣言時においては外出自粛やテレワーク・在宅ワークの普及で宅配やデリバリーの需要が増え、それに関連している仕事では恩恵もあったようです。
一方でスポットやチャーターといった不定期案件は荷量が激減し、登録ドライバーも増えたこともあってエントリーしても仕事が取れないという事態となりました。
この辺は軽貨物系ユーチューバーの多くが大騒ぎして動画をあげていますので、容易に見つけることができるでしょう。

あくまでも私の持論ですが、運送業に収入依存するのは危険です。
ただでさえ景気が良い時と悪い時、繁忙期と閑散期の収入格差は大きい。
そこにコロナのような大きな外的要因が絡んでくると物流業全体に影響が及んでくるため、仕組みの末端に位置する委託ドライバーは運送会社の経営のための調整弁として扱われることになる。

物流量が減れば簡単に切られる立場なんです。
コロナに関係なくても仕事が減ればいつでも切られます。
もしくは劣悪な条件で飼い殺されるか。


今年は例年の閑散期・繁忙期のパターンが当てはまらないと予想されています。春先の騒動を思い起こせば納得ですね。
特に春の運送仕事の代名詞とも言える「引越し業」が壊滅状態だったのは記憶に新しいところ。
季節の行事がことごとく中止となれば、それに関係する仕事も大きな影響を受けるわけですから。


以上を鑑みて今年後半の収入を考えておくべきです。
軽ドライバーに縛られず、柔軟に収入ネタを持っておくべき。
いや、軽貨物の他に柱となる収入方法を考えておくべきです。
副業だろうが何だろうが何するのも自由なのですから。

もし軽貨物が厳しい状況になっていたら、軽貨物に使っていた時間を別の収入ネタのために活用することで慌てずに済みます。
このやり方は私が10年以上実践しているのでおススメです。
自分なりのセーフティ・バックアップ手段を考えましょう。

やってみると軽貨物の仕事で早朝から夜まで走り回ることより経費を大幅に削減できたりして、手元に残るお金が多かったりすることも可能なんです。
それを研究するのも個人事業主の醍醐味ですよ!





posted by ガラダマ at 22:39| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

人生を競馬に例えるなら!最後の直線をどう迎えるかで笑って死ねる?

昨夜から梅雨らしく雨が降り続いている横浜エリアです。

今年還暦を迎えることは過去に何度かお伝えしておりますが、いよいよ間近に迫ってきますといろいろな想いが脳裏を駆け巡ります。

競馬に例えるなら・・・

スタートして怖いもの知らずで我武者羅に直線を走っていた10代
直線を走るだけではないことを悟る第1コーナーを回る20代
仕事の面白さ・辛さと位置取りを探る第2コーナーから直線の30代
解雇・独立・転職に揺れ舵取りが難しくなる第3コーナーの40代
遠心力に逆らい必死に会社にしがみ付く第4コーナーまでの50代
ゴールの景色が見えたが距離感が難しい第4コーナーを回った60代


こんな感じでしょうかね。

このブログの読者の方々はどの辺を走っているのでしょうか?
多くが軽運送業に興味を持っている方でしょうから、第3コーナーに差し掛かっている、もしくは第4コーナーまでのカーブに苦戦している状況なのではないかと推測いたします。

確かに人生が慌ただしくなってくるのは第3コーナー辺りから。
第2コーナー過ぎてからの直線では、能力や努力の差が表れ他人との競争が激しくなっていきます。
そこでふるい分けが始まり自分の意志だけでは走ることが難しくなっていく。

能力ある者は馬場の良い場所を走ることができ、劣る者は皆が走った後の荒れた馬場を走るため、更にその差は開いていく。
まともにこんなレース展開をしていたら人生は面白くないに決まっていますよね?

最後のカーブを抜けるまで会社にしがみついて、最後は這ってでもゴールすることが果たして幸せなのだろうか?
もっと他にやれることはないのだろうか?




軽貨物で独立するという選択肢は、第3コーナー辺りでサラリーマンの競争から抜け出ることでもあります。
サラリーマンのレースを続ける価値に見切りをつけ、自分のコースを創り走ることに人生をシフトする。

他者との競争から自分自身との勝負が始まるのです。
始めるのは簡単ですが、自分に勝つのは意外に大変です。
他人の評価ではなく自己評価となるため、自己管理の出来ない人はどうしても甘えがでる。

サラリーマンのレースでは役割は騎手ではなく「馬」なんです。
レース展開とか直線とかカーブとかは関係ない。苦手だろうが疲れていようがお構いなしに走らされているんです。
自分でレースを組み立てているのではなく、会社に面先にニンジンをぶら下げられていつまでも走らされていることに気が付かなければ。

永久に届かないニンジンのために人生を走るの?

昔はゴールまで会社にしがみついていれば退職金というご褒美が貰えましたが、今はそれも怪しくなっている。
ニンジンのために人生を捧げていいんですか?
競馬場以外で自由に走る喜びもあるんです。


私は軽貨物を始めた頃は売上げ・収入を重視していました。
しかしそこを目標にするとどうしても労働時間に縛られる。
縛られる働き方するなら会社員でいた方がメリットは多い。

残り何年あるかわからない人生、せっかく好きなことできる環境に身を置いたのですからそれを満喫しなければ。

軽貨物だけを収入源にしてしまうと窮屈になる。
時間を生み出しつつ多くの収入ネタを持ちリスクも分散する。
これが私が軽貨物ライフを研究してきた結果としてのポリシーです。

もちろんポリシーは人それぞれでいいんです。
大事なのは自分なりのポリシーをみつけられるかどうかです。

ただ「お金のため」とか「他にやることない」とかいう人はすぐ辞める。
「他にやること」や「お金になること」などいくらでもあるから。
それは自分のポリシーではなく、たまたまそういう状況になっていただけで人生スパンの考えではないから。


私も30代40代ぐらいの頃はポリシーなんてなかったです。
いよいよ働くことの選択肢が無くなってきて、ようやくしっかりしたポリシーのもと生きていかないと悔いばかり残る人生で終わってしまうと気付いたのです(遅!)。

メチャクチャ稼いでいるわけではないですが、会社員時代よりは収入面でも時間面でもストレス度でも格段に満足度は高くなっています。


60歳過ぎて最後の直線は人によってゴールまでの長さも違うし馬場コンディションも違います。
ペース配分は自由、コース取りも自由。
しかし自由に走れるかどうか?

それは馬のまま走らされてきた人生なのか、途中で騎手の立場となり自分を走らせるコツを掴んだかによって違ってくる。
ニンジンはいつでも手の中にある直線を楽しみましょう!





posted by ガラダマ at 12:56| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

G-SHOCK(オールブラック) AWG-M100B-1A 

先週、久しぶりに腕時計を購入いたしました。

私はソーラー電波時計愛用者でして、30代前半の頃からずっとソーラー電波腕時計を使っております。
電池交換・時刻調整不要というのが、面倒臭がりの私には大変重宝するものでございます。


実は軽貨物ドライバーの仕事って凄く腕時計が傷みます。

私は独立当時は革バンドの小ぶりなソーラー電波腕時計を愛用していたのですが、3ヶ月もしないうちに革バンドが切れ、時計のガラス面も傷だらけになり結構ショックだったことを今も忘れておりません。

ちなみに半袖で作業していると、肌の露出部分が切り傷だらけ。
手首回りはリストカッターのように切り傷が残ります。
無意識に荷物で腕や時計を傷つけるんですね。


現在使っているのはシチズンのソーラー電波腕時計で、何かのセールス品で税込み6千円台で買えたお買い得品でした。
しかしもう10年ぐらい使っているためガラス面もステンレスのベルトも傷だらけ。たださすがにソーラー電波(メーカーによってはエコドライブとか表記が変わりますけど)。未だに電池交換も時刻調整もせず、秒単位での誤差もなし(誤差は出ますけどいつのまにか修正される)。


今回は久しぶりにカシオのG-SHOCKを購入してみました。
今回はゆうパックで配送されてきました(最寄りの郵便局受け取りに変更できました。やるなぁ、ゆうパック)

20200624_004351.jpg 20200624_004517.jpg 20200624_004911.jpg

軽運送業に限らずガテン系の仕事をされている方にはタフで壊れにくい腕時計は必須ですね。

それなのになぜシチズンの腕時計を使っていたかというと、安かったからというのもありますけど複業でスーパーとかホテルのウェイターとかYシャツ&ネクタイ着用の仕事をしていたこともあって、ホワイトカラー的な見栄えを意識していたというのがあります。

軽貨物と使い分けりゃいいじゃねぇかと言われそうですが、まだ独立して金銭的に余裕がなく腕時計を買う資金もなかった暗黒の時代でしたから。
今は複業も変わりましたしジムのインストラクターの時には多機能スマートウォッチを使っています。


半袖作業の時には腕時計と腕の保護のため今でもやっていますけど、リストバンドや肘用のサポーターを使ってカバーしています。
ただ気を付けたいのが日焼け跡(笑)
前腕の一部分だけ日焼けしているのって何か変です。



最近、オールブラックというバンドからリングから盤面まで全て黒い腕時計に興味が出ています。
今回購入したものはオールブラックのソーラー電波腕時計としてはかなり安い(税込み¥13,800)ので、運送仕事で使い倒そうと思って購入してみましたが、実際に現物を見ると想像していたものよりかなりイイ!
何か傷つけるのが勿体なくなってきました ^^;

針だけが白く時刻はわかりますが、液晶部分の秒表示やカレンダー等は暗い所に行くと全く見えません!(笑)
ただ針だけが浮き上がって見えているだけ。
でもオールブラックというジャンルは大半が機能よりファッション性重視ですから皆さん割り切っているんでしょう。

桁が一つ違うグレードになると更にイイ! ビジネスシーンでも「出来る男」を演出するアイテムとして欲しくなる。
私はまだ腕時計に10万円以上使う度胸のない小心者ですが、軽貨物を始めてオシャレに興味が無くなっている自分にこの辺でダメ出しをしなければいけないなぁと。



8月には還暦を迎えます。
60歳過ぎたらチョイ悪ジジイを演出していかねば!

やっぱりもう1本軽貨物用に安いの買っとこうかな ^^;




posted by ガラダマ at 23:35| Comment(0) | こんなものを買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

締め切り間近!軽貨物会社の説明会(主に神奈川県内会場)

不安を残しつつも自粛解禁が進んでいます。
コロナは軽貨物の仕事にも大きな影響がありましたが、物流の動きは少しづつ回復しています。
と同時に軽貨物の世界もドライバーを募集する動きが出ています。

今回は主に神奈川県の会場情報になりますが、いくつかの軽貨物会社で求人活動が活発になってきました。

ネット上の情報より、実際に企業の説明会に参加して自分の目・耳・肌で感じることは非常に大事です。
私もある企業の説明会に参加して軽貨物をスタートしました。
求人広告上からは知ることができない話を聞くことで、不安や疑問を解消していきましょう。

締め切りの迫った説明会情報ですが、各社とも日時を変えたり場所を変えたりして常時行っていることが多いので、足を運べるチャンスがあれば是非参加してみてはいかがでしょうか?
問い合わせ電話番号等は各企業サイトより確認して下さい。
定員に達し次第応募を締め切る場合があります。

神奈川県だけでなく関東圏や全国展開している会社もございます。同じ会社の求人でもエリアによって報酬等の条件が違うこともあります。



佐川急便株式会社
  開催日時:6月24日 10:00〜17:00(時間応相談)
  神奈川県川崎市 宮前営業所
  川崎市宮前区潮見台2−10
  受付終了:6月22日

株式会社ロジクエスト
  開催日時:6月23日  9:00〜18:00(時間応相談)
  神奈川県横浜市の各支店で開催予定
  土日以外で日時・支店は応相談
  受付終了:6月22日

軽急便株式会社
  開催日時:6月23日 10:00〜17:00(時間応相談)
  神奈川県東部 軽急便株式会社神奈川営業所
  横浜市神奈川区西神奈川1−7−2大樹生命東神奈川ビル2F
  受付終了:6月22日

スーパーカーゴ(FBサポート株式会社)
  開催日時:6月24日  9:00〜19:00(時間応相談)
  神奈川県港南区 スーパーカーゴ横浜センター内
  横浜市港南区日野2−1−11
  受付終了:6月22日
  

株式会社ジャパンクイックサービス
  開催日時:6月25日 10:00〜18:00(時間応相談)
  神奈川県横浜市南区 横浜営業所
  横浜市南区花ノ木町1−17−2
  受付終了:6月23日

タウンサービス株式会社
  開催日時:6月24日 10:00〜16:00(時間応相談)
  神奈川県横浜市中区 神奈川営業所
  横浜市中区羽衣町2−4−4 エバーズ第8関内ビル6F
  受付終了:6月23日

SBS即配サポート株式会社
  開催日時:6月26日 17:00〜18:00
  東京都江東区新砂
  江東区新砂1−5−29 SBS新砂ビル2F
  受付終了:前日

赤帽(全国赤帽軽自動車運送協同組合)
  開催日時:随時(基本毎月第2土曜日)
  各都道府県の組合本部
  受付終了:


今回記載したのは割と知名度の高い会社ですが、実際にドライバーを募集している会社・法人は紹介しきれないぐらいあります。
口コミ等で情報が探せなかったり紹介による採用しかしていない会社もあるのです。
地場の運送会社では地味にドライバーの求人情報が道路に面したフェンス等に掲げていたりもします。

普段からこうした求人に関する情報にアンテナを立てている人の方が、良い会社・良い仕事に巡り合える確率は高くなります。
思い立った時に軽ドライバーの情報を探しても、時期が悪かったり相場観の不足で悪い条件で契約することも十分にあり得ます。

紙面上、ネット上で情報を判断するのではなく、やはり相手の雰囲気を肌で感じることは大事だと思います。
当然のように美味しい話しかしてこない会社は多いのですが、稼ぐことに重点を置くのではなく自分の望む働き方がどこまで叶いそうかを確認することで相手の本性が見えてきます。

稼ぎたいという欲に付け込んでくる業者は多いのです。
相手が用意している餌からは距離を置き、自分の希望する働き方・考え方をしっかり持って臨みましょう。
そこがしっかりしていれば、説明会でもそこの仕事と自分の相性が冷静に見えてきます。

「頑張れば稼げますよ!」では当たり前。数字はいくらでも誇張できますから注意が必要。
「普通にやってどれだけ稼げるか?」を知りましょう。
このポイントで比較していけば騙される確率は減ります。


どこと契約しても最初は稼げません。
特に最近は運転や配送スキルだけではなく、専用のリーダーで荷札や伝票を読み込む作業が必須となっており、そのリーダーの使い勝手や難易度が仕事の満足度や収入に大きく影響してきます。
説明会ではこの部分は是非確認しておきたいところです。

安易に始められるギグワークの手軽さばかりが取り上げられていますが、説明会・面談という手順を踏むメリットもそれなりにあるのです。
リモート説明会やリモート面談が増えている昨今ですが、担当者から受ける印象というのは直感的に決め手になったりする。

説明会では用意するものとして履歴書と印鑑を求められることが多いです。
その場で契約させられるのでは?と疑念を抱く人も多いかと思いますが、確かにその場で交渉成立して契約するケースも少なくありません。

案件も生き物であり、説明会当日に紹介されたものも後日には他者で決まっていることもあります。
すぐに飛びつく必要はありませんが、良い案件はすぐに埋まるということも事実です。
目の前の案件を請けるかどうかという決断力を求められるシーンは、軽貨物で独立した場合には度々遭遇することになります。

経営者としてスピード感は必要であり、チャンスを得るも殺すも己の決断力にかかってきます。

目の前に希望に近い案件を提示されたら、すぐに決断できますか?
そういう覚悟は説明会から求められているのです。






posted by ガラダマ at 08:56| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする