2018年11月02日

イベントと情報操作

今年もまたハロウィン騒動がありました・・・

群衆に囲まれた軽トラックが横転させられるなんて、冗談じゃないですよ。他人事とは思えません。
私も配達時、ちょっと車を離れて戻ってくるとミラーを曲げられていたというイタズラに遭ったことは何度かありますが、他人の貴重品に平気で手をかけるその神経が理解出来ません。

車が横転すれば無傷ではいられない。ましてや車上で飛んだり跳ねたりされりゃあボコボコでしょ。こういうのって保険は大丈夫なのかな?配達途中でこんな奴らに荒らされたら荷物の補償も保険で賄えないとたまったもんじゃない。





横転したトラック上に乗って騒いでいた者や横転を手伝っていた者は顔もバッチリ動画に映っていたので、特定されそのうち捕まるでしょうけど、その過ちが人生を台無しにするということに最近の若者は無頓着なのでしょうかね。もっと発散の仕方を違う方向へ持っていけないものでしょうか。


飲食店で自動券売機の中にペットボトルの水を流し込んだ者も。後日、会社の上司に言われて店に誤りに来たというから情けない。
券売機の弁償として180万払うということですけど、ずいぶんお金持ってますね。親が払うのかな?まあ高い人生勉強代ですこと。
もう渋谷駅周辺でお仕事されたり住んでいる方は、何かイベントがある度に防衛手段を講じなければならなくなるのでは?
日本じゃないみたいです。


ハロウィンが喫煙と相通ずるのが、一部の人間のせいで全体が悪いイメージで語られてしまうということでしょうか。
自浄作用が働かないのも困ったものですが、年々、日本人の良かった部分が無くなっていくことに虚しさを感じます。


ハロウィンとは別になりますが、私が個人的にくだらないと思っている行事が2つあります。
ボジョレーヌーボーと恵方巻。
ともに業界が躍起になって盛り上げようとしているそのヤラセ感がバカバカしい。ボジョレーを毎年待ちわびて、本当に美味しいと思っている人がどれだけいるのか?

毎年毎年「何十年に一度の出来栄え」みたいな胡散臭いコピーの繰り返しには笑ってしまいますが、消費者もさすがにマスコミに踊らされているのに気付いたようで、完全に下火になっていますよね。
以前はボジョレーの配達も多かったのですが近年はほとんど無くなりましたから。

恵方巻も同様。毎年かなりの廃棄処分が出るのに余剰生産が止まらない。コンビニもスーパーも客や従業員の方を向いて商売していない。本部だけが数字を残すのに躍起になっていて、縁起物という商品なのに誰も幸せにしていない。


ボジョレーや恵方巻は消費者が買わなきゃ偽ブームは終わる。
ハロウィンはマスコミが変に大きく報道するからおかしな方向に加熱しているという指摘がある。
どうも日本人は皆同じ方を向いて行動する傾向があるので、メディアで「納豆がイイ!」と紹介されりゃ翌日は店頭から納豆が無くなるとか、もうマスコミにいいように操作されていることに我々も少し自戒することも必要ではないだろうか。

30〜40年ほど前、渋谷でよく遊んでいたオヤジの独り言でした。











posted by ガラダマ at 23:38| Comment(2) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

時間を操れる人は強い

猛暑・台風を乗り越え、ようやく安定した気候が続くようになり、アウトドア仕事の方々には有難い季節ですね。

既に来年の手帳やカレンダーが店頭に並び、ハロウィン関連の商品が街中に溢れ、年賀状印刷の予約ポスターに「来年の干支は何だっけ?」と確認したりする。
個人的にはもう忘年会が一つ決まっている。


気候を肌で感じ、配達しながら五感で季節を感じるのが、軽運送業が良いなと思えるところの一つです。
ただ残念なのは、せっかく五感をフル回転できる環境でありながら、時間の使い方が上手くない方が結構多いこと。

明確な目標設定やスケジュール管理が出来ていないと、せっかくの季節の移り変わりを感じていても、ただ毎日がいたずらに過ぎ去っていくばかり。
毎年その繰り返しで自分自身が進展していない。


1日は24時間。これは誰にでも平等に与えられている。
ところが有効に使えている時間は個人差が大きい。
その結果が満足度や収入の差となっているんです。

会社員時代には拘束されている時間が多いので、好きな事や副業をするのもなかなか思うようにはいかなかったかも知れません。
でも独立したからには自由度は増えたはず、というより自分でやりたい事を組み入れた生活を構築しなければ、結局はサラリーマンの延長でしかないし、独立したメリットを享受できないまま中途半端な人生で終わってしまう。

軽運送業は派手な仕事ではありませんが、もっと自分を高めるために出来ることはいろいろとあると思うんです。
軽ドライバーの満足度を向上させるための意識改革的な話を別ブログでしておりますが、まずは時間を操ることが手っ取り早く収入を生み出す一つとなります。

24092018182320A.png



社員ドライバーとは違った「強い」ドライバー生活を築くために、自分自身と周囲の環境に対して闘う姿勢が求められます。
何となく与えられた荷物を配達するだけの日々から抜け出して、自分がどこに向かっていくのか、どうなりたいのか、という指針を明確にして、多くの同士が一味違う軽ドライバーとして活躍できるようになれば良いなぁ と願う次第でございます。

一緒に頑張って行きましょう!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
幹事様のトータルサポート!
二次会や忘年会、ゴルフコンペの景品なら二次会の虎!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
詳しくはこちら → https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZS108+169SQA+45C4+5YZ77
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







posted by ガラダマ at 22:38| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

軽運送業ライフの真骨頂

軽運送業を始めてから11年目に突入しているわけですが、現在の居心地は開業当初に予想していたよりもかなり良いです。
下手な転職せずにやって良かったと思っています。


さて、軽運送業をやっている人にとって「成功」と思える状態はどのようなことなのでしょう?

一つは間違いなく収入面で満足いく額に届くことでしょう。
月収で30万なら微妙、40万ならまあまあ、50万以上になってくると満足感が大きくなる という感じでしょうか。
会社員と違って支出が大きいので単純に月収ベースでの比較は出来ませんが、上記の金額からおおよそ10万ほど差し引いた額が手元に残る感じかな。

ただし完全出来高制が多い職種ですから、収入と労働時間が比例するパターンなので収入が増えるほど仕事もハードになることを覚悟しておくことになります。社員でないので昇給・能力給という収入増に結び付く要素がほとんどないのも単純比例の要因ではある。

収入部分で言えば、月毎に変動しますし閑散期と繁忙期で倍ぐらい違うことも珍しくないですから、年間の中で「不満」〜「満足」を行ったり来たりするのが当たり前の世界。ですからこの変動差をいかに安定できるかというのも開業後の課題であり、満足度に影響してきます。


もう一つは自由をどの位感じることができるか。
そこそこ稼いではいるが仕事と時間に追われる毎日では、やがて「これで良いのだろうか」という疑念が湧いてくる。
そもそも脱サラして軽運送業を始めた動機・理由には「労働環境改善」としている人が多いので、自分のペースで働きたいはず。そこそこの収入になる程度で朝から晩まで働き詰めというのは、本来望んでいた姿ではないので満足度はそう高くならない。


私が現在満足度が高いと思えている理由は、そこそこの収入と自由度の高さにあるのは間違いない。
開業当初は初心者ですから作業に時間もかかるし当然収入もそれなりなのですが、経験を積み作業時間短縮が可能になり自由に使える時間を生み出すことができたので複業が可能になったことも収入増に結びついている。こんなことができる仕事って瞬時に他に思いつかない。


昨日、しばらく土曜日には依頼がなかった運送仕事の打診があったのですが、土曜日の収入の穴埋めとして既にいろいろなパターンを持っているので昨日は運送仕事は断って先に予約を入れていた子供テニス教室のコーチをやっておりました。

収入部分だけ見ればほぼ同じ労働時間で倍ほど違う(運送仕事の方が高い)のですが、逆にテニスコーチの方が倍以上満足度が高い。
こんな楽しい事していても普通のバイトよりお金になるというのは何にも代え難い時間の使い方と思う。

レッスン終了後の子供達からの「ありがとうございました」という元気な挨拶と、筋肉痛を伴う心地よい疲労感は普段の仕事では味わえない。
こういう選択肢・引き出しを多数持つことができているのも、自分の働き方の満足度が高い理由です。

軽運送業とは言えドライバー仕事にだけ目を向けるのではなく、自分の可能性をベースに働き方を考えることによって満足度は高まっていくと思います。そこに収入を増やすヒントもあるのです。
これぞ軽運送業ライフの真骨頂と言えるのではないでしょうか。


収入をどうやって作っていこうかという自問自答から、時間の使い方の柔軟性で軽運送業ライフの可能性がうんと広がりました。
工夫する楽しみ、一つ一つ実現していく喜び、何をやるのも自分の考え・時間・場所・やり方・・・全てが思い通りにできる快適さ。
強い軽ドライバーを創るブログが ↓

24092018182320A.png



私のとっての「成功」とは軽運送業を始めたことかもしれません。









posted by ガラダマ at 11:57| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

御礼申し上げます

先日ご紹介させていただきました別ブログ「近未来的軽ドライバー」、沢山の方にご来訪いただきまして感謝感謝でございます。

24092018182320A.png



ネット環境に疎い60歳近い老いぼれが、わざわざオリジナルロゴ作って独自ドメイン取ってレンタルサーバー使ってブログ立ち上げるって、ひと昔前だったらなかなかお目にかかれない芸当だったかもしれませんね。
まあ軽運送業10年継続記念行事としてのチャレンジです。

想像していたよりはスムースに開設できましたけど、それでもCSSだのMySQLだの本来なら知らずに済んだような用語がわんさか出てくるのには参りました。

こういうのをチャカチャカ簡単に使いこなしてしまう人は本当に羨ましい。というか今の世の中、普通の勉強なんかよりプログラミングとかネットに関する事を学び身に付けていた方が、よっぽど生きていく力になるんじゃないかと思います。パソコン音痴な中高年よりネット環境を操れる若者の方が稼げて当たり前だと思いますよ。
私ももっと早くから始めていればなぁ・・・


まあいくつになっても勉強は大事だということ。

これからも宜しくお付き合い頂ければと思います。




階段上げ配送の秘密兵器






posted by ガラダマ at 23:50| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

セカンドハウス

今年は仕事量を大幅に減らして時間を作っております。

その生み出した時間でいろいろな事をやっておりまして、一応60歳以降の働き方の準備をしております。
といっても別に大した事をしているわけではありませんが、同世代の方々とは違った歩みをしておりますだ。

その活動のうちの一つになるのですが、実は別サイトにて新たなブログ「近未来的軽ドライバー」をスタートしております。
こっそりやっていたのですが、妙にアクセスが好調で目聡い人には既に見つかってしまった(別に悪いことをしているわけではありませんが^^;)ので、そろそろ公にしてもよいのかなと。


24092018182320A.png


一応、軽運送関連のブログとしておりますが、このブログのお引越しというよりもセカンドハウス的な位置付けでやっております。
「積荷くずし」が軽運送業全般の入門編、初心者〜中級者向けとするならば、「近未来的軽ドライバー」は中級者〜上級者向きの応用編みたいな雰囲気でやっていこうかなと。まあ何をもってして上級者とか好き勝手言っているのかと叱られそうですが、ドライバー職全体の意識革命みたいな事を伝えるには多少刺激的かつ尖がった部分が必要だと思いますんで。
ヒールとベビーフェイスの使い分けもまた面白いかと。
武藤とムタみたいな ^^;


ただねぇ、ここまで1600以上の記事を書いてきたわけですから、ちっぽけな商売なんでネタ探すのに苦しいんですよ(笑)
オヤジそれ前にも書いてたぞ!とか重箱の隅をつつくようなハラスメントはご遠慮下さいね。老人の心臓によくないので。
何せ先週のこともよく思い出せないボケ気味オヤジですから。

まあこのブログ同様、不定期に気ままにやっていこうと思いますんで、宜しければまたお付き合い頂ければ幸いです。
取り急ぎのお知らせでございます。






posted by ガラダマ at 11:37| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする