2020年02月15日

ドライバーをこれから始める理由・魅力はあるのか?

天候が安定している関東エリア。今のところ雪の心配がないのがドライバーには嬉しいですね。
収入と天気は安定しているのが一番!


さて、以前ちょっと触れましたがお世話になっている運送会社では中途で入ってくる人がほとんどいなくなりました。

昨年前半までは常に4〜5名の中途採用者がいたのですが、いつの間にか皆辞めていきました。以降応募もありません。
まだ試用期間中(短い人で3ヶ月、未経験者は半年程度)でハンドルも握る前という状況で、トラックドライバーという仕事に愛想をつかした形になっています。

何がそんなにダメな仕事に映ったのか?

理由は退職者の愚痴やコメントからも大体同じようなこと。
収入・重労働・将来性にほぼ集約されています。

まずトラックドライバーの収入形態については過去ログでも何度も紹介していますが基本給が安すぎます。12万〜15万って普通の社会人の収入として魅力を感じますか?

この部分においてはタクシードライバーもさほど変わりない。ただ歩合やインセンティブの部分でタクシードライバーは工夫次第で救われるのと、休み・自分の時間が割と多いということで魅力を感じるというのはわかる。

トラックドライバーの場合は基本給にいろいろな手当てをつけて求人広告上は月収25万とか30万とか謳っていますけど、乗務手当とか皆勤手当てとか、毎月変動(下方にだけ)する手当てが多いですから、始めてみてから「求人に騙された!」とか愚痴る人はいっぱいいます。
もちろんそうでない給与体系の運送会社もあるでしょうけれど。


基本給って年金や退職金のベースになる部分ですから、ここが安いと当然将来貰える金額も少なくなる。
月収30万円のトラックドライバーと月収25万円の一般職でどちらを選びますかと言われれば、ともにブラックでないという設定の上で私は(どちらも嫌ですが)一般職を選択します。

一般職で月収25万なら、みなし残業込みみたいなふざけたシステムでなければ全額ほぼ基本給でしょうから、トラックドライバーの基本給より毎月10万円ほど将来的に有利に働く部分に差がついていくということ。
ここを理解しないで安易に「他の仕事で採用されないから」という理由で応募してくる者が多い。

毎日長時間汗水たらして暑い日も寒い日も雨風に晒されて頑張っていても、空調の効いた室内仕事で定時上がりの者に年金や退職金で大きく差を付けられるというのは納得いかないですよね?
でもそういう社会の仕組みを勉強しないで参入する方も問題。

将来という不確定不透明な話をしても意味ないかもしれませんが、トラックドライバーの成り手がいないというのは、誰もがネットで容易に情報を得られる時代ですから、その不条理に気が付き出したということも一因でしょう。


話は戻りますが、運送会社で試用期間中の者、特にドライバー未経験者は現場での積込みや怒声を目の当たりにして気持ちが萎えてしまう人も多い。こんな職場で3年後5年後健康で働いていられる自信がないという感想はまともだと思う(笑)
であれば多少残業が長めであっても一般職の方が務まりそうだと考えるのは普通の感覚でしょう。

収入が労働内容に見合う以上に感じられればトラックドライバーの人手不足は相当解消するでしょう。
でもわかっていてもできないのは、結局は運送業のビジネスモデルがおかしいから末端のドライバーへの人件費が捻出できないという馬鹿らしさ。

人手不足なのに人件費が捻出できないって何なの?

これは介護業界も同じようなことで苦しんでいる。
社会で必要な仕事に人手不足問題が起きている。

理由の一つは仕事の過酷さ。
人手不足だから余計に既存の人員に負担がかかり重労働になっている部分はありますが、法を逸脱しているような働き方をやりたいと思う人はいないのですから、ルールの中で成立できるビジネスモデルの整備が急がれます。

もう一つは規制緩和で参入業者が増え価格競争に陥ったこと。
目先の仕事欲しさに価格競争となり利益を捻出するしわ寄せは全部末端の現場に押し寄せる。
重労働と低賃金というとてもわかりやすい問題が解決できないのであれば、その仕事に将来を感じないのは当たり前。


個人的には運送会社のトラックドライバー中途採用の方々は早々に見切りをつけ退散したのは正解だと思います。
ドライバースキルがないのですから運送業に固執する必要はないし、40代50代で中途半端にドライバーを始めても体力気力の壁はすぐにやってくる。
とりあえず就職なんていう気持ちでドライバー始めるぐらいなら、どこかでフルタイムで社会保険付けてもらってバイトするのと生涯収入や貰える年金はあまり変わらないのでは?

逆に自分の時間を確保できるから副業するなり趣味を極めるなり、残りの人生を自分のために使うことを考えた方がよっぽど後悔しないと思うのです。


法を順守すると仕事にならない 

こんな悪習が蔓延っている業界・仕事ですから、すぐに襟を正せるわけがない。トラックドライバーという仕事が「収入」「働き方」「将来性」において魅力を感じられるようになるまで、まだしばらく時間はかかりそうです。

自動運転システムの導入も実験レベルになってきており、ドライバーの環境も変化がでてきそうです。
当面は拠点間輸送を中心に大型のトラックから自動運転が導入されそうですが、そうなると大型のトラックドライバーが職に困り順次ランクダウンして小〜中型の仕事に参入してくる。

そうなると経験の浅いトラックドライバーから仕事を切られることも想定の範囲内としておくべき。
今トラックドライバーを始めるのはどうなのかな?

自分の都合で転職先を考えるのは危険。働き方を考えましょう。
社会や業界の流れを読み想定されるリスクを覚悟して考えていくべきです。


posted by ガラダマ at 13:07| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

車両が使えない状況をいかに回避するか?

ようやく冬らしくなってきましたが、寒さと早起きが苦手な私にとって明日までの4連休は朝ゆっくりできて助かります。

昨夕、いつも車検をお願いしているところへ愛車を持ち込み、午前中には車検を完了するのでこれから受け取りに行ってきます。
昨夜は代車で夕方からの倉庫仕事に行き、今日は愛車を受け取りそのままサブの配送仕事をしてから倉庫仕事へ。

車検が飛び石連休の合間を使えたので本業・複業ともに支障なし。
軽運送業で大事なことの一つとして、車両が使えない状況をいかに回避するか?と車両がない時の収入手段を考えておきましょう。
例え代車やレンタカーで1BOX タイプの軽が借りれるとしても、黒ナンバーでなければ仕事をさせないという会社も少なくないのです。
車検・事故・故障・買い替えなどのシーンが想定できますね。

過去に何度かお伝えしてきましたけど、完全出来高制の軽運送業では車両を使えない状態は収入も無い。
それが何日も続くとなかなか辛いものがあります。

特に配達中に車両のトラブルなどが起きると初心者は軽くパニックに陥るでしょう。
よく軽運送業を開業するのに準備・用意しておくものは何ですか?という質問がありますが、台車・ヘルメット・雨具・懐中電灯・地図(今は地図アプリで代用できちゃうのかな?)・軍手・工具・三角表示板・チェーンなどが一般的でしょうか。

これらの中から委託される仕事内容に応じて準備していけば良いでしょう。もしくは上記以外でも役に立ちそうなグッズを考え付けば、積極的に取り入れることで仕事の快適度は向上します。
ほとんどはアマゾンで購入できるし経費計上できるはず(^^)/


私の経験を踏まえて言うなら、車両を整備してくれるパートナーを見つけておくことを付け加えておきたい。
10年以上軽運送業をやってきた中で、配達中の事故・故障で大ピンチに陥ったことが何度かあるのですが、パートナーを見つけておいたおかげで仕事に穴をあけることなく、早期復帰が可能になりました。

ちなみに私は自宅の近くに一つ、配達エリア内に一つ、計2か所にパートナーを作り顔なじみになっています。
昨年は配達中にパンクした時にお世話になりました。今回の車検は当然自宅の近くのパートナーにお願いしてます。

ただし1度だけパートナーに頼れなかったことがあります。
トラックが多数走行している道路で突然エンジントラブルが起きて道路の端に寄せることもできず停止してしまった時はビビりました。流石にこの時は観念してJAFに連絡。 牽引してもらってパートナーの整備工場へ運んでもらいました。
この時にJAFに加入。今ではJAFもパートナーの一つですな。




パートナーを作っておくメリットは緊急対応だけではない。
愛車のコンディションを知ってもらうことで部品交換の時期等のアドバイスや見積もりを先行して知ることができると、予算組みや整備のタイミングを事前にコントロールできます。

事前に仕事の調整ができること。これすごく大事なんですよねぇ。
わかりやすく言うなら病院の検査日を先に決めておいて仕事を調整するか、突然の急病で仕事に穴をあけるかの違い。
緊急に車両持ち込んでも相手が自分の車両のことわかっているので、対応が早いです。

そして他のメリットとしては、水面下の中古車情報とか中古部品・タイヤなどの情報も教えてくれたりする。
車の買い替えとか考えている時は役に立ちますよぉ〜。
あと軽車両だけでなく普通車から外車なんかも中古情報持ってますからねぇ。何かビジネス思い付きますよね。




パートナー探しは、配達中に利用するガソリンスタンドでも良いし目に付いた整備工場でもOKです。身近に車に詳しい人がいたらその人脈で紹介してもらうのも良いでしょう。
別に特別な契約書を交わすわけではないし、顔なじみになって世間話で仲良くなれたらいろいろ協力をお願いすれば良いのです。相手だって営業もせず常連客が増やせるのですから、まさにWIN-WINの関係ですね。
これだけで仕事中の安心感が一つ増えます。


ちなみに今回の車検は特に整備する箇所がなく、エレメントとオイル交換、クーラント液(冷却水)交換ぐらいで済みました。車検にかかった法定費用・基本料・交換/整備料の総費用は¥55,580 でした。

これが安いか高いかは別にして、2年に一度は車検費用と日程を工夫して快適な軽貨物ライフに結びつけてくださいね!

■ 黒・緑ナンバー車の自動車保険は難しい。

ネットや街中の代理店でも加入が難しいと言われる黒ナンバー・
緑ナンバーといった「事業用自動車保険」をネットで申し込める
珍しくレアなサイトのご紹介です。

この「はたらくクルマの自動車保険」では他社では苦手だったり、
加入不可とされる事もありがちな事業用のトラックやダンプの加入を
得意とする為、現在も全国から申込殺到中のサイトです。

とにかく急いでいる法人・個人事業主様、これから開業予定で
任意自動車保険が必要な方におススメです。

軽運送の方にもおススメですヨ!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TVMY8+17GNXU+3EV2+O3MKJ




posted by ガラダマ at 12:35| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

視点を変えると世界が開ける?

日本政府の初動対応の拙さから日に日に国内でのコロナウイルス感染者が増えています。

20200203_140005.jpg


今や薬局やドラッグストアはおろかスーパーやコンビニ他、どこへ行ってもマスクは品切れ。おまけにネットでは定価の数十倍数百倍で売ってたりして・・・

私の配送先にはドラッグストアや100円SHOPがいくつかあります。配達ついでに店員さんや店長さんに状況を聞くのですが、報道でもあるように中国の人が大量に買い漁っているのだとか。

購入数制限をしていないと100個単位で買い占めるので、これでは一般の方には行き渡らないですな。
コロナウイルスに限らず本当に必要にしている人に供給できないというのは問題です。インフルエンザだって流行っているのに。


我が家でも家族がマスクを欲しがっているのですが、日中にお店を物色できる私ですらこんな状況ですからおいそれとマスクを買えるわけがない!・・・




と、ここでひらめきました!

もしかしたらあそこなら売っているのでは?


早速配達の途中で行ってみました。そのお店に!
このフットワークの良さが軽ドライバーのメリット。


すると・・・






買えましたよ。マスク!

まず普通の主婦とか行かないでしょうから誰も気が付かない。

普段から発想がおかしい私は気が付いてしまった。

まあすぐに誰かが気付くでしょうけどね。その頃には店頭から品物は消えている・・・

早く気付いた者、行動した者勝ちです。



当たり前の発想、人と同じ発想をしている限りはなかなか先へ進めないのは皆もわかっていること。
でもできないのは失敗が怖いから。異端児に見られるから。

人が踏み荒らしたところを歩いてもお宝には巡り合えない。
他人とは違う視点、違う角度でモノを見る重要性は、軽ドライバーになってから実感しています。
働き方もそう。既成の仕事で考えていては改革できない。



余談ですが先ほどのお店では私は普段こんなもの買ってます。

20200207_223859.jpg



安いんです。しかも結構丈夫でグリップ力もある。
以前は1双で200円近くするものを使っていましたが今はコレ!
コストパフォーマンスに優れています。

別ブログで確定申告の話をした時に書きましたけど、経費で落ちるからといってここぞとばかりに高い商品買っても、その商品代全てが戻ってくるわけではない。逆に無用な出費をするだけです。

事業としていかに長く付き合えるモノを見つけるか。
それが安価であればなお良いわけですが、値段で探すと視野が狭くなるし人と同じ発想では今回のようなマスク騒動に巻き込まれて右往左往するだけ。

どこかピントをずらして考えてみたり人と違ったところを見る。
買い物行ったら目的と違うものも見ておくと、面白いものに出会えたりいつか役に立つ場面があったりする。

それは仕事探しもそう。
私だって40代半ばまでは軽ドライバーなんて全く興味の対象ではなかったのに、還暦をそんな働き方で迎えようとしている。
不思議なもんですね。
食わず嫌いではいけないということでしょうか?

今回のように今までそのお店でマスクなど買うことは全くなかったのに、棚に陳列してあった風景が頭の中に無意識に記憶されていて、フラッシュバックのように突然思い起こされたのでしょう。
今回はトラウマのような心的外傷ではありませんが、人間の脳にはそういう神秘的な機能がある。
それが例えば「引き出し」という表現・使い方をされる。

今は興味の無い仕事や働き方であっても、一応知っておくことでいつか思い出したり応用が効いたりするかもしれない。
それは自分を助けるストック・引き出しにもなり得る。
だから読書や多趣味というのは大事なんですね。





posted by ガラダマ at 07:40| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月03日

ブラック運送会社の更生法

今年も恵方巻を買っちゃう人、いるのかな?
夕方になれば半額札貼られて山積みになるものを予約までして購入する不思議。
私は半額になっても買いませんが(^O^)/


さて、先週のブログで月に1日しか休みをもらえないトラックドライバーさんのお話をいたしました。
昨日物流倉庫の現場でお会いしたのでその続編です。

何かいつもより彼の顔色が良く見えたので、「何かいいことあったの?」とまた軽いジャブから会話が始まります。

「いや、実はですね先日に“法違反じゃん”と指摘されたことでちょっと目が覚めて、会社の社長と話しをしてみたんですよ」

「おーっ、進歩進歩!」

「それで教えてもらった“魔法の言葉”(笑)をぶつけてみたら、ナント急に社長の態度が変わって・・・週休1日にしてくれたんです。給料もほぼ変わらずに」

「やったね!まだ人の心を持ってる社長で良かったじゃん」

「急に月に3日も休みが増えるなんて変な気分っス」

「物足りなきゃ休みの日はバイトでもすれば?」

「いや・・・そこまではしたくないなぁ」

「普通に働けるならカミさん、戻ってくるんじゃない?」

「( ̄∇ ̄;)ハハハ・・・ハァ」



急展開ですな。
どのブラック会社にも通用することではありませんが、やはり法の力を借りて外堀を埋めるように経営者に圧力をかけるのが一番効果がある。
いくら強欲でも査察くらって会社が営業停止になるのは避けたいでしょうからね。

さて、彼に授けた“魔法の言葉”とは?






次回に続く・・・







うそです(^^;)


別に大したこと言ってません。
「知り合いの弁護士やってる人から労働環境について聞かれたんですけど」と伝えてみればいいよ!と。

これでピンとくる経営者は訴訟を恐れている。

どういうことかというと・・・


司法書士や弁護士は「過払い金問題」で結構美味しい思いをしたのですが、過払い金特需もそろそろ終わりに近づいており、次の金脈を探しているところに「働き方改革」が盛り上がってきた。

また法に触れる案件がゾロゾロと出てくるぞ!と小躍りしているんです。特に運送業はコンプライアンスなんて守れない世界ですから、ちょっと評判の悪い会社のドライバーを焚きつけて訴訟を起こさせれば勝てるビジネスになる。

運送会社の経営者はそれが怖いんです。絶対負けるから。
無知なドライバーだけならどうにでも騙せていたのが、裏で入れ知恵する法に詳しい者が付いてしまえば営業停止やこれまでの未払い残業代の清算等で即経営の危機となる。
散々好き勝手なことしてきた報いを受ける時が来ているんです。


今回のドライバーさんのように自分の置かれた労働環境がいかに異常なのかを知り、後ろ盾を得れば会社を辞めされられるなんて怖くないんです。遅かれ早かれそんな会社は法規制が厳しくなっていくこれからは存続できないですから、仕事環境を変えるのに決断・行動は早い方が良い。

特にドライバー職なんて求人いっぱいあるんだし、加齢を考慮して長く働きたいなら軽貨物ドライバーに転身してもいいじゃないですか。社員という拘束呪縛から解放され、働き方を自分で考えるのはいいもんですよ!


法を味方につけるか敵に回すか。

働くのに大事なのは会社のルールではなく社会のルールです。

人生の中の働ける時間なんて長いようで短いです。
だからこそ悔いのない選択を!
我慢・耐えるだけが仕事の全てになってはいけない。






posted by ガラダマ at 01:37| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月01日

軽ドライバーの確定申告 初めての人は? 複・副業している人は?

今週はずっと本業の配送がお昼で終われるほど荷量が少なく、複業の配送も先月の約25%程度の荷量という有様。
個人事業主で運送業をやるなら、月によって仕事量や収入が大きく変わることに注意しましょう。
だから収入を安定させるために複・副業は大事なのです。


さて、自営業者や事業主の1大イベントである確定申告が迫ってきました!

昨年軽ドライバーデビューした方は初めての確定申告となり、いろいろネット検索等して経費や勘定科目など調べていることでしょう。



基本的に軽貨物運送業というのは、申告処理がすこぶる単純な事業だと思います。複雑なことしてなければ。
仕入れも在庫もないし売上げ先が一つであれば初年度は車両購入の減価償却計算ぐらいかな?ちょっと戸惑うのは。

軽貨物運送業開業の届け出内容で必要だったことに「休憩施設」と「駐車場」があったと思います。
休憩施設はほとんどの方が自宅としていることでしょう。もしくは別事業ですでに事務所があるとか。
いずれにせよ専業としての施設でなければ家賃等は按分して一部を経費にすることができます。駐車場の考え方も同じです。

その按分の比率がちょっと迷いますよね。特に事業主デビューした方にとっては税務署にツッコまれそうな部分でもありますから。
かと言って今後も同じ事業を続けていくのであれば、引っ越しでもしない限りは最初に設定した金額がずっと経費として続いていくことになりますから、なるべく高く経費計上したいですよね。

自宅(の一部)を休憩施設としている場合、経費としての按分は面積比で考えるのが合理的でしょうか。
例えば70uのマンションの自分の部屋(6畳相当)を休憩施設とするなら、6畳というのは約10uですから7分の1。それにトイレやシャワー室(浴室)、キッチンの一部も休憩するための施設として考慮できるので、大体15u前後で経費計上しておけば税務署に対して説明はしやすいでしょう。

上記例でいけば按分した経費は家賃の20%という感じで算出。もちろん自宅の大きさや休憩場所の大きさによっても按分比率は変わってきます。よほど変な比率で申告しなければ、軽運送業で税務署でツッコまれたという話は聞いたことがないし、私も10年以上申告してますけど税務署から指摘・指導を受けたことはありません。




ただ住居兼用の場合は按分が50%を超えるとちょっとヤバいかな。例えば独身でワンルームに住んでる場合などは大した金額じゃないからといって80%ぐらいで経費計上したくなりますけどね。
完全に住居と別にアパート借りたりして事務所・休憩所として使用しているなら、そこの家賃も水道光熱費も100%で計上できるはずです。

ただ注意しておきたいのは税務署からツッコミが入るのは確定申告してから数年後という場合が多いようです。
もし後ろめたい申告してその年何も指摘されなかったからと言って、それで申告が無事受理されたと思っているととんでもないしっぺ返しを食らうことになる。
数年後に申告不備が発覚すると、その間の正規な税額との差額に延滞税が課され、滞納期間分の利率が乗っかってきます。
金額的なダメージも痛いですが精神的なダメージが大きい!

税務署からそういう目で見られるようになるのは事業者としては商売はやりにくくなるので、まあデビューしたての個人事業主レベルの売上ですから税金対策に血走らなくても正直に申告しておいた方が精神衛生上よろしいかと。




これが複・複業を始め出すと申告にもいろいろテクニックが必要になってくる部分が出て来ます。
事業所得・給与所得・雑所得(これ私の場合ですが)と記入場所も増えるし、副業で給与所得のアルバイトなどしていれば仕事先から源泉徴収票を入手して申告と一緒に提出する必要なども出て来ます。

経費扱いできるものも軽運送業とは違うジャンルが適用できたりしてきますので、上手く活用することにより経費処理できる幅が広がりますし、マルチワーカーとしての面白さも感じて来ます。
ただここでも注意しておきたいのは、様々な経費内容を事業や売上に絡めて説明できるかどうかです。
経費の種類が増えれば税務署の目に留まる確率も高くなる。あまりにも内容に統一性がなければツッコミしたくなるのが税務署の性(さが)。

そういう意味では自分の働き方に1本、筋を通しておきたいものです。私のように軽ドライバーがジムインストラクターやってwebライターやってブログやってといろんなジャンルから収入引っ張り出すようになると、「一体貴方は何やってる人なんですか?」と頭の古い・固い税務署の人に職質(笑)されるかもしれません。

今では本業の売上より複業の売上の方が大きくなってますから、「本当に軽貨物運送業やってるんですか?」とつまらん疑惑を抱かせる可能性も出てくる?
軽貨物運送業の場合は車両に関する経費部分でのメリットが大きいので、これを外したくはないのです。例え本業の売上が全体の10分の1になったとしても。だから税務署にはやってますアピールしておくのは大事。

で職質されたら「近未来的軽ドライバー」という働き方をしていると胸張って答えてやります(^◇^)

新しい軽ドライバーの働き方で税務署を洗脳していきますよ!





posted by ガラダマ at 11:35| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする