2019年08月16日

給料をもらいにいく働き方って・・・

昨夕は短い時間でしたが車から降りれないぐらいのゲリラ豪雨、今日は一日中強い風が吹いている横浜南部エリアです。台風は関東からかなり離れて通過しているのに規模の大きさがわかりますね。もしこれが勢力を保ったまま上陸していたらと思うと・・・
自然の力は怖いですね。


今日は予定になかった副業の方の軽運送のオファーがあり、今週最初で最後の配送仕事をしてきました。
今週はずっと1日10時間ぐらいはパソコンをいじってます。
お盆休みという絶好の大型連休のおかげで、ブログ更新とwebライターの作業&案件探しに集中できます。

作業対価として考えるとまだまだ軌道に乗ってはおりませんが、先を見据えた自分への投資ですしパラレルワークのおかげで本業がしばらく無くても生活費の心配をせずに新しいことに取り組めるというのは、積荷くずし流の働き方が機能しております。




複数の収入手段を持っていると「職を変えたい」とか「新しいことをやってみたい」という時に生活費を確保しながら動けるのが最大のメリットです。

一般的な転職だと仕事も収入も全とっかえみたいなバクチ的要素が大きくなるので、なかなか勇気・覚悟を持てずに話を進めるのが難しくなりますけど、収入手段の部分的変更みたいな感じの働き方であれば容易にチャレンジできるのでは?

私の中では収入は時間の有効活用と考えています。無駄に拘束時間が長い仕事に固執するより効率的に収入を得られる手段を複数持つ方が精神的安定度は高くなる。最近は労働・仕事=収入と考えずに何でも収入手段にしようと開き直っているので、第三者からすれば危なっかしいオヤジに見えるでしょうねぇ。私からすれば待遇の不満と長時間労働を我慢している人員整理対象リスクを抱えた会社員の方が危なっかしく思える今日この頃なのですが・・・


労働=収入 という常識に「?」するのが私の働き方改革。
雇用に絶対は無くなった今、収入の方法は自分で考える時代です。生きていく意味を自分で悟らないと一生他人の時間を過ごすことになる。
毎朝同じ時間に通勤し相手の決めた労働時間を消化し相手の決めたお給料をもらう働き方の先に何があるか?

ソフトバンクグループの孫正義氏もよくスピーチの中で話をされていますけど、「生きていくために給料をもらいにいく。”それしか仕方ない”と言ってる間に、人生あっという間に終わる」と。
孫正義他、経営者の共通した哲学スピーチ


誰かに雇われ、誰かにしがみつき、それでも不満を漏らす。
だったら不満のない働き方を自分で考え実行しなければ。
それが働き方改革の本質であるのに、労働時間がどうのこうの・有給消化がどうのこうのと、既存の環境を変えることを相手次第にしているからいつまでたっても改革は進まない。
自分を変えずに本気で働き方を変えたいのか?と疑ってしまう。


フリーの軽ドライバーは会社員に比べて身軽です。
深刻なドライバー不足という状況もあって、より良い条件の仕事をドライバーが選べる時代になって来ています。
しかしそれでも旧態依然の劣悪な待遇から抜け出そうとしないドライバーも一定数います。情報不足・勉強不足という部分も大きいですけど「自分がどうなりたい」という明確なビジョンを持たないで働いていることが一番問題ではないか?
これでは足元見られていいように使われるだけ。会社員の多くも生かさず殺さずというギリギリの線で働かされていることが「何かが違う」と本能的に感じている原因。だからストレスが溜まる。

もし自分の「こうなりたい」というビジョンが明確であれば、そこにフォーカスした働き方や待遇はもっと別のところにあると気付くことができるでしょう。「生きていくために給料をもらいにいく」ような働き方を”安心”と勘違いしている人が多いことを孫氏は危惧し嘆いている。


幸い私は生きるためにどこかにしがみつくような働き方を変えていくことに成功しつつあります。驚くほどストレスフリーに生きてますし、定年間近で会社にしがみ付いている同世代の会社員に比べて、良くも悪くも毎日が好き勝手し放題のフリーターもどきです。

しかし会社員が定年を迎えて、いよいよ65歳ぐらいで全員がフリーランスで人生第2の「よーいドン!」となった時、私はスタートダッシュで抜け出せる自信があります。そのための働き方を現在構築しているわけですから、会社員というセーフティネットから外れて収入手段を無くした方々に負けるわけにはいきません。

先を見据えて今は軽貨物ドライバーという一つの働き方・常識を解体してより強固な生活基盤を創ろうとしています。
決していい加減に仕事をとっかえひっかえしたり、ネット系の収入手段に取り組んでいるわけではないのです。
誰よりも真剣に老後の収入を意識しておりますだ。


他人の常識から外れた働き方をしても恥ずることはない。
それが未来の自分に繋がるなら自信を持って取り組めばいい。
上場企業に勤め我が世の春を謳歌していても人員整理される時代。
何が正解・成功と断言できることは誰にも出来ないのですから。
長くない人生ですからやりたいことやっておきましょうよ!





posted by ガラダマ at 23:35| Comment(0) | 複業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

名刺改訂

接近中の台風の影響か、横浜エリアは午前中は雨、午後から晴れてくるという天候不順な日が続いています。
今週も配達仕事をされている方、暑い中お疲れ様です。


ドライバーの皆様は暑くても晴れている方が良いか、多少涼しいのであれば雨でビショビショになっている方が良いか、どちらを選択しますでしょうか?
う〜ん難しい選択ですねぇ。 私は暑くても晴れがいいかなぁ。


今週は軽運送仕事がずっとお休みのため、外の仕事は無し!雨晴れ関係なく毎日夕方から快適なインドア仕事の日が続きます。そしてインドア仕事が終わって日付が変わろうとする頃にファミレスへ行き、ライターの仕事に取り掛かる毎日です。
自分にとっては収入的には満足しておりませんが、初老の働き方としてはほぼベスト!快適で仕方がないッス。
数年後の働く姿を疑似体験しておりますだ。


貯蓄・退職金・年金で老後を食っていけない人は、老体にムチ打って働き続けることになる。
今の仕事で定年以降何年働かせてもらえるのだろうか?
雇用が終了となった時、収入手段はどうなりますか?
その時に働き続ける気力・体力が残っているのだろうか?
もう想像しただけで気が滅入りますね。

会社員を無事勤め上げても定年後は皆フリーランスとして横一線。
雇用というセーフティを失って闘っていく自信はありますか?
非常勤の役員待遇とかで名前貸しで収入になる人は羨ましいが。


在籍時に圧倒的な貢献をしてきた方や天下ってどこかで甘い汁を吸い続けられる人は、これまでは人生の勝ち組として左団扇で悠々自適に過ごせたのでしょうけど、有名企業でも大規模なリストラが普通に行われるようになっている昨今、非常勤待遇とか天下りを許しておけるほどの余裕は企業には無くなってきています。どんどんリストラしてるのにそんな人間の存在がバレたらすぐにネット上に晒され炎上・株価にも影響しますので、企業もそこまで危ない橋は渡らないでしょうが。


会社員ですら将来は危機感いっぱいなのですからフリーランス的に生きている者は毎日が定年みたいなもの。
明日を約束されていないわけで、この先どうやって食っていくかを真剣に考えていかないといけない。

あと数十時間後には59歳を迎える私は、危機感だけはしっかり持っているので常に生きていく方法を模索しています。
webライターというのも年齢的な偏見が無い収入手段として、中高年でも可能な闘い方としてチャレンジしています。
面接や履歴書で採用が差別化される働き方には残念ながら中高年はもう固執・依存してはいけない。


時期尚早とは思いますが早々に収入が発生したのでもうwebライターを名乗ることにしました ^^;はやっ
年齢的に悠長にしてられないのでドンドン勝負します。
当然名刺にも新しい肩書きを加えてハッタリかまします!(笑)


近未来的軽ドライバー  ←これも肩書きw
宅地建物取引士
スポーツ指導員(ジムインストラクター)
webライター


どうです。もうわけわからない怪しいオジサンですね。こうして相手を混乱させておいて ”ガブッ” と噛み付こうかと(笑)
弱者は正攻法で闘っても勝てません。相手の常識とちょっと外れたところから懐に飛び込んでいく。
全く結びつかない肩書きをひとまとめに使いこなしているスタイルこそ「話題性」という私の武器。
肩書きマニアと紙一重のところで闘ってますだ。


自分の棚卸し。使えるものは何でも武器にしちゃいましょう!
闘わずに人生を終えていくのは悲しすぎます。

自分の名刺を作るとしたらどんなハッタリをかましますか?






posted by ガラダマ at 08:51| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

腕試し・自分試し

今年も本業10連休のお盆休みに突入しております。

年末年始もGWもお盆も10連休以上が当たり前という、会社員時代はもとより軽運送業開業時には想像も出来なかった生活を送っているのですが、もう何が嬉しいかというと大型連休というよりやりたい仕事ができるという不思議な感覚に支配されていること。

「軽運送業をしていない時は違う仕事をしている」というのが私の現在の働き方。以前はダブル・マルチワークという呼び方が主流でしたけど、最近は複数の業をこなすフリーランスの方が増えてきて、仕事に主(本業)も従(副業)もないどれもがメインのような働き方をパラレルワーク・パラレルワーカーと呼ぶようになってきたようです。


軽運送業を始めた当時は、本業+副業1つという典型的なダブルワークでした。
副業はあくまでも本業収入を補填する役割で、仕事の内容よりは本業後の夜時間にできればいいという程度。
この時は本業は週6で稼働しておりましたので、まあこれが精一杯なんだろうなぁと思っておりました。

それが本業が週5稼働になり現在の週4稼働になりと、「一体本業って何?」という疑問から本業・副業という固定観念を捨てて、自分に出来ることをMAXに取り入れてどこからでも収入を作り出せる働き方というものを目指すようになりました。
現在の状態がその進化・発展途上という感じです。


本業へのこだわりを捨ててみると意外に可能性が開けるもんです。
収入的にも本業は数年前から1番でもなければ50%にも満たない。本業の労働時間が減ることにより他の仕事に使える時間が大幅に増えたことが自分の働き方の可能性を広げているという皮肉。別に軽運送業という仕事が嫌いなわけではないが、”去る者は追わず”というか本業だからと言ってこだわってしがみ付いていては自分を見失うことになる。

会社員だから、雇われているから、安定している(?)から、といって沈みだしている船に自分の人生を任せてしまっていると悔いの残る結末が待っている。今自分に何が出来るか?を考えると、選択肢は結構あるもんです。




別ブログでも書きましたけど、最近また新たな収入手段にチャレンジしています。
「60歳からの働き方」というのが今の私のテーマなのですが、今週59歳の誕生日を迎えるといよいよ還暦まで残り1年。昨年から順調に準備を進めてきていよいよ実践段階に入って来ました。

これまでの軽運送業以外の仕事はまあアルバイト的なもの。時間で管理された時給ベースの誰でもできる単純労働です。
しかし60歳を超えてくると単純労働でも肉体的にはしんどくなっていく。いつまでもお爺ちゃんが職場の足手まといになっているようでは自分も周囲も悲しい(でも今後も人手不足は解消しないので職場の外国人と老人の比率は増えていく。もしくはAIと自動化が進み単純労働では働き盛りの者も職を失う)。

年老いても肉体労働を我慢して働き続けますか?働き盛りでも生き残れないAIによる労働機会消失の先に中高年の居場所はありますか?
「定年になったら何か簡単なアルバイトでもやって生活の足しにしよう」なんて甘い甘い。簡単な仕事は皆AIとロボットがやるので単純労働の求人は無くなります。近所のスーパーやコンビニがどんどん自動レジに代わっていることに気が付いていますか?

老後、年金だけでは到底生きて行けないことが国や経済界のTOPから小出しに発信されています。
かと言って元気でも働き口があるわけでもない。いや、働かないと収入を得られないという変な常識はもう捨てるべきです。

私がいい歳こいてブログだ何だと一生懸命やっているのも60歳以降の収入を真剣に考えているからです。年齢関係なく自分の腕一本で収入を得られる仕事・働き方にシフトしていこうとあがきもがいているのです。

本業に費やしている労働時間が10日間もまるまる使えるのは非常にありがたいのです。集中して腕試し・自分試しができます。10日分の本業収入を失うことより今後の自分に投資すると考えれば安いもんです。
残りそう長くない人生においては自由に使える時間は本当に貴重。

還暦までの1年間が自分の老後を決めると言っても過言ではない。
今日の1万円より老後の2,000万円!





posted by ガラダマ at 14:35| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

宅配配達員刺される

今週はお盆休み直前でかなりの荷量があり、加えて連日の猛暑!
副業の配送も荷量が爆発し、昨夜は疲労蓄積でぐったりしてました。
夜仕事を入れてなくて良かった〜。

そこへちとショッキングなニュースが飛び込んで来ました。


横浜市内で夜7時頃、路上で不在通知を処理中の宅配配達員がいきなり面識の無い男に無言で右脇腹を刺されるという、とても他人事と思えない事件です。しかもこの現場、私の配達エリアでもあり毎日通る場所でもあります。警察署がすぐ近くにあり、路駐するのに大変気を遣う場所ですから余計に鮮明なイメージが湧いてしまいます。

昨日もこの近所で1件配達してましたけど、もし時間が違えば私が刺されていたかもと思うとゾッとしますね。



不在票を書いている時ってドライバーは結構無防備です。周囲に意識はいかず書くことに集中してますので、悪意のある人間が近づいてきても刺されるまでは反応できないのではないだろうか。逆に言えば被害者のドライバーさんも配達先が不在でなければ刺されることはなかった・・・?
う〜ん、やはり不在は百害あって一利なし!
不在票を入れられた(入れる前に刺されてたらそれどころじゃないでしょうけど)お宅は複雑でしょうね。

幸いドライバーさんは命に別状は無く軽傷ということのようですが、このブログを書いている時点では犯人はまだ逃走中ということで早く捕まえて欲しいですね。夏休みで子供達も出歩いていますから次の被害が起きないことを祈るばかりです。


しかし警察署のすぐ目の前でこんなことが平然と起きているのですから日本も治安が悪くなったものです。警察もこのままでは面子丸つぶれですから本気で動くでしょう。たまたま連休になるため私はしばらく仕事でこの辺に行くことはありませんけど、犯人が捕まっていない現場周辺に配達で行くのって気持ち悪いですよねぇ。しかも最近はこの手の犯罪は「誰でもよかった」という無差別的なものが増えてますから、荷物を持った状態の丸腰なドライバーは標的になってもおかしくない。




さて、もし配達仕事中にこのような事件に当事者として巻き込まれてしまったら、その後はどうなるのでしょう?

まず意識があり自力で動けるなら会社に一報を入れ、事件現場もしくは警察署に誰かに来てもらい車と残りの荷物を引き継いでもらうことになる。本人はケガの具合により救急車で搬送されるか警察署もしくは最寄りの交番で手当てを受けながら事情聴取となるので、当日の仕事はそこで終了になる。

万が一、事件が原因で荷物が破損したりしたら・・・

その時は貨物保険が適用されることになるのでしょうけど、本人の保険か会社の保険かどちらを適用するのかは状況次第なのでしょうかねぇ。社員か委託かによっても違いそうだし、事件に巻き込まれたあげくに自分の保険で弁償とかやってられませんよねぇ。

こうした事件に巻き込まれるリスクも、ドライバー職の宿命なのでしょうか。そしてこういう事件が増えていくと保険料も上がっていくのでしょうか・・・


リスクなく普通に働きたいですな ^^;






posted by ガラダマ at 06:31| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

委託と社員のコラボ

昨日は委託の軽ドライバーチームと社員トラックドライバーチームの”奇跡のコラボ“が実現いたしました。

と言っても仕事ではありません。ボーリングしてきました。


ただでさえプライベートの時間に集まって「何かしよーよ」ということなど無いドライバー職の面々ですが、密かに水面下で厳選されたメンバーにより決行のタイミングを計っておりました。

社員は休日交代勤務があり委託の面々は複業を抱えていたりして、日曜日とはいえ候補メンバーのスケジュール調整が難航していたのですが、ようやく実施することができました。それでも社員ドライバーの一人は朝5時から仕事してきて昼過ぎにギリギリ現地集合。トラックで来るのかと心配してましたが流石にマイカーに乗り換えてきましたね。赤帽さんは赤帽の車で来てましたが^^;


酔うと面倒なトラックドライバーと飲みに行くのはハッキリ拒絶していた軽ドライバー達(笑)も今回は皆乗り気で、私も午後以降の仕事はキャンセルして参加させていただきました。もともとボーリングが好きというのもありますが、メンバーの顔触れで参加を決めました。

今回参加したのは7名。普段から社員と委託の垣根を超えて仲の良いメンバー。
そこそこの規模の運送会社って結構社内はギスギスしていてドライバー同士バチバチやってます。無駄に上下関係に厳しい割に言い争いなんてしょっちゅうですし、胸ぐら掴んで殴り合い寸前なんてことも年に何度もある。普通の会社じゃ有り得ない光景が繰り広げられています。

まあ皆が腕っぷし自慢のお山の大将キャラみたいなもんですから、人を敬うとか人に従うなんて辞書に無い方々ばかり。意見がまとまるわけがないし、よくこれで会社として成り立っているなと感心したりする。


今回参加したトラックドライバーはそんな濃いメンツの中でも腰が低くて話が面白い方々です。だから軽の委託チームとも交流がある。多くのトラックドライバーは軽の仕事を馬鹿にしている節があるし、委託と社員の差別も露骨にするので仲良くなれない。
通常、軽ドライバーは当日の割り当てられた仕事を終了するとすぐ帰ります(皆さん大体15時前後が多い)けど、トラックの方々はそれを好ましく思わないようですぐに会社に不平不満文句を言っているようだ。定時前に帰るのはズルい とか ^^;

そもそも定時というのは時間契約でない限りは委託にはない。これも社員と委託の働き方の差なのだから仕方ないのにねぇ。早く上がることにチマチマ文句言うならアンタ達も社会保険や手当て・歩合全部無しでやってみな!って。
腕力強くても人間の器が小さいっす。

あっ、これは商業貨物便という働き方ですから宅配の仕事・会社の事情とは全然違います。宅配仕事の委託ドライバーが皆15時に配達終えて帰ってしまうなんて有り得ませんから。
仕事の内容がその会社全体の社風や雰囲気に影響しちゃうことってあるんです。
特にガテン系の仕事はその傾向が強いように感じるので、求人広告の上っ面で待遇だけイメージできても職場の現実を知ることはできません。人の入れ替わりが激しい会社は、仕事の内容よりも職場の雰囲気に耐えられなくなることが辞めていく理由としてありますよ、とだけご忠告申し上げておきます。




夏休みに入っての日曜日ということで、ボーリング場は相当混んでいるのかと思いきや拍子抜けするぐらい空いてました。待ち時間無しで隣り合わせで2レーン取れるなんてラッキーですね。おかげで調子こいて投げ放題プランにしたのはいいが、運動不足の中高年の集まりですからほんの数ゲームやっただけで皆集中力が欠け、スコアはひどいもんです。でもマイボール持参の者が2名いました。それなりに上手でしたけどね。
運送仕事は運動不足解消にはならないことを証明いたしました。

今回参加して良かったのは、社員さんから社内の知られざる人間関係や派閥みたいなことを聞けたこと。トラックドライバーの世界観の狭さやドロドロとした歴史、隠ぺいされた事件等々、軽の委託メンバーには決して知らされることのないブラックな部分を知ってしまいました。
運送業界というのは普通の人が長く働ける場所ではないな と改めて強く感じた次第です。


明日からは聞いた情報をもとに社員の一人一人、上司の一人一人を隈なく観察してみようっと。
下手したら私が辞めてしまいたくなるかも・・・





posted by ガラダマ at 08:53| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする