2018年12月15日

itDEAL多機能スマートウォッチ

アマゾンのサイバーマンデーセール、利用してしまいました。

しかし何も運送業界が繁忙期になっている12月なんかにやらなくてもいいのに。本当に宅配仕事されているドライバーさんには迷惑なイベントですな。利用している者が言うことではありませんが ^^;


言い訳しますけど、アマゾンで買い物するとつい最近まではヤマトさんが配送だったんです。いつも私は近所のヤマトの支店受取にして(事前に配達予定日の連絡があるのと受取方法を指定できるので)いるので、繁忙期でもドライバーさんに手間をかけずに済むので今回もそのつもりだったのですが、何と今回は複数買い物したのですが皆デリバリープロバイダーの配達になってしまい、受取に出向くことができず、案の定不在時に来てしまいました。

ヤマトさんの配達に比べて不満があったのが、今回はアマゾンの配達予定日の前夜に配達に来たこと。

こちらは予定日に家族が在宅していたので受取準備万全だったのですが、何故か予期せぬ前夜に来た。フライングだったのか?それとも夜の方が在宅の可能性が高いとみて早々に持ち出したのか?

しかも不在票の連絡先に再配達の連絡入れたのに、それを無視してまた違う日時に配達してきた。たまたまそのタイミングで家族が家にいたので受け取れましたが、こういう使い勝手が悪い業者が今後アマゾンの配送担当になるのだとすると、ちと買い物し辛くなってしまうなぁ。デリバリープロバイダーの質が悪いという評判はよく聞いていましたが、ヤマトさんのレベルと比較するとあまりにも違いすぎる。


で、今回購入したモノの一つが多機能スマートウォッチ。


例によって過剰包装で来ましたよ(笑)


20181214_001100.jpg


商品はタバコの箱を二回りぐらい大きくした程度なのですが、何もこんなに大きな箱に入れてこなくても・・・
この商品に適したサイズの梱包なら1000件分ぐらい1回で積めそうですけどね。1日じゃ配達できませんが(笑)
こういうところにも配送のムダが出てしまうんです。



しかし腕時計に健康管理機能が満載なのは凄い!
いつでも血圧や心拍数をチェックできるので、運転中の突然死とか事前に防ぐことができるかもしれません。
座りがち自動注意とか運転仕事する人には最適かも。あと深い睡眠・浅い睡眠等、睡眠の質を診断するとか、着信、メッセージ、LINEなどの通知は振動で教えてくれるとか、かなりドライバーの仕事環境に役立ちそうなグッズと思い衝動買いしてしまいました。

20181214_001952.jpg20181214_002557.jpg20181214_002306.jpg
20181214_002527.jpg20181214_002751.jpg



寒さに心臓がキュッとなる、中高年にはヤバい季節。
長く働くための自分への投資も必要です。
自分の身は自分で守るしかないのです。



腰痛・肩こり・背痛・睡眠負債に特許申請の次世代マットレス【ビブラート1】
日本人好み・日本人の体型に合った、やや硬めの高反発マットレス
1層目【特許出願中】 直に体と接する面を波状にすることで
体圧をマットレス全体に分散。

体型に合わせた変形で体への負担を軽減します。

2層目・3層目 快適な睡眠環境を重視し
しっかりと体の重さを支える150N・200N。(N[ニュートン]/硬さの単位)

●詳しくはこちら
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZW2SE+3E1VSI+2HEW+2Z8T77




posted by ガラダマ at 01:14| Comment(0) | こんなものを買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

今年も”副業“は昇給しました

毎年10月、全国の最低賃金が改定しているのをご存知でしょうか?
時給ベースでみるとたかが25円前後の上昇ですが、月々数千円、年間なら数万円収入が増えるわけですから、キチンと反映されている職場の方々にとっては有難いこと。



ところが未だに最低賃金を度外視している会社もあるようですが、法に定められていることですから労働者の権利として雇用側と闘うべきです。どちらが正しいか勝利するかは明白ですし、それで労働者側がハラスメントを受けるようであれば、その会社自体が存続することが困難になるわけですから恐れずに権利を主張するべきです。


私の場合ですが、時給ベースの副業は今年も基本給はUPしました。今年も副業の時給は25円以上UP。
今年は労働時間を意識的にセーブしたので、現在は時給ベース仕事の月の労働時間は約160時間。それでも前年に比べて月収として4000円以上のUPであり年間なら5万円ほど収入が増えることになる。

それに比べ、現在は一応本業の軽運送業は11年目を迎えても「1円」も賃金は上がっていない。会社員の方が10年以上継続している仕事がボーナスも出ない基本給も新人と同じままだったら、それでもその会社を辞めずにいられるのでしょうか?


軽運送業の求人を見ていても、例えば宅配仕事でも配達単価は上がっているような感じはしない。ヤマト事件以降、運賃値上げの流れは起きているが末端のドライバーへの恩恵には至っていない。せいぜいドライバーの労働時間が気持ち少なく(なっているのか?)なったかもしれないが、労働時間短縮が収入低下へ直結するような働き方であるから、働き方改革と言うにはほど遠い。


私は他業種からやってきたので、運送業界のビジネスモデルの歪みはすぐに気付きました。おかげで副業・複業を取り入れることによって収入の不安は解消できているのですが、それにしても生真面目に働いている人ほど割に合わない職種だと思います。私は運送業に関しては生真面目にやっていないので上手く世渡りしておりますが(笑)


軽運送業で独立するなら、収入だけでなく労働時間や経費とのバランスも考えてください。見た目に収入があるようで経費がとんでもないことになっていたり、時給換算にすると最低賃金以下になっているような労働時間を費やしているとか、果たして仕事としてやる意味はあるのか?と。


働き方改革は、自分の現状をキチンと把握することから始まります。何となく不満があるとか、稼げねぇなぁということから抜け出そうと思っても、改革と呼べるほどの変化は起こせないと思います。何がダメなのか、どこを変えられるのかを見極めないと次に進めない。

現在の仕事を時給換算にするとどうなりますか?
最低賃金の毎年の上昇率と今の仕事の上昇率の比較は?
今の仕事量を減らして副業を取り入れたらどう変わる?


様々なシミュレーションをして自分の可能性を追求していかなければ、単に時代に流されていくだけの働き方で終わってしまう。
強い軽ドライバーを目指してお互い頑張りましょう!



なりたい体になる為のプロテイン【FIXIT DAILY BASIC ホエイプロテイン】








posted by ガラダマ at 01:48| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

ボヘミアン・ラプソディ

昨夜は平成最後になるかもしれない忘年会に出席してきました。

いきなり12月の頭に忘年会ですが、この後は特に決まっている忘年会もなく(運送会社の忘年会は声がかかりますが、メンバー的に時間と金のムダ・つまらない内容になるのが目に見えているので参加しません)、静かな年末を迎えられる・・・かな?

今回の集まりはテニスサークルのメンバー。残念ながら静岡のメンバー他数人が都合がつきませんでしたが、横浜市民だけでなく都内や埼玉からも駆け付けた熱い男女10名の宴となりました。

もう30年近い付き合いで、いつの間にやらメンバーの平均年齢も50代となり、会社員の方々はそれなりに重要なポジションについていたり、女性達は子育てもひと段落して自由を謳歌していたり、自営業の者達は好き勝手な事ばかりしていたりと、各自がようやく人生における自分のポジションに辿り着いたという感じ。

愚痴も嫌味もなくタバコを吸う者もいない、洗練された大人のサロンのような(笑)素敵な空間を共有してまいりました。たぶん一般的な50代と比べても相当若く見られるメンバー達です。髪の毛もしっかりあるし!
不摂生してる人としてない人とで差が出てくるんですな。



私もこの日が楽しみで仕事を一切いれないで久しぶりにゆっくりする日にしておりました。せっかく街に出るので忘年会の前に映画でもと話題の「ボヘミアン・ラプソディ」を観てまいりました。 話題云々より単にクイーンが大好きだったのと予告編の印象が良かったので。

ボーカルのフレディについては亡くなった経緯みたいなものは当時の上っ面の報道で知っていましたが、改めて掘り下げて再現されてみるといろいろと考えさせられることがありました。単に音楽映画ではないところが多くの人に支持されて話題になっているのでしょう。もちろんライブシーンとかも素晴らしかったのですが。クイーンを知らない世代にも彼らの音楽は十分に響くと思います。


で、忘年会の席でも偶然にこの映画の話が出て、なんとメンバーのほとんどが既に観ておりました。もう一回観に行くという者も。やはり皆クイーン世代ですな。私は危なく乗り遅れるところでした ^^;危ねぇ〜


仕事が調整でき、どうでもよい飲み会はスルーして、良い仲間、好きな集まりにだけ参加できる拘束されない自由な生活。軽運送業をやって良かったと思える瞬間ですな。

個人的な働き方改革はだいぶ手応えを感じてきました。
更に理想に向けて進んで行きますよぉ〜







posted by ガラダマ at 03:02| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

最後に笑うのは誰だ?

平成最後の年末が迫っています。今年も残り1か月となりました。
平成の30年間は皆様にとってどのような時代でしたか?

私の感想は西暦と元号年が一致しなくなった時代^^;
昭和の時は西暦と昭和○○年がセットになっているようにスラスラと答えることができましたが、もう平成になってからは平成○○年は西暦○○○○年と答えられません。下手すれば今年は2018いや2019年だったけ?みたいな。
少々痴呆が始まっているのかも。このブログもそのうち・・・



年々あらゆるサイクルについていけなくなってきている自覚はありますだ。ここ数年はテレビを見なくなったということもあって、何が流行っているのかも興味が薄らいでおります。

ただ、それが悪い事ばかりかというとそうでもない。
LINEをやらないお陰で煩わしい既読だスルーだということに気を遣わずに済んでいるし、一応ドライバーなんでスマホでチャカついているヒマはない。いや、ドライバーは仮の姿なのでチャカつく時間は十分あるが、そんなことに時間を費やすヒマは無い。連絡は本当に必要な時の電話とメールで十分。
まあこの小さい世界から抜け出せないのはそういう部分なのかも知れませんけどね。特に不満はないからいいんですけど。

インスタに使えそうな写真は結構撮りましたけど、別に「いいね」なんか欲しくもないし、最近ではいいね欲しさに改造した軽トラでドリフト走行している動画を小学生の息子に撮影させて、YouTubeにアップして速攻摘発された者がおりましたが、全くいい歳した親たる立場で何やってんだか。自分にはそういう自己顕示欲が無くて良かったと思います。SEOとか気にせずちっぽけなブログで気ままに好き勝手なこと書いているので十分楽しんでおりますだ。


昨日はまた病院のため本業はお休みし、昼間ちょこっと副業の配送してほぼ1日自由に過ごしておりました。
もう稼ぐことより、いかにその日その日をしっかり過ごすか、楽しむかに意識・行動はシフトしてきております。

まあ今年は実験的な部分もあり、だいぶ働く時間を削って収入を落としてみましたけど、それでも一般的な会社員に勝るとも劣らない程度の収入は確保できました。収入をコントロールし、自分の時間を創れる働き方に少しづつ近づいている手応えはありました。

60歳を過ぎても生活のために働き続けなければいけない状況はちと辛すぎる。かといって貯金があるわけでもないし年金に期待もできない。目指すのは無理しなくても続けられる収入手段を複数持つこと。

自分がいつまで元気でいられるかわからないので、まだ体が動くここ数年のうちに試せることは試したい。

会社員の安定が勝つか、フリーランスの意外性が勝つか。
人生ゲームもいよいよ佳境に入ってきました!



====================================================================
  ファイナンシャルアカデミー 『定年後設計スクール』

私たちの多くが不安を持つ定年後の生活。

「自分や親の医療や介護にかかるお金が心配」
「定年後も生きがいを持って仕事や趣味に取り組みたい」
「年金・保険・税金・資産運用などの、正しい知識を身につけたい」

「長生き」をリスクにしないで、豊かに生きがいを持って暮らす時間にしてほしい──これまで延べ43万人にお金を人生の味方につける方法を伝えてきたファイナンシャルアカデミーが、こんな想いで開講したのが、この『50代のための定年後設計スクール』です。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZVRSP+2SMA0I+1IRY+2T8BZN
====================================================================








posted by ガラダマ at 01:30| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月25日

効率良く働けば会社員に負けない

横浜エリアでは天候に恵まれた3連休となっておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

すっかり週休3日の本業に慣れてきておりますので、最近は3連休ぐらいでは感動しなくなりました^^;
どうせ年末年始も10連休以上になるかもしれないし。

今週の土曜日には早くも最初の忘年会があります。もう12月に突入してしまうんですね。
平成最後の年末。元号が変わるのがわかっていての最後の年末という初めての状況に加え、来年限定の祭日やらが閣議決定したとかで手帳やカレンダー業界の方は対応が大変なようですが、消費税増税となるとまたそこでひと騒ぎ起きるのでしょう。

こうした国レベルの変化が起きる時には特需というか、恩恵に与る業種もあれば迷惑を被る業種もある。
運送業界はその両方でしょうかね。ただ恩恵を受けるのは会社で迷惑を被るのは末端のドライバーという構図は毎度のこと。
もし運送業に転職してくるなら元号が変わって一息ついたタイミングの方がいいですよ(笑)


大手運送会社でも短時間勤務が可能な求人が増えてきている。
1日の労働時間が非常に長いイメージがついている業界ですから、人手不足を少しでも解消するために背に腹は代えられないということでしょうか。ひと昔前なら最低週5日はやってもらわないとみたいに社員並みな拘束を課していたのがウソのような手のひら返し。

昔みたいに働けば働くほど稼げるわけではなくなってきているので、どちらかというと副業的に取り入れた方が良いとさえ思ったりします。
あくまでも個人的な考えですが、中高年が転職しても余程の特殊なスキルがなければ月収なんて手取りで20万〜25万ぐらいが一般的でしょう。
であれば変な拘束をされずに好きな事好きな仕事を上手く毎日にはめ込んでいければ、収入は30万以上になることは十分可能。それは60歳目前の私が実際に実現していることなので、怪しい情報商材に手を出すよりかは確実・安全!(笑)
ただし週休2日とかは無理ですよ。そこまで甘くない。1日24時間をいかに効率よく使えるかです。

こんな記事がありました。

「通勤時間が長い」ことで、どれだけ損をしているのか

1日24時間を有効に使うための一つの考え方が紹介されていますが、私が転職した理由の一つでもあります。
「そんなこと出来ねーよ」「出来たらとっくにやってるし」という言葉が真っ先に口から出てしまうなら、たぶんこの先も変わることがない人なのだと思います。本気で何かを変えようとしない人ほど理想と現実のギャップで悩み続けることを学びましたから。


独立しても何もかも自分で決めるメリットを活かしきれていない人がまだまだ多いように感じます。
サラリーマン体質というか仕事は場所・時間・給料がセットになっているような考え方で求人を見ている節がある。通勤に関してもムダと考えずに単に時給とかで判断しているなら、それは賢明とは言えないように思います。


軽ドライバーで食っていくなら、そのフットワークを完全に活かすとともに、無駄な時間を極力排除する意識を強く持っていけば、そこに新しい働き方が見えてくる。

自分で考え組み立てた働き方ですから、会社員に比べればストレスは少ないし収入も自分でコントロールできる。そうして試行錯誤していけるなら、下手な転職するよりよっぽど快適な生活を手にすることができる。朝9時起床・通勤5分・手取り30万以上とかが可能になるならやってみる価値は十分にあると思いませんか?
アッ、通勤フェチとか社畜フェチなら話は別ですけど・・・










posted by ガラダマ at 11:30| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする