2017年09月15日

疲労対策サプリ

加齢と無休による疲労・・・

ここ数年、独自な働き方をしておりますが、ストレスフリーな状態とは言えさすがに肉体的な負担は否めません。

最近、「どう稼ぐ?」ということより「どう働く?」ということに関心が移ってきており、年金対策も意識しながら(笑)より長く働いていける環境整備を考えておりますだ。

その対策の1つとして、実はあるサプリメントを愛用しております。


「なぜ渡り鳥は一度も休まずに1万kmも飛べるのか?」

というコピーを聞いたことがあるかも知れませんが、そう、アレです。

最近、いろいろな媒体で盛んに宣伝しているので、「イミダペプチド」という言葉をご存知かと思いますが、星の数ほどあるサプリメント・健康食品の中で、私が特に興味を持ち愛用しているのが消費者庁の機能性表示食品制度に受理された「イミダペプチド」。

20170913_194521.jpg



ドリンクの方が有名かも知れませんが、私はカプセルタイプを愛用しております。成分はもちろん、体内への吸収スピードもほとんど変わらないということです。

この会社の回し者ではございません(笑)ので、商品についての詳細等は割愛させていただきますが、実際継続してみてどうなんだ?という感想で言いますと、試してみた価値はあったなと。だから継続しているのですけどね。

世の中サプリが氾濫していて、大抵のモノには胡散臭さを感じている方も多いかもしれません。自分もその一人ですが。
ただ、「なぜ渡り鳥が・・・」という話が面白くて、研究開発内容についても共感し、株買って応援すると同時に自らの人体実験でも確認できたことで、愛用に至っております。

愛用者も激増しているようで、ホールディングス株も急上昇しており(年初から約3倍、この1ヶ月だけでもで約1.5倍増)投資家(笑)として嬉しいですな。
株価は今ならまだタバコ代4か月分ほど。

タバコ代1年分で、成長株買えてドラレコ買ってレーダー探知機買って、まだ5〜6万使える。
しかも消費するだけのタバコと比べ、自己投資は更に利益をもたらす可能性もあり、楽しみがある。



サプリとか漢方って即効性を期待しちゃうとダメですね。
疲労回復に即効性を求めるなら市販の栄養ドリンクの方がよっぽど効果を感じたりするのですが、実はタウリンという成分には疲労回復効果は認められていないとか、カフェインで疲労感を覆い隠すのはその場しのぎにすぎないとか、結構この世界は奥が深く、極めるのは難しい。

お酒の強い人もいれば弱い人もいる。血圧が高い人もいれば低血圧な人もいる。老若男女で体質も様々。
万人に利くサプリなど無いと考えるのが普通か。
なのにお試し程度で「効果がない」「インチキ商品」と文句を言ってしまう人がいかに多いことか。
これ転職としての「軽運送業」という評価と同じですな。

溢れる情報の中からいかに自分にとっての有益な情報を探しだすか。
それにはやはり自分の肌で実際に感じるのが大切だなと。

他人の評価は自分にとっての絶対ではない。









posted by ガラダマ at 23:53| Comment(2) | こんなものを買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

ドライブレコーダー&レーダー探知機

お盆休み中に娘から言われました。

「運転の仕事しているならドライブレコーダーぐらい装備していた方がいいんじゃない?いい歳なんだし」

最後の一言が余計ではある(好きでいい歳こいてるわけではないズラ)が、まあ父に対する思いやりということで受け止め、以前から気にはしていたドライブレコーダーを急遽検討してみました。

1週間ほどカー用品店を数店物色し、店員にいろいろ質問し、ネットのクチコミやらレビューやらを参照し、アマゾンで購入したのがこれです。

20170831_142944.jpg


ドライブレコーダーはコムテックのHDR−352GH
レーダー探知機もコムテックのZERO 903VS
OBD Uアダプター OBD2ーR2
相互通信ケーブル ZR−13

総額でタバコ代4か月分よりちょっと安いという感じです。


近場で走っているのにこんな装備いらねぇだろ! とツッコミを喰らいそうですが、実はここ数年で軽運送の仕事中に3回ばかり取り締まられておりまして、近場でも侮れません。
なので、レーダー探知機も興味津々導入してみました。


このドライブレコーダーを選んだポイントは、レンズ画角が水平136度、垂直70度、対角168度とかなりワイド。アクシデントが起きた時に映像に収まる情報が多いのは大事。
そして夜間映像もかなり鮮明に映ること。夜間のトラブルでも相手方の車種・ナンバーを明確に記録できる。
日本製・製品3年保証・補償サービス2万円等の充実。

レーダー探知機をコムテックにしたのは、ドライブレコーダーとの相互通信が容易であり、上記アダプター・ケーブルで接続することでシガーソケットを使うことなく電源を供給できる。
そして取締り等の最新データを常に無料ダウンロード更新できるのが、他社に対する優位な部分。


愛車クリッパーがOBDUアダプターに適合していたので、メカニック音痴の私でも車両コネクターに接続するのは簡単、レコーダー・探知機のセッティングも含めて30分足らずで完了です。
取り付けしてみたのがこんな感じ。

20170902_115609.jpg


ドライブレコーダーは運転席右上方、レーダー探知機は運転席右ダッシュボード上。接続ケーブルは右側のピラーに這わせてます。ダッシュボード正面上の取付けステーはナビ用。

最初はドライブレコーダーはバックミラー裏に設置しようと思っておりましたが、軽の1BOX車はフロントガラスの傾斜がキツくバックミラー裏のスペースが窮屈なのと、ボタン操作やmicroSDHCカードの抜き差しを考えるとこの位置が実用的かな。映像の感じも正面寄りの設置と比べてもさほど違和感はない。ただし画角が広いのでダッシュボード上に物があるとフロントガラスへの映り込みを拾ってしまいますね。


ビューワソフトで映像を再生してみるとこんな感じ。

gamen.gif


映像が左上部、右側上部には経路を地図上に、走行速度等のデータは下部に同時に表示され、自分の運転のクセや地点・状況での対応など確認できる。
1つ問題なのは録音ONにしていると、音声も拾ってしまうのでその時に聞いている音楽はもとより、独り言等もバッチリ記録に残るのである。結構運転中に独り言が多いのがわかるが他人に聞かせたくはない(笑)


まだ使い始めて1週間も経っていないし、機能的には私にはオーバースペックなので評価する立場にはありませんが、レーダーを探知すると普段はフルマップにしてナビみたいに使っている画面が突然警告音とともにレコーダーの映像に切り替わり、取締りレーダーの位置を画像上でお知らせしてくれたのには感動しました。

また、冠水エリアなんて情報もお知らせしてくれるようなので、ゲリラ豪雨が多くなってきた昨今、もしかしたら役に立つかもしれませんね。過積載取締りポイントなんていうのも運送業必須情報でしょうか。

予期せぬレーダー探知機購入になりましたが、運転するにあたってこんなに情報が飛び交っているのかと今更ながら驚くのと、ドライブレコーダー&レーダー探知機という“大人のオモチャ”でしばらく楽しめそうでございます。


この1週間何が変わったかって、運転が妙にお行儀良くなりましたよ。
自分の行為が音声と映像で証拠に残るって・・・

こりゃ交通トラブル減少に効果がなきゃウソですぜ!







posted by ガラダマ at 23:58| Comment(0) | こんなものを買ってみた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

10年目

薄着だと夜中に寒くて目が覚めたりする今日この頃・・・
夏も終わりに近づいて油断してると体調を崩しそうですな。


さて、9月と言えば私の軽運送業開業月でございます。
思えば10年前に始めてからよくこの商売続いてきたもんです。
ブログもですが(´Д`ヽ

職業キャリアとしては、広告代理店の20年間に次ぐ長さとなりました。
我武者羅に駆け抜けてきた20代30代とは違って、酸いも甘いも噛み分けての40代後半からの10年間は、いろいろな意味で鍛えられました。


若い時の「自由」、老いてからの「自律」


この生き方の差を身に染みて感じるようになりました。
自分が若い時はそんなこと考えたこともなかったですけどね。

体力に物言わせ、多くを経験し吸収できる若き頃が今となっては実に貴重な時だったなと。
40代後半からガクッと落ちた気力・体力を騙し騙し振り絞って生き延びている現在ヾ(´ε`;)ゝ

年金が75歳から支給などということを本気で言い始めたこの国で人生を全うするならば、60歳以降をどう自律していくのかを考えると暗い気持ちになりますね。

60歳近くになっての自分の体力を実感した人でないとわからない部分があります。
私も40歳半ば位までは体力に全然不安はなかったですけど。


ドライバーとしてようやく10年選手。
ドライバー諸先輩方々から見ればまだまだ小僧の部類かもしれませんが、この歳になるとあと何年働けるかという体力的タイムリミットとの戦いでもあります。

軽運送業を継続していく上での問題点の1つが気力・体力の低下をどうカバーしていくか。
高齢者の運転事故が社会問題化していますが、決して他人事ではありません。明日は我が身です。

そして人と同様に車も老いていきます。幸い車両は交換が利きますが、引退するまでにあと何回交換しなければいけないのか。
金額云々もそうですが、購入する勇気・度胸が若い頃に比べればかなり落ちる。ローンも組み辛くなるし。

肉体・精神のケアと中長期の計画的な車両問題。
これをクリアできれば75歳過ぎても収入ネタを確保できるわけですから、退職金以上の効果も期待できる。
普通の会社員に人生の最後で逆転できるかも(笑)


軽運送業、少し長い目で見て始めてみてください。




大切な貴方を守りたいから

作業のケガや汚れ、熱から身体をまもる

本当に便利で気に入る作業具を選べる通販





posted by ガラダマ at 05:07| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

1円を笑う者は1円に泣く

私の場合、8月は軽運送業の稼働日が少なく収入が落ち込みます。

今年もお盆の7連休や土日月の3連休が毎週だったため、稼働日はわずか15日となる。
その分、副業をする時間が増やせるおかげで月収自体は45万ほどに落ち着きそうです。

軽運送業を始めたばかりの頃は、本業自体に時間がかかってしまっていたので副業とのバランスを試行錯誤したため、お盆や年末・GW等の大型連休がある月は結構厳しかった。
本業にウエイトを置きすぎる状態は“危険”と感じたのです。


運送業というのは世の中では必要不可欠な職業であり、もっとシンプルに収入計算ができると思っておりましたが、実際はかなり先を読む力が無いといいように安く使われるだけ。
全くの別業種から参入したからこそ、会社員から自営業へと転身したからこその“気付き”だったと思います。

他の世界を知らず、運送業・ドライバー職一筋で叩き上げてきた方々から見れば、「なにをよそ者が知った風な口を」と気分を害されるかもしれませんが、本当に危なっかしい状態の業界であることを認識しないと、これまで築き上げてきたものが一気に崩壊する・・・
そんな危険な香りがいたします。


今週、大手運送会社でドライバーしている知人からSOSが送られてきました。

「ドライバーの離職が加速化して仕事が回らなくなってきている。副業としてでもいい、夜だけでもこっちを手伝ってくれないか?誰かやる人いませんか?」 と。

私の場合、基本的に夜のドライバー仕事はやらない。
年齢的なこともあり、夜間は更に事故の危険性が増すので自粛しているのです。

知人から連絡がきた夜の仕事の場合、まあ宅配の再配達がメインということになるのでしょう。
たぶん夜の再配達ということで「不在」の確率はほとんどない?でしょうから、日中の配達よりは効率が良くなるとは思いますが・・・


運送業界でもようやく労働環境改善の動きがでてきましたが、あまりにも遅すぎるしヌルい。今まで何やってたんだ?

法を遵守すれば仕事が回らなくなるような業界ですから、おいそれと改善できるわけはないし、他のバイトしていたって収入的に変わらないような現実がドライバーに認識されてきて離職者が相次いでいる状況でも、現場では相変わらず「気合いだ!根性だ!」がまかり通っている。

現場を悪くしているのは中間管理職に思える。
彼らも実際はこの業界はちとおかしいと思っている人も少なくはないでしょうが、結局は本部や役員の顔色を伺い自己アピールの部分で部下に理不尽なハッパをかけ続けているように思えてならない。

そんな職場に嫌気がさして次々とドライバーが辞めていき仕事が回らなくなり、上からの圧力が高まり更に中間管理職のストレスが蓄積され現場に向けてぶつけてくる・・・
組織の中にいるとその狂気の沙汰に気付かないのだろうか?


幸い、委託という立場で社員ではないおかげで冷静に状況を観察できておりますが、それでもここ数年の土曜日や月曜日の待機休みが増えてきていることは、喜ばしいことではありません。

委託を使わずにその分を社員をこき使えば外注費がまるまる浮く。

売上げが落ち込んでいる運送会社の常套手段ですが、いいように社員にサービス負担をかけるから離職していくわけだし、仕事が減るから委託のドライバーも離れていく。そうして人手不足が加速していく状況が目先の数字だけ追っている無能な経営者にはわかっていない。


何をするにしても、身を守る働き方を考えないとね。

私も「ただのフリーターじゃねぇか!」と叩かれたりしてますが、日々ストレス溜め込んで転職に悩んで日々を過ごしている立場に比べれば、好き勝手に過ごせて安定収入な現状は結構気に入っております。

「1円を笑う者は1円に泣く」

そんなことわざが頭に浮かんできました。
私のマルチワークなんて仕事の一つ一つは大したことやってませんが、まとめて機能させてみると馬鹿にならない結果になってます。



幸せが続く、簡単な習慣 〜今日から始められる「ひとりビジネス」〜






posted by ガラダマ at 10:57| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

年金と軽運送で食っていく

毎年お盆休みが過ぎると1つ歳が増えている積荷オヤジです。

もう57歳になってしまいました。 いや、まだ57歳?

「ボクはまだ〜 56だ〜から〜」 by松本伊代 センチメンタル・ジャーニー

とカラオケで熱唱したあの日々はもう帰らない・・・(悲) 



昭和の時代のサラリーマンなら定年まであと3年。
定年まで勤め上げ、めでたく会社を去っていかれた方々の姿が今でも脳裏に焼きついています。
花束や記念品など贈られ、皆笑顔でしたね。
退職金やらすぐに年金支給開始とかで老後の不安も薄かったのか、羨ましい時代だったかも。


ところがいまや60歳でリタイヤなど許されないご時勢。
年金はそのうち75歳から支給なんて噂もちらほら。
一応定年も65歳まで延びているようですが、いくら元気とはいえ60歳以降も働かないと生活が破綻する危険に晒されている社会というのは怖い。

60歳以上の求人というと清掃関係とか警備・交通誘導等をよく目にしますが、実際、肉体労働職ばかり。
配達中にも工事現場周辺の交通整理やらビル内での清掃作業をされている方を毎日のように見かけます。

炎天下で日陰もないような場所での立ち仕事、清掃用具を持っての階段の昇降等、これは辛いなぁ。
いったいいつまで肉体を酷使して続けられるだろうか。



フリーな軽運送業者には一応定年はありません。
実際70代で活躍されているドライバーさんもいらっしゃいますし、ましてや50代後半のドライバーなんて全然珍しくない。
でも定年の話題なんて出ないし(笑)、皆行けるとこまで働こうという気概を持った方々ばかり。



誕生月、ねんきん定期便が今年も送付されてきました。
ちょっと変わった働き方をしておりますので、フリーのドライバーでありながら厚生年金というスタイル。
私の場合、年金支給開始は64歳からですが、MAX支給になるのは65歳から。それでも現在の支給見込み額では150万にも届いておりません。途中、国民年金だけの期間が数年分ありましたし。

月平均で10数万円の年金額。
カミさんが老後も一緒にいてくれるとしても、夫婦で20万に満たないかもしれません。自営業者は個人型確定拠出年金を検討する必要大です。


私の場合、老後の生活費は月30万以上必要と試算してます。
仮に夫婦で年金が月20万支給されたとして、あと10万以上の収入手段を持たねばなりません。
取り崩すような貯金もありませんから崖っぷちです。

もちろん65歳以降も軽運送業は続けるつもりです。
上記の清掃業や交通誘導等の肉体労働と比べてどうだろう?
10万を稼ぎ続けるにはどんな働き方が現実的だろう?


問題点として見えているのは、60歳以降も軽運送業を続けていくとしたら、また車両を買い替えなければならないタイミングが来る。
そして、社会問題にもなっている高齢ドライバーの危険性。
運転免許返上を迫られるような機能低下に悩むかもしれない。

同様の問題は多くの軽ドライバーにも当てはまる。
ただ、年金支給までの繋ぎと支給後の収入補足手段を持っている強みをどう活かして老後に備えるか。

仕事情報のアンテナと肉体のケアは欠かせませんね。










posted by ガラダマ at 23:32| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする