2018年04月14日

愛すべきドライバー達

あっという間に桜の季節が過ぎ、世間の次の関心事はゴールデンウィークに移ったようですね。


軽運送業を始めてからは、カレンダー上の大型連休というものにはワクワク感など無く、収入減の心配と大型連休前後に集中する荷量にウンザリする暮らしとなりました。

マルチワークで本業の収入減を補えるようになった今の私の生活においてはもはや軽微なストレスなのですが、カレンダー通りの働き方をされている同業の委託ドライバーさん達にとっては、やはり悩んでいる方はいらっしゃるようで・・・


軽運送業で独立されて会社員時代より収入が増えている方は結構いらっしゃるのですが、きちんと管理できないと持ち出しの経費と毎月の収入額が変わることに順応できず、逆に会社員時代より生活が厳しくなったと感じている方がいらっしゃるのも事実。

本来なら組織の拘束・呪縛から開放され、精神的な自由度が高まっているはずなのに、勝手に振り込まれていた「定額お給料」の感覚が抜け切れず、毎月の収入・支出の変化に右往左往して、これを「不安定」と決め付けて早々に脱落していく方を何人も見てきました。

毎日早朝から深夜まで働き通しでも収入が増やせないような、融通の利かない仕事を選ばなければ今の時代なら副業のチャンスは見つけられるはず。
収入が増える「不安定」を楽しんで欲しいなぁ・・・



10年ほどドライバーやってきましたが、個人的に感じてきたドライバーの傾向というか人間性というか、気になっていることがあります。あくまでも私の独断と偏見要素が加味されたものとご理解いただければ。

まあごく一般的な部分ですと、腰痛持ちが異常に多い。
これは完全に職業病というやつでしょう。私も最初の数年間はギックリ腰が慢性化しそうになりましたから。
重たい物を持ち上げたり運んだりという直接的な原因もありますが、窮屈な運転姿勢時間が長いというのはかなり問題ですね。身体が凝り固まった状態で重量物を動かせば、意識に関わらず体は悲鳴をあげます。これは要注意です。

もう一つ、花粉症の方も異常に多い。 っていうか現代はドライバーでなくても多いですけどね。
運転仕事なのにくしゃみ鼻水が止まらないは目がしょぼしょぼ痒くて前も見えないとか、危ないですよねぇ。
視界が狭まり事故の危険性が格段に高まります。
私は幸い花粉症ではありませんが、ハウスダストアレルギーがありますので、この症状の辛さは同情いたします。ましてやこの状態で運転するなんて(怖)
これ、彼らの長時間労働・不規則な生活・粗末な食生活は絶対何かしら影響していると思うんですが。

声がデカイ というのも共通しているような。
これは生まれつきというより職場環境のせいでしょうなぁ。とにかく雑音騒音の中で作業していれば自然と大声でコミュニケーション取らざるを得ないですからね。
ただ、普通に会話するのにもあのデカイ声は勘弁して欲しい ^^;


人間性の部分で言えば、面倒くさがりばかり(笑)
思うに割りと単純な作業の繰り返しの仕事が影響しているのではないかと。あと接遇機会が少ないことも。
納品先でも挨拶程度で済むし、日常で他人との心理的なやりとりが少ないので、自然と心の工夫をする機会が失われて退化が始まっちゃうのかなぁ。
「うっせぇなぁ!長時間労働で疲れちゃって何もする気が起きねぇんだよ!」 って怒られそうですね ^^;

もし収入・待遇に不満の多い彼らが労働時間が短縮されたら、増えた自由時間で何をするんでしょうねぇ?
副業で収入を増やそうと努力する?
いや、そんな面倒なことはせず一発パチンコとか。最後はダラダラとテレビ見て時間は過ぎてゆく・・・
競馬予想する時のあの情報と分析力はどこへ?(笑)



あくまでも独断と偏見によるコメントですから。
シャイで不器用な感じのドライバーですが、どこか昭和の良き時代の香りがする愛すべき人達でもあります。
間違いなく日本の物流を支えているんです。












posted by ガラダマ at 01:07| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

写るんです

昨日は春の嵐か、桜の花もかなり散ってしまいましたね。
抜け毛が気になる私の頭髪もこの強風で制御不能に・・・^^;



さて昨朝、仕事場に向かう途中の幹線道路上にてバイクと車のトラブルが発生しておりました。

片側2車線の道路で私は走行車線を走っていたところ、後方から追い越し車線をバイクと車が並列して走って行ったのですが、どうやら会話しながらの様子。

てっきり仲間同士でつるんでいるのかと思いきや、先の信号で停止した時に会話の内容が聞こえてきました。

「テメェ、何煽ってんだよ、コラ!」
「煽ってなんかいませんよ!」
「ざけんな!とぼけてんじゃねぇよ!」
「言いがかりはやめてください」


これ、どっちが車でどっちがバイクかわかります?

煽られたと怒っていた方が車。30前後の血の気の多そうな奴で、絡まれていたのが普通の50CCのバイクに乗っていたお兄さん(メットで人相がわからず)。

どう見ても煽るタイプは車の方のドライバー。口も悪ければ車も少々そっち系で近づきたくないシルエット。
私の後方で起きたトラブルなので事の発端はわかりませんけれど、まあ醜い人間性が垣間見れるシーンがまた私のドライブレコーダーに記録されてしまいました。


軽運送業を始めてからほぼ毎日車で走り回っておりますが、身の回りにはホントに危険なシーンが多い。
客観的なこと言ってますが、自分の車だって他の車のドライブレコーダーに記録されている。
いや、街を歩いていたってどこかの監視カメラに写っているわけですから、怖い世の中になったもんです。グーグルストリートビューに自宅が写ってたなんて、自慢している場合じゃありません。撮られたことに気付いていないことが怖いし、自分の知らないところで映像を公開されていることが怖い。

自分が加害者もしくは被害者としてトラブルの当事者になった場合、誰かの記録媒体から映像を発信されてしまうかもしれませんね。
昨朝の煽った煽ってないのトラブルだって、私がその気になれば目の前で起きた2台のナンバーと当人の映像・音声を公表することだって可能なわけですから。
まあ実際にはそれをやってしまうと後々面倒なことになるようなので、私は良識のもと、やりませんけど。

ただ、昨今のユーチューバーみたいな者の視聴数稼ぎのためのネタになることには気をつけたいですね。






       ★  マンガでわかる!! ★ 
   新会社でも作れる 法人ETCカードの作り方
=====================================================
    ・クレジット機能が付いてないので審査なし
    ・必要枚数申請OK
    ・レンタカーでも使える
     もちろんETC割引も付いてくる!


https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZD4HR+3VBGC2+3EV2+U016B





posted by ガラダマ at 08:45| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月31日

節税は収入増と同じ

先週に雪が降ったなんてウソのようにすっかり春めいて、桜も例年より早めに開花しているようですね。
関東圏ではお花見のピークもこの土日でしょうか。


さて、明日からはもう4月。来週には初々しいスーツ姿の新社会人の姿が街に溢れ出てくることでしょう。
一方で運送業界、特にドライバー職の現場においてはスーツ姿とはほぼ無縁の世界。「春 = 新入社員」というイメージが全く湧かない社会です。

大手運送会社以外では新入社員なんて死語。「中途」「3K」「無理やり」「仕方なく」なんていうキーワードが氾濫している業界ですから、そりゃぁ新入社員はこないべさ(笑)


今週、役所にマイナンバーカードを受け取りに行ってきました。
平日の昼間に歯医者行ったり役所行ったり子供の行事に参加したりと、会社員時代には想像もできなかった事を好き放題にやれているのが今の働き方の醍醐味の一つ。
これだけでも随分と時間を有効に使えているのを実感します。

そうそう、昨日また新たに目に付いた書籍を買ってしまいました。

20180330_190104_001.jpg



確定申告は終わりましたが、税務署から申告内容にお尋ねが来るのは初夏あたりまでは気が抜けません。
特に経費や領収書については先方は目を光らせてますので、こちらも反論武装しておく必要があります。

20180330_190448.jpg 20180330_191027.jpg 20180330_191257.jpg


経費を上手く計上すれば税金を抑えることができます。
支出を抑えることは収入を得ることと同様の効果があります。これは自営業者にとっては必須のスキル。
勘違いしそうなポイントをわかりやすく解説してあって、自分が知らなかったこともあり参考になりました。

20180330_191424.jpg



本業だけでなく、副業・複業においても参考になりそうです。
例えば、転売目的で大量に商品を購入した場合、そのまま年を越してしまうと税務署は貯蔵品と解釈し、その年の経費計上はできず資産として処理することになるとか。
お得だったからまとめ買いしたのに、処理を間違えると余計な税金を払ってしまうとは・・・


まあ会社員であれば規模の大きな副業はなかなか勇気がいりますけど、自営業は何やるのも自由ですから、逆にいろいろな商売のルールには精通しておいて損はない。
特に軽運送業と転売やせどりという副業は相性抜群ですから。
転売品の大量購入時の運搬や直接配送もできますから(笑)
本気で取り組めば、どっちが本業かわからなくなるなんて全然不思議なことではありません。


普通に転職を難しく考えるから前に進まなくなる。
「職を探す」というより「収入を創る」という考え方が、非正規労働時代には絶対大事なことと思います。










posted by ガラダマ at 12:29| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月24日

タバコ2箱分の価値観

今週水曜日のまさかの雪。結構長く降り続いてましたが。

3月は1回雪が降るというイメージが私の中にありまして、スタッドレスを交換せず我慢していた甲斐があった?(別に走行に影響が出るほどのものではありませんでしたが)。
これで安心して昨日ノーマルに履き替えました。



年度末なのに想像していたほどの荷量にはなっておらず、軽運送業的には平穏な日々が続いております。
先日お伝えしたお試し複業(?)の一環として始めたポイントサイト作業ですが、ちょっとコツがわかりつつあって、今月は4000円ほどの稼ぎになりそうっす(先月の4倍 ^^;)。
この調子でいけば年末には数十万円の稼ぎに?(笑)
マジで老後の生活費補填手段としてバカにできないかも。

しかしこういうネット上のお小遣い稼ぎって税金対象としてどうなるんですかね。調査されるのかな?
ポイントを現金に還元して口座に振り込まれたらマイナンバーで引っかかるかもしれませんが、ポイントで商品購入したり何らかのサービスに使用したら追及されるのかな?
小規模なマネー・ロンダリング?(笑)


まあ空き時間にスマホやらパソコンばかりいじっているわけにはいきません。私には読書という大切な時間を確保しなければなりませんので。

いったいどんな本読んだらあんな積荷のオッサンみたいな捻くれた思考回路になるんだ?という興味に対して、このブログでも何度か書籍を紹介してまいりました。
「この本読んだから必ずこうなる!」なんてものはありません。
過去の人生経験値と書籍内容が融合し、それの繰り返しで自分の考えや行動がある方向に進みだすという感じ。
特にジャンルの好みとかなく、手当たり次第に読んでますので思想的危険人物ではございません(笑)


自分が本を選ぶ際には、ジャンルも評判も新書・古書も関係なく、瞬間的な感性で選ぶ事が多いです。
先週の歯医者の帰りに書店でこんな本を購入してきました。

20180324_101344.jpg 20180324_102603.jpg



先週発行されたばかりの出来立てのホヤホヤ。
当たり前を疑う、どこかに属して生きることのリスク・・・

正直、この著者・思考は好き嫌いがハッキリすると思います。
この書籍も内容は好き嫌いがハッキリするなぁと思いました。
でも、会社員を離脱して独立自営でやっていくには決して無視する訳にはいかないエッセンスが含まれている。

20180324_102059.jpg


私もそうですが、アウトロー気質というか群れずに生きていける人には面白いと思える内容だし、コテコテに安定を求めたり常に周囲の目を気にするタイプの人には酷評される内容かもしれません。
この本を読める人は独立・転職に向いていて、毛嫌いする人は転職に向いていないとも思えたほどです。



タバコ2箱分の書籍代。

人によって価値観は全然違いますが、この違いは大きいと思う。

中高年リストラ組の自分が現在組織に属さず楽しんで働けているのも、読書のおかげと思います。
常識的なドライバーと違う思考回路で良かったぁ?



   




posted by ガラダマ at 12:45| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

引越難民

何やら春めいて来た感のあるここ数日の暖かさ、スタッドレスをノーマルに戻そうかと考えたりしておりますが、また今日から寒さがぶり返すとの予報もあり悩ましいところです。


さて、私が現在関わっている商業貨物便の配達先には、面白いことに同業他社への荷物もあるんです。
郵便局やクロネコさん等の大手から中小規模の運送会社や引越専門の会社にまで幅広く。

最初は「何で他の運送会社に荷物を運ぶんだ?」なんて思っていたりしておりましたが、そこは物流の複雑な事情が絡んだりしていて大人の世界なんですな(笑)
数日前に他所にお届けした荷物が、その時の荷札付いたまま、別の荷札を付けてまた他所への配達物として来ることなんてもう珍しいことではなくなりました。

例えば同じ商品でも、メーカーから卸会社へという流れがあり、卸会社から各小売へという流れもある。
運送会社にとってはメーカーが荷主になる場面もあり、卸会社が荷主という場面もあるのです。
ただし同じ荷物でも同じ運送会社が担当するとは限らないところに、運送会社を選択できる立場の荷主を「神様」と崇めなければならない卑屈な運送会社というこの業界の悪しき構図が浮き彫りとなる。



話は変わりますが、今週、配達先のとある運送会社の社長さんとお話をする機会がありました。
その会社は地場で引越をメインに活躍されている従業員50人規模の運送会社さんで、1〜2ヶ月に1回ぐらいのペースの納品先でございます。

事務所から数十メートル離れた倉庫に納品している最中に、わざわざ社長さんが出向いて来たのです。
直接お話をするのは初めてで、珍しいなと思っていたら会話の途中で相手の目的を察っしました。
納品に来るドライバーを勧誘している(笑)

ご存知のようにこの業界は深刻なドライバー不足であり、特に今月は引越業界は繁忙期を迎えて大変なことになっており、お客様の希望通りの引越スケジュールをこなせず、「引越難民」なる言葉がマスコミ報道を賑わせている。

社長さんも言っていたが、「仕事も車もあるんだがドライバーがいないので請けられないんだ」と。
私の今の収入や仕事時間など詳細にわたって質問されましたけど、時間に拘束されて月収30万ぐらいの会社員というものには全く魅力も興味もないので、やんわりとお断りする流れで話をしておりました。


好き勝手やれて月収50万作れる今の自分の働き方は実にいいもんだと、いろいろな求人情報を目にする度に思います。人を雇わねば成り立たない商売は大変ですね。


軽運送業という働き方をカスタマイズしていくと、ワークライフバランスが整ってくることを実感しております。
収入も労働時間も対人関係も自分で調節できる。
ストレスで押しつぶされそうになっている方々にはおススメできる働き方だとは思うんですけどねぇ。









posted by ガラダマ at 04:56| Comment(4) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする