2019年02月24日

この春の引っ越し、大丈夫?

既にいろいろなメディアで報じられておりますが、この春の引っ越しは相当の混乱が予想されています。

近年の人手不足、特に運送系においては末期的症状を呈しているほど深刻であり、そこにヤマトの子会社の不祥事問題・営業自粛が重なり大量の引っ越し難民が発生するであろうという予測。実際、すでに予約のお断りが目立ってきている様子。たった1社の営業自粛がこれほどに影響を与えるなんて、ヤマトの子会社はどれだけシェアを食っていたんだろうかと思ってしまう。


この時期の引っ越しのアルバイト募集は毎年恒例ですが、年々応募は減ってきているようです。あまりにハードな仕事のため、イマドキの若者気質的にはそこそこのお金になっても敬遠するようです。いや、若者でなくても現役のドライバーでさえ時給1,000円ちょっとで家具とか家電とか運びたいとは思いません(笑)

最近は家具や家電にちょっとでもキズをつけようものなら途端にモンスタークレーマーに変身する客が増えていることも、この仕事が敬遠される遠因になっているとか。まあ引っ越し会社自体にも悪いイメージが蔓延っていますから、運搬中にキズ付けたりして損害賠償沙汰になったりしたら、バイト代から弁償代として引かれるかもしれないという怖さもあるでしょう。「このバイトだけはやめとけ」なんて若者の間にはすぐ拡散しちゃう時代ですから。


例年、お世話になっている運送会社も引っ越しシーズンになると提携している引っ越し会社から協力要請があり、下請けとして仕事を受注してきます。
社員のトラックドライバーは休日返上で駆り出され、そのシワ寄せが委託の軽ドライバーに来る。土日に引っ越し仕事で社員を出勤させるので平日に代休を取らせる。当然平日のトラックがやるはずの荷量の一部が委託に。

本来トラックがやる荷物ですからパレット級のボリュームがあったりする。以前は無知な軽ドライバーも多くいて大人しく会社に協力していましたけど、結局は過積載と知っていながらやらせるのも請けてしまうのもダメでしょっ!ということに気付き(遅)、委託側も堂々と過積載仕事を拒否するようになりました。もし拒否したことで運送会社が委託側に不利なことをしてきたら、立派なパワハラであり法に触れる作業を強要していたとして逆に訴訟をおこされてしまいますから何も出来ないでしょうけど。

今まで委託に押し付けておけばやってくれると思っていた事が出来なくなったのと、トラックドライバーが不足していることもあって最近は以前と違ってだいぶ引っ越し仕事を請ける量は少なくなって来ているようです。今年はかなり強く引っ越し業界から運送会社に協力要請があると思われますが果たしてどうなるでしょうか? 


人手不足は運送会社も一緒。委託の反乱という裏事情もあるので、請けたくても請けれないというのが実情だと思います。目の前に仕事はたくさんあるのにドライバーがいなくて請けることができない引っ越し・運送業界。特に引っ越し会社は1年で最大の稼ぎ時だというのに。

業務内容がハードなだけに人も集まらないというジレンマを抱えてこの先これらの業界はどうなっていくのでしょうか?働き方改革が遅れて人を大切にしてこなかったツケが今降りかかって来ている。法を順守すれば会社が成り立たないという根本的におかしなビジネスモデルの会社は崩壊が目前に迫っている。長く働きたいなら働き場所はしっかり吟味しないと。





posted by ガラダマ at 10:51| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

他人事ではありません

ここのところスポーツ・芸能界でショッキングな報道が続いております。

●テニスの大坂なおみ選手がサーシャ・バインコーチとの契約解消
●水泳の池江璃花子選手が白血病の発症を公表
●タレントの堀ちえみさんが舌がんを公表


う〜ん、有名人ということでプライベートのことでもすぐに拡散されてしまうからか、最近は自ら公表することが増えてきているようですが、私たちがイメージしている姿と違うような報道があるとやはり驚いてしまいますね。


大坂選手の場合は昨年辺りから大ブレークし、2大大会連覇するなどスタッフ・コーチとの関係がとても上手くいっていると誰もが思っているところへの電撃解消。しかもメンタル部分の弱さを指摘されていた選手なのに、主にメンタル部分を担当されていたコーチを良好な結果を生んでいる真っ最中に契約解消ということで、スポーツ界のセオリーすら超えてしまうところに大阪選手のスケールの大きさがあるのだろうか?

芸能界に例えると、おしどり夫婦として知られいつも一緒に番組に出たり行動していたのが、突然の離婚発表をしたようなものでしょうか。真実は本人達にしかわからないのでしょうが、大抵こういう原因がハッキリしない場合にはマスコミがあらぬ憶測を始めて騒ぎを大きくする。悪いことにコーチ契約解消後の最初の大会で格下選手に初戦ストレート負けをしてしまった。

試合後は「そら見たことか」とマスコミの格好の餌食となってしまい、会見で涙するほど追い詰められて可哀想なぐらいでした。まだ21歳、経験も豊富なわけではないが、更に上を目指して試行錯誤したい時期であるのではないかと良い方に解釈し見守ってあげればと思うのだが・・・

私達にも結果が出ている時・上手く回っている時でも環境を変えねばならない事はありますよね?仕事で成績・数字を出しているのに一向に評価されないような場合、実力のある人ほど上を目指す。実績に見合った評価をしてもらえる場所へ転職するのは本人にしては至極当然なのですが、周囲は上司と上手くいっていないとか引き抜きにあったとか、勝手に想像してしまう。成績が悪い・居心地が悪いことを会社や上司のせいにして環境を変えたがる人もおりますが^^;


池江選手の場合は目前に迫った東京オリンピックの競泳のメダル有力候補ということもあって、政治家が本音を口にしたり白血病が不治の病という誤ったイメージが先行したりで、こちらも本人のことを考えるならそっと見守ってあげれば良いのにと思ってしまう。何といってもまだ18歳の高校生。この年齢で毅然とした態度で病名を公表するなんて凄いですよね。私なら塞ぎ込んで誰とも口を利きたくなくなるかもしれません。早期発見ということで治療の選択肢も幅があるようなので、とにかく雑音をシャットアウトして治療に専念してほしい。


堀ちえみさんの場合も池江選手と同様、病気になってしまったのは自分ではどうにもできないこと。子だくさんのタレントとして息の長い芸能生活をされているだけにファン層も幅広く、是非病気を克服してもらい、同じ病で苦闘されている方々にも希望を与えてほしいと強く願う次第です。


病気は本人が我慢している限りは第三者には伝わらず、発見が遅れれば治療の選択肢も限られてしまいます。ちゃんとした会社にお勤めされている方は定期的な健康診断で発見される可能性もありますが、いい加減な会社や自営業・フリーランス・フリーター等の方々は余程の自覚症状がなければ健康診断や検査を疎かにしているケースが多い。ブラックな労働環境にいる人ほど痛みや不調があっても休めず後悔することになりかねない。


最近の日本は法や命よりも仕事優先のような組織が目に付く。
労働力はいくらでも交換できるという考えを持った経営者の下で働く不幸をもっと考えるべき。

病気も防げるものと防げないものがあるが、ストレスが原因で発症する病気は防げる可能性が高い。
鬱や急性胃腸炎などはその最たるもの。働き方や人間関係、プレッシャーはストレスに大きく影響してくるし、その環境を続けていれば取り返しがつかなくなることだってある。
「生活のため」とか言って無理して働いて体や精神を壊してしまっては、何が「生活のため」なんだか。


自分を知るということは、性格や嗜好を分析することだけでなく、心身のコンディションを常に把握しておくことでもある。
若いから大丈夫なんてことは決してないし、自覚症状がないから大丈夫ということでもない。
最良な人生を歩んでいくためには、常に自分と正直に向き合っていきたいものです。








posted by ガラダマ at 10:04| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月17日

隙間スイッチのすすめ

空き時間をどう過ごされていらっしゃいますか?


私は独立してからテレビを観なくなりました。
それまで暮らしの中で当たり前のような習慣だったことを断つのは、禁煙と同じく最初は辛いものがある。
その解決策の一つとしては、代わりになるものを見つけること。

私の場合は「読書」という趣味習慣がありましたので、テレビを観なくても時間を過ごすことが出来ます。
これからはドライバー職とは言え勉強しなくては生きて行けない。いや、ただドライバーの仕事だけしていれば安心できる時代はとっくに終わっています。

歳とともに出来ることは変わっていく。やりたい事、目標も変わっていく。その自分の変化にどう付き合っていくのか。
そのためには自分の引き出しを多く持つことが必要。
逆に引き出しが少ないから目標もやりたい事にも気が付かないのかも知れません。


YouTubeというツールが情報弱者の私にも役に立っている。
少々まとまった時間がある時は、いろいろなセミナーやプレゼンテーションに触れて刺激をもらうようにしています。

私自身は人に自慢できるような経歴も無ければ自信を持ってお伝え出来るノウハウもありません。こんなブログでも誰かのヒントや気付きに繋がれば良いなとOUTPUTとして続けております。
今回は私が印象に残った中のごく一部ですが、生き方の気付きになるような動画をご紹介させていただきます。動画に出てくるプレゼンターが実に優秀でわかりやすい。ダラダラとドラマやバラエティ番組観ているよりよっぽど有益な時間を過ごせると思います。


たった一度の人生を変える勉強をしよう

10年後、君に仕事はあるのか?

人生を考えさせられたスピーチ

親の10倍稼ぐやり方

大絶賛された感動のプレゼンテーション「e-Education」


どんなに興味がないと思っていたことにも、百聞は一見にしかず。そのどこかに社会の変化、ビジネスのヒントとか働き方のヒントとかが転がっている。
素直にINPUTできるか、いくつ吸収できるかでその人の可能性は変わっていくと思う。ちょっとした時間を読書やこういう視聴に費やすことができれば、自分の常識を疑い打ち破ることができるのではないでしょうか?








posted by ガラダマ at 12:01| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月16日

フルフレックスという働き方

昨日は朝から吹雪に見舞われました。
予報では雨マークも消えていたのに、荷物を積んで出発した途端に結構な雪が。ワイパー使わないとフロントガラスがあっという間に真っ白になるぐらいの勢いで、未だにノーマルタイヤで頑張っている身としてはちと不安がよぎりました。

幸い雪の勢いは一時的に強かっただけで積もるほどではなく、配達に支障もなく無事終了〜。この週末からは気候も春めいてくるみたいなので、ドライバーさんの戦いの場は寒さから花粉へと移っていく・・・
私は花粉症ではないのですが、昨年の春先に目が充血したり鼻がムズムズした時期があったので、もしかしたら今年は花粉症本格デビューするのかも知れません。(≧◇≦)嫌だぁ〜


さて、最近は登録している求人サイトからの情報を中心にお伝えしておりますが、軽運送業関連のオファーもようやく落ち着いてきまして、結局どの案件も応募するまでには至りませんでした。日給1万5千円稼ぐのに丸一日費やすような案件ばかりだったことが原因なのですが、結局はどれも会社員とさして変わらない働き方になってしまうので魅力を感じなかったのです。

ところが今週、ちょっと興味を惹く案件をご紹介いただきました。

フルフレックス、コアタイムなしの完全週休二日制。ダブルワークOK!正社員な上、自宅、カフェ等、全国どこでも好きな場所で働ける執筆業!会議等はオンラインで行うため出社日は特に設けていません。月給27万〜、成果に応じて給与額の自己申告が可能になる昇給システム。


これ、正社員でありながら私の希望にかなり近い働き方。しかも仕事内容は執筆業(だからリモートワークが可能というのもある)。
当然これだけの美味しい条件をぶら下げてくる以上は胡散臭い部分もある。しかしどんな求人にもここまでの働き方を示してきた会社はこれまでになかったので興味津々です。久々に求人内容に心が動きました。

年齢的に関係なく執筆業でノマド的に働けるのはまさに私が目指している方向なのですが、今回の案件のネックは執筆内容がかなり専門的なジャンルに限られ、私の未経験分野でもあること。上っ面で1つ2つ書けたとしても、毎週10本以上原稿をあげて欲しいとかになると知識のない世界のことは書き続けられません。そこそこの待遇を保証されている以上は執筆内容にも相応のクオリティが求められるわけで、執筆が好き、ブログ10年以上やってます程度の経歴で採用されるほど甘くはない。


副業的にできるライター仕事はたくさんあるし、ある程度そちらで経験積んでいる人でなおかつ先方が求めるジャンルに精通しているような人が応募して更にふるいにかけられるような世界でしょう。

フリーペーパーに掲載されているような誰もが応募可能な会社とは別に、限られた求人サイトからしか情報が出てこないような会社はそこそこ信用できる反面、かなりハードルも高いと思われる。しかし、今まで見たことのないような働き方を発見できる可能性もあるので新鮮ではありますし、自分のキャリアがマッチすれば転職は良い方向に行くのではないかと思ったりする。


今後、フルフレックスや出社不要の働き方は増えていくであろうし、そういう働き方に興味があったり熱望しているような人は、どういう職種がそういう働き方が可能になるのか研究しておくと良い。そういう働き方がしたいならそういう職種の知識を身に付けておけば、求人があった時に即応募できるし採用される可能性も高くなる。夢見る、希望するだけではなく、準備しておくことが大事。


会社・社員は通勤・出社して拘束されるものという常識の中で働いている限りは、他人のための人生で終わる。
自分の人生を切り開くなら「どう働きたいのか」にフォーカスし、その実現のために何をすればよいかを意識して日々過ごせば、必ず夢・希望に近づいていくことができるはず。
私が後悔していることは、それをしてこなかったこと。



70歳ぐらいまでは働かなくてはならない時代。
今の働き方で60歳過ぎても通勤大丈夫ですか?5年後10年後も会社が守ってくれますか?

まだ30代40代ぐらいであれば十分人生の修正が可能です。まだ30年ぐらいは働いていくわけですから。
働き方も多様化しています。定年というゴールが無くなった以上、長く続けられる働き方を早めに準備しておくことは大事です!
情報を知ってから動いても準備していたライバルに負ける。

働き方の多様化は知っておかないと、いつまでも悪い条件下で働き続ける人生で終わってしまうかもしれませんよ。









posted by ガラダマ at 12:51| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

正社員には興味が湧かないなぁ

こ〜なゆきぃ まうきせつはぁ しぃごぉ〜ととぉ すれちがいぃ

今朝から粉雪が舞っている横浜エリア(たぶん積もらない)
また本業4連休 仕事とすれ違っている積荷オヤジです。

もう寒くて布団の中でブログ書いてます。
雪が降ろうが寒かろうが、早朝から外でお仕事されている方々には尊敬の念しかありません。
働き方にもいろいろあるもんだなぁとつくづく感じます。


最近は仕事は忙しくないのですが雑務で結構忙しいのです。
昨夜は深夜閉店までファミレスで確定申告の仕上げをしてました。
投資やネット収入が発生してくると不慣れな者には申告が面倒。
いったい税務署はどこまで把握しているのか不安になります。

毎日のようにオファーが来る求人への返答やら質問やらも面倒。
なんで私みたいな者に急にオファーが増えてきたのか不思議です。よほど人が集まらないのでしょうか?
もう月収60万70万という胡散臭い誘いのコピーは見飽きたので(笑)、金銭以外の部分で積荷オヤジさんの心を揺さぶってくれる話をしてくれる会社を期待しているのですが、なかなかそう都合の良い話はないですな。

というか根本的に正社員というものには魅かれない自分がいる。結局は9時〜18時みたいな拘束と通勤がセットだし、お給料も中高年が採用される仕事なんか25万前後がいいところ。寒くて布団の中で4連休過ごしているようなオヤジの半分にも満たない収入に魅力を感じろっていう方が無理。やはり働き方は決められた形に自分を押し込むのではなく、自分で創るべきですね。


イマドキの若者には就職せずフリーランスでありながら、月収100万を超える者は全然珍しくない。彼(彼女)らは勤める働くという概念ではなく、自分の興味あること、やりたいことが収入になっているだけ。別にオフィスを構えるわけでもなく自宅でも海外でも何時でもどこからでもアクセスできる仕事場(ネット環境)を持っているだけ。

その一方で、やりたいことがわからず就職もできずニートや単なるフリーターから脱皮できない者もいる。ネット環境を持っているのに活用し切れていないんですね。条件は大して変わらないのに格差が生じている。これは大人の世界にもある。要は動けるか動けないかの資質によるところが大きいのだと思う。なぜ自分の望まない環境にいつまでもいるのか?と問われて、言い訳で返す人は弱者側になりやすい。


仕事は用意されている、与えられるものというスタンスでいるとこれからは生き残れない。私も独立してから強く感じているし、だからドライバー職には異質と思える働き方を構築してきました。なので多くの求人が、そこで働く者が一律に歯車になるようなセット品のように思えて魅力を感じないのでしょう。

稼げればいいっていうものではありませんが、自分のポリシーが働き方に反映されないのはこれからの若者を取り込んでいくには難しいように思います。もう世の中の仕組みとか企業の魂胆とか、情報は若者ほど持っている時代ですから、旧態依然の求人手法では通用しなくなるのに相変わらずどの会社も釣りエサが「高収入を謳うこと」ですから。逆に言えばそこしかアピールできることはないの?と思ってしまう。

私も独立当初はガリガリ稼ぐ方向で動いてましたけど、いつからか稼ぐことより働き方を重視するようになり、今では労働時間を減らしてネット中心の働き方へ移行している最中です。それでも危惧していたほど収入は減らないし、逆に稼げる可能性は労働収入の何倍も感じております。永遠にそれが続くとは限りませんが、人間の命だって永遠ではない。これまでのようにガンガン働ける体力だって無くなっていく。生きている間に自分で納得いくことして、どこまでやれるか楽しみたいのです。それこそ定年のない働き方。中高年が意識しておくべき働き方の一つではないでしょうか?

粉雪舞う季節は布団の中で稼ぎ、気が向いたら旅行しながら稼ぐ!
そんな働き方があってもいいじゃない!











posted by ガラダマ at 13:38| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする