2019年10月05日

増税カウントダウンをファミレスで過ごしてみた

ついに今週、消費税が10%になりました。

ちょうど30年前に消費税3%が施行されたこと、覚えてます?
ついに税が二桁ですよ二桁!1千万の買い物したら100万円が税金で持っていかれます。
もう税金というより1割の値上げみたいなもんです。


そんな消費税の切り替わるタイミングで私は日をまたいでファミレスにおりました。
最近はwebライター仕事の執筆のために深夜のファミレスにいることが多くなりまして、深夜営業しているお店が消費税の切り替えをどのようにやっているのかを実際に知りたくて体験してきました。

どこのお店も同じ事やっているのかというとそうでもないらしい。私がお邪魔していたファミレスの場合は深夜0時で一旦レジを締め、その時に利用していたお客様は8%税での支払いを強制的に済ませます(お店はそのまま営業を続けます)。
翌25時までの1時間はレジシステムの切り替えとなり(注文は受け付けます)、0時以降の注文から消費税を10%としておりました。

深夜ということもありウェイトレスさんはベテランの女性が一人だけでした(他に厨房に2人とマネージャーらしき人がシステム変更作業で来ておりました)が、全席に一旦精算と税変更の説明に回っていて大変だなぁと思いました。




客もわかっていたことで特にトラブルも無く、マネージャーらしき人により粛々と作業は行われておりました。
これ大手チェーン店だからシステム変更における費用も対策も問題少なく進められたと思うんです。

もし小規模個人経営みたいなお店だったら、しかも老夫婦みたいな方が利益度外視して細々と経営しているようなお店だったら、レジ等のシステム変更にかかる費用とか軽減税率とかもうお店を続けて行こうという気力を失ってしまうのではなかろうか?


似たような事態が2023年10月から私達フリーランスの多くにも降りかかってきます。すでに知っている方も多いでしょうが、そう、インボイス制度(適格請求書等保存方式)です。

まだ細かくは触れませんが、簡単に言えばこれまで売上げ1千万未満の免税事業者は消費税の申告と納税を免除でき、売上げ時に請求して得ていた消費税分を自分の収益に出来ていました。しかしこの恩恵が無くなる = 納税することになれば、単純にこれまでより収益が10%減ることになる。実際には免税したままでいられる選択肢もあるのですが、その辺についてはまた機会があれば解説したいと思います。

もともと納めるべきものを納めるようになるだけのことですが、免税がふつうになっていた生活が10%減収になれば結構つらい。年収300万のフリーランスなら30万納めることになる。年収700万なら70万納めるんですよ。
国民全体の消費税は3%からスタートして徐々に増えても今でもこの騒ぎですから、これがいきなり10%からスタートしていたらどうなっていたか?



平和ボケしていた日本人にもそろそろ危機感が芽生える時。
生活防衛を本気で考えていかないとヤバい。
深夜にファミレスなんていう生活はもってのほか ^^;

って執筆の構想を練りながら思ったのですが、この深夜のファミレス代は経費として認められるのかな?
一応このファミレス作業もあって執筆料を頂いているのは事実ですから、たぶんOKでしょう。大した金額でもないし。しかし最近降って湧いたような怪しい収入と怪しい経費に税務署は黙っているだろうか?下手に税務署を刺激せず大人しくしていた方が得策か?


これからはこういう些細な出費もおろそかに出来なくなる。
人は会社のために働き税金のために働く。それだけでいいの?

自分が自分であった証をこの世に残せるだろうか?


こんなこと考えながら深夜にお茶してます。
ブログやライターとして「発信」することは、非力なオヤジでも出来る自分が自分であった証の一つ。
インプットばかりで頭でっかちになっても、この世にメッセージを残せなければ存在を証明するのは難しい。




posted by ガラダマ at 08:31| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

脳の断捨離

朝から強風が吹き荒れている横浜南部エリアです。
かなり遠くに離れているのに台風の影響なのでしょう。先日の台風は直前まで全然その雰囲気すらなかったのにエラい違いですね。

ヨットみたいにあらゆる方向の風の力を推進力に変えられるような工夫が自動車にもできないものですかねぇ。風のある日ほど燃費がよくなるとか(笑)
水力・風力発電だって太陽光発電だって出来ているのだから現代の技術ならできそうな気がいたしますが・・・


また老人がバカなこと言い始めてる・・・

いや、それでいいんです。発明なんてそういうくだらないところからスタートするもんです。そのくだらないこと、おバカなことすら頭の中に浮かんでこなくなったらいよいよ人として終焉を迎える時なのだと。

ただ普段からおかしな言動をしている者が本当におかしくなってしまった時、その変化に気付いてもらえない危険性はある。私がブログで変なこと言っても誰も気にも留めないだろうなぁ〜。
それはそれでマズイのだが・・・



日々の生活の中で当たり前のことを当たり前に消化しているだけだと脳は退化を始めるらしい。真面目で常識的すぎる人ほど割と早い段階で認知症の症状が出始めるとか・・・

真偽のほどは定かではありませんが何となくわかるような。
何でも使わなければ長持ちするというものではありません。家電などは長い間使っていないと逆に不具合が起きたりする。

スマホやパソコンに依存するようになって漢字を忘れる人が大量に出てきているのは、まさに脳が退化を始めている証拠。検索すればすぐに何でも調べられるので脳に記憶しておく必要が無くなってきていることに反論はできませんね。
記憶容量が少なくて済むということは脳にどのような影響を及ぼしているかは想像に難くない。脳は発達を止めてしまうのです。むしろもっと小規模でも良くね?と脳が断捨離を始めたりする。使わないならいらないよねぇ〜 と。

ただでさえ年々記憶力は低下していくのに、早々に脳の店じまいが始まったら痴呆の進行も速まりますわな。
また単純作業を繰り返すような仕事の人も要注意らしい。
軽運送業〜っ?  ^^;マニュアル車に変えようかな


まあガチガチの固定ルートだけ配送している人はともかく、軽運送業、特に宅配の人は毎日配達先も変わるし時間との闘いで知恵を振り絞って工夫しているから、第三者の印象より単純作業ではありません。生活費を捻出するために常に頭の中は火の車状態でボケているヒマもありません。ただし炎上し過ぎて闘うことを止めた途端に脳も営業を中止するので、そこからの痴呆進行は速いですよ〜(怖)


複業というのは一つの老化対策として有効に感じます。
仕事ごとに引き出しが必要になるのと、時間によって切り替えが必要になるため心身ともにメリハリが出来る。
これは脳にとってもリフレッシュ効果とまだまだオイラは進化していくぜぇ〜という刺激を与える効果がある。
記憶容量を増やすことは脳を退化させない上で大事ですな。

趣味を持つことも似たような感じですね。日々の中でいかにモチベーション要素を取り入れることができるか。
単純作業に追われ楽しむこともしなくなることを避けるよう意識して過ごしたいものです。


失った時間、失った脳は2度と戻ってきません。
脳を退化させないためにも、くだらないこと、おバカなことを考える習慣をつけましょう。
もしかしたらその中の一つのアイデアで一生食って行けるビジネスが生まれるかもしれません。

権利収入を手に入れ働かなくても生きて行ける人生、最高ですね。
工夫も苦労もなく毎日何も考えずに遊び放題。
そして脳は退化を始め、お金持ちの認知症となる・・・

なんじゃそりゃ! ^^;


posted by ガラダマ at 13:58| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月24日

大人の2学期がスタート

お盆休みも終了し、子供達で言う2学期がスタートしました。
今年前半の反省をどう活かし巻き返していくのか。出来もしない目標を掲げてファイティングポーズだけは立派にダラダラと時間を消化していくのか。

リフレッシュが仕事再スタートの活力になればいいのですが、モチベーションの低下や転職願望を膨らませる結果になることが多いのが最近の長期休暇らしい。
マンデーブルーの増強版みたいなもので、オン・オフの切り替えが出来ない人が増えているのか我慢も限界に達したのか。

五月病、GW症候群なども似たようなものなのでしょう。
張りつめていた気持ちが一端緩むと、情緒が不安定になり元に戻すことが困難になったりする。リハビリ的に段階を経て徐々に負荷を上げていければ良いのですが、長く休んだ分を取り戻さねばという無形のプレッシャーに襲われて心身に変調をきたしてしまう。ノルマや厳しい上司がいる環境ほど長期休暇症候群が見受けられるようです。いや、そんな会社には長期休暇などないか(笑)


私も今週から長い連休後の軽運送業が再開。
毎年のことながら連休前と連休後は荷物が集中する傾向にあり、今週は荷量が多くありました。

私の場合、本業が10連休だからと言ってその間全く働いていないわけではなく、毎日何かしらの仕事をしているので長期休暇症候群にはならずに済んでいます。本音はもうこのまま楽して生きていたいという感情に支配されかけているのですが、普段からたいしてプレッシャーがかかるような働き方をしていないおかげで年中平常運転です。ドライバーには大事な響きですな。平常運転!




前回チラッと予告した暑気払いの会合、楽しんでまいりました。
酒を飲まない私ですがメンバーには周知のことですし、酔わないと楽しめない会合でもない。
場所は湘南。騒がしいチェーン系の居酒屋ではなく知る人ぞ知るというような小料理屋。大人の会合にはいい感じ!

見たことも聞いたこともないような魚の刺身や独創的な料理が美味しくて、ファミレスに入り浸っているジャンキーな私は超感動しました。
こういう刺激が今の私に一番欠けていることです。

今回の会合で一番盛り上がったのが、メンバーの一人が所有している別荘を皆で使わないかという提案。
いくらなら買うよ!とかその場所で何か事業やろうよ!とか、まあ皆で好き勝手なこと言ってますけど基本的にはビジネス心旺盛な者の集まりですから何をやるにしても実現しそうで楽しい。掃除だけしてくれればタダで貸すよ!ということなので、シーズン中には人が多くいる場所だし駅も近いという良い立地。皆でいらない物持ち寄ってフリーマーケットでもやってみようかという、小旅行と小遣い稼ぎと不用品処分を兼ねた一石三鳥案が実に楽しそうである。

まあ机上で考えていてもピンとこないので一度現地に下見を兼ねてバーベキューしに行こうという流れになりました。こういうのは女性陣が決めるの速いッス。旅行好きだしね。
彼・彼女らの人生の理念は「やりたいことは先送りせずやっておこう」。これが行動を迷わせない原動力です。

いつでも動けるメンバー達ですから下見はたぶん平日の昼間になるでしょう。私が下見に参加できるかは不透明なのですが、こういう機会を即ビジネスに結び付け行動に移せるのはやはり成功する者には備わっているのだなと改めて思いました。私が参加不透明というのは昼間の仕事が理由になっているのでこれではまだまだダメですなぁ。



毎日が非日常のような人たちと付き合うのって大変! ^^;
でも常識に凝り固まった人と一緒にいても自分は何も変われない。少し強引に成功者ワールドに引きずられるぐらいでないと新しい景色を見ることが出来ないのですよ、凡人には。
自分の常識にはない刺激を注入するのはとても大事。

突然に「別荘自由に使っていいよ!」と言われても、常識人はせいぜい家族で泊まりにいくことぐらいしか思いつかないですけど、「使わないなら売ってよ!(転売する・民泊やる)」とか「その場所で商売をする」という発想がポンポンと出て来るビジネス脳にならないと、なかなかお給料ベースで働かされている者には人生で「稼ぐ」ことは難しい。一生を他人のために働き既定路線の景色しか視界に入らない。セミリタイヤなど夢の夢。


2学期開始早々に新たな刺激を注入され、少し若さを回復した 気・持・ち になっています。
ドライバーという単純だが交通法規や会社のルールでガチガチに縛られている働き方だけしていても可能性は広がらない。
自分に足りない「何か」を見つけるには、本をたくさん読むとか良きメンターと出会うのが効果的です。

子供達と違って大人には3学期がありません。
2学期の成績がそのままその年の結果になりやすい。
残りの約4カ月間で今年をどこまで良い年に出来るか。

大人の2学期、楽しみながら頑張りましょう!






posted by ガラダマ at 11:50| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

突然の暑気払いのお誘い

お盆休みもそろそろ終わりだというのに暑さだけはまだまだ続きそう・・・
長期予報によると9月2日までは連続真夏日だとか。予報通りだと連続真夏日日数記録を更新するらしい。
一方で台風の卵みたいなのが2つモゾモゾしており、その動き次第で連続真夏日は途絶える・・・?

猛暑 → 台風 → 猛暑 → 台風 → 初秋(残暑)

全然嬉しくない ^^;


身体が暑さに慣れてきたところでお盆休み。連休で身体が鈍ったところで猛暑の中の仕事再開。そして暴風雨・・・

早く労働からリタイアしたいッス!


とグチグチしていたところに知人から暑気払いのお誘いが。
開催は明後日(火)とまた中途半端な日に・・・
本業再開の日じゃん(^_^;)

まあメンバーが独立自営の者と独身女性中心の集まりだから曜日とか関係なく突然思い付きで決めてくる(笑)
私も似たような立場ですから気軽に声がかかる。
会社員の飲み会と違って会社や仕事の愚痴が飛び交うマイナスイオンに満ちた集まりではなく、経営者とキャリアウーマンの飲み会というのはなかなか刺激的です。ビジネスにもプライベートにも。
飲み会のメンバー聞いて参加確定しました!




イマドキのキャリアウーマンというのはなかなか侮れません。
バツイチの方もいらっしゃいますけど、まあ興味は「男」より「ビジネス・投資」。確かに男より価値がある(笑)
下手な会社員と飲むよりよっぽど面白い話が聞けます。
彼・彼女らの財テク的な話を聞いていると、自分は今まで何やってきたんだろうと情けなくなってくる。そしてそれが明日への原動力にもなるのでこういう会合は大事にしないとね。


火曜は複業の方の仕事のシフトは入れていたのですが、一応火曜のシフトを確認しメンバー的にも人数的にも作業に支障なさそうだったのでキャンセルしました。その辺の根回し・水面下の調整は疎かにしてません。突然バックレるフリーターとは違います。

時給仕事の収入よりビジネス会合に価値を感じての参加です。
メンバーが違っていれば参加はしなかったかも。

独立してからの飲み会や食事会は無駄な付き合いがないので終わってからも心地良い余韻に浸れる。
会社員の時は必ず「あ〜時間と金を無駄にしたぁ」という後悔の念に苛まれたもんですけどね。

最近オフィスを設立した者もいて求人も募集しているので、その辺のメリットや苦労話も楽しみです。
それぞれが自分なりに仕事を生み仕事を取り事業を育て続けていくという活動をしている。
そこで集まって互いにアドバイスしたりヒントを得たりという、そんな熱い会合になる。以前参加していた起業セミナーの前向きな者の集まりを彷彿とさせてくれる。




飲み会の会話の内容に独立自営の者と会社員の徹底的な違いを感じます。
毎回のように仕事の愚痴・上司の悪口で金と時間を消費しているような飲み会では発散した気になっただけで誰も進化しない。
時間リッチお金リッチ人脈リッチの会話のシャワーを浴びていると、今の自分に足りていないところがハッキリ見えてきて明日何をすれば良いかを気付かせてくれる。例え相手が年下であっても自分より格上の人と交流するのは財産になる。

自分がなぜ負け犬なのか。似たような立場の者が互いの傷を舐め合うような会合であってはいけないし、自分のベクトルをそこに合わせてもいけない。
ダメな自分を変えるための方法としてセミナーとかでもよく言われるのが「時間の使い方を考える」「住む場所を変える」「付き合う相手を変える」の3つ。

「住居とか友人とか簡単に変えられねーよ」と言いたくもなりますが、本当にこれまでの自分を変えたいのならそのぐらい極端なことをしないとこの先も変わっていきませんよということ。何も友人を全とっかえしろということではなく、頻繁にダラダラ飲んで騒ぐだけの関係は真の友なんですか?という警鐘ですね。自分を向上させる新たな人間関係を模索してそちらに時間を投下するだけでもだいぶ変わっていくのではなかろうか?


飲み会云々とは別に、急な集まりにもホイホイ参加できるような働き方はいいですね。当日にならないと残業とかでわからないんじゃ悲しい。
平日だろうが昼間だろうが「今日、どう?」 なんて誘える誘われる間柄、働き方はイイね!(σ´∀`)σ

そういう時間の使い方ができるようになり、刺激的な人達に囲まれて私はとても幸せです。






posted by ガラダマ at 12:28| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

名刺改訂

接近中の台風の影響か、横浜エリアは午前中は雨、午後から晴れてくるという天候不順な日が続いています。
今週も配達仕事をされている方、暑い中お疲れ様です。


ドライバーの皆様は暑くても晴れている方が良いか、多少涼しいのであれば雨でビショビショになっている方が良いか、どちらを選択しますでしょうか?
う〜ん難しい選択ですねぇ。 私は暑くても晴れがいいかなぁ。


今週は軽運送仕事がずっとお休みのため、外の仕事は無し!雨晴れ関係なく毎日夕方から快適なインドア仕事の日が続きます。そしてインドア仕事が終わって日付が変わろうとする頃にファミレスへ行き、ライターの仕事に取り掛かる毎日です。
自分にとっては収入的には満足しておりませんが、初老の働き方としてはほぼベスト!快適で仕方がないッス。
数年後の働く姿を疑似体験しておりますだ。


貯蓄・退職金・年金で老後を食っていけない人は、老体にムチ打って働き続けることになる。
今の仕事で定年以降何年働かせてもらえるのだろうか?
雇用が終了となった時、収入手段はどうなりますか?
その時に働き続ける気力・体力が残っているのだろうか?
もう想像しただけで気が滅入りますね。

会社員を無事勤め上げても定年後は皆フリーランスとして横一線。
雇用というセーフティを失って闘っていく自信はありますか?
非常勤の役員待遇とかで名前貸しで収入になる人は羨ましいが。


在籍時に圧倒的な貢献をしてきた方や天下ってどこかで甘い汁を吸い続けられる人は、これまでは人生の勝ち組として左団扇で悠々自適に過ごせたのでしょうけど、有名企業でも大規模なリストラが普通に行われるようになっている昨今、非常勤待遇とか天下りを許しておけるほどの余裕は企業には無くなってきています。どんどんリストラしてるのにそんな人間の存在がバレたらすぐにネット上に晒され炎上・株価にも影響しますので、企業もそこまで危ない橋は渡らないでしょうが。


会社員ですら将来は危機感いっぱいなのですからフリーランス的に生きている者は毎日が定年みたいなもの。
明日を約束されていないわけで、この先どうやって食っていくかを真剣に考えていかないといけない。

あと数十時間後には59歳を迎える私は、危機感だけはしっかり持っているので常に生きていく方法を模索しています。
webライターというのも年齢的な偏見が無い収入手段として、中高年でも可能な闘い方としてチャレンジしています。
面接や履歴書で採用が差別化される働き方には残念ながら中高年はもう固執・依存してはいけない。


時期尚早とは思いますが早々に収入が発生したのでもうwebライターを名乗ることにしました ^^;はやっ
年齢的に悠長にしてられないのでドンドン勝負します。
当然名刺にも新しい肩書きを加えてハッタリかまします!(笑)


近未来的軽ドライバー  ←これも肩書きw
宅地建物取引士
スポーツ指導員(ジムインストラクター)
webライター


どうです。もうわけわからない怪しいオジサンですね。こうして相手を混乱させておいて ”ガブッ” と噛み付こうかと(笑)
弱者は正攻法で闘っても勝てません。相手の常識とちょっと外れたところから懐に飛び込んでいく。
全く結びつかない肩書きをひとまとめに使いこなしているスタイルこそ「話題性」という私の武器。
肩書きマニアと紙一重のところで闘ってますだ。


自分の棚卸し。使えるものは何でも武器にしちゃいましょう!
闘わずに人生を終えていくのは悲しすぎます。

自分の名刺を作るとしたらどんなハッタリをかましますか?






posted by ガラダマ at 08:51| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする