2019年11月23日

ブラックフライデーは良いイベント?

日本でも定着するのか?ブラックフライデー!

数年前から一般の方もよく耳にするようになったブラックフライデーというイベント。
名前の印象からは何か不吉な感じもいたしますが、消費者には嬉しい大セール!

と言っても日本ではまだまだ定着するのはこれからかな?という感じがいたします。

Amazonも今週末はブラックフライデー企画やってますね。後でゆっくり物色してみよ。
日本のCMや広告よりAmazonでイベント告知やった方がよっぽど認知度が上がる。


増税後、ハロウィンの次に訪れた消費イベントですが、皆様の購買意欲はいかがですか?
増税前に日用品の駆け込み買いだめした方はもう買い物する余力はありませんか?(笑)

全国的に実店舗でもブラックフライデーにかこつけたセールが行われていますが、そう言えば今週はボジョレー・ヌーボーというイベントもやっていたような・・・

ボジョレー・ヌーボーってすっかり死語になってますな。
「今年はボジョレーの当たり年!」「50年に一度の出来栄え!」「世界で一番早くボジョレーが味わえる幸せ!」みたいなキャッチコピーに毎年感化されていた人たちは今どこにいったのかな?

私の中では「ボジョレー」と「恵方巻」と「アパレルの来年の流行」は消費者が丸め込まれる典型的な3大誘導型イベントと思ってます。
ボジョレー・ヌーボーがそんなに待ち遠しいほど美味しいと思ったことはないし、恵方巻は流行(?)する前からこのブログでも「大量生産の縁起物なんておかしいでしょ?」と解説してましたし、「来年のトレンドは水玉!」みたいに勝手に流行を決められ、それに操られ従順に従う消費者という情けない構図。

いずれのイベントも消費に結びつけようという売り手側の無茶振りなのですが、それに乗せられてしまう消費者が一定数いる。
売り手の誘導に乗っかっても選択できる(買える)モノは皆が一緒。とりあえず皆と同じ選択をしておけば間違いないという安心感が日本人の典型的国民気質。
ようやくそこに気付いてしぼんできたのがお中元お歳暮の慣習。

クリスマスやブラックフライデーは誘導に乗っかってもその先に選択肢が多くあるのが良い。
楽しみ方や買うモノが自分で選べることは重要です。


それは働き方にも言えることですけどね。
労働時間や働く場所、賃金を自分で好きに選べること!

定食型からビュッフェ型へ!


これを意識できれば働き方の一つのヒントになります。
今の仕事は食べたい物がないレストランで食事をするようなもの。
お腹に入れば何でも同じと自分を無理やり納得させてませんか?


セールはビュッフェみたいなもの。
何を選ぶのも自由だし掘り出しものを探す楽しみがある。
見たこともないモノがメチャクチャ美味しかったりする醍醐味。

まだまだ自分がわかってない人は、選択肢が多数ある環境で自分が何を手に取るかを客観的に観察してみると良い。
そこで手に取ったモノが貴方の人生を変えてゆくのです。


posted by ガラダマ at 04:38| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

勝手に増えた収入が増税に勝つ

消費税が10%になり1ヵ月が経ちました。皆様の家計や消費行動に何か変化はありましたでしょうか?

私は増税後ネット通販系も含めて目立った買い物もありませんし、スーパーで軽減税率されているものばかりの買い物ですのでほとんど変化はありませんね。強いて言えば一人ミーティング時のファミレス代でしょうか。

以前から10%OFFクーポンというのがチラシやアプリでありますけど、増税後は結局税金分が安くなるだけで本体価格はそのまま。なんか全然お得な感じがしなくなりました。税率10%のメリット(?)は計算がしやすくなったぐらいですかねぇ ^^;


10月は最低賃金が上がりました。会社員の方にはあまり影響は無いかもしれませんがフリーランス、特に時給制の仕事が絡んでいる人には労働時間なりに少しだけ収入が増えたかと。

ただもともと最低賃金(時給)以上で仕事している人は上げてもらえない取引先と、最低賃金の上昇額を加味して時給を上げてくれる取引先があります。私の複業で時給ベースでの仕事は皆最低賃金以上の金額でしたけど、幸いなことに全て上昇額を加味した時給UPをしてくれています。
この辺でも仕事先によって不公平感が生まれてしまう・・・

今回の最低賃金UPのおかげで10月の私の複業全体の収入では賃金UP前の月に比べ、労働時間は同じでも約4,000円増えました。増税分の出費を完全に補って余りある(^^)/


今回の最低賃金上昇額は全国平均加重が27円でした。
神奈川県は最低賃金が1,100円を超えてきましたので、現在の求人募集は皆時給1,100円以上の仕事になっている(はず)。
私が学生時代のアルバイトなんて時給700円台なんて普通でしたからね。当時(昭和50年代^^;)時給1,100円以上のアルバイトなんて記憶にありません。つーか最近の記憶も薄れてきてるし。

でも時給700円台の学生生活でも10数万円のオーディオセット買って自動車教習行ってギター買って夜な夜なディスコやライブに入り浸っていた生活でも余裕があったのが今思えば不思議です。学費を出してくれた親には感謝しかありませんが、あんだけ遊び歩いていた時代のほうが金銭的に余裕があったのは物価のせい?

まあ車は所有していなかったし携帯もパソコンも無い時代でしたから、その維持費やら通信費の金額差だけでも大きいですよね。
いや、家族がいなかったし親と同居していたのが何よりも大きいか。最低毎日の学食代と参考書等の書籍代があれば暮らせていたはずですから。いい時代だったなぁ・・・


もし今独身に戻ったら本業辞めて複業だけで十分食っていける。
本格的にサイドビジネスを始めると思います。何かに投資・運用もするでしょう。それだけ今の時代はやってみたいことがいっぱいある。やりたいことをやれる人やれない人がある意味「格差」になってしまうのではないか?

いや、正確には「やれる人やれない人」ではなく「やる人やらない人」という分類ですね。
家族がいようが借金があろうがやる人はやる。
何も縛りがないのにやらない人はいつまでもやらない。

学生時代にやれたことをやってこなかったから今の自分になっているという後悔の念が複業生活に表れていますな。

今やれること・やりたいことを時間を余すことなくやってます。
by 積荷オヤジ






posted by ガラダマ at 10:21| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月28日

日本の裏方さんを大事にしないとヤバいよ!

消費税増税と続けざまに来た台風による物流への影響もようやく落ち着いてきたようです。

大きな物流倉庫で仕事をしていると、社会情勢や天候が物流に及ぼす影響がどのようなものかを目の当たりにすることができ、トラックドライバーさんたちの生態や業界の生の情報を聞くことができるので、軽運送業の副業としておススメできます。


私が従事しているのは大型物流倉庫の中のいくつかある部署の中で、神奈川を中心に関東圏にチェーン展開しているスーパー向け食材の仕分けです。スーパーで売っている食品のほとんどを仕分ける作業であり、この部署においても冷凍品・冷蔵品・生鮮食料品と温度別に作業場がわかれており、産地やメーカーから運ばれてきた食材がお店に届くまでの間に何が行われているのかを学べます。

例えば台風などで高速道路が通行止めになるとトラックドライバーさん達は大変です。
当然下道を使うしかないのですが、下道は大渋滞。しかもところどころで冠水や土砂崩れなどがあるとあの手この手で迂回して走ってこなければなりません。


こうなるとベテランは強いです。道も知っているし人脈を駆使して走行中のいろいろなドライバーと連絡を取り合って道路状況を確認。さすがにトラックの車体ですから軽自動車のようにはいきませんが、通常より1時間程度の遅れで運んできます。
しかしこれが新人・経験の浅いドライバーだとそうはいかない。

今年の台風で言えば15号の方。19号の時はトラックがほぼ稼働できず数日間スーパーやコンビニの転倒に食材が乏しかったのは記憶に新しいと思います。トラックが来ないので物流はストップ。その日の昼間に到着していた荷物も夕方からお店に運ぶ便が稼働できなかったので1日荷物が倉庫に溜まった状態になり、翌日の配送にも影響が出ました。限りあるトラックでいきなり通常の倍の荷物は運べないのです。
台風や地震でトラックが動けなくなるとこういうふうにお店に商品が届かなくなるのだなと、その工程からよくわかりますね。

15号の時は短時間で通り過ぎたとはいえあちこちの道路で影響が出ており、多くのドライバーが30分〜1時間ほど遅れて到着したのですが、何と連絡もしてこないで結局翌日の朝にしれっと到着した新人がいました。8時間ぐらい遅れてます。当然お店に届けられたのが午後。鮮度も問題ですがお店にも状況を連絡できずにいたため大目玉です。

しかもその翌日もその新人は到着が2時間遅れ。道路は平常に戻っており他のトラックも予定通り到着していたのに彼だけ遅刻。彼の便で作業を予定していたアルバイトはシフト時間内に到着しなかったため帰ってしまい、次の時間帯の部隊が余計な作業を引き継いで大変だったらしい。

これはもう新人だからというより人間性の問題ですね。彼の会社の指導方法にも問題があると思いますが、いくらトラックの運転に慣れていないからといっても自分で選んだ職業なのですからもうちょっと責任のある行動をとらないと。




私達が何気なく買っている数十円のもやしなり納豆なんかも消費者が手にするまで何人もの手間ひまがかかっている。台風でもトラックドライバーは1円も給料が上がるわけではない。それは倉庫で働く人も同じ。むしろその値段で売っていること自体がおかしいとさえ思う。どこで利を取ってるの?

例えばもやしなり納豆なりを1袋(1パッケージ)運ぶと1円の運賃としましょう。1回の運送で5千袋(パッケージ)運んだとしても5千円です。ここから経費引いて会社にいくら残るか。さらに会社が利益取ったあとの分がドライバーの報酬です。利幅の違う品物を数種類同積して運んでも1回あたりのドライバーの報酬は数百円でしょう。1日3回戦やれたとして千円程度のインセンティブ。月25日稼働しても3万円にも満たない。そこに15万ぐらいの基本給といくつかの手当てを加えても社会保険だ何だと引かれたら・・・

私が常々ビジネスモデルがおかしいと言っている運送業。トラックドライバーが給料が安い理由が何となく見えてきましたね。倉庫や工場のような人海戦術の職場で働く人も賃金は厳しい。もやしや納豆の利益を従業員数で分けると考えればわかりやすい。毎日1万個仕分けたって1人いくら貰えるの?

世の中の裏で社会を支えている職業って口でいくら評価されても賃金水準をみれば報われていないですよね。ちょっと物価が上がると私達はギャーギャー騒ぎますけど、物価が上がっても裏方さん達には何も上乗せがないのが現状です。自分の価値観で上がった下がったというだけで世の中的にはどこかでバランスが取られている。その犠牲になっているのが労働者ということ。

値上がり分が裏方さんに全ていくのならまだ納得できる部分もありますけど、絶対にそうではないと皆が思ってしまうのが日本の社会の仕組み。
裏方さんを大事にしていかないと日本は本当にヤバいことになりますよ。介護も物流も教職も。皆がやりたくないと本気で言い出したらどうするのでしょう?既に介護も物流も外国人の人手が増えてきていますけど、まさか日本の学校の先生が外国人になる?
日本の国語を外国人に教わる日本人。 なんだかなぁ・・・




posted by ガラダマ at 10:22| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

増税カウントダウンをファミレスで過ごしてみた

ついに今週、消費税が10%になりました。

ちょうど30年前に消費税3%が施行されたこと、覚えてます?
ついに税が二桁ですよ二桁!1千万の買い物したら100万円が税金で持っていかれます。
もう税金というより1割の値上げみたいなもんです。


そんな消費税の切り替わるタイミングで私は日をまたいでファミレスにおりました。
最近はwebライター仕事の執筆のために深夜のファミレスにいることが多くなりまして、深夜営業しているお店が消費税の切り替えをどのようにやっているのかを実際に知りたくて体験してきました。

どこのお店も同じ事やっているのかというとそうでもないらしい。私がお邪魔していたファミレスの場合は深夜0時で一旦レジを締め、その時に利用していたお客様は8%税での支払いを強制的に済ませます(お店はそのまま営業を続けます)。
翌25時までの1時間はレジシステムの切り替えとなり(注文は受け付けます)、0時以降の注文から消費税を10%としておりました。

深夜ということもありウェイトレスさんはベテランの女性が一人だけでした(他に厨房に2人とマネージャーらしき人がシステム変更作業で来ておりました)が、全席に一旦精算と税変更の説明に回っていて大変だなぁと思いました。




客もわかっていたことで特にトラブルも無く、マネージャーらしき人により粛々と作業は行われておりました。
これ大手チェーン店だからシステム変更における費用も対策も問題少なく進められたと思うんです。

もし小規模個人経営みたいなお店だったら、しかも老夫婦みたいな方が利益度外視して細々と経営しているようなお店だったら、レジ等のシステム変更にかかる費用とか軽減税率とかもうお店を続けて行こうという気力を失ってしまうのではなかろうか?


似たような事態が2023年10月から私達フリーランスの多くにも降りかかってきます。すでに知っている方も多いでしょうが、そう、インボイス制度(適格請求書等保存方式)です。

まだ細かくは触れませんが、簡単に言えばこれまで売上げ1千万未満の免税事業者は消費税の申告と納税を免除でき、売上げ時に請求して得ていた消費税分を自分の収益に出来ていました。しかしこの恩恵が無くなる = 納税することになれば、単純にこれまでより収益が10%減ることになる。実際には免税したままでいられる選択肢もあるのですが、その辺についてはまた機会があれば解説したいと思います。

もともと納めるべきものを納めるようになるだけのことですが、免税がふつうになっていた生活が10%減収になれば結構つらい。年収300万のフリーランスなら30万納めることになる。年収700万なら70万納めるんですよ。
国民全体の消費税は3%からスタートして徐々に増えても今でもこの騒ぎですから、これがいきなり10%からスタートしていたらどうなっていたか?



平和ボケしていた日本人にもそろそろ危機感が芽生える時。
生活防衛を本気で考えていかないとヤバい。
深夜にファミレスなんていう生活はもってのほか ^^;

って執筆の構想を練りながら思ったのですが、この深夜のファミレス代は経費として認められるのかな?
一応このファミレス作業もあって執筆料を頂いているのは事実ですから、たぶんOKでしょう。大した金額でもないし。しかし最近降って湧いたような怪しい収入と怪しい経費に税務署は黙っているだろうか?下手に税務署を刺激せず大人しくしていた方が得策か?


これからはこういう些細な出費もおろそかに出来なくなる。
人は会社のために働き税金のために働く。それだけでいいの?

自分が自分であった証をこの世に残せるだろうか?


こんなこと考えながら深夜にお茶してます。
ブログやライターとして「発信」することは、非力なオヤジでも出来る自分が自分であった証の一つ。
インプットばかりで頭でっかちになっても、この世にメッセージを残せなければ存在を証明するのは難しい。




posted by ガラダマ at 08:31| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

脳の断捨離

朝から強風が吹き荒れている横浜南部エリアです。
かなり遠くに離れているのに台風の影響なのでしょう。先日の台風は直前まで全然その雰囲気すらなかったのにエラい違いですね。

ヨットみたいにあらゆる方向の風の力を推進力に変えられるような工夫が自動車にもできないものですかねぇ。風のある日ほど燃費がよくなるとか(笑)
水力・風力発電だって太陽光発電だって出来ているのだから現代の技術ならできそうな気がいたしますが・・・


また老人がバカなこと言い始めてる・・・

いや、それでいいんです。発明なんてそういうくだらないところからスタートするもんです。そのくだらないこと、おバカなことすら頭の中に浮かんでこなくなったらいよいよ人として終焉を迎える時なのだと。

ただ普段からおかしな言動をしている者が本当におかしくなってしまった時、その変化に気付いてもらえない危険性はある。私がブログで変なこと言っても誰も気にも留めないだろうなぁ〜。
それはそれでマズイのだが・・・



日々の生活の中で当たり前のことを当たり前に消化しているだけだと脳は退化を始めるらしい。真面目で常識的すぎる人ほど割と早い段階で認知症の症状が出始めるとか・・・

真偽のほどは定かではありませんが何となくわかるような。
何でも使わなければ長持ちするというものではありません。家電などは長い間使っていないと逆に不具合が起きたりする。

スマホやパソコンに依存するようになって漢字を忘れる人が大量に出てきているのは、まさに脳が退化を始めている証拠。検索すればすぐに何でも調べられるので脳に記憶しておく必要が無くなってきていることに反論はできませんね。
記憶容量が少なくて済むということは脳にどのような影響を及ぼしているかは想像に難くない。脳は発達を止めてしまうのです。むしろもっと小規模でも良くね?と脳が断捨離を始めたりする。使わないならいらないよねぇ〜 と。

ただでさえ年々記憶力は低下していくのに、早々に脳の店じまいが始まったら痴呆の進行も速まりますわな。
また単純作業を繰り返すような仕事の人も要注意らしい。
軽運送業〜っ?  ^^;マニュアル車に変えようかな


まあガチガチの固定ルートだけ配送している人はともかく、軽運送業、特に宅配の人は毎日配達先も変わるし時間との闘いで知恵を振り絞って工夫しているから、第三者の印象より単純作業ではありません。生活費を捻出するために常に頭の中は火の車状態でボケているヒマもありません。ただし炎上し過ぎて闘うことを止めた途端に脳も営業を中止するので、そこからの痴呆進行は速いですよ〜(怖)


複業というのは一つの老化対策として有効に感じます。
仕事ごとに引き出しが必要になるのと、時間によって切り替えが必要になるため心身ともにメリハリが出来る。
これは脳にとってもリフレッシュ効果とまだまだオイラは進化していくぜぇ〜という刺激を与える効果がある。
記憶容量を増やすことは脳を退化させない上で大事ですな。

趣味を持つことも似たような感じですね。日々の中でいかにモチベーション要素を取り入れることができるか。
単純作業に追われ楽しむこともしなくなることを避けるよう意識して過ごしたいものです。


失った時間、失った脳は2度と戻ってきません。
脳を退化させないためにも、くだらないこと、おバカなことを考える習慣をつけましょう。
もしかしたらその中の一つのアイデアで一生食って行けるビジネスが生まれるかもしれません。

権利収入を手に入れ働かなくても生きて行ける人生、最高ですね。
工夫も苦労もなく毎日何も考えずに遊び放題。
そして脳は退化を始め、お金持ちの認知症となる・・・

なんじゃそりゃ! ^^;


posted by ガラダマ at 13:58| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする