2020年06月28日

人生を競馬に例えるなら!最後の直線をどう迎えるかで笑って死ねる?

昨夜から梅雨らしく雨が降り続いている横浜エリアです。

今年還暦を迎えることは過去に何度かお伝えしておりますが、いよいよ間近に迫ってきますといろいろな想いが脳裏を駆け巡ります。

競馬に例えるなら・・・

スタートして怖いもの知らずで我武者羅に直線を走っていた10代
直線を走るだけではないことを悟る第1コーナーを回る20代
仕事の面白さ・辛さと位置取りを探る第2コーナーから直線の30代
解雇・独立・転職に揺れ舵取りが難しくなる第3コーナーの40代
遠心力に逆らい必死に会社にしがみ付く第4コーナーまでの50代
ゴールの景色が見えたが距離感が難しい第4コーナーを回った60代


こんな感じでしょうかね。

このブログの読者の方々はどの辺を走っているのでしょうか?
多くが軽運送業に興味を持っている方でしょうから、第3コーナーに差し掛かっている、もしくは第4コーナーまでのカーブに苦戦している状況なのではないかと推測いたします。

確かに人生が慌ただしくなってくるのは第3コーナー辺りから。
第2コーナー過ぎてからの直線では、能力や努力の差が表れ他人との競争が激しくなっていきます。
そこでふるい分けが始まり自分の意志だけでは走ることが難しくなっていく。

能力ある者は馬場の良い場所を走ることができ、劣る者は皆が走った後の荒れた馬場を走るため、更にその差は開いていく。
まともにこんなレース展開をしていたら人生は面白くないに決まっていますよね?

最後のカーブを抜けるまで会社にしがみついて、最後は這ってでもゴールすることが果たして幸せなのだろうか?
もっと他にやれることはないのだろうか?




軽貨物で独立するという選択肢は、第3コーナー辺りでサラリーマンの競争から抜け出ることでもあります。
サラリーマンのレースを続ける価値に見切りをつけ、自分のコースを創り走ることに人生をシフトする。

他者との競争から自分自身との勝負が始まるのです。
始めるのは簡単ですが、自分に勝つのは意外に大変です。
他人の評価ではなく自己評価となるため、自己管理の出来ない人はどうしても甘えがでる。

サラリーマンのレースでは役割は騎手ではなく「馬」なんです。
レース展開とか直線とかカーブとかは関係ない。苦手だろうが疲れていようがお構いなしに走らされているんです。
自分でレースを組み立てているのではなく、会社に面先にニンジンをぶら下げられていつまでも走らされていることに気が付かなければ。

永久に届かないニンジンのために人生を走るの?

昔はゴールまで会社にしがみついていれば退職金というご褒美が貰えましたが、今はそれも怪しくなっている。
ニンジンのために人生を捧げていいんですか?
競馬場以外で自由に走る喜びもあるんです。


私は軽貨物を始めた頃は売上げ・収入を重視していました。
しかしそこを目標にするとどうしても労働時間に縛られる。
縛られる働き方するなら会社員でいた方がメリットは多い。

残り何年あるかわからない人生、せっかく好きなことできる環境に身を置いたのですからそれを満喫しなければ。

軽貨物だけを収入源にしてしまうと窮屈になる。
時間を生み出しつつ多くの収入ネタを持ちリスクも分散する。
これが私が軽貨物ライフを研究してきた結果としてのポリシーです。

もちろんポリシーは人それぞれでいいんです。
大事なのは自分なりのポリシーをみつけられるかどうかです。

ただ「お金のため」とか「他にやることない」とかいう人はすぐ辞める。
「他にやること」や「お金になること」などいくらでもあるから。
それは自分のポリシーではなく、たまたまそういう状況になっていただけで人生スパンの考えではないから。


私も30代40代ぐらいの頃はポリシーなんてなかったです。
いよいよ働くことの選択肢が無くなってきて、ようやくしっかりしたポリシーのもと生きていかないと悔いばかり残る人生で終わってしまうと気付いたのです(遅!)。

メチャクチャ稼いでいるわけではないですが、会社員時代よりは収入面でも時間面でもストレス度でも格段に満足度は高くなっています。


60歳過ぎて最後の直線は人によってゴールまでの長さも違うし馬場コンディションも違います。
ペース配分は自由、コース取りも自由。
しかし自由に走れるかどうか?

それは馬のまま走らされてきた人生なのか、途中で騎手の立場となり自分を走らせるコツを掴んだかによって違ってくる。
ニンジンはいつでも手の中にある直線を楽しみましょう!





posted by ガラダマ at 12:56| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

5月7日以降、仕事は?収入は?働き方は?

今週も荷量の少ない日が続く積荷オヤジです。

今月は商業貨物系の運送会社はかなり売上げ落としているでしょうね。
毎年春先にある運送会社の副業の引っ越し仕事も、引っ越し自体中止や延期する人が多かったようで売上げに貢献しているとは言えなかったようです。

私がお世話になっている運送会社も荷量が少なく、トラックドライバー達も積込みが早く終わってしまうため、変に余裕かまして毎朝出発前に7〜8人が簡易喫煙所に集まって話込んでいます。

しかしその人の輪が脚つき灰皿を中心に半径1mぐらい(各自灰皿に手が届くところに立っている)の円の中に納まっちゃってます。
ダメだろ、コレ!わかんねーのかなぁ?
タバコ吸ってるのでマスク外してるし!




自分は大丈夫!周りも大丈夫!と過信している人多すぎ!
まあこんな余裕のある日々なんてトラックドライバーには滅多にないことでしょうから、リラックスしちゃうのもわかりますけどね。
ただこういう油断で職場の中で誰か一人感染者が出たらその職場は営業休止となるわけで、社員どころか委託にも迷惑がかかる。
いや、喫煙してないからといって委託のドライバーだってどこで感染してくるかわかりませんし。


配達エリアのパチンコ・スロット店がようやく全て休業となりました。
「行くところがない」「やることがない」とパチンコ屋に行ってしまう依存症って怖いですね。
パチンコ屋が閉まったら彼ら彼女らは禁断症状で苦しむのだろうか?
挙句の果てに勝手にストレス溜めこんで犯罪に走らなければよいが。

非常事態宣言を安易に解除すればパチンコ屋は真っ先に営業しそうだし、依存症の人々が大挙して押し寄せるのが目に見えている。
せっかく感染数が収まってきているのにこれを許せば
また各地でクラスターが発生しそうですな。


今日はお昼に仕事を終えた後、複業先のジムに行ってきました。
営業は休止していますけど社員が交代で出勤しており、問い合わせ対応やホームページ更新作業等しています。
しかしこういう仕事はテレワークでできるんですけどねぇ。
まあ休止中もマシンの清掃・点検はやらねばいけないから・・・
これも外注に頼めば社員が出勤する必要はないんですけど。

ゴールデンウィーク明けの見込みとか話をしてきましたが、会社の上の方の人間は政府の非常事態宣言がどうなるかを判断基準にしたいと言っておりました。
でも仮に5月7日に宣言が解除されてもスポーツジムは当分無理だろうというのが本音のようです。

まず平常時でも大量に消費していたアルコールの在庫が休止する直前の時点でほとんど底をついており、その後も入手困難でさすがにアルコール消毒できないジムはダメでしょう。

更にウイルス騒動が完全に終息していないのに店を開ければ、パチンコと同様にトレーニングにストイックな人が来ちゃう。
加えて特に普段運動もしないような者でも外出できずにストレス抱えた状態で発散目的で来ることが予想され、感染リスクは休止前となんら変わらない。
よほど全てに責任を持って対処できるジムでなければ、当分の間は難しいでしょうね。

私が注視しているのはこれまでジムでトレーニングしていた人々が、この2カ月あまり何をしているか?
大雪だろうが台風だろうが通ってくるような人々ですから、必ず何かしらのトレーニングは継続しているでしょう。
最近はYouTubeでも自宅でできる筋トレ・ストレッチみたいな番組が人気のようですから、もしかしたらジムに依存しないトレーニング方法を実践しているのかもしれませんね。





人気ユーチューバーの「あそこTV」の海老澤さんも自宅にランニングマシンとチンニングを設置していましたが、こういう動きが加速するとこれまで通って何かしていたことが自宅で消化できてしまうことに気付いていく人が増えていくでしょう。
家飲みやオンライン飲み会なんかもその一つだし、塾や学校にいかなくてもネットで学習できる。テレワークなんかまさにそうですよね。通勤しなくても仕事できるとか。

リアルに人と会ってコミュニケーションをとることももちろん大事ですけど、わざわざ移動して集まらないと何もできないというのは地震や台風のような災害時には収入を失う可能性が高くなる。

そういう仕事を避けろ!というのではなく、そうなった時のために代替え手段を持ちましょうということです。
一つの商売・仕事に依存している方々の多くは今回のウイルス騒動で大きな被害を受けました。
倒産・廃業・破産という選択肢以外に生き残る術がない状態がいかに悲惨な人生をもたらすか。


せっかくのゴールデンウィークですが、今年は我慢が強いられます。
問題はゴールデンウィーク明けに何が待ち受けているか?
自粛解除も怖いし自粛が続くのも辛い。

仕事について、収入について、働き方について。
真剣に考えなければいけない時がきたようです。
外出自粛で家族が顔を合わせるまたとない機会。
家族の波長・方向性を確認し、強く生きていける土台を築くために本音で語り合ってみてはいかがでしょう?








posted by ガラダマ at 22:13| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

同一労働同一賃金法はどこ行った?

すっかり春の陽気となりました今日この頃。

ウイルス騒動で季節の移り変わりや桜を楽しむこともなく、ポカポカ陽気の週末も外出自粛して悶々と過ごしいるのが何かと勿体ないですね。
ご老人が外出したくなるのもわからなくもない。





さて、この4月1日よりいくつかの新しい法が施行されているのですが、本来ならメディアで大々的に報道されていたはずなのに全くコロナの陰に隠れてしまっています。

その一つが「同一賃金同一労働」法。(中小企業は来年4月施行)

昨年辺りから働き方改革の目玉として大騒ぎしておりましたよね?
コロナ騒動がなければ今頃は連日のように新聞・テレビで取り上げられていたはずだったのにどこへ行った?

まあお店も企業も自粛自粛でそれどころではないでしょう。
というか社員も非正規も同じように労働時間は削られている。
同一労働という点では調整が進んだ?

しかし同一賃金という点では逆に格差が広がったのでは?
社員は一応固定ベースでの賃金は今のところ守られている。
だが非正規の者は時短勤務や一時的解雇等で労働時間が減った分はまるまる減収となる。ちゃんとした会社なら非正規にも休業補償・手当として賃金の6割程度は支給されるようですけど、すべての労働者が保証されているわけではない。





今はまだそれどころではない状況なので、企業側の中には新法への対策も準備されておらず、不謹慎ながらホッとしている経営者もいるかもしれません。

だからこそ騒動が終息した後、再び「同一賃金同一労働」に焦点が当たった時、正常に施行されるかどうか危ぶまれている。

騒動後に経済が普通に回っているかどうか?
またテレワーク・在宅勤務が社員に好評であり、仕事もこれまで以上に効率よく消化できることが証明されていれば、非正規の立場はこれまでとは少々変わったものになるかもしれません。
それが良い方に転ぶか悪い方に転ぶか。

職種にもよりますが、非正規の中にはリモートワーク系に優れた能力を持つ者もいます。
在宅勤務の社員より数段作業をこなせる非正規に対して会社はどう評価してくれるのか?それでも社員を優先して残し、非正規という上っ面の格差を持って切られてしまうのか?





テレワーク導入に難色を示していた経営者も、やむに已まれずやってみたら「いいね!シンプルな「いいね」の手の線画アイコン.jpeg」ってなるかもしれない。

そうなるとオフィスもサイズダウン・移転・撤廃などして経費削減が進むし、社員の交通費も削ることができる。
そうして浮かせた資金を人件費に配分してくれるのであれば、社員にも非正規にも恩恵があるでしょう。
いや、そうならなければこれからの時代の働き方として企業は生き残れなくなるのではないか?

会社にも従業員にもメリットがある働き方を考える上で、テレワーク導入のきっかけとなったウイルス騒動はマイナス要因ばかりで終わらせず将来に向けてのケガの功名にして欲しい。






もう一つ地味に浸透しつつあるのが「改正健康増進法」。
・喫煙する際の周囲への配慮義務(すでに実施済)
・原則屋内禁煙(2020年4月1日より)

禁煙エリアでの喫煙(加熱式たばこを含む)罰金最大30万円
禁煙エリアへの灰皿等の設置(管理者含む)罰金最大50万円

基準を満たした喫煙室を設置すれば屋内の喫煙も可能になるが、この基準というのがかなり厳しい。単に喫煙スペースや部屋を用意しただけではダメで、換気(一般的な換気扇程度は不可)・消臭等の設備の設置で行政の承認が必要になる。

罰則の対象は管理者と喫煙者本人。
罰金額を考えてもかなり厳しい内容になっています。

例えばドライバーがいつも納品している得意先の休憩所とかで、法令を知らずにちょっと一服とか油断したら高額の罰金が待っているかも。
1ヵ月分の給料がたばこ1本で消えるバカバカしさ。


私がお世話になっている運送会社も先月末に慌てて喫煙室にしていた場所を閉鎖して、屋外に灰皿置いてます。
トラックドライバーの9割が喫煙者。運転中も喫煙。意識低!

複業の物流倉庫でも喫煙室閉鎖して屋外に移動。
ここでも搬入に来るトラックドライバーはほとんどが喫煙者。搬入待機中に車内でプカプカやってます。
納品先によっては敷地内全て禁煙にしているところもあり、車内で喫煙して出入り禁止になった事例もあります。
荷物に移り香すること気にしないのかな?意識低いなぁ。




法で縛ってもルールを守らない者は一定数いる。
罰金などは自業自得だがウイルス感染はそれで片付けられない。

自己管理できない者は必ず自分への報復が待っている。

ウイルスの感染力が異常に高いのに不要不急で平気で外出する。
呼吸器系がヤバいウイルスなのに喫煙習慣を辞められない。

日本ではまだ致死率がさほど目立たないから甘く考えている人はあちらこちらにいますよね。

最近のニュースでは家族内感染が増えていると報じていました。

今できることは自分を律すること。

何でもかんでも法で規制しなければならない意味、人間の弱さを考えていかなければ・・・


家にこもっていると思考がどんどん暗くなっていきますね。
適度な栄養摂取と運動をしていないと免疫が落ちて感染力が高まるかも。
非常事態宣言解除したら即パフォーマンス全開するためにコンディションは維持しておきましょう!







posted by ガラダマ at 13:28| Comment(2) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

オリンピックが中止・延期になる場合の影響

例年ですと春間近になると心の中に小さな希望の芽が膨らんでくるものですが、今年はどうやらモヤモヤしたまま梅雨の時期までいってしまいそうな感じがいたします。

春・春休み・桜・・・ 春にまつわる名曲がいくつも作られているように、日本人には特別な季節。
厳しい冬を耐えた後の喜びが春を一層盛り上げる。
色とりどりな花が咲き始め、春を演出する。
冬眠していた動物や虫たちまでもがモゾモゾと動き出す。
(キミたちは出て来なくてもよいぞ ^^;)

そんな心も体も動き出す躍動感が今年は全く感じられません。

数々のイベントの自粛・中止。
好きに行動出来ない息苦しさが日本、いや世界中を覆っている。
特に卒業式という人生における心に残る行事が中止になるのは非常に可哀想ですね。
もし自分が当事者だったら・・・   悔しいだろうなぁ。

この調子だとお花見も盛り上がらないだろうし、入学式や入社式といったイベントも自粛・中止となるのか?


たまたま運悪くオリンピックの開催年であり、試練に立たされてしまったのが開催国になった日本。
もともと国民の中には自国開催を快く思っていない者が結構多く、ウイルス問題と絡めてここにきて中止・延期の声が日に日に高まっている。
もし今回が他国の開催であったなら静観していただろうに。


開会式はもう4ヶ月後ほどに迫っている。
すでに多くの企業ではオリンピック開催中の業務の問題点などはシミュレーションを終えているでしょう。

運送業も影響を受ける業種の一つ。特に開催中の各競技会場周辺の交通規制や渋滞予測についてはピリピリしています。
開催中の配達時間指定は受け付けないというような対策案も出て来ています。

家でテレビ観戦しながらケータリングでダラダラしようと考えている人、要注意ですよ!
ウーバーイーツみたいに自転車で配送するなら大丈夫じゃね?
いや〜甘い甘い。競技場に近い場所だったらあんなデカいバッグで走っている自転車も検問に引っかかる可能性大!

そりゃそうでしょう。そういう人間をスルーさせてたらテロやりたい放題になってしまう。
海外じゃあ爆弾積んだトラックごと会場に突っ込ませるぐらいのことは平気でやりますから、人も車も自転車もちょっと様子がおかしければ止められてしまいます。

なので運送業界は戦々恐々なのです。
トラックとか何積んでるか外からじゃわからないですから。
最近は外国人ドライバーも珍しくないし取り締まる方も大変です。
普段なら1時間もかからず通り抜けできるところが一体どうなることやら。シミュレーションも当てにならないかも。


ここにきてオリンピックも中止だ延期だという声が高まってきており、特にこの秋に延期という案も聞かれるようになってきた。
秋に延期となると9月〜11月ぐらいになるのでしょうが、まあ9月というのは無いかな。たった1ヵ月のスライドというのはあまり意味がないように感じます。
となると1964年の自国開催の開会式であった10月10日というのがキーポイントになりそう。

この10月10日というのはその後「体育の日」として国民の祝日となりましたが、2000年からは「ハッピーマンデー制度」の導入で10月の第2月曜日が体育の日=国民の祝日となっていて、更に2020年から「スポーツの日」と名称変更されます。




ここで一つ問題が発生します。
今年に限って特別措置法により例外的にスポーツの日が7月24日、海の日(通常7月第3月曜)が7月23日と決められています。

これは東京オリンピック・パラリンピックの円滑な運営の実現のため、開会式当日と前日を国民の祝日とすることで社会への影響を最小限に抑える目的としています。
ちなみに山の日(通常8月11日)も今年に限り閉会式翌日の8月10日に移動。例外措置がとられています。
この辺はお手持ちの手帳やカレンダーに記載があると思います。

もうお気付きになられたと思いますが、オリンピックが延期になった場合に特別措置法でせっかく祭日を移動させたのにどうなっちゃうの?ということですね。

おそらく今からまた祭日の変更はできないはずです。
となると社会的影響が少ないのは既存の祭日を絡ませることか?
でも今年は10月には祭日が1回も無いんだよなぁ〜・・・

可能性の一つとして11月3日(火・祭)が開会式、11月22日(日)23日(月・祭)に閉会式を持ってくるというパターンが有り得るのかな?
夏の酷暑対策で調整している選手にはちょっと寒さ対策も必要になったりして難しくなりそうですが。


酷暑から晩秋に大会が変更になると私達の生活にはどのような影響があるのでしょう?

トラックドライバーにしてみればクソ暑い中、規制・検問渋滞で車内に閉じ込められているよりナンボかマシになる?
観客やボランティアにしても服装で調整できるだけ晩秋の方が有難いかな?

でもやっぱり主役はアスリート。暑い涼しいで有利不利がガラッと変わるかもしれません。
日本人選手たちにはどのように影響するでしょうか?


あ”っ、 まだ延期と決まったわけではありませんでしたね ^^;

まあ中止だ延期だと騒いでいる人たちも日本人選手が活躍しちゃえば大人しくなるはず(笑)
今はとにかくウイルス騒動が1日も早く収束して日常が戻ってきて欲しいですね。





posted by ガラダマ at 13:17| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

心の安定、収入の安定

東日本大震災からもう9年も経ったのですね。

あの日のことは今でも脳裏に深く焼き付いています。

生まれて初めて震度6を経験したこと。

スーパーのお店の外で年配の女性の身体を支えながら手すりにつかまり、電柱が倒れそうなぐらいに激しく揺れていたのを呆然と見ていたこと。

家族の誰よりも早く帰宅し、家具の転倒等をチェックしたこと。

その夜、副業先へ向かう途中の電灯や信号機が皆停電して警察官が多数交通整理で誘導し大渋滞となっていたこと。街中の灯りが消えるとこんなにも怖い闇夜になるのだと知りました。

結局は副業先に辿り着くことができず電話も繋がらなかった。

翌日は軽運送業も運送会社に荷物が到着できず仕事は中止。



帰宅難民のニュースを見て、通勤に時間をかける働き方はやはり避けるべきだなと強く思いました。

最近の台風災害やコロナウイルス騒動で改めて再認識しています。

何かあった時に家族のそばにいられる働き方は「それは理想だけどそんなの無理無理!」という人がほとんどでしょうけど、本当にそうでしょうか?

今回のウイルス騒動でテレワーク・在宅ワークが脚光を浴びていますけど、それが最高ということではなく、そういう手段を持ち合わせていない働き方は不安定要素は高いと感じます。






日本人も誇らしく無くなって来たなぁと思うことが増えてきた。

ウイルス騒動に便乗した買い占めや高額転売もそう。

そして今度は様々な場所で備え付けのトイレットペーパーが盗まれる事件が多発している。

私の複業先でもトイレから予備のトイレットペーパーが全く無くなってしまったし、スーパーや駅のトイレでも盗まれている。

20200311_122408.jpg



盗まれた側は当然対策を施してくるし、これまで当たり前であったサービスが無くなる不便な世の中になっていく。

ホテルなどのビュッフェスタイルやファミレスなどのサラダバーもお得感があって人気だったものが、衛生面での配慮からどこも客が自由に取り分ける食べ放題系のサービスの停止を余儀なくされています。

2</div>0200311_161245.jpg

人気サービスが停止となれば当然集客に影響が出る。

最近はファミレスも閑古鳥が鳴いているようだし、ディズニーリゾートも4月上旬まで閉園期間の延長を決めました。
そして球児の憧れである甲子園の高校野球も中止に。

春休み目前で多くの人が楽しみにしていた行楽先で次々とサービスがストップしていく・・・

行楽客以上に深刻なのがストップしたサービスに従事する労働者。政府はまた効果の薄そうな支援策を打ち出していますが、これでは経済は回らない。

私の複業の一つ、ジムのインストラクターも施設の閉館をとりあえず3月末まで延長することになりました。

私は社員でもないしシフトも今は週に1〜2日程度しか入れていないので収入的に深刻なダメージではないのですが、そこをメインに働いている人たちは少しヤバくなってきたかな?

私は今月はジム仕事が無くなったのでwebライターの仕事を増やして収入を補填しています。今週も既に2案件納品しました。






佐川急便でついにウイルス感染者が出ましたね。
委託のドライバーさんだったみたいですけど、当然その営業所は濃厚感染が疑われる者が当面仕事ができなくなったためそのエリアは配送に混乱が生じるでしょう。
別ブログでこういう事態になることを危惧しておりましたが、今後も様々なエリア・運送会社で感染者が出る可能性があります。

いつ自分が感染者・濃厚感染者となり2週間以上の自宅待機で収入を失うかもしれません。
その時の収入は何で補いますか?すぐに収入ネタはみつかりますか?


会社員もフリーランスも有事の際の収入ネタ、働き方はいくつか持っておくべきです。
それも何か起きてからでは遅い。
準備は余裕のあるうちからしておきましょう!







posted by ガラダマ at 23:28| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする