2020年11月16日

オリンピック、この状況で本当にやろうとしているの?

IOC会長が来日し菅首相と会談が行われました。
てっきり今回の東京五輪の中止もしくは再延期を匂わせる発言があると思いきや、なんと「観客を入れた形での開催を実現し、必ず成功させる」と意気揚々に述べている。

報道のコメント欄には多数のツッコミが当然殺到しています。
「医療用高機能マスクをつけて来日とか、日本が危険地域だとわかっているじゃないかw」
「バッハのマスクが全てを物語っている」
「それだけ厳重防備してくる環境で五輪開催とか?」
「IOCのお膝元のスイスはコロナは終息したの?」
「利権者同士の談合みたいな印象だが?」


いつも通り国民は蚊帳の外でお上の都合で物事が決まっていく。
もちろん経済も好調で平和な時はそれでも良いのですが、世界的にコロナが終息どころか第3波で混乱に歯止めがかからない状況で、平和の祭典であるオリンピックをこのタイミングで開催の実現と成功を約束するような発言がどの口から出てくるのだ?

やはりオリンピックはもはや平和の祭典ではなく、商業主義の象徴となってしまっている。

例え無観客で開催が合意に至ったとしても、日本人だけが関わるイベントではない。
選手・コーチ・関係者は各国から入国してくるわけだし、審判団も国内ですべて補えるわけではない。
報道関係者だって多数入国するであろうし、国内のコロナウイルスとはまた違ったタイプのウイルスが侵入する危険性も高まる。

いつもだとオリンピック開催時はテロの脅威が真っ先に取り沙汰されるけど、今回はテロより防ぐことが困難な相手ということでしょうか?


春先でコロナが世界中に蔓延しだした頃、カナダは真っ先に東京五輪への選手団の派遣を見送る方針を発表していました。
当時より世界中で状況が悪化しているわけですから、いくら日本やIOCが「五輪、やるよ!」と音頭を取っても大事な各国の選手・コート他関係者をそれぞれの国が積極的に送り出すでしょうか?
いや、選手当人だって代表の名誉より家族や命を優先にすると思えるのですが・・・

もし今回の五輪が日本ではなく他国の開催だったら、日本の代表選手達はどう考えたか?


まあ私達が生きている間にオリンピックが日本で開催されるのは今回が最後になるかもしれない。
参加したい、生で観たい、というのは当然ある。
しかし自分たちの生活自体が脅かされているような今の環境では心から楽しめないという不条理。

ギリギリまで参加の方向性で努力していくことは関係者としては当然かもしれませんが、政治家はそうしたければまずはコロナ対策に本腰を入れた姿勢を示さないと国民は納得しないし協力もしないでしょう。

オリンピックはやるけどコロナは国民で何とかしてね!

こういうニュアンスの政治家の姿勢や発言が、東京五輪の開催の見えない壁(国民の反感)になっていることをわからないかなぁ。





posted by ガラダマ at 16:08| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月16日

3回目の成人式

ついに60歳となりました積荷オヤジです。

これまで何度か節目の年齢を経験してきましたが、今回が一番自分にとってインパクトがありますね。

10歳になった時・・・何も感じませんでした。
20歳になった時・・・酒もタバコも興味がなかったので「堂々と吸うぞ〜飲むぞ〜」という喜びもなし。
30歳になった時・・・ついに年貢の納め時か〜(30歳時に結婚しました)。
40歳になった時・・・転職を考えてました。
50歳になった時・・・軽貨物2年目。この働き方、もっと早く気付いていたらなぁと人生をちと後悔。
60歳になった今・・・昭和の時代なら定年かぁ。あと何年働かなきゃいかんの???




若い時に鍛えていたおかげでの体力の貯金も50代中盤あたりからいよいよ怪しくなってきて、最近ではすっかり弱気。
特に夏の暑さが辛いと思うようになって(実際年々異常な気候になっている)きたのがこたえている。

まだクーラー・冷房を使わずに何とかなっているが、これが空調に頼らざるを得なくなった時がいよいよヤバいと思っておりますだ。というか使わないとヤバいのだが(^^;)
真剣に体力から知力への働き方転換をしていく必要性をヒシヒシと感じております。


60年生きて干支が一回りして再び生まれた年の干支に戻ることから「還暦」と呼ばれているんですね。
昔は還暦祝いには赤いちゃんちゃんこというのが定番でしたけど、イマドキの若い子はちゃんちゃんこなど知らないだろうなぁ。


年々クソ暑くなっている8月の時期にちゃんちゃんこなど無理やり着せられたら、それはもう「祝い」ではなく「イジメ」です。
自分がその年齢になったことが結構ショックなのですが、還暦過ぎてまだこの先何年も働かないといけない現実に心が折れそうになります。

この気持ちは60歳になるまではどこか他人事の部分がありましたが、皆様もなってみればわかります。

還暦はもはや労働者としての単なる通過点にすぎません。
動かなくなってきた体、働かなくなってきた頭、満身創痍となっていく中でどう収入を作っていくか?

積荷オヤジが「ライフシフト」「ワークシフト」を実践している意味に早く気付けた方々は準備が間に合うと思います。
逆に気付きが遅れると・・・ 若い時と違ってやり直し取り返しがつきません。




積荷くずしも純然な軽貨物仕事のブログだった(?)ものが、今ではメインが何なのかもよくわからないぐらい混沌としてきました。
しかしこの姿こそこれからの時代に自分を変えていき、人生終盤へ向かう順応性を追求するドキュメント。

体力は失われていくもの、収入は減っていくもの、という前提で働き方を考えてみるといろいろアイデアは出てくると思います。
通勤の無い働き方、長時間の同一労働より短時間労働の組み合わせとか、肉体的メンテナンスと精神的ケアが高齢者の働き方に重要だと感じております。
もちろん人それぞれに合ったものがあるので、いかにそれを見つけられるかが60代以降の人生を左右していくことになるでしょう。


これまで発信してきたことと同様に、何かブログ読者様のヒントになるものがあれば幸いです。
コロナと付き合いながらどう働き暮らしていくか?
60代以降の働き方、収入の作り方についてまだまだ貪欲に研究していきますよ!





posted by ガラダマ at 10:17| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月30日

初めての警察署での運転免許更新

コロナウイルス感染者数、東京都より他県の数字にインパクトを感じる今日この頃です。

コロナは運転免許証更新にも影響を与えております。
今日30日、運送仕事をお昼までに片付けて、午後から運転免許証更新手続き場所に指定されていた警察署に行ってきました。


これまではずっと運転免許センター(横浜は二俣川にある運転免許試験場)で更新手続きをしてきたのですが、自宅からそこそこ遠いことといつもメチャクチャ混んでいる印象しかなく、三密のことを考えるとちょっと避けたくなる・・・

コロナが流行り出した直後はこうした更新手続きも延長・延期が認められるような話も出ておりましたが、現在は表向きはこれまで通り誕生日を基準に更新手続きが粛々と行われております。

今回行ってきた警察署は軽運送で走り回っているエリアの中にあり仕事のついでに行くには楽な場所。オマケにすぐ近くに駐車場無料の大型商業施設があるため、買い物ついでに車を止めさせていただきました。

あなたのライフスタイルに沿った自由な働き方をサポート【_ist】


警察署に到着した時は更新手続きに来ていた人は5人ほど。
全然待つことなく、証紙3,300円分を購入し申請書(窓口横の機械で出力)に必要事項を記入します。
申請書を出力する時に同時に登録カード番号として4桁の数字を2パターン決めます。これは事前に考えておいた方がよいです。

申請書と持参した写真、更新通知ハガキと現在の免許証を提出(コピーを取って返却してくれます)し、更新のための講習(別日時・場所)を伝えられ、窓口の隣で視力検査をして手続きは終了です。

視力検査があることをうっかりしていてメガネを用意していなくて焦りましたが、無事通過。ここ数年は老眼が進んだせいか逆に遠くのものにピントが合うので夜の運転でもメガネは使ってません。
逆に手元が見えづらい(-_-;)




結局15分もかからずに手続きが終わってしまいました。窓口周辺ですべて用事が済むため移動もなし。万歩計で言えば100歩も歩いていないんじゃないじゃというぐらい楽チンでした。
運転免許センターの時は移動の度に長い行列に並ばされていたので警察署の更新手続きの簡単さは目からウロコ。

そのかわり講習日が別日時・場所で行われ、講習終了後に新免許が交付・受け取ることになります。
その講習日はナント10月です。これもコロナの影響で1回あたりの講習の人数を絞っているため、通常より1ヵ月ほど遅くなっているとのこと。警察署手続きの方のための講習は平日しか開催されないのも期間が長くなる一因です。

運転免許センターの時は往復3時間かかるし、当日交付とはいえ手続きやら写真撮影やら視力検査やら講習やらで3時間以上センターに滞在することを考えたら、2度手間にはなりますが警察署の手続きの方がまあいいかなと。
講習場所も自宅の最寄り駅の隣駅直結の施設内だったし。


今回どうなるのかなと思ったのは、8月誕生日の積荷オヤジさんの免許更新なのに10月の講習後に新免許交付?

一応コロナ特例もあって今は更新期間内に手続きさえしていれば、大体誕生日の2か月後まで現行免許証を延長して使用できるようです。
免許証の裏面に有効期間延長証明のスタンプが押されました。
               ↓
20200731_000927.jpg

私の場合は10月30日までに講習を受け新免許交付できないと免許失効となります。
10月の講習も平日ですが、講習開始時間がシビアなのでいっそのこと本業も複業も休みにして遊ぶ日にしちまおうかと。

その分、その日の収入はWebライター仕事とバイナリーオプションでカバーすればいいか!

臨機応変・変幻自在の収入を得る暮らし。
理想の姿まであともう少しズラ。


<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
あなたのクリエイティビティを活かしたワークスタイルを提案する
クラウドソーシングサービス【_ist】(イスト)
詳細はこちらから
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BI6CE+8D9CVM+4HJK+5YZ77
<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<



posted by ガラダマ at 23:10| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月26日

尿管結石との闘い!30年目にしてまだ続く!

7月も残りわずかというのにまだ梅雨が明けず、コロナの感染者数も全国的に増加の一途。
本来ならオリンピックの開会式となっていた変則的な祭日を含んだ4連休だというのに、外出自粛されている方もいらっしゃるでしょう。

そんな4連休ですが連休初日となった23日、お昼ごろから下腹部に原因不明の鈍痛に襲われました。
下痢やヘルニアともちょっと違う、ピンポイントで痛部を特定できない気持ちの悪い鈍痛。
そして血尿が!


血尿ですぐにその原因がわかりました。

久々に本格的な“アイツ”がやってきたのだなと。

最初にアイツに襲われたのは29歳の時。
この時は独り暮らしをしていて突然の血尿に驚きました。

「何の病気に侵されてしまったのか?」と。

血尿以外は特段何の体調の悪さも感じずに病院にも行かずに様子を見ていたのですが、その翌深夜に経験したことのない激痛が背中から下腹部にかけて襲ってきました。

一晩激痛に耐えさすがに朝一番で病院に行き、検尿やレントゲンの結果、尿管結石と診断されました。

診察中も痛みは消えずどうなっちゃうのかな?と思っていたところ、その日は特に治療行為はなく尿管を広げるような薬と痛み止め&座薬を処方され、一応対外衝撃波という手術(約1か月後)を予約。

この痛みは1ヵ月も耐えられそうもないっすよ!

と医者に訴えるも手術用の設備がどこの病院にもあるようなものではなく、おまけに尿管結石の患者は驚くほど多く常に手術の順番待ち状態なのだと。
その時に初めて尿管結石なるものを知りました。

大抵の場合は数日すると石が尿管から膀胱に落ちてきて自然排出するケースがほとんどらしい。
しかし石の形やサイズによっては尿管を通過できず、手術するしかないこともあるのだと。

私の場合は座薬で痛みをしのぎ、その後石の位置が変わり激痛ポイントから外れましたが尿管から出そうもなく、結局は対外衝撃波手術を受けました。
手術後は大量の血尿とともに細かく砕かれた石が無事排出。
中には1回の施術で石を砕ききれず、数回行うこともある。


30年経った今でも私の腎臓は石を作り続けている。
こういう臓器ってドナー提供して大丈夫なんですかねぇ?
提供する臓器の特徴って告知するんですかね?

ちなみに今回は鈍痛・血尿発覚後2日目の25日の夜、無事に排出いたしました。
今回はこんな感じで2個、双子の出産でした。
還暦の前祝いでしょうか?
                  ↓  
20200726_004951.jpg


つまようじよりやや太い直径2mmちょっとの表面がギザギザした球体状が2個。
こんぺいとうを二回りほど小さくした感じ。
排出した石は病院に検査(成分等)してもらうためにいつも採取して提出しています。

惑星探査機が未知の惑星から石や土を採取して地球に持ち戻るようなロマンを感じます(笑)。

石の表面のギザギザが尿管を傷付け血尿をもたらす。
もうちょっと大きかったり2個が絡まっていたりしたら尿管の途中で詰まり激痛になっていたかもしれません。
そういう意味では幸運だったとも言えましょう。

尿管結石においてはすっかり対処の仕方も経過もわかっているので慣れたものですが、もし別の病気が原因で体験したことのないような痛みや症状が出たら・・・




30年前とはもう体力・気力が全然違います。
コロナウイルスも最近感染直後に症状が急変して亡くなられた方がいましたように、いつ何時不幸が襲うかわかりません。
持病によってはコロナと相性が悪いものもあるようです。

最近は死亡例や重症化する例が少なくなっていると軽く見る風潮が蔓延しているようですが、感染しないにこしたことはない。
第2波や変異したウイルスは更に怖いと思います。

ほんの些細な持病や肉体的・健康習慣のおろそかにしている部分がウイルスに付け入られ死に至る。
私も自分を過信せず体調管理には気を付けようと思います。

★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜

早期に「遺伝体質」を知り、「適量飲酒」を心がけることで、「病気のリスク」
を下げることが大切です。

適量を守れば、お酒は健康を後押しします。
家族やあなたを守る「アルコール感受性遺伝子」の検査をおすすめします。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3595KK+AHGUB6+1234+U0W1F

★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜



posted by ガラダマ at 13:40| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

評判の悪いGoToキャンペーンって今やらねばいけないの?

6月10日に郵便局前のポストに申請書類を投函、1ヵ月以上経ち昨日ようやく家族全員分の給付金が振り込まれました。
横浜市では処理が遅い方なのか速い方なのか?

しかし生活支援の給付がこんなに時間がかかってしまうようでは、もはや緊急性も何もあったものではない。
一番苦しい時に即効性ある対応は今の政権では無理なのか?
いや、政権が変わっても本質的には期待できなさそう・・・

次に同様の生活危機レベルの問題が国民を襲った時、ちょっと悲観的になってしまいますね。

もちろん国の援助とかに頼らなければならないような暮らしはしたくないですよね。
しかしどうにも生活レベルを上げる手段が見えてこない。

普通の会社員が良いのかフリーランスが良いのか・・・


さて今回の定額給付金、皆様はどう使われたでしょうか?

会社員の方には在宅・テレワークという働き方によりパソコンの買い替え需要が高まったようですね。
これまでのネットサーフィンやメールが出来ればいいや!というレベルのものでは無理が出てきて、Office等のビジネスソフトのいくつかが同時に作業できる能力やズーム等のテレビ会議がスムースに行えるスペックのものが売れているようです。




会社員の方は給付金をそういうことに使えるのが羨ましい。

ところがフリーランスの場合はちょうど税金が重複して襲ってくる時期もあって、結果的には給付金は税金の一部と消えてしまう方が多いかと思われます。
私も現実的には既に支払い終えているが給付金の倍以上の市民税の支払いに消える形となる。
「欲しいものを買う」というわけにはいきませんなぁ。


恩着せがましい現政府は、せっかく支給してやった定額給付金は貯金などせずに経済のために回せよ!と、GoToキャンペーンなるものを決め速攻で予算をつけた。
自分たちの利権に繋がることを決めるスピードと予算付けは恐ろしく迅速かつ巧妙に仕組まれる。

何でも旅行業協会の会長は二階さんらしいじゃないですか。
だから政府が必死こいて全国的に感染者を拡散するような旅行絡みのキャンペーンをこのタイミングで無理にやろうとするのか。

やはり政府が考えるアイデアは利権絡み。
国民無視でどこを向いて政策を考えているのかがわかりやすい。
お魚券・お肉券と中身は大して変わりないですな。


GoToキャンペーンの予算は1.7兆円だとか。
旅行・運輸業界が大ダメージを受けたのはわかるし少しでも援助したいというのもわかる。
しかしなぜ感染が再拡大しているこのタイミングで無理に実施しようとするのか?
下手すればまたウイルスが地方に飛び火し、逆効果にもなりかねない。実際各県知事らから迷惑がられてもいる。

大阪は今日の感染者が一気に倍になった。
小池都知事も明日の感染者数が凄いことになるようなニュアンスで会見していた。

特定の業界に忖度する予算が組めるならまず医療関係に万全の体制を整えてもらうことに使って欲しいなぁ。
休みも取れないような激務でボーナスも支給されず、大量の医療関係者が離職するという話も出ているようですね。

頑張っている人にお金が渡らず、政治家の利権や裕福で時間のある者がキャンペーンを満喫するような予算の使い方はちょっとねぇ。
キャンペーンにホイホイ乗っかって旅行した者が白い目で見られるような雰囲気も出ている。
安くても楽しめる旅行でなけりゃつまらんだろうに。


まあこんなこと言ってると貧乏人の僻みと叩かれるかもしれませんけど、もし医療関係者が「馬鹿らしい、やってられねぇ!」と大量離脱してしまったら・・・

その時になって政府は慌てだすのだろうか?

病気になって周りに医者や病院がないことに気付く恐怖。


これから本格的にコロナの第2波とか変異した強力なウイルスに襲われてしまったら・・・
その時に医療崩壊が起きていたら・・・

GoToキャンペーンの不要不急の意味に気付いた時には日本中が後悔の念に襲われる!





posted by ガラダマ at 16:47| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする