2016年10月31日

落ちこぼれていかないために

朝晩、かなり寒いと感じるようになってきましたね。
今年もエアコン使用せず夏を乗り切りましたが、寒さには滅法弱い私にはまた辛い季節がやってきます。


血圧:77/117 体脂肪14.9% 体重59.6s


ジムのインストラクター仕事の際に職場の体脂肪計で毎度計測しておるのですが、先週の数値です。56歳の数値なら上出来かな。
こういう計測器がある職場環境は良いですね。

この職場ではスタッフが30人ほどいるのですが、喫煙者は皆無。
施設の建物内はもちろん、敷地内でも完全禁煙(施設利用客も)。
健康志向の人が集まる場所ですからスタッフも客も不平不満を唱える人はおらず、そこで採用される人もおのずと生活習慣が問われるのです。
タバコ吸わないだけで仕事の可能性が増えるという見本かも。


これが倉庫内仕事の職場となるとガラッと雰囲気が変わります。
ドライバーが頻繁に出入りしフリーターが多数いる職場。
もう想像するだけでもタバコ臭くなってきますが(笑)。

一時期、あまりにも勤務中に頻繁に喫煙休憩する人が増えたので、原則勤務中の禁煙をやってみたのですが2ヶ月と続かず、現在はまた元通り吸いたい放題。
ルールを決めた側にも喫煙者が多く罰則も設定できず、こんなルールが守られるわけがない。

150m四方ぐらいの広〜い作業場の片隅に、透明アクリル板で完全分煙に仕切られた4畳半ぐらいの喫煙コーナーがあるのですが、いつも賑わっているありさま。
私はこのコーナーを「負け組の部屋」と名付けたのですが、このネーミングが喫煙者からもウケている。

仕事中にもかかわらず頻繁にこの部屋を利用する人たちは結構その辺は自覚しているようで、「これじゃダメだとわかってるんだけど体が言うコトきかないんだよぉ〜」とか、まあこんな言い訳している時点でその先の人生が見えてしまう。

喫煙者にとってはこんな話、不愉快以外の何物でもないかもしれませんが、東京オリンピックに向けて喫煙規制がより強化されるようだし、タバコ1箱1000円なんていう話も実現の可能性が出てきたみたいです。経営者からみても喫煙者を雇うメリットはありません(その人によほど能力があるなら別)ので、今後自分の選択肢を広げていくためには、自分を変える努力ができないと相当苦しくなっていくと思います。

多くの仕事が人口知能とロボットに代わると言われています。
アルバイト的なフリーターや単純ドライバー仕事は取って代わられることになると予想されている。
私もその危機の真っ只中の仕事をしているわけですが、あと数年ぐらいしか働けないでしょうから何とか逃げ切れそうな感じです。


自分の可能性を高め引き出すために何をするべきか。
あと10年以上働かなければならない人達は真剣に準備しておかないと大変な時代になりそうですよ。



住み込み・寮完備のお仕事はコチラ



posted by ガラダマ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

海外で稼ぐ?

本業4連休中の積荷オヤジです。

目覚まし時計を使わない朝はすこぶる体調が良く、こんな時こそいろいろな勉強をしておきたいですね。
というわけで昨日・今日といろいろな書籍や情報に刺激のシャワーを浴びまくっております。
そんな中、ちょっと興味を惹いたものがありました。


日本ではマイナス金利ということで、銀行にお金を預けておくメリットがほとんどなくなりました。
大体1回ATM手数料取られたら損する預金て何だ?
家庭用金庫が売れているのもわかりますね。

ところが海外、特に東南アジアに目を向けると預金金利が6%前後になる国があるという。
中でもお金持ちが暗躍しているのがカンボジアだと。

普通、非居住外国人が他国の銀行口座開設というのは困難なようですが、カンボジアは非居住外国人でもパスポートと滞在先名(ホテル等)だけで開設できるらしい。

更に、預金はドル建てが可能で金利もUSドルで受け取れると。
更に更に、利息にかかる税金は日本では約20%が源泉所得税として引かれますが、カンボジアでは外国人非居住者で約14%、居住者ならナント6%になるという。
更に更に更に、銀行によっては6ヶ月以上のビジネスビザがあれば居住者と同格に扱われ、税金は6%だけで済んでしまうという。

例えば今、日本の3大メガバンクの定期預金に100万円預けても利息は1年で100円(笑)
これに20%税金。ガリガリ君1本しか買えません^^;

ではカンボジアではどうなるかというと、100万円預けて1年で利息は6万円!6%の税引き後でも5万6千4百円でっせ!!
( ̄▽ ̄;)ガリガリ君食べ切れない・・・

当然富裕層の方々はこういう美味しい話は見逃しません。
ちょっと5千万円でも預けておけば1年後には利息だけで300万(税引き後282万円)受け取れる。

トラックドライバーが1年汗水垂らしてようやく手にする金額を何もせずに不労所得として稼ぐのです。
金持ちがますます金持ちになる構図はこういうことです。

ドル建てや円建てにするタイミングも上手くすれば為替差益すら手にすることができるかもしれません。
と同時にそれがリスクでもあるわけで・・・

上記の預金金利が未来永劫保証されているわけではないし、国の情勢によっては預金封鎖のリスクも想定される。
ミドルリスク・ハイリターンというとこでしょうか。
自分の資産を賭けてみる勇気はありますか?

もし自己資金がないなら日本で借金してカンボジアで運用してみるというのはどうだろう?
借金金利 VS 預金金利

誰かやってみませんかぁ?



日々の生活で不満がありませんか?

その不満、不満買取センターが買取ります!



posted by ガラダマ at 12:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

副業探しは楽しいぜ!

横浜南部エリアは穏やかに晴れた祭日となっておりますが、宅配ドライバーさんは今日も活躍されていることでしょう。お疲れ様です。

さて、昨日のラジオで経済評論家の森永卓郎氏が「老後資金の目安」として1千万円という数字と、老後に備えた生活体質の作り方みたいな講義をされていましたが、まあそれでは厳しいのが現実なんでしょう。

退職金や貯金でリタイヤした時に1千万以上のストックがある人ならともかく、多くの人が大した準備もできないまま老後に突入していくことが予想される。
普通の企業にお勤めの会社員ですら退職金が貰えるかどうかは不明(そもそも定年まで会社が存続するのか?在籍していられるのか?)だし、ましてや非正規が増え続けている現代社会においては、年金や社会保障が破綻する可能性だって否定できなくなっている。

マイナス金利という政策に加え、アッと言う間に円高株安が進行し、貯蓄や投資による資産形成手段も信用できない昨今、私達はいったいどうしたらよかんべな?


なんて深刻に悩んでいても仕方がない、私は私、僕は僕です!
今日は夜の副業しか仕事がないので日中は副業に関する一人ミーティング(今日は自宅)の開催です。

2月になってから見つけたちょっと興味のある仕事に関して、2社ほど速攻で問い合わせ・資料請求したものが昨日届いておりました。
例えばそのうちの一つの仕事の内容をチラ見せしますと・・・

fukugyou211.jpg


この内容を見てどう思いましたか?

すぐに胡散臭いと思う人はサラリーマン体質(笑)
石橋を叩きすぎて壊して渡れなくなってしまうタイプ?


何をするかは教えてあげませんが(笑)、実に軽運送業と相性が良い働き方です。実際に活躍されている方は40代以上がほとんどで、60代70代になっても肉体的に無理なく収入に結びつけることが可能。
また、前職はトラックドライバーだったり宅配関連のドライバーとか、運転に関わる仕事をされていた方が多く、結局本業より稼げてしまうのでこの仕事一本に転職された事例も多い。もちろん副業でもOK!

開業するための費用は数千円だけ。しかもロイヤリティ無し。ノルマ無し。在庫負担等無し。販促ツールは無償貸与。時間や休日は自由。
世の中にはこういう仕事は探せばあるもんです。特に軽運送業やってみると副業として組み合わせていく可能性を活かせると、ホント会社員辞めて良かったぁ!と思いますよ。

ただし、あくまでも完全出来高制ですので収入は自分次第。
でも登録しておいてこれといったリスクも見当たらないし、こういう収入ネタが自分のライフスタイルにハマッたらさぁ大変!これまで転職にう〜んと悩んでいたことがウソのようにスッキリします。

「会社で働く」ということの考え方を切り替えれば、定年という呪縛からも解放され、老後も収入を得ることが十分可能になってくる。
退職金や資産運用に頼らない元気な人生を全うするためにも、生涯収入手段として副業レベルから考えておくのも楽しいものです。

やはり軽運送業はプラスアルファの収入に魅力を感じます!


飲まないそのお酒、実は売れるんです。



posted by ガラダマ at 12:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月22日

出戻り

9月・10月は春に次いで移動の多い季節。
会社員の方でも辞令で転勤・出向などされる事もあるでしょう。
私の副業の中で“物流倉庫内のピッキング”というものがあるのですが、その職場においても今月に入って人の出入りが激しくなっております。

世の中には“物流系のピッキング”という求人は結構たくさんあり、しかも年中募集がある。
年中求人が出ている職種というのは求人の理由が大きく2通りあって、俗に言う“ブラック的待遇”で人が定着しないがための募集と、割とシフトが細かく自由なためにWワークしてる人が多く、他の仕事が忙しくなったりもっと好条件の仕事を見つけたりして辞めるケースが多々あり、常に求人しているのが現状。

私が従事している職場は後者。
時給こそ高くもなく安くもなく一般的なレベルなのですが、応募者には緩く老若男女ウエルカムで現場はほとんどが非正規社員で人の出入りも激しい。
今では新しく入ってくる者たちに指導する立場になってしまった(笑)


若者は定職に就けない(就かない?)フリーターが全時間帯にいる。
深夜から朝までの時間帯はダンナの稼ぎが悪いとぼやく主婦が多い。
中高年達はWワークタイプとリストラ就活中タイプに分かれる。


さて、当然ながら非正規社員だらけの環境の職場なので割と気楽に辞めることができます。特にフリーター達は飽きっぽいというか単調な仕事に不満をもらし最短2〜3日で辞めていく者も珍しくない。彼らが就職できないというのも頷ける。忍耐力が全然ないのが明らかなのです。

意外なのが深夜の主婦達。全然辞めないんですねぇ、これが。
私は大抵日付が変わる前に帰るので彼女達の本性・生態がよくわからないのですが(笑)、ダンナの稼ぎが悪いという生活に直結した問題を抱えているために、辞めたくても辞められないという悲しい実情があるみたいです。なかなか他で職をさがすというのも大変みたいで、深夜給ということと仕事も楽なので、まあスーパーのレジなんかよりはよっぽど労働対価は良い。

一方、私が属する夕方〜深夜の時間帯はフリーターに加えて中高年の方たちも結構入ってきます。
本業だけでは食っていけない人、リストラや諸事情で退職して就活中の人、という生きるために切羽詰った人達なはずなのですが、この中高年達も結構早々に辞めていく。
理由は・・・

「キツイ」


まあ本業とWワークになる人は状況によってはわからないでもない。
私だって年末なんかは早朝からヒィヒィ言いながらドライバー仕事して、夕方ギリギリに駆けつけて日付が変わる頃まで副業して睡眠時間なんかは4時間あるかないかという毎日ですから。
でも抱えてる諸事情からこの程度の楽な作業の副業で音をあげるというのはどんなんでしょうね?しかも週に1〜2日はしっかり休んでいるようですし。
( ̄▽ ̄;)実はあまり生活に困っていないのかな?


まあ所詮副業ということで簡単に辞めれるし、アルバイト的にできる仕事など世の中にはたくさんあるから他に行くんでしょうけど・・・

けど・・・ けどですけどね(くどい)


彼ら、しばらくするとまたこの職場に戻ってくるんです(笑)
一応他で違う仕事はしてくるみたいですけど、ここの職場が「キツイ」とか「つまらない」と言ってたような人達ですから他で務まるわけがない!
時給は高くなくてもいかに居心地が良い職場だということを他の職場に行って気付かされて戻ってくるんです。
まあ出戻りを簡単に受け入れる方も受け入れる方ですが。
たまらない辞め方されてるのにね。

こんなところに人手不足、求人に苦労している実態がわかりますね。
おかげで私はこの連休中も本業の無いことをいいことに、穴の開いたシフトに入らせていただいております。
10時間以上倉庫にいることもありますが、でも仕事を辞めたくなるほどキツイとは全然思いませんけど。
職場にいるだけで金になる感じ(仕事してますよ)!
軽運送の方がよっぽどシンドイっす。


同じ職場で同じ仕事をしていても、考え方・取り組み方が違えば感じ方も違ってくるんですね。
収入ネタがあることに感謝しなきゃあ です。


posted by ガラダマ at 12:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月20日

先行投資

今日は久しぶりに昼間に仕事を入れておりませんので、朝からまったりしております。
ここのところ新規事業に関する打ち合わせやら何やらでスキマ時間が忙しかったので有り難い休息となっています。

日々の掛け持ち肉体労働生活から、ふと非日常的な事業を考えていると、「稼ぐって何だ?」「働くって何だ?」と改めて問いかけたくなる。
毎週チェックを欠かさない求人情報も、最近ではちっぽけな世界のように思えてくる。
いろんな仕事があるが、どれも得られるお金はあまり変わらない。
他人の評価下にいる限りは仕方がないんですかねぇ。

私も自営業とはいえ、仕事内容的には元請け仕事を除けば他人の管理下で動いているようなもの。
他人とちょっとだけ違うのは、考えて動いている量が多い(笑)
でもそれだけで同業者との収入の差にはなっているんですけどね。


他人の評価下にいるメリットとしては、準備資金がほぼ不要。
相手が環境を用意してくれるのと引き換えに自由を拘束される。
先行投資は無い代わりにローリスク・ローリターン。
いや、ブラック企業ならハイリスク・ノーリターンだ(笑)


前回お話ししましたオーナービジネスや投資家の世界は、基本的にはそこそこの準備資金が必要になる。
従業員なら最低限のリターン(給料・報酬)がありますが、オーナーや投資家は見返りは保証されていない。
ハイリスクの中でリターンをどう創り出すか。
自分がやろうとしていることに、どれだけ先行投資することができるかの勇気と度量が試される。

リターンを得ようと思うならこの“投資”は重要。

小心者の私(心だけでなく財布の中身も小さい)がとりあえず出来る投資としては、NISAの積立投信とかふるさと納税ですかね(笑)
現在横浜市では「よこはまプレミアム商品券」を予約受付しておりますが、こちらは確実にリターンが見込めるのと使い道が決まっているので、最高限度額の10万円(12万円分の商品券)で申し込みしました。

手持ちが少ないので小額をチビチビと投資しているわけですが、現在打ち合わせ中のオーナービジネスとなると数百万円の投資が必要になる。
もちろんハマッた時のリターンも魅力で、年収は一気に1千万ぐらい増える(所得はその半分も増えないが)。

不労所得で1千万円プレーヤーを目指すなら数百万円の先行投資。

う〜ん、この文面だけではほとんどの方が「オヤジ騙されてるな」と思っているんでしょうねぇ。
ましてやカミさんなら「目を覚ませ!」と往復ビンタもんだ。
( ̄▽ ̄;)いっ、言えない。成功しても言えない・・・成功したら教えない


何故か先行投資には胡散臭さがついて回るお国柄ですが、先払いアレルギーも極まれりという感じですかね。車買うのも家買うのも、ローンという見た目に後払いなら許容されているようですが。
まあ軽運送業も実は車を購入してから仕事するという先行投資型ビジネスであるわけで・・・

やっぱり胡散臭いか(笑)


posted by ガラダマ at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする