2020年03月30日

テレワーク軽ドライバーは快適!

国や知事から公に外出自粛要請が出た先週末、どのように過ごされていらっしゃいましたか?

神の戒めか突然の雪に見舞われたエリアも多く、外出する気力も失せたかもしれませんね。

多くの店舗が店を閉めたり営業時間を短縮したりと苦しい経営を強いられながら協力しているのですから、週末外出を控えることぐらいは我慢しないといけませんね。


さて現実問題、週末明けから通常通り何でもできるかというとそうではありません。
改めて小池都知事からは平日もなるべく在宅で仕事をして欲しいとメッセージが出ています。

だけどねぇ、個人レベルにそんな要請されたって在宅ワークなんて勝手にできないんですよ。本気で要請するなら企業や経営者に強く言っていただかないと。しかも罰則や法的拘束力をもって。

絶対強欲経営者は会社の営利優先だし何より交通機関が動いていれば出社させられるに決まっている。
感染リスクも含めてなぜそこに楔(くさび)を打ち込んでこないのかなぁ、政治家は。


先週、何回か配送仕事で数店のパチンコ店に行きましたが相変わらず昼間から客は多いし、規制の緩さには呆れてしまいますね。
しかもお肉券とかお魚券とか、この緊急事態にバカじゃねぇの!と国民は思いましたよね。

加えて国民の批判を伝え聞いた江藤拓農林水産相は「国民の方々の反応はわかっている。十分に受け止めている」と述べ、支援の対象を林業などほかの農林水産品に広げて検討していく方針だと。

どこまでバカなのだろうか。そうじゃねぇだろ!
何で批判されているお肉券・お魚券を他の農林水産品に広げれば良いと考えるのか?
お米券、果実券?それが国民の窮状を救うと真剣に議論して一向に対策が進まない日本は終わった?

こういう議員の名前はしっかり覚えておきましょう。
こんな奴に税金で給料を払ってはいけない。国民の恨みは選挙にしっかり反映させないと!


政治家に期待できない今、私達は自分で自分を守る術を身につけないと不安は一向に解消しない。
「そんなの無理!」と思ってしまう在宅ワークも、自分を守る術の一つとして真剣に考えるべき。

現役のドライバーだって在宅ワークとかパソコンを使っての収入を作るとか「無理!」と考える人の方が多いと思う。
でも最近急増してきた軽ドライバー系ユーチューバーは軽配送のちょっとした隙間時間に車内で動画編集したりブログやSNSで発信したりしている。

もうこういう働き方がスタンダードになりつつあるのです。
いや、こういう働き方を考えていかないと自分の身を守れない。
よほど恵まれた会社にいないのなら考えるべきです。

せっかく副業解禁の流れが出てきているのですから常識とか社畜脳を1回ぶち壊さないと。
9時〜17時勤務とか通勤とか、もはや常識ではないのです。





私も10年以上前、軽貨物運送業で独立した当初から副業を組み合わせた働き方を試行錯誤してきました。
その中で悟ったのは「いかにロスを無くすか」ということ。

拘束時間の中の移動時間(通勤時間)は金にならない。
会社員なら通勤代は出るでしょうけど持ち出しがないだけで通勤の労力を考えたら割に合わない時間のはず。

副業(複業)を取り入れた働き方においては仕事間の移動ロスも積み上げたら結構な損失となる。
極力ロスを無くすために現在は本業と複業間の移動は車なら5分程度でできる仕事を組み合わせています。
そして究極な働き方としてテレワークを取り入れました。

何度かご紹介しましたがwebライターという仕事は実に便利。
パソコンがあればどこでも仕事ができます(スマホでもできなくはないがあまり実用的ではない)。
今回のウイルス騒動で外出自粛などはまさにハマったケースでもありますが、いちいちどこかに出かけていかないと収入を作れないといった労働収入の常識から解放されています。

複業間の移動時間を利用して車内でもできるし、複業先の休憩時間やファミレスだって仕事場・作業時間として活用できる。
いちいち面接とかは無し。年齢経歴不問。登録だけすれば即仕事を開始できるし報酬も毎週とか2週間後とか入金が早い!

今回のウイルス騒動で仕事量とかどうなるのかなぁと注目しておりましたが、別段変化は見られませんでした。
逆にこちらは外出自粛を忠実に守っていたので時間は有り余っていて納品ペースが上がったぐらいです。

メチャクチャ稼げるわけではありませんが、テレワーク・在宅ワークというのは副業(副業)として取り入れるのは、金額はともかくとして最強レベルな働き方を可能にすると思います。




posted by ガラダマ at 06:03| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

腕試し・自分試し

今年も本業10連休のお盆休みに突入しております。

年末年始もGWもお盆も10連休以上が当たり前という、会社員時代はもとより軽運送業開業時には想像も出来なかった生活を送っているのですが、もう何が嬉しいかというと大型連休というよりやりたい仕事ができるという不思議な感覚に支配されていること。

「軽運送業をしていない時は違う仕事をしている」というのが私の現在の働き方。以前はダブル・マルチワークという呼び方が主流でしたけど、最近は複数の業をこなすフリーランスの方が増えてきて、仕事に主(本業)も従(副業)もないどれもがメインのような働き方をパラレルワーク・パラレルワーカーと呼ぶようになってきたようです。


軽運送業を始めた当時は、本業+副業1つという典型的なダブルワークでした。
副業はあくまでも本業収入を補填する役割で、仕事の内容よりは本業後の夜時間にできればいいという程度。
この時は本業は週6で稼働しておりましたので、まあこれが精一杯なんだろうなぁと思っておりました。

それが本業が週5稼働になり現在の週4稼働になりと、「一体本業って何?」という疑問から本業・副業という固定観念を捨てて、自分に出来ることをMAXに取り入れてどこからでも収入を作り出せる働き方というものを目指すようになりました。
現在の状態がその進化・発展途上という感じです。


本業へのこだわりを捨ててみると意外に可能性が開けるもんです。
収入的にも本業は数年前から1番でもなければ50%にも満たない。本業の労働時間が減ることにより他の仕事に使える時間が大幅に増えたことが自分の働き方の可能性を広げているという皮肉。別に軽運送業という仕事が嫌いなわけではないが、”去る者は追わず”というか本業だからと言ってこだわってしがみ付いていては自分を見失うことになる。

会社員だから、雇われているから、安定している(?)から、といって沈みだしている船に自分の人生を任せてしまっていると悔いの残る結末が待っている。今自分に何が出来るか?を考えると、選択肢は結構あるもんです。




別ブログでも書きましたけど、最近また新たな収入手段にチャレンジしています。
「60歳からの働き方」というのが今の私のテーマなのですが、今週59歳の誕生日を迎えるといよいよ還暦まで残り1年。昨年から順調に準備を進めてきていよいよ実践段階に入って来ました。

これまでの軽運送業以外の仕事はまあアルバイト的なもの。時間で管理された時給ベースの誰でもできる単純労働です。
しかし60歳を超えてくると単純労働でも肉体的にはしんどくなっていく。いつまでもお爺ちゃんが職場の足手まといになっているようでは自分も周囲も悲しい(でも今後も人手不足は解消しないので職場の外国人と老人の比率は増えていく。もしくはAIと自動化が進み単純労働では働き盛りの者も職を失う)。

年老いても肉体労働を我慢して働き続けますか?働き盛りでも生き残れないAIによる労働機会消失の先に中高年の居場所はありますか?
「定年になったら何か簡単なアルバイトでもやって生活の足しにしよう」なんて甘い甘い。簡単な仕事は皆AIとロボットがやるので単純労働の求人は無くなります。近所のスーパーやコンビニがどんどん自動レジに代わっていることに気が付いていますか?

老後、年金だけでは到底生きて行けないことが国や経済界のTOPから小出しに発信されています。
かと言って元気でも働き口があるわけでもない。いや、働かないと収入を得られないという変な常識はもう捨てるべきです。

私がいい歳こいてブログだ何だと一生懸命やっているのも60歳以降の収入を真剣に考えているからです。年齢関係なく自分の腕一本で収入を得られる仕事・働き方にシフトしていこうとあがきもがいているのです。

本業に費やしている労働時間が10日間もまるまる使えるのは非常にありがたいのです。集中して腕試し・自分試しができます。10日分の本業収入を失うことより今後の自分に投資すると考えれば安いもんです。
残りそう長くない人生においては自由に使える時間は本当に貴重。

還暦までの1年間が自分の老後を決めると言っても過言ではない。
今日の1万円より老後の2,000万円!





posted by ガラダマ at 14:35| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

せどりという副業

梅雨空の毎日、洗濯もままならずウンザリしますね。
横浜エリアでは毎日雨模様ですが、時々風雨が強まる程度で幸いゲリラ豪雨にはなっていません。

こういう日々は無理にお出かけの計画など立てずに読書や映画鑑賞でリラックスするのが一番。
最近はどんな本読みましたか?映画観ましたか?

1日の多くをハンドル握る仕事している人は、なかなか本を読んだりスマホで動画を見る時間が作れませんね。トラックの場合は積み待ちの時間に車内でゲームしてる人結構多いようですけど、その時間を読書や何かの勉強に充てたらまた違った人生が訪れるかも。


「せどり」という収入を作る手段がある。
安く仕入れて高く売るというシンプルかつ経済の基本みたいな取引であり、老若男女誰でも出来るのがいい。
昔は書籍が主流でしたが、最近は流通しているものなら何でも可能。電化製品やマニアックな物は高額な差益も期待できる。取引場所は主にネット上のオークションサイトとなるが、アマゾンやメルカリ、フリーマーケット等、特に目当ての物が無くてもお買い得を探しているような人が集まるところが人気。

まだブックオフが全国展開に至っていない時代、当時サラリーマンだった私も書籍中心にせどりをやっていました。
営業職だったので割と都内であれば自由に動けていたので、神田の古本屋街とまだ数少ないブックオフで仕入れておりました。当時は今と違ってせどりのためのツールなどなかったので、自分で売れ筋を勉強して探し回るという地道な作業でしたが、ライバルがほとんどいないブルーオーシャンでしたので、あちこちにお宝がゴロゴロしておりました。

昔はブックオフもせどり対策もなく適当な値付けしてましたので、利益率は相当高く取ることができました。100円で仕入れた本が6000円で売れたりするので、一度売れ筋を見つけたらひたすら同じ本もしくはその類を仕入れるだけ。数千円の利益が取れる本が家の中に100冊ぐらい在庫で持ってましたので、「もしかしたらこれで食っていけるかも?」と危うく勘違いするぐらいウハウハしておりました。

他にも新橋には「キムラヤ」という大型ディスカウント店があってそこでたまに特売をやるのですが、中でもゲームソフトが恐ろしく安く出て来るのでこれも結構おいしいせどり品として使わせていただきました。ホントに昔はいろいろな物で稼げたのです。




ところが最近は「せどり」が浸透しすぎてもうレッドオーシャン。
ブックオフやディスカウントストア行くと何やらバーコードをこすっている人を見かけると思いますが、あれがイマドキのせどりツールを使った商品探しスタイルです。私のように売れる物がわかっていて探すより数倍面倒臭い。売り場で売れるかどうかを1点づつ確認していくのですから大変です。しかも周囲の目を着にしながらコソコソと。

正直今はお店側も転売の相場を調べて値付けしたりするケースが増えてきているので、バカ正直にやろうとするとせどりの利益は取れなくなってきている。ブックオフが全国展開してしまってからはわざわざセドラーから転売利益が乗った物を買わずに済んでしまうような状況になっている。書籍やCD・DVDで1点数十円稼げても発送や梱包の手間考えたらちと割が合わないですよね。買取店の買取価格がどんどん安くなっているので下手に在庫抱えると処分するのに大変なことになります。

昔稼げていた書籍を今チェックすると、相場はメチャクチャ下がっている。売れても100円稼げるかどうか。
今思えばせどりの参入も撤退も最高のタイミングだったと思います。
でも工夫できる人はまだまだせどりで稼いでますけどね。




せどりで稼ごうと思ったら、やはり計画的にやるべき。
流行っているから・お手軽だからという商売はすでに市場はレッドオーシャンですから、素人には(といってもやるのは素人ですが ^^;)難しい局面になってきている。薄利多売で良しとするなら在庫リスクや流行・市場の変化に敏感であること。地道に続けられることが求められます。転売は楽して稼ごうという人には向いているようで結果が伴わなくなってきてもいる。皆が安く買える情報を知っているような時代になっちゃってますから。

仕入れ・梱包・発送・顧客管理を全て自分でやってしまうともはや副業としては続かなくなる。しかし手間がかからなければ商売としては成り立ってくる。システムとして確立させることができれば転売は良い副業。いや本業に育てる事も可能になってくる。多少の費用をかけても他人に任せる部分を作って自分の時間を確保できればビジネスとして面白い。稼げる品を見つけることをアウトソーシングして商売拡大している人もいますから。


それでも面倒な人は下手な副業で稼ごうとせず、ブルーオーシャンな軽運送業というのはいかがですか?(笑)
時給換算で2,000円ぐらいの仕事はありますよ。せどりの売買の品物を運んだりするアマゾンフレックスはどう?
すでに軽運送業のレッドオーシャンになりつつありますが・・・

軽運送業の隠れメリットは、せどり用に仕入れた商品を沢山積める車を自由に操れること。

物を運ぶのは他人のためだけでなく自分のためにも出来るんです!

ということを意識すれば、ほ〜ら、可能性が広がってきたでしょ?
本業の帰りにせどりの品を探して積んで帰って来る。
だからお店が閉まる時間まで軽運送業やってたら稼げないんです(笑)






posted by ガラダマ at 11:25| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

フランチャイズ(FC)という働き方

求人情報チェックというのが私が軽運送業開業してからのルーティンの一つ。
副業・複業を重視している働き方なので、常に働き方の最適化を意識してチェックしております。

その中でもフランチャイズ(FC)という働き方も候補として考えたことが何度もあります。
基本的には本部と加盟店という関係になり、FC契約を結ぶことにより本部のブランド力・経営ノウハウ・サポートを得て即ビジネス展開が出来るメリットがあり、その対価としてロイヤリティを納めるというもの。ローリスク・ローリターン的な一般求人とは少々異なり、ハイリスク・ハイリターン的な要素が多分にあり、単に「自分のお店が持てる」「憧れのオーナービジネス」という浮ついた気持ちで手を出すと痛い目に合う。

フランチャイズというビジネスはアメリカのケンタッキー・フライド・チキンが始まりとも言われており、日本では50年以上前にダスキンや不二家が開始しているようで、今ではコンビニがFCの代名詞みたいになっていますね。おかげでFCビジネスのハイリスクの部分がわかりやすくなりましたが(笑)

以前はFCのリスクの部分はほとんどが売上げとロイヤリティのバランスに生じていたのですが、最近は人手不足倒産という方向に向いているようで、コンビニオーナーが苦しんでいるのもドミナント戦略が影響しているとも言われている労働力の確保が困難になっている部分。対面販売というスタイルがビジネスの可能性を難しくしている時代ですから、キャッシュレスや無人店舗という試みが急速に行われていることを考えると、これから自分が関わっていくべき働き方の方向性も何となく見えてきますよね。


しかしFCビジネスの全てがダメというわけでもない。ハイリターンを可能にしているFCもあるし、中にはロイヤリティ不要というFCもある。ただしそういうFCは最初に加盟料みたいな資金が必要となるものもあるし、ローリターン的なビジネスモデルなものもある。
副業可・0円開業みたいなお試し的なFCでリスクなく始めてみるのはアリだと思います。

ちなみに私が興味があるのはストック型ビジネス。
一度顧客を確保出来れば、その顧客との関係が続く限りはこちらが何もしなくても報酬が入り続けるという不労所得のようなビジネス。保険契約に代表されると言えばわかりやすいかな。NHKやインフラなんかもそんな感じでしょうか。毎月無意識に引き落とされているので一度契約してしまうと後は余程のことが無ければ解約とか考えませんよね。相手に支払いさせていることを意識させない・こちらが手間ヒマかけずに報酬が続いていくビジネスに魅力を感じます。ガチャガチャというのも放置収入に近いものがありますが、常にトレンドを研究し補充や場所確保との闘いもありますのでマメな人でないと続かないかも知れません。


最近FC関連で注目した記事がありました。

ワークマンの国内店舗数がユニクロ超え、FCオーナーに希望者殺到の理由」 (DIAMOND ON LINE)

ユニクロからワークマンへ、平成の「機能性ウェア」が遂げた大進化」 (DIAMOND ON LINE)


最近相次ぐコンビニ問題でFCビジネスに対する懐疑的な声が多い中、店の売上平均が1億2千万円でその約1割がオーナー収入となると言われている希少な「ホワイトFC」ということでオーナー希望者が殺到していると。

私もガテン系の仕事柄、軽運送業を始めた当初からワークマンで作業着やグローブ等を購入していることもあり、ワークマンの変化を身近に感じておりました。作業員等の利用が多いので一般客には敬遠されがちだったお店の雰囲気がカジュアル路線を始めた頃からガラッと垢抜けた感じになり、実際もともと品質が良かったのに加えてデザイン性が加味されてきたわけですから、購買層が広がり売上げ増に繋がったことは不思議でも何でもない。ホームセンターで値段重視とするか、ワークマンでファッション性重視とするかという部分でワークマンの商品の売上が大きく伸びていることに注目したいですね。だからマスコミも数多く記事にしているのだし。

今は高評価はあっという間に拡散しますから、これまでワークマンなど知らなかった人も実際に手に取ることで更にファンとなるという好循環が生まれている。こうなるとビジネス的には好機到来、店舗数を拡張していくのは自然の流れ。

昨年、ワークマンのFC募集を本気で検討したことがありました。「勝ち馬に乗る」のが信条でしたので上昇気流に乗ったワークマンには価値を感じていたのですが、あいにく希望エリアでの募集がなく話が進んでおりません。もし私が30代40代であればかなり前向きにFCチャレンジする内容なのですが、60歳以降の働き方としては人を雇っての実店舗運営というのは少々ハードに感じるようになっております。

まあ応募したからといって採用されるとは限らないし、記事中の採用条件を読んでみると結構ハードルが高い。ハードルが高いからこそ質の高い運営が可能になるとも言えましょう。「儲かるならやるよ」みたいな軽いノリの者に任せると店舗の評判どころか会社全体のイメージを悪くすることになりかねませんから。
でもその辺の中途半端な正社員に転職するよりはグッと魅力を感じますね。報酬もそうですけど自分の裁量で売上げが左右されるというのは、やらされ感がないので仕事としては面白い。




軽運送業というのも広義においてはFCの一つです。
実際FC募集している会社もありますし、本部ブランドで仕事するケースは多い。赤帽さんなんかもそうですね。一般的にはどこかの元請けの下で働くケースは多いし、仕事は用意されますけどそれなりにロイヤリティみたいなものも発生します。

ただ最近の軽運送業の働き方は多様化しており、アプリ一つで好きな時に仕事を取れる働き方が増えてきている。アマゾンフレックスもそうだしウーバーイーツやピックゴーなども有名ですね。
もう朝から拘束され会社員的に働くスタイルに疑問を持つのが当たり前な風潮になっています。なので他人任せ的に働くことしか出来ない人は世の中の変化についていけなくなるかも知れません。

「どこに勤める」ではなく「どう働く」を考えないと。







posted by ガラダマ at 09:53| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

野望?無謀?

長い連休も本日で終わってしまう(私は明日もオマケで休み)。
この連休中、企画していたのが将来に向けての働き方を具体的にしていくこと。中高年の職探しはただでさえ厳しいのに60歳以降も働かないと生きて行けない時代、頼れるのは求人情報ではなく自分に何が出来るか?である。


今回そこそこ高スペックなパソコンを購入しようと思い立ったのは、今後の収入手段を確保していくためにネット系のビジネスに力を入れていこうと覚悟したこと。体力も年々衰えていくのが顕著な中高年にとって自分で完結できる働き方としては、ネットを利用するのが通勤や時間の無駄を排除でき一番理に適っていると思えるのです。

会社員時代から遊び半分でいろいろなサイトを作っているのですが、どうも方向性がフラフラしているせいか結果は今一つでした。というか今みたいに副業を重要視していなかったというのが大きかったと思います。本気でやっていなければそりゃあ結果は出ませんね。本気でやれば結果が出るのか?という疑問もありますが、取り組み方・取り組む姿勢が変われば結果も変わるはず。昨年あたりからネット収入にも目に見える変化が表れ始めたので、この流れに乗っていかなければ。



昨年久しぶりに新たに有料ドメインを複数確保し、先を見越して強力なレンタルサーバーと契約しました。
ドメイン1つ取得してサーバー料金と合わせても運用費は月額換算で千円程度。見もしないNHKの受信料1か月分と比較してもそのお手軽さはわかりますね。
ドメインは種類によって金額は1つ年間数円〜2千円程度。サーバーはドメイン無制限ですから安価でいくらでも自分のサイトを立ち上げていくことができます。YouTubeのような動画サイトだって余裕の容量があるので大丈夫。


実は私の有料ドメイン歴は長く、まだ個人でドメインを取ることが普及していない時代からやっておりました。しかしその当時は .jp とか .com ぐらいしか無いような時代なので多くは企業・法人しか用途を思いつかなかったのかも知れませんね。そんな初期の頃でも tanomi.com とか suwari.com みたいなオヤジギャグ的なものは誰かが押さえておりました。覚えられやすい、商売に直結するようなドメインは早い者勝ち。それは今のように様々なドメインが出てきても同じ。先見の明はあったのかも知れないがそれを活かさずに今日に至っている。
このブログは無料ブログサービスで取得できる無料ドメインです。無料ドメインはグーグル様からは評価低いんですよねぇ。

ちなみに別ブログ(https://kcar.work)というのは昨年取得した有料ドメインの中の一つ。何か思い付いた時に関連性のあるドメインを取りあえず抑えることをしてきましたが、ドメインって売ることが出来るんですよ。昔取得したドメインはとても希少性があって結構いい値段で取引の打診がありましたが、売らずに持ってます。





別ブログでは WordPress にも挑戦しております。
こちらは素人にとって至れり尽くせりの無料ブログとは違って全部自前で創っていかなければなりません。ある程度はプラットフォーム化されているとはいえ、60歳目前のパソコンが詳しいわけでもない老いぼれが、ホイホイと好きなように素敵なサイトをこしらえるのは容易ではない。
これは果たして「野望」なのか「無謀」なのか。
やらなくてもいいような面倒なことを次々と目論むアホなオヤジでございます。


リスクのある中古パソコンを購入するとか、いつもツッコミを入れたくなるようなことをしてますけど、基本的に人と違う目線で生きるのが好きなんでしょうね。過去にも話しましたけど私が好きな相場の世界の格言「人の行く裏に道あり花の山、いずれを行くも散らぬ間に行け」というのがある。「他人の常識は自分の非常識、自分の常識は他人の非常識」で良いと思っている。所詮、人を批判したがる人はそれだけの物差ししか持っていないのだから、その物差しの尺度の中でツッコまれた側が窮屈にしていても仕方がない。誰に迷惑かけているわけでなし、人が敬遠するようなところにこそ、まだ気付かれないチャンスがあるように思う。

パソコンスキルアップとネットビジネスへの取り組みというのは、上で「老いぼれがやらなくてもいいような面倒なこと」と揶揄しましたけど、資産も何もない中高年が今後生きていくために避けては通れないことだと思います。もう趣味・娯楽で楽しんでいる場合ではない。

年金支給開始が70歳(最近は75歳説まで出て来た)になるような時代、余裕の蓄えが無い年金以外の収入手段を持たない者にとってはとてもじゃないが生きていけるわけがない。40代から準備を始めても遅いかも?と言われているのですから50代の者にとっては必死にならざるを得ないのです。

大企業では45歳以上はリストラのターゲットとして、大規模な人員縮小の動きが加速しています。この辺の解説はYouTube上でも数多く出てますので見ておかれると時代の流れの先読みができそうです。もしかしたらブログ読者様の現在の勤め先の名前が出てくるかも知れませんよ。組織の中にいても気付かないことが外から丸見えになっていても不思議ではない。組織は都合の悪いことは内々に対してはギリギリまで伝えませんから。


何も信用できない時代になってしまっているのですから、頼れるのは自分の心と行動のみ。その心と行動を妨げるのが他人からの誹謗・中傷の類です。
中高年のチャレンジは「無謀」と思われるぐらいでよい。
当たり前のことをしていても変化は起こせない。





 


posted by ガラダマ at 13:00| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする