2018年07月07日

内勤

暑い日が続きますが、今夏は猛暑になるとも言われております。
しっかりと熱中対策を講じておきたいですね。

私は例年、梅雨明けから準備期間として自宅・車ともエアコンは使用せず、早く体が暑さに慣れるようにしております。
ただ体力・体質には個人差がありますので、各自無理なく実践できる対策を考えてやってみるのがよろしいかと。
何も考えず毎年ダラダラと過ごしていると、50歳過ぎてからの急激な体力の衰えに驚き後悔するかもしれませんよ。



さて、軽運送業のブログとしてスタートしているにもかかわらず、最近は本業が日々平穏平凡に流れていくために違う話題に流れてしまっておりますが、ご容赦くださいませ。
逆にブログが続いているのはそのおかげかもしれませぬ ^^;
「便りがないのは元気な証拠」って言うではありませんか。


本業と違って副業の方はいろいろと刺激がございます。
最近、物流倉庫の仕分け仕事におきまして、変化がありました。

通常は倉庫現場においてトラックで到着した商品を、500台以上あるカゴ台車に仕分けしていく作業をしております。
万歩計で計測すると、昼間の軽運送業とほぼ同じ作業時間なのですが、物流倉庫仕事の方が断然多い歩数をカウントしております。

ただ1年中冷温での作業ですので、動いていない方が寒くて辛いぐらいですし、雨風寒暖の中でのドライバー仕事に比べると肉体的な疲労感はかなり少ないです。
逆に夏場は昼間の疲れをクールダウンできる快適な環境!(笑)


ところが物流仕事も運送業界同様に人手不足が深刻になってきており、現場では外国人の比率が年々高まってきています。
現場の仕分けは単純ですから異国の方々でも何とかなっているものの、更に問題なのは事務仕事の人手不足。

物流倉庫のある場所は生活圏から少々離れた海のそば。
一般的には事務職はOL経験者とか主婦の方々には人気職であり、求人はさほど苦労しないと思われておりますが、何せ通勤が大変な場所ということと、特に夜間仕事は公共交通機関が止まるため応募が極端に少ない。
最近事務職で相次いで退職者が発生し、その穴埋めの求人に応募がなく究極の対策として現場作業員から数名、事務職への配転を命じられ、その1人が私ということに。


まさかの現役ドライバーのデスクワーク(笑)
会社員経験はあるとはいえ広告代理店・不動産・ハウスメーカーと営業畑一筋で生きてきましたので、数時間机の前で座って仕事するなんて・・・新鮮!
まあ過去にも企画書・見積書作成なんて時のために自分の机はありましたが、あまりに久々のことで机に頬ずりしたくなってしまう。

やることは翌朝スーパーに到着させる仕分けした商品の詳細一覧表が次々と数千枚回ってくるので、それをドライバーに渡すために店舗毎にファイル整理していく。
さすがにこれはちょっと外国の方々では作業は難しいかも。
しかし空調管理された中で着席仕事というのは、軽運送業始めてから副業を含めて立ち仕事ばかりしていた老体には快適ですな。

まあ現場の進行状況によっては事務中断して応援に入ることもあるし、倉庫の中でも3つの温度差の仕事に出入りしているので、物流倉庫の中でもマルチワークしている状況ですかな。
野球に例えれば、複数のポジションが出来る選手みたいな。


社員は辞めていくけど求人に応募は無い。バイトの作業負担はどんどん重くなるとか、一体この国の職場はどうなっていくのだろう?
会社が信用できなくなってきた今、自分の身を守るべくは柔軟な発想力と応用力が大事ではなかろうか。

複数の仕事(収入手段)を持ち、最低限の収入を確保しながらとっかえひっかえして理想の働き方に近づけていくというスタイルは、これまではいろいろと誹謗中傷も受けてきましたが、むしろこれからは正解ではないかと思える今日この頃でございます。











posted by ガラダマ at 10:20| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

懸賞生活

今日は久しぶりに土曜日の軽運送稼動です。
年明けから暫くの閑散期、荷量も落ち着いており運送会社の職場も穏やかな雰囲気の毎日です。

配達が早く終わり副業までの時間、昼寝もできるし平日の日中だというのにパチンコだって可能(私はやりませんが)。
さて、こんな時には何しましょう?



オヤジチャレンジシリーズの一つとして、最近試しているのがネット上の懸賞サイト。
アンケートやCM動画視聴、ゲームやったりアプリのダウンロード等をするとポイントが貰え、貯めると商品券や現金に交換できるというサイトがいくつもある。
その中のいくつかに登録して毎日の隙間時間にチョコチョコとやってみたら、どれくらい稼げるものなのか?

先月の売上げ・・・・・




1000円とちょっと (^▽^;)びみょー


1日合計1時間程度の作業の積み重ねで月1000円。
まだ効率良くポイントを稼ぐ技を知らないということもある。

何か違うことに時間を費やした方が良いと考えるか、もっとやり方を工夫したり集中して更に時間を投入してみる価値があるのかどうか。


手っ取り早く稼ぐ手段はあることはある。
クレジットカード作成や証券口座開設などはかなりの高ポイントが獲得できる。キャンペーン等でタイミングが良ければ1件で1万円以上なんてものも。
カード5種作って3つの証券会社にそれぞれ口座開設したら、1日で10万円近く稼げることも可能。
まあ何日も続けられることではないが。

アパート・マンション等の投資会社に資料請求みたいなものもそこそこポイントがつく。
ただ、その後の勧誘攻勢を考えるとちと躊躇しますが。
本当に投資を考えていたり、勧誘にキチンと対応できる人なら月数万円の稼ぎもいけるかもしれません。

運が良ければポイント山分けとか、1日1回のくじ引きに当たるとか、いろいろなイベントに参加して小爆発を狙うのもありかな。どうせやるのは無料だし。


こういうのでコンスタントに月数万円稼いでいる主婦とかいますけど、時間を使える状況があってコツコツ地道に継続できる性格で、それを楽しめる人であれば立派な収入手段の一つだと思いました。
要は生活の一部に取り込んでしまえば済むこと。

月数千円程度でも、老後の仕事収入が無くなった時の生活費の足しにはなるし時間潰しにはもってこいですな。
プチプチとゲームしたりスマホやパソコンのキーボード叩いてればボケ防止にもなり、一石二鳥!(笑)


しばらくはポイントを増やすことに試行錯誤してみますだ。









posted by ガラダマ at 03:51| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

通勤時間が無い仕事

1日〜2日にかけての降雪でしたが、横浜エリアではたいした積雪にならず物流関連もほぼ平常通りに動いてましたね。

月初に週末が重なり、決済・棚卸しの関係で1月中に到着していた荷物で2月の1日2日納品指定の荷物がかなりあったので、そこに大雪が加わったら配達消化できないと危惧しておりましたが事なきを得ました。


大雪やら台風やら、はたまた事故・故障で度々交通機関がマヒした時など、ただでさえ辛い通勤地獄に限界を感じて転職を考えたりする人が結構いるようです。

私も会社員時代は電車に片道1時間以上詰め込まれて都内まで20年間通勤しておりましたので、何度も地獄を体験して来ましたし、転職理由の一つに通勤という無駄な時間・労力が嫌であったことは否めません。
年齢とともに職場は 新橋〜横浜〜桜木町〜自宅周辺 と、行動範囲がコンパクトになってきております(笑)

独立して大した仕事もしていないのに会社員時代より収入が増えているのが面白いのですが、その要因の一つは間違いなく通勤時間がほとんど無くなった分を収入手段に当てることが出来たからだと思っています。

往復3時間の通勤時間と単純労働3時間の比較では、私の場合は労働3時間の方が楽です。
金にならない3時間が時給1000円×3時間になっている。これが月に24日として7万円以上を生み出す。

これに無駄な会議や飲み会も無くなったので更に時間をお金に変えていける可能性が膨らんでくる。
自分の意思で自由に使える時間が増えるのがありがたい。

時間を生み出すことともう一つ、老いてからも少しでも長く働く環境作りとでも申しましょうか、通勤で体力を消耗することは避けたいと思うようになってきた。
それにこれから訪れるであろう大地震の際に帰宅難民にはなりたくないというのもある。


このように極力移動に時間をかけないというコンセプトで、今でも仕事情報は欠かさずチェックしておりますが、最近ちょっと目に付いた仕事がありました。


在宅勤務、時給1100円〜1375円、資格経験学歴不問
Web説明会・オンライン面接、オンライン事前研修
原則週20H以上、業務使用PCは会社支給、商品購入社員割引
光ファイバーの有線インターネット回線(Wifi不可)は自己負担
プライバシーを確保できる専用スペースがあること


これ何の仕事だかわかります?  アマゾンですよ。
説明会から面接、採用後の仕事も全部自宅で完結してしまいます。
倉庫の仕事だけでなくいろいろとやりだしましたね〜。
今後、いろいろな会社・職種でこういう働き方が増えていくと思われますので、年寄りにはありがたい?


もう一つ最近やたら目に付くのがヤマトの集配仕事の募集。

一斉に地域の支店レベルでの募集が始まり、我が家の近くでも2〜3支店あり、徒歩3分で行ける支店も。
長期パートドライバーと台車・自転車による集配業務の2種類。
ともに時給2000円、週4日以上、1日3H〜でOK。
加入条件を満たせば社会保険完備、面接は各宅配便センターで。

集合住宅の少ない平坦な地形のエリアなら台車・自転車での配達仕事は老いてもできそう。運転は危ないし(笑)
時給なので不在が有ろうが無かろうが確実に金になる。短時間勤務が可能なのも複業に適している。
社員ドライバーの負担を減らすための一環であろうが、ちと注視しておこう φ(・_・”)メモメモ



この他にもいくつか個人的に興味のある仕事があった。
今すぐ動くわけではないが、一応仕事情報はストックしている。
ストックした情報を後で検証してみると、潜在的な自分の希望・傾向が明確になってくる。
その業種の収入相場が養えるし、条件比較するのに役立つ。


年金支給開始が65歳から70歳へと移行する時代、会社の定年も延びるかもしれないが65歳になっても現在の通勤を続けていけるのだろうか?

20代30代で普通に出来ていたことが、50代後半にもなると怪しくなってくる。そこから先の人生がまた長い!
自分に正直に向き合って、長く無理なく続けられる働き方を模索している積荷オヤジでございます。









posted by ガラダマ at 03:04| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

宅配BOX設置のお仕事

珍しく金曜日の祭日ということで3連休の方も多いかと思います。
金曜日の祭日のおかげで平日が1日少なかった今週は、月末月初にもぶつかり荷量が爆発し、年末繁忙期の予行演習のような感じでした。

昼間の物流が多い時は、大抵夜の倉庫の仕分け仕事も同様に荷量も多くなり、ドライバーの到着も遅れ気味となり全体の進行が遅くなる。
明け方には県内各地のスーパーに搬入させなければならないので、深夜2時3時頃の締め作業部隊は時間との戦いとなる。納期厳守の仕事はどうしても末端にシワ寄せがくるのは、どの業界も同じですね。


さて、昨日は本来なら夕方以降は仕事を入れない金曜日だったのですが、祭日で昼間の運送の仕事がなかったので、小銭稼ぎに昼から夜中まで倉庫の仕分け仕事をしておりました。

連休時は大体そうなのですが、社員もバイトも人手が減ります。
特にここ数週間は週末になると台風や悪天候となり行楽もままならなかったせいか、今週末は家族サービスやら何やらで働き手が少なく、昨夜は荷量が落ち着いていましたが作業がはかどりませんでした。


いよいよこれから年末に向けて各業界、労働力確保に熾烈な争奪戦が始まるわけですが、求人数も先週辺りからハロウィンやクリスマス・お正月商戦向け中心にかなり増えてきているようです。

私のルーチンの1つとして、毎週欠かさず求人チェックを続けているのですが、最近ちょっと目に留まったものがありました。
やはり来たな!という感じなのが「宅配BOX設置業務」関連。

ヤマト問題で話題になりました不在再配達対策の一つである「宅配BOX]を普及させようと、官民で盛り上がりを見せていたので近々に事業として動きがあると思っておりましたが、いよいよ具体的な求人として出てきました。

一つの求人例(正社員募集)で紹介すると、
●完全週休2日制の土日祝休み。9時〜18時。
●社会保険完備。退職金制度(勤続5年以上)。定年65歳。
●要普通免許。第二種電気工事士歓迎。勤務地は神奈川県内。
●月給22万円(固定残業手当2万円含む/月13時間分)
 13時間を超える時間外労働は追加で支給
●車通勤可。3〜4人で2tトラックで現場へ移動。1日2件程度。
●マンションの宅配BOX設置業務。

いかがでしょうか?

個人的な感想としては、みなし的な残業代を含んだ月給が22万円というのはちと安いかな〜と。
あとマンションの設置業務ということで、10年以上前に建てられた宅配BOXが設置されていない集合住宅への飛び込み・新規開拓の営業ノルマという部分が当然あるでしょう。他社との競争も避けられません。

ご存知のように多くのマンションでは管理組合なるものが存在し、設備の導入には住民との面倒な承認決議採択という工程を経なければなりません。まあ宅配BOX導入であれば生活上のメリットが大きいので異議を唱える住民はほとんどいないとは思いますが、導入にかかる費用をどう捻出するかで決定が長引くことも。
賃貸マンションやアパートなら大家さんの意思次第ですが、やはり費用の問題でしょうか。設置への補助金制度が充実すれば良いのですが。

もし皆様がアパートの大家さんだったら、こういう業者が売り込みに来たらすぐ設置の契約をしますか?
大抵は数社で相見積りして・・・と金額重視になるのかな。


地場の工務店やホームセンターでも出来そうな宅配BOXの設置。
これからその事業が周知されてくれば商品の選択肢や低価格化が進んでいくでしょうし、同業者が雨後のタケノコのように次々と出てきて価格破壊が進むことも予想できる。

極論すれば宅配BOXを設置する数には限りがある。
食品や生活消費材のようにリピートが起きない。
独占事業でもなく、競争にさらされるのが必至。
需要を食い尽くした時、その雇用は守られるのか。


まあ就職・転職先を検討するのに当たり前の分析しかしてません(当然上記以外にも会社そのものの調査をしなければなりません)が、これから将来に向けてその仕事で安泰か?と問うた時に一抹の不安を感じたのは私だけでしょうか・・・










posted by ガラダマ at 04:23| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

大手運送会社物流センター潜入レポート

私の副業の一つ、物流センター内の食品仕分け仕事は、物流関係向け専門の大手人材会社との業務委託契約にて行っております。

普段は割と自宅から近い某食品メーカーの巨大倉庫内にて、あるスーパーの系列店向けに仕分けをする作業をしております。
ところが、人材会社が関わっている関東圏のどこかの物流施設で人手不足が起きると、他の物流施設から数名づつ応援に行かされることがあります。もちろんその逆に他から応援に来てもらうこともある。

今は夏のボーナスとお中元シーズンが重なり、物流の世界ではちょっとした繁忙期となっており、あちこちの物流施設で人手不足問題が顕著になっていて、今月になってから私が所属する施設からも毎日のように応援に行かされる人が出てきている。遠いところでは埼玉などというケースもある。

そんな中、今週、ついに私にも応援依頼が来てしまったのです。
行き先は川崎の東扇島という、巨大物流施設が集中しているエリアの大手運送会社の施設内での仕分け。

勤務時間はシフト内のみで、往復の移動時間も時給が発生するため、実質の労働時間は4時間程度で6時間分の時給となる。しかも移動は会社の人の車で送迎してくれるので少しだけ得した気分?


で、タイトルでは潜入などと何かいけないことをしているような表現をしてしまいましたが、実際は依頼があってのことで、正面から堂々と入ってきましたぜ(笑)

その倉庫内での大雑把な仕事の流れというのは、関東圏で集荷してきた荷物を一旦その倉庫に降ろし、倉庫内で改めて県市単位に配送エリア分けをして、またその倉庫から全国の配送拠点にむけて送り出すための仕分け作業になる。

他の物流施設からの応援もいっぱい来ていたので、よっぽど人手不足が深刻なんだろうなと思います。
求人募集しても反応は薄く、来てもすぐ辞めてしまうそうな。
オマケに現場は3分の1ぐらいは外国人労働者の方々。
たった4時間ほどの滞在でしたが、応募者が来てもすぐ辞めてしまうのはよ〜くわかりました。

とにかく現場の雰囲気が悪い。気合いと根性が蔓延しているんです。
さすが大手運送会社の荷量ですから休む間もなく次から次へとトラックが到着し、降りてきた満載のカゴ台車を仕分けしている部屋に移動させるのですが、ほとんどが応援部隊と外国人労働者ですから、カゴ台車をどこへ持っていけばよいのか段取りのきちんとした説明もなくわからないのに、現場監督みたいなのが大声でわめき散らしている。

一方、仕分け作業の部屋ではベルトコンベアがいくつものレーンに分かれていて、本来ならそれぞれのレーン(エリア別)に数人が配置されて、回転寿司より速い速度で流れてくる品物をエリア別のカゴ台車にどんどん積み込む作業をしなければならないのですが、何せ人が足らずにあっという間に荷物が溜まってしまい、何度もベルトを止めていたのは笑えました。

明らかに人手不足による作業の遅れなのに、また現場監督が大声でハッパをかけるという繰り返し。
緊急の寄せ集め集団に仕事の全体像も教えないまま、とにかく急げみたいな管理の仕方。人を育てることもしないし、そもそも人が来ないし外国人労働者だけが増える一方・・・

ちなみにトイレは汚かったし1フロアに和式便器が一つだけ?
女性が使用することを想定されていないのにも驚きです。
本気で人材が欲しいならまずこういう部分に目をむけなきゃ!
作業作業急げ急げって、監督さんは社畜まるだしだしなぁ。

若くて体力があっても、やっぱりこういう仕事には人は集まらないだろうなぁ・・・
まあ古い施設だからしょうがないという言い分もわかるのだが、働く側の目線が欠如している職場は次々と口コミで拡散していく時代ですから、この施設での求人はちょっと難しいと強く感じました。


ちなみに私が普段働いている物流施設は、決して新しくはないが男女別トイレや休憩所、ゴミ捨て場が何箇所もあり、不便さは全然感じません。
職場も声を荒げるような者もいないし、仕事も最初にちゃんと教えるので居心地はかなり良い。

物流業界の中の仕分け仕事といっても、場所・会社によって環境が全然違います。
最初に上記のような職場環境に遭遇してしまうと、もう2度とその手の求人には応募しないでしょう。
だから、人手不足な仕事は業界をあげて改革をしていかないと、数年後にはマジでヤバイことになりますぜ。










posted by ガラダマ at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする