2018年03月02日

内部留保はどこへ?

冬季オリンピックも終わり、また現実の日々が戻ってきました。

開幕前はいろいろと叩かれていた今回のオリンピックも、日本選手の活躍が随所に見られ終わってみれば結構楽しめた大会だったのではないでしょうか。
それにしても相変わらずのマスコミの行き過ぎた取材は、ちょっと見苦しさを感じますね。


オリンピックやワールドカップ等、大きなスポーツイベントがあると、必ずジムやスポーツ施設が賑わいます。
副業のインストラクターの仕事でも、特需というか一時的に来場者が増え(ほとんどが長続きしないニワカトレーニング志願者ばかりですが ^^;)忙しくなったりします。

アスリートに触発され行動を起こすこと自体は良いこと。
何かキッカケがないと動けない人にはチャンスなんです。
しかし、その熱い気持ちもそこそこにせっかく始めたのにすぐリタイヤしてしまう人がなんと多いことか。
この傾向、スポーツに限ったことではないかもしれませんね。


先月、また1人トラックドライバーが辞めていきました。
彼は30代前半の妻子持ちで5年ほど前に中途入社してきたのですが、すぐに職場内ではリーダー的な立場となり貴重な戦力として活躍していました。
そんな順風満帆に見えていた彼がなぜ辞めてしまったのか?


ドライバーが辞めていく理由としては、「待遇」「環境」「健康・体力」のいずれかに当てはまるようです。
今回辞めてしまった彼の場合は待遇の不満が大きいようで。
長時間労働に見合う給料ではないし職的に将来が不安だと。


どの職業でも会社員の場合、待遇は自分ではどうにもできない。
もちろん頑張りを評価してくれる会社ならやりがいも生まれるでしょうが、今日もニュースになっていましたが企業の内部留保が四半期ベースで過去最高になっているのに、賃金には還元されていないのだと。

運送業に関しては内部留保云々の前に、ドライバーに賃金がきちんと配分されないビジネスモデル自体がおかしいのだとこれまでもお伝えしてきました。
安い労働力前提で運賃を設定し、目先の売上げを作りたいがために劣悪な条件の仕事をホイホイと引き受ける。
見かけの数字が積み上がれば現場の状況などには興味のないような経営者が多い業界だなと感じます。

大体、人件費において従業員に回す金額は後回しで、求人に費やす金額の比率が大きい業界ってどうなんだ?
労働環境の改善をしないから人は集まって来ないのに、職のイメージを払拭しようと考えられないのだろうか。
全国のドライバーが本気で怒ったら、この国の物流は吹っ飛ぶぞ!



他の職種に比べると、ドライバー職においては会社員も個人事業主も立場的・経済的には大差はありません。
むしろ副業自由で待遇を自分で変えられる委託の方が、可能性という部分では絶対的な有利性を感じます。
ただし、自分で考え行動し上昇志向を持って継続できるなら会社員より満足度を高められるということ。


国や企業の動向に依存・左右されるのではなく、自分で創り出してこそ本当の働き方改革と言えると思います。
今の世の中の機運はそれを可能にできるチャンス。
せっかくの人生、ちょっとワガママしてもいいんじゃない。







posted by ガラダマ at 23:26| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

軽運送業の申告経費

会社員から離れ独立するといろいろなことを自分でやらねばならなくなりますが、確定申告もその一つ。

会社員と違って毎月収入額や経費の内容が変わりますので、常日頃からきちんと領収書の保管や帳簿付けをしていないと最後にとても面倒なことになります。
といっても今では青色・白色申告に対応した経理ソフトが多数出ておりますので、よほど複雑な実務をしていなければ帳簿作成はハードルは低くなりました。

軽運送業というのは、仕入れ・在庫・棚卸し等がほとんど無いシンプルな自営業ですので、経理ソフトなど使わなくても一回確定申告を経験してみれば、実に快適な経営が実感できると思います。
ほとんど家計簿レベルで済みますから。


そんなシンプルな世界ですが、働き方によってはちょっと様子が変わってくることも。

単に軽運送業だけやってる人は特段問題はないのですが、私のようにマルチワークしている場合、申告の中身にちょっと注意する部分が出てきます。

収入に関しては、事業所得と給与所得の両方が存在する。
給与所得があると、e-Taxを利用せず税務署提出する場合は源泉徴収票を併せて提出することになる。なのでバイト等でも源泉徴収票はもらっておくこと。

それと経費について。
本業と副業で別々の経費が発生することがありますが、あやふやにチャンポンにして計上しておくと税務署から突っ込まれますからキチンと整理しておきたい。

以前、副業でスーパーのバイトをしていた時はスーツ・ネクタイ着用でしたし、ホテルのウェイターをしていた時も革靴も含めて服装はほぼ自前。
軽運送業の場合は作業着が経費となるが、スーツ類はちと経費として認められるのが難しいようなので計上しませんでした。

軽運送業では元請けの下にぶら下がって仕事してる分には「交際費」というものは発生しないと思いますが、荷主と直接取引したり、副業で営業活動しているような場合は経費計上できるようなものも出てきます。ただこのジャンルは非常にグレーゾーンだと思うので、政治家のような振る舞いは参考にしない方がよろしいかと(笑)


ちょっと迷うのが勘定科目の振り分けでしょうか。
例えば昨年爆発的に売れたドライブレコーダー。これは何?

車を購入した時にメーカーオプションで購入し、既に取り付けられて納車された場合と、後付で購入し取り付けた場合では勘定科目が変わります。
私の場合は後者ですが、「消耗品」として計上しました。
カーナビなんかも同様ですね。
「修繕費」とする人もいるようですが、ドライブレコーダーそのものを修理するならともかく、車をいじって取り付けたからといって「修繕費」として計上するのは少々違うようで。


便利な世の中、これからもいろいろなグッズが出てくると思います。そしていろいろな働き方が誕生し、経費としての考え方もどんどん変わっていくのでしょうか・・・?
最近のコンビニ仕事の煩雑さと同様に、税務署の担当者の方々も面倒なことが増えていきそうですね。









posted by ガラダマ at 06:47| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

雪の影響 2

月曜の大雪から4日経ち、ようやく落ち着きを取り戻しつつある横浜近辺の運送・物流の世界。

雪が降ったのはたった1日だけで、その前後は快晴の日々。
何とも不思議というかラッキーだったというか・・・
しかし、そのたった1日の雪が数日間広範囲に渡って運送・物流を大混乱に陥れるという毎度の展開。


今週の様子を改めてお伝えすると、雪の翌日は運送会社に荷物が到着せず委託チームは全員仕事無しという事態に。
水曜日からは荷物も到着し始めましたが、水曜日に配達した荷物はほとんどが火曜日納品指定のものでした。
月曜夜もしくは火曜早朝に横浜到着予定だった全国からの荷物は、発店もしくはトラックの中で身動きできずにいたようです。

そして木曜日に到着した荷物の多くも火曜もしくは水曜日納品指定と、延着しているものばかり。
まあ最近では大雪や台風というケースでは、受け取る側のお客さんも納品が遅れることに対しては寛容になってきた感じがいたしますが、それでも問い合わせの電話は凄かったようです。

どうも1日遅れは許せるが、2日遅れには納得できないようで・・・
ただ、自然気象によるトラブルは予報制度が発達している現在ではある程度回避することも可能なはず。
いまだに大雪や台風での配達の遅れにクレームつけてくるお客さんの荷物の注文日や配達日指定するタイミングを調べてみると、明らかに大雪(台風)当日か翌日着で指示していることが多い。
天気予報とか気にしていないのだろうか。


火曜日に近所のスーパーに買物に行ったら、生鮮食料品やパン等の陳列棚がスカスカで入荷待ち札が並んでいた。
あの東日本大震災の時を彷彿とさせる状況・・・

夜の食品仕分けの副業現場では、月曜夜から木曜日にかけて到着できないトラックが数多くありました。
即、お店の品揃えに影響するわけです。
最近はお店の在庫管理もシビアになっており、余分な発注をしなくなっているので、何かあると店頭から食品がすぐに消えてしまうようですね。
(その割りには恵方巻きは毎年大量に残りますが ^^)


到着しなかったトラックの中には、荷物積んで出発したのに雪の中で動けなくなったり引き返したりしたケースもあったようで、消費期限の短い品などは大量に廃棄処分されたかもしれません。
どうもこの手の対応は虚しさを感じてしまいますね。
廃棄せず何か利用する手段はないんですかねぇ。特に今はすぐに食材が傷む季節でもありませんから。


自動運転が実現するという数年後、大雪の中ではどのような効果が生まれるのだろうか。
タイヤ交換とかチェーン装着は人間が世話するんだろうけど。
走行途中で大雪になると、自動運転車はどんな行動にでるのか?


飛ぶ?(笑)











posted by ガラダマ at 22:40| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

雪の影響

昨日の悪天候がウソのように朝から快晴の横浜エリアです。
昨日は雪の降り出しが予報より早く、副業の配達仕事から帰宅した15時頃にはもう3cmほど積雪しておりました。
皆様は今朝は無事出勤されましたでしょうか?

週末にスタッドレスに履き替えていたため慌てずに済みましたが、一昨日も昨日の午前中もガソリンスタンドやカー用品店では大混雑していたようです。
すっかり車生活になってしまい、悪天候による交通機関のトラブルにはほとんど縁がなくなりましたが、運送業界での仕事上ではやはり影響はございます。



まず昨夕からの副業での倉庫内仕分け作業では、普段スーパー向けの食料品を運んでくるトラックが大幅に到着が遅れ、もしくは到着できず、また倉庫側の従業員も大半が休んでしまい、仕分け作業現場は混乱しておりました。

倉庫作業も物流・運送の世界の一部ですので、トラックが機能しないと一蓮托生状態に陥ります。
結局トラックが順次到着しだしたのが22時を過ぎた頃。私は基本23時までのシフトですが、作業は押せ押せ(翌朝4〜5時に各スーパー必着のため)となり、夜勤人員も少なかったので結局深夜25時頃まで残業して手伝っておりました(強制ではない)。

一方、本業の商業貨物便の運送業の方ですが、過去の経験から前夜に大雪が降ればトラックの到着が大幅に遅れることを学習しておりましたので、昨夜の残業もあったため今朝は遅刻前提で8時頃起床しノンビリ支度していたところに運送会社から元請けを経由して連絡が来ました。

「昨夜から全然トラックが到着していなくて荷物がほとんどないので、今日は委託全員休みにする」だと。
数人の委託メンバーは雪の影響を考慮して普段より早く家を出たようだが、車も少なく逆に普段より早く出勤してしまったようだ。
無駄足を踏むとはまさにこのことか。

社員は当然ほとんどが出勤させられていたようだが、荷物が無い時のトラックドライバー達はこんな日は何をして過ごすんでしょうね。まあ夕方から集荷作業はあるでしょうけど・・・


会社員と自営業の違いの一つが今回のような出勤体勢でしょうか。
一般の会社員であれば交通機関が止まろうが「這ってでも来い」みたいな雰囲気が会社にありますよね。私も会社員時代に経験してますけど、何故か上司だけはちゃんと会社に来ている不思議(笑)

一方で始業が遅くなっても時間に融通を利かせて普段と同じ仕事をすることが可能な自営業。
要は仕事と時間の「裁量」が会社にあるのか自分にあるのか。
この点が会社員辞めて心地よいと思えるところ。
荷物来ない(必要に迫られていない)のにとりあえずタイムカード押すために会社に拘束されるストレス。
それがお給料の条件ということで我慢できるなら仕方ない。


まあ今回1日分の運送業収入が削られてしまうので決して良いことばかりでもないのですが、私の場合は運送業時間が減ると副業時間が増えるという働き方をしてますので大事には至っておりません。今日は混乱している倉庫現場に早出して収入を補います。


軽運送業はこうした悪天候とか配達する荷物がないというアクシデントで仕事・収入が減るケースがあります。
ホントは悪天候の日は在宅率高いので宅配仕事は稼げるチャンスとも言えますが。痛し痒しですね。


仕事・収入が減るリスクとどう向き合えるか。
働き方のデメリットを潰していく工夫(自営業全般に言えます)が出来れば、ムダな通勤・朝礼・会議・飲み会等を自分の時間として使える一国一城の主(笑)も夢ではない。

世の風潮が後押しする副業・複業を利用し、リスクの少ない働き方、悪くないですよ〜。











posted by ガラダマ at 13:19| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

購入後2年半で2回目の車検

この2ヶ月ほど、雨も少なく天候に恵まれていた横浜エリアですが、来週の月曜日に雪の可能性と予報が出ました。
一応スタッドレスタイヤは購入してあるので、装着すべきかどうか様子を見ております。


さて、愛車の車検が再来週に迫り、今週はいつも整備していただいているスタンドで車検の事前見積をしてきました。
車検残半年の中古車を一昨々年の9月に購入したため、わずか2年半で2度目の車検を迎えることに。
まあ購入金額が安かったのでチャラだと思えば良いか。
車検は車の経費としては2年に1度は必ず訪れるので、自営業の出費としては余裕を持っておきたいイベントです。

現在、走行距離が8万5千kmとちょっと。
今回の車検前点検でスパークプラグの一つが劣化(最近エンジン警告灯が点灯したことがあった)と指摘されました。車検時に警告灯が点灯なんかしたら車検通りませんから、プラグとイグニッションコイルは全部交換することに。
バッテリーはまだOK。ブレーキパッドもまだ大丈夫でした。


<今回の車検・事前整備に行う作業について>

エンジンオイル・エレメント交換、ブレーキ調整・ブレーキ液交換、クーラント交換、タイロッドエンドブーツ交換、プラグ・イグニッションコイル交換

上記に加え、サービスとして洗車・オゾン脱臭・ガラスコーティング・給油10円/ℓ券6回分等々。

車検法定費用と作業・整備料を含めた総額は税込¥107,280


当然、車の状態や整備先、やる内容で金額は変わってきます。
私の場合も前回に比べれば4万円ぐらい増えている。
パーツ交換等自分でできる人はもっと節約できるだろうし、私は自分の命を預ける乗り物はプロに任せたいと思うので、そこに費やす時間とお金は惜しまない。

次回の車検までにバッテリーとブレーキパッドは交換しなければならないだろうし、ノーマルタイヤも2回は交換することになるでしょう。オイル交換も数回・・・

車ってホントに消耗品の塊ですね。
この商売始めてから痛いほどよくわかります。
技術は進歩しても所詮、消耗品。金食い虫です。
ガソリンも全然安くならないし、つーかまた高くなってきてるし。
若者が車から離れていくのは維持費の問題が大きいよなぁ。

駐車場代や保険代含めて全部経費計上が可能とはいえ、支払いは待ったなし。開業時は厳しかったなぁ〜。
でも開業後3ヶ月〜半年を乗り切れば何とかなると思います。
仕事に慣れてくれば時間も生み出すことができ、その時間を何に使うかがそれぞれの働き方改革となる。

自分で時間と収入を決められる面白さ。

開業3ヵ月後に見えてくる景色がそこにあると思います。










posted by ガラダマ at 00:24| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする