2019年06月16日

軽ドライバーの新規開拓方法

前回、飛び込み営業をしたお話をさせていただきました。

私の場合は商業貨物便の仕事ということで主に市街地を中心に走り回っています。まあ横浜と言ってもいろいろあってローカル色が強いエリアを担当しておりますので、ちょっと駅から離れれば住宅地や団地も多く、中小企業が多く存在するどこにでもある風景です。

今回飛び込み営業をした会社は年に数回荷物を持っていくところで、先日も久しぶりに配送に行った時にたまたま社長さんが応対に出て来られたので、世間話からドライバーの需要をほじくり出すことに成功し、「実は・・・」となった経緯があります。

いろいろある軽運送業の仕事の中でも、私の場合はこうした企業との接点が多く持てる配達仕事なので、その気になればいろいろなビジネスチャンスを生み出すことが可能です。それも規模の大きな企業ではなくどこにでもある中小企業クラスが狙いどころ。今サブ的に複業の一つでやっている配達仕事も、一応全国展開してはいるがほとんどの人が名前も聞いたことのないような会社さんと直接取引することが出来ましたし。


私が軽ドライバーとして新規開拓するための方法としては、求人情報を活用するのが面白いと考えました。それも地域のフリーペーパーに掲載されているような当たり前の情報の中にヒントが隠されている。決してどこかに就職しようということではないですよ!

中小企業はあまり宣伝広告や求人にお金をかけられませんので、フリーペーパーのような安い媒体を使います。開業当初から副業を探すために毎週のように求人誌を見ていてふとヒラメキました。「正社員でドライバー募集している会社はいくつもあるけど、運送会社みたいに長い時間を拘束してやるような仕事ではなさそうだな。普通にその会社の商品とかを得意先に収めるぐらいのドライバー仕事なら、本音は人件費抑えたいはず。だったら仕事のある時だけ・やっただけの出来高契約にすれば先方にもメリットはあるはず」と。

電話での問い合わせよりいきなり足を運んでみてそれとなく求人のことを確認するのが良いと思います。それで相手の会社の雰囲気もわかるしそこで働く人の表情から取引すべきかどうかの判断材料を得れたりする。
社員でなければダメな仕事なのか?1日拘束されていないと出来ない仕事なのか?部分的な協力=出来高では出来ないか? と詰問というより提案というスタイルで訪問すると意外に話を聞いてくれたりする。中には「お〜、そんな考え方もあるなぁ」と感心して話が進むことも。

もちろん今の仕事よりそこの社員の方が待遇が良いのならその訪問が面接になったりする(笑) まあ私の場合は社員は有り得ないので副業的に出来るかどうかの確認ですけど。そこは気持ちを強く持って臨まないと、あらら?会社員に逆戻りしたりするので要注意!


こういう時のためにオリジナルの名刺は作って持ち歩いていた方が良い。「既存の枠を超えた働き方を提案・実践したいと考えて活動しています」というと本気度も伝わると思うし、自分を使うメリットを名刺の情報の中に入れておけば相手に好印象を与えることが出来るはず。大手運送会社なら営業専門部隊がいますけど、個人のドライバーが提案に来るなんて新鮮に感じるでしょう。特に今は求人自体に反応が薄いのですから部分的な仕事の委託は十分有り得ます。

ただし絶対NGなのが、タバコの臭いをプンプンさせていること。
最近は荷主やメーカーさんは臭いに敏感であり、特に食品と化粧品関係は荷物はもちろん包装箱に臭いが付いただけで返品喰らいます。当然喫煙ドライバーは悪印象であり、神経質な荷主やメーカーは喫煙ドライバーはおろかその運送会社を出入り禁止・取引禁止にしたりする。臭いは本人は気にならないが他人には伝わっています。他人の車の中は臭いが強烈だったりしませんか?
ドライバー仕事を続けていきたいならマイナス習慣は止めないと。自分の仕事の可能性を狭めるだけです。




一般的にはドライバー職は受け身な仕事の印象です。
用意された荷物を指定の場所にお届けするという、レール・ルールが決まっている仕事なのでまあ仕方がない。
しかし独立した軽ドライバーはもっと自由に出来るのです。

他人のレール・ルールの上で走るようなことをしたくて独立したわけではないと思う。そこにアイデアを取り入れ、よりオリジナルに満足度を高めて行けるのが本来の姿なはず。労働時間を短くしたり収入を増やしたりドライバー以外の仕事を同時にすることも自由。会社員では決して出来ないことを実現できる環境にあるのですから、いろいろな事にチャレンジして欲しいなぁ。30代40代なんてまだまだ気力も体力もあるはずですから、私から見れば羨ましい限りです。
自分の可能性を追い求め、素敵な働き方を見つけて下さい!



posted by ガラダマ at 12:33| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月15日

飛び込み営業したのに断りました

今週も配送仕事の中で「レオパレス」の建築中現場宛のものがありました。先日も同様のコメントをしたと思いますが、あの一連の事件の後でもあちこちでレオパレスのアパートが建築されている不思議。果たして入居者は集まるのかどうか、興味は尽きません。事件前に契約してしまったオーナーさん達の心境はいかに?


さて、毎日のように収入ネタを探し歩いております私ですが、そのジャンルは結構幅広く、収入を得るという行為はもう「働く」という概念からは遠い物となりつつあります。
というか、私の場合は今は正社員という働き方に全然魅力を感じていないし、通勤や朝礼・会議といった自分の時間を奪う要素がいっぱいある働き方を低い労働対価でやりたいと全然思わないのです。

幸い軽運送業については時給換算にすれば一般的なアルバイトの数倍という報酬になっているのでまだまだ続けていくことになるでしょうけど、これとてイタズラに労働時間が長くなったりすれば労働対価が低くなり単に稼げない仕事と成り得る可能性はある。
その仕事が自分にとっての価値観においてどうなのか?というのは常にチェックしておくべきで、複業のバランスを保っていく上では時間配分とともに骨格を成す部分です。


軽運送業の新規開拓というのも収入ネタを探す一つの方法です。私は地道にこの方面でも営業活動は続けておりまして、ゴールデンウィーク明けぐらいに1社飛び込み営業に成功しておりました。隙間仕事的にやりたい私と社員を雇いたくない先方の思惑という部分では一致していたのです。

この一ヵ月ほど先方と条件のすり合わせを続けてきたのですが、大変残念なことに労働時間と報酬のバランスが上手くまとまらず、正式にオファーを頂いておりましたけどお断りすることにいたしました。以前にも合意寸前でお断りした飛び込み営業の案件があったのですが、その時と同様に最後には労働対価の部分がネックとなりました。

請けようと思えば請けれる仕事内容だったのです。隙間的に出来る配送ではあったのですが、私が線引きしているドライバー仕事においての最低時給換算(1,500円)をちょこっと下回っており、そこの攻防でクリア出来なかった。まあ先方も人を雇いたくないという経済的な理由がある中でのアウトソーシングですから、賃金として譲れないラインがあるのは仕方がない。私の方も隙間時間という限界を抱えての交渉ですから無理して他の複業に影響を及ぼすわけにはいきません。他の複業より労働対価が上回るのであれば話は別で、複業の入れ替えも持さないのですが今回はそこに至らなかったということ。


オファーをお断りするというのは弱小個人事業主としては勿体無い話なのですけれど、目先の売上のために条件の悪い仕事を取って来て自分の首を絞めている会社を多数見て来ていますから、断る勇気も経営者としては必要だと思っています。
始めるのは簡単だが退くのは難しい。


軽運送業を失敗する人は自分の価値観と仕事の内容・条件がズレているのだと思います。まあこれは軽運送業に限った話ではありませんが、何をやっても上手くいかない人というのは己を知らないことに原因があることが多い。それを仕事のせいにしたり稼げないとかブラックと決めつけたりしているのもどうかと。


彼を知り己を知れば百戦殆うからず


進むのか?撤退するのか?

やってみて悩むことも時には大事ですけど、大抵のことは事前に準備しておけば有利に運ぶことが可能となる。己を知り尽くしていれば目先の条件や待遇に惑わされることなく自信を持って新しいことを始められます。

posted by ガラダマ at 05:17| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月07日

誤配会議

先週末、お世話になっている運送会社において軽の委託メンバーの中の1社で誤配が発生いたしました。

運送仕事においては「誤配」は、遅配や商品破損よりも重くみられているミステイクです。なのに日本のどこかで毎日のように起きているヒューマンエラー。一体何が原因で起きてしまうのでしょうか?


会社によって誤配時の対応はいろいろでしょうが、この会社では誤配が起きると必ず全員招集の朝礼と会議が行われます。今回は委託メンバーの誤配でしたので軽の委託メンバーだけによる会議が始業前に行われました。

基本的には会議というより見せしめ的な吊し上げの場です。当事者による状況説明と原因追求、反省の弁と防止策についてが30分ほどの会議の中で行われます。運送仕事に関するシーンの中でこれほど気分の悪い時間は無いと思えます。特に当事者であればいたたまれない空気・時間の流れを感じることになります。

まあ2度とこんな思いをしたくないとわからせるために厳しくやっている部分もありますけど、それでも1つの会社で年に数回は委託やら社員ドライバーがやらかしてしまうのですから、1万社以上あると言われている運送会社全体の誤配数はかなりのものになる。もしかしたらブログ読者様の頼んだ荷物が誤配の被害に遭う確率は、宝くじに当たる確率よりう〜んと高いかも ^^;




こんな実情を話すと怖くて軽運送業なんてやりたくないと思ってしまうかも知れませんね。でも普通に仕事していれば誤配は回避できることなんですけどね。しっかり伝票に記載されている情報を読み取り、少しでも不安を感じたら面倒臭がらずに地図でチェックする。それでも不明な部分があれば配達先にTEL(大抵お届け先の電話番号は記載されている)して確認する。

誤配が起きる原因のほとんどがドライバーの思い込みによるものです。特に仕事に慣れて来た頃が一番危ない。住所の枝番の途中まで一緒・苗字も一緒なんていう宅配荷物はいくらでもある。枝番の最後までチェックしなかったばかりに起きる誤配は多い。

宅配に限らず商業貨物便の仕事でも思い込みはある。いや、宅配より思い込みをしやすいのは商業貨物便です。特に最近はコンビニやドラッグストアがドミナント戦略で狭いエリアに集中したりしてるので、ほぼ同じ住所なのに同じチェーンで複数店舗があるケースが増えている。移り変わりが激しいので地図に反映されていないこともしばしば。先日配達したコンビニの荷物と同様のものが、似た住所・同じチェーン店名で来たら危険です。そのエリアに複数店あることを知らなければ更に誤配する確率が高まる。私の周辺で起きている誤配もほぼこのケースです。

一応コンビニやドラッグストアにはそれぞれ ○○○○店 と別名称がついているので、表札の無い個人宅への配達よりはまだマシなのですが、時間に追われ思い込んでいるドライバーの心境としては「最後の確認」を怠っちゃうのはわかるなぁ。私もそういうところは結構あるし、よくあるのが配達指定日の見落とし。相手先で納品寸前に気付くことがある。積込み時に荷物と個数と住所を確認することに集中していると指定日を見落として無駄に持ち出しちゃうんです。それでも相手に渡さず持ち戻れば問題ないんですけどね。


でも委託のドライバーには基本的に難しい内容の配達は無いと言ってもよいのではないかと。
せいぜい道が狭いとか相手先に独自の不在時間があるとか。
まあこういう類のものはやって覚えるものですから、どんな仕事にもあるようなことだし慣れればどうということはない。むしろ慣れる前に辞めてしまうような諦め癖がついてしまっている方が問題かと。
慣れれば時間も収入も手に入れることができますよ!




今日は午後から悪天候予報でした。
こんな日はいかに早く配達するかがポイントになる。
お昼前から雨が降り出しましたが、幸い荷量も多くなく副業の配送ともども雨の影響が少ない午後1に終了することができました。

午後はフリーの金曜日。土砂降りの外を眺めながらファミレスで優雅なひと時を過ごしておりました。読書が進みます。
今日のデザートは先日の誤配会議の口直し。290円です。

20190607_163730.jpg



こういう時間を持てる働き方、気に入ってます。
ドライバー仕事が気に入っているわけではないッス(^_^;)







posted by ガラダマ at 21:40| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

選択肢はドライバーにあり!

令和になって1か月が過ぎましたが、皆様の生活には何か変化がありましたでしょうか?

年中忙しそうな宅配の仕事とは違い、商業貨物便というジャンルは繁忙期・閑散期の差があります。特にここ数年は日本人の慣習が変わってきたのか、お中元お歳暮の類の荷物が以前に比べて明らかに減っています。

景気の影響を受けるボーナス商戦時期もさして盛り上がりを感じず、家電等の小型化や店舗の在庫調整による小口発送化によりトラックの稼働率も悪くなってきているようです。皮肉にもトラック稼働率が低下しているからドライバーの人手不足が何とかなっている(笑)



皆様もお気付きでしょうけれど、最近宅配で荷物を運んでくる業者がいろいろ増えたと思いませんか?
昔はほぼ佐川急便・ヤマト運輸・日本郵便・日本通運(実際は大手のユニフォーム着用の委託かも知れませんが)のいずれかでしたが、聞いたことのないような社名やアルバイト・フリーター風の服装とか。パッと見、何が届いたのか思い浮かばなかったりします。

アマゾンも佐川が降りヤマトが悲鳴を上げたため、デリバリープロバイダーという協力会社に重点を移してみたのですが、これがまたすこぶる評判が悪い。ヤマトのきめ細かいサービスと比較すればどこの業者でも劣るのは仕方がないのですが、仕方がないで済まされないレベル。ネット上では悪評が飛び交っていますし私も実際デリバリープロバイダーの配達で嫌な思いをしました。

アマゾンがデリバリープロバイダー構想を発表した時に、選ばれた運送会社のうちの一つの会社の社長が鼻息荒く「ドライバーを1万人確保する」と大風呂敷を広げておりましたが、私はドライバーの質の低下を心配しておりました。

ただでさえ人手不足の運送業界にドライバーを1万人確保なんて正気の沙汰ではない。あの手この手で無理やり人をかき集めたって短期間で戦力になる者がどれだけになるか想像できそうなもの。特に運送業界は人を育てるのが上手くないわけですから、この経営者も降って湧いた新事業に目が眩み地に足つけた運営が出来ていないのでしょう。他のデリバリープロバイダーの評判も酷いものです。


私は常に求人チェックしている関係で、明らかにデリバリープロバイダーとわかる業者に仕事内容の問い合わせをしてみました。やはり仕事はアマゾンの宅配で条件は最低でも1日8時間以上、週5日以上。荷物数のノルマは無いとは言っていましたが問い詰めたところ徐々にノルマ的に数量を増やすとのこと。

まあこれは一般的な軽運送業の仕事と言えます。特に厳しいという内容でもないし普通に月30万以上にはなる働き方。
独立したといっても以前はこういう会社員的な働き方が軽運送業のスタートとしてポピュラーでした。副業やり放題・人付き合いのない気楽さと社会保険自分持ちのデメリットを天秤にかけるような感じです。



しかし今は軽運送業の世界は大きく変わりつつあります。
まず上記のような金太郎飴のような働き方から人それぞれにカスタマイズ可能となる働き方が選べるようになって来ました。午前だけ働きたいとか週4日だけとか自由度がかなり認められている求人が増えています。まあこれはあまりの人手不足で条件を相当緩めないと人が集まらないという部分が大きい。

支払いサイクルも短くなっています。旧態依然の運送業界は末締め翌々月払いみたいな2か月後というのが多い。私もそうです。しかし今は会社員と同様の翌月払いは当たり前、アマゾンは毎週給料日です。こういう部分も人手不足対策としては有効ですね。

時給制も何故か増えている。ドライバー初心者でも最低限の収入は確保できるので、まあアルバイト的に始めるのであれば良いかも知れません。慣れたら配達個数単価制の仕事に移れば良いし。これも入口のハードルを低くするという人手不足対策の一つでしょうか。

中間搾取排除の流れが出て来ました。人手不足の原因は元請けのような中間搾取者が間にいることでドライバーの報酬が押さえられていることにもなる。荷主の払う金額が一緒でドライバーの報酬も増え、そこにドライバーが集まるという好循環が生まれれば労働時間減少にも繋がっていく。デリバリープロバイダーのような中間搾取するだけで荷主や物流の評判を下げる存在は不要という雰囲気は大きくなってます。

究極の働き方はアマゾンやピックゴ―のようにアプリ登録型でやりたい時だけやれるという契約。「明日ちょっと時間出来たから」なんて時に選択できる仕事の中からピックアップしてプチっとクリックするだけ。やりたくない時は何も選択せずにしていればOK。事前シフト制とも違い完全に自分の都合でやるやらないを決める事が出来る。こんな働き方が軽運送業の中で広がっています。軽運送業以外にも何かやりたい事がある場合などはこちらを副業として取り入れれば時間の有効活用が出来ますね。



運送業界も長時間拘束・ハードというイメージを払拭し、収入も見合ったものにしていけば人手不足解消に向けての道筋は残されていると思います。ドライバー主体に働き方が構築できるのであれば、副業と組み合わせる等で収入の可能性は大きく広がっていきます。それは私が実践してきたので間違いのないところ。

過去に囚われず今の軽運送業の可能性をしっかり把握できれば、多くの人に働き方の選択肢として加えることが出来ると思います。もう「この仕事で一生食っていく」というような時代ではないですよね。働き方・収入の作り方は自分で考え構築していく時代。どこかに雇用され他人の時間で生きることが、貴方が生まれ・存在している意義なのでしょうか?





posted by ガラダマ at 11:39| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

「働き方改革」の前に「意識改革」

暑いけど好天が続いている横浜エリア。
今日も昼間は引きこもって働いて(?)ます。
最近は平日は読書やセミナー視聴(YouTube)というINPUT、週末はブログや執筆仕事というOUTPUT作業とすっかり時間の使い方の住み分けをしております。

普通の人がテレビ観たりくつろいでいる時間になんでそんなことしてるの?と問われれば、これは自分流の働き方改革の一環ということになりましょうか。もちろんリラックスすることは大事だし自宅で仕事してると言っても一般的な概念の「仕事」とは全然違いますから、本人的にはストレスでも何でもない。別に誰に命令されてやっているわけでもないけど必要性を感じているからやっています。


会社員時代には私も仕事とか働く事を勘違いしてました。軽運送業で独立してみて、働くこと・収入を作ることは他力本願には出来ないなぁと強く感じましたし、自分に出来ること・やるべきことを整理して実行することの重要さを肌で感じています。

この「肌で感じる」という部分が実は大切であり、いくら情報社会とは言えパソコンやスマホから得られる疑似体験や「知ったつもり」の浅知恵では到底得られない感覚がそこにはあります。巷の軽運送業に対する批評と実際にやっている側の体感に温度差があるのも「知ったつもり」と「肌で感じている」違いなのだと思います。

ただせっかく肌で感じていても、そこから先の行動で結果は全然違うものになる。まだまだ何か出来る余地があるにも関わらず「仕事をしている」という変な安心感・慢心感で研究・工夫を止めてしまう人は結構多い。そういう人に限って「稼げねぇ仕事だ」と愚痴をこぼす。何度も言ってますけど「稼げねぇ」のではなく「本気で稼ごうとしていない」だけ。

本当に稼ぎたいのであれば家帰ってダラダラとテレビ見てないで2時間でも副業すればいい。時給1,000円でも週5で1万円、月に4万円以上収入増やせるではないか。4時間頑張れば8万円以上増やすことができるという発想に至らずに愚痴を言うのが不思議。本業で月収5万増やすのは確かに難しいでしょう。しかし自分が出来る事をやっていないのだから本気で稼ごうとしていないだけ。
もっと自分の潜在的な可能性を掘り起こすべきです。




幸い私は軽運送業の世界を「肌で感じる」ことが出来ましたので、危機感を持って出来る事はやるようにしています。複業もそうですしINPUT・OUTPUTもそう。執筆仕事だって家で寝転がってやっても収入にできるようなことですからやらない理由はない。折しもここ数年で働く事に関する意識が高まってきているのですから、働き方改革の前に意識改革をするべきです。

「何かの職についている」というのはもはや安心でも将来を約束されているわけでもない。普通に暮らしている会社員より苦労しているフリーランスの方がこれからの混沌としていく社会においては適応力があるはずです。

社会の変化・流れを読み、いかに対応していくか。
どうやったら自分を活かすことができるのか?
そこを疎かにしないで欲しいのです。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
☆      らくらく小遣い稼ぎができるサービスのお知らせ     ☆
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


 ●/ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
∠■ < チョー簡単在宅ワークで小遣い稼ぎ!現金ゲット!
/ > \_____________________________


★メリット1  テキスト作成などの簡単な在宅ワークで現金が稼げる! ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 サグーワークスは、150〜400文字程度のテキスト作成など、
 簡単なお仕事でポイントが貯まって、現金に換金できます!

★メリット2  ネット完結案件多数のため、主婦の空いた時間にできる!┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 サグーワークスの案件は、ほとんどネットで完結する案件ばかり!
 だからちょこっと空いた時間にお小遣い稼ぎができちゃいます♪

★メリット3  高水準のポイント数だから、ちゃんと稼げる!     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 サグーワークスの案件は、簡単なわりに高水準のポイント付与数!
 時間の隙間を使いながら稼げるから、主婦にも最適です♪

     




posted by ガラダマ at 10:07| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする