2019年12月07日

ながら運転の取り締まりを見た!

今朝、横浜では初雪を観測されたらしい。
確かに今週は朝が寒く感じています。もう冬なんですね。

今日は運送の仕事は入れてません。
朝からwebライターのクライアントから緊急の執筆依頼がありまして、速攻午前中に1本仕上げました。
週末は完全にwebライターの仕事を中心に回っています。

このブログを書いた後、別のクライアントの案件を少し書いてから夕方から倉庫仕分けに行きます。書き残った分は今夜か明日の昼間の予定。
もう自分の本業が何だかわけわかりません(笑)
こんな働き方で会社員よりかなり多い収入になるのですから面白い時代になったものです。
定職を持たなくても、いや持たない方が稼げたりする。
時間のあるシニアにとって希望の持てる働き方が可能なんです。


さて、12月1日より改正労働法が施行され、ながら運転が厳しく罰せられることになりました。
今週は運転する者はピリピリしてハンドルを握っていたはずなのですが、ピリピリしてスマホも握って運転していた者もいたようで、運送の仕事中に数台取り締まられている現場を見ました。

私は月曜日は本業の運送仕事をしていないので気が付かなかったのですが、3日の火曜日、横浜の南部エリアでは昼間恐ろしいほどの白バイとパトカーが街中を走り回っておりました。

ただでさえながら運転が多いのですから、いくら法改正された直後とはいえあれだけの数の警察官が繰り出したら誰かしら引っかかるだろうなと思っていたら、案の定あちこちで路上で警察に取り締まれていました。
ながら運転は減点3。すでに3点やってる方はその場で免停です。自転車や歩行者との軽微な接触でもあれば減点6.即免停です。
ドライバー職で3点やってる人は珍しくないです。
そういう目で取り締まり現場を見ておりました。

こういう現場のそばを通過する時はちょっと注意しないとね。
オマエ今、現場を「見ながら運転」していただろ!と言いがかりをつけられるかもしれませんから ^^;

走行しながらの取り締まりばかりではなく、路地に潜んで獲物を狙っている白バイも何台も見つけました。
毎日これぐらいのボリュームで取り締まりされたら、運送業なんて成り立たなくなってしまいます。
路駐も歩行者優先義務も信号待ち中の地図確認もほんの些細な行動が後ろ指さされるようになると、法を厳守しないことで何とか回っている運送業は滅亡の危機を迎えるかも。


以前からブログでは「運送業界のビジネスモデルはおかしい」と肌で感じたことを発信してきました。
ここにきて労働法や道路法の見直しや規制が厳しくなってきたことで、運送会社が利益を出す以前に会社を存続させることが困難になってきたことが明らかになってきています。

おかしなビジネスモデルが露呈されてきたのに具体的な対策ができない運送会社が多すぎる。
こうした会社がどんどん淘汰され、運送業界が規制緩和前の適正な会社数に戻れば運賃のダンピングもなくなるだろうし運賃も適正水準に戻っていくでしょう。
今の荷量を考えると運送会社は給料をどんどん上げ人材不足問題が解消していくかもしれないし、割に合わない仕事を請けずに済むかもしれない。

それにはドライバーの労働時間をしっかり管理し社会保険等の福利厚生を充実させることです。今は社会保険すら加入させないで働かせている会社もいくつもあり、ちょっと知識がある者ならこのような業界で働こうとは思いませんよね。いつまでたっても人手不足が解消しない原因を経営者はわかっているのだろうか?

車両と需要があるのに人がいないから仕事ができない

こんな状況を放置・改善できないでいる経営者には当然の報いと言えますが、毎日必死に働いているドライバーは報われない。
早急に報われる仕事になって欲しいし、普通に働ける環境を整備すればドライバーという仕事も見直されるはずです。

posted by ガラダマ at 14:18| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月01日

ながら運転はどこまでが「〜ながら」?

今日、2019年12月1日より改正道交法が施行されています。

運転中のスマホや携帯の操作・通話・画面の注視についての罰則規定が非常に厳しくなっています。
単に見つかった場合、違反点数は3点。それまでに点数3点以上ある方はそこで「免停」になってしまう。

更にながら運転で事故等を起こした場合、違反点数は6点!即免停と酒気帯び運転と同じような厳しさです。

運転中に無意識にスマホや携帯を触ってしまう人は要注意ですな。また運転中でも頻繁に連絡が来て応対をしなければならない営業マンや運送業ドライバーはハンズフリーイヤホン等が必須アイテムになります。
グッズを持っていても使ってない人もいますよねー ^^;


スマホや携帯が対象の柱となっていますが、ながら運転の対象はそれだけではありません。
カーナビやドライブレコーダーの運転中の操作や画面の注視も取り締まりされる可能性が高いです。車載TVなどは走行中にテレビ映像が流れていればまさに周囲から目立ちます。ターゲットとして追尾され画面の注視が確認され次第「ウゥゥ〜」とサイレンの音が鳴り響いて路肩へ停止命令が!という悪夢が待っている。

走行中のスマホやカーナビの操作というのは危険というのはわかる。画面を見ながら走行するのも危険だとわかる。じゃあどこまでがセーフなのか?というグレーゾーンが存在することも事実。


操作という行為はちゃんと前方を見て運転していてもアウト?

片手でハンドル握り片手で周囲から見えない位置で操作したら大丈夫じゃない?と思う人はいるでしょう。
カーナビの画面をタッチするのは周囲からわかります。画面見ずに操作するのもちょっと現実的ではないのでチラチラと画面を見る人はよくみかけます。これは注視していなくても後ろに警察がいたら停止させられるでしょう。


スマホや携帯をわからないようにいじるのはどう?

正直運転中に顔が正面を向いていれば周囲からは操作行為の確認はほぼ無理でしょうね。ただハンドルから片手が離れていて時折顔が下方を向いてしまう人は警察は注目すると思います。

私も一度ネズミ捕りしているところで速度超過せずに走っていたのに「???」と停止を求められことがありました。
そこで「携帯の操作をしていませんでしたか?」と質問され「いいえ?」と答えると「携帯を確認させてください」と言って通話履歴の確認をさせられました。

私も全く身に覚えのないことでしたので完全に濡れ衣でしたね。恐らく前後を走っていた車両と間違えたのだと思いますが、今後はグレーの行為をしていて停車を命じられた場合、全力で否定しても通話履歴・操作履歴の確認は覚悟しておきましょう。


画面の注視ってチラ見もダメなの?

注視とチラ見は違います。どこで線引きするのかというのも微妙な判定になることが予想され、トラブルになりそうですね。
一応「2秒」というのが一つの目安になるようです。

走行中のナビ地図をチラ見するぐらいは許容範囲ですが2秒を超えて画面を見ていると注視になる。だからといって1秒ならOKかというとそうでもないらしい。操作を伴っての1秒は印象悪いみたいです。
ちなみにスマホや携帯の操作は手に持って行うと何秒とか関係なくアウトになるようです。最低限車載用のホルダーに固定(ホルダーに固定していても走行中の操作はアウト)しておいた方が周囲の誤解は防ぎやすい。


信号待ちや渋滞時の停止状態の時はOK?

これは警察の見解ではセーフらしいのですが、その時の状況や警察官によっては取り締まりの対象になる可能性があるのだと。
操作や注視が原因で発進が遅れたりすると立場は悪くなるかも。


次はドライバー職あるあるのケースで検証します。

運転中に地図や伝票を見るのはながら運転ですか?

今回の改正法では地図や伝票という具体的な指摘は謳われていないようですが、「〜なから」という行為に該当します。
基本的に運転中の視界・意識を妨げる行為を摘発していこうという趣旨なので、〜ながらの対象はスマホもカーナビも地図もある意味同じようなものだということはわかりますよね。

同様に何かを食べながら、マンガを読みながら、ゲームをやりながら、というのは広く該当すると思っていた方が良いでしょう。
私は信号待ちの時とかに菓子パンやおにぎりを食べたりお茶飲んだりしてますけど、今後はちょっと注意したいなと。

特にドライバー職の人はちょっと電話かかってきて無造作にスマホや携帯持って応対して運悪く取り締まられ「3点」「違反金18,000円」というのはアホらしくて仕事なんてやってられませんね。
1日の報酬以上の罰金って何のために働いていてるんだか・・・

信号待ちでちょっとスマホいじって発信した瞬間に横にいたバイクや自転車と接触したら即免停ですよ!
最短でも30日の免停期間。それまでの違反点数によっては60日以上の免停期間になる。懲役刑や30万円以下の罰金とかもあるので職を失うかもしれないし生活も危うくなります。

今後も「煽り運転」等の道交法に関する罰則が強化されていくでしょうから、ますますドライバーをやるリスクが高くなり旨味が無くなっていきます。
特にAmazon Flex 等のスマホアプリを使った仕事は要注意です。


それでもリスクだらけのドライバーやりたいですか?


posted by ガラダマ at 12:20| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

量より質!

繁忙期の足音がヒタヒタと忍び寄ってくる11月になりました。
今年は年号も変わり増税もあったのですが、特筆するほどの恩恵は運送業界にはなかったようです。

Amazon Flex や ウーバーイーツ といった登録型の働き方が注目を集める一方で、業界トップのヤマト運輸が大赤字と迷走していることで運送業界の将来像が混沌としてきました。
働き方改革の流れに乗った新興勢力と流れを誤った旧勢力という図式になりましょうか。もう社員という偽りの安心より、自由という潜在的願望を満たす働き方が勝つ時代になってきたのでしょうか。

片や朝から夜遅くまで働かされて40万稼げるかどうかという働き方と、片や昼間好きな時に働いて20万ぐらい+副業で10万ちょい稼げれば良いという働き方。
皆様ならどちらを選択されるでしょうか?

私は軽運送業スタートして最初の頃は前者であり、経験を増すごとに後者のタイプになっています。不思議なことに働かされている状態から好きに働く状態になるにつれ収入が増えていってます。これは自分にとって凄く自信になっています。
たくさん働けばいいってもんじゃねーなと。量より質ですね。


運送の仕事にも似たようなことが言えます。たくさん運べばいいってもんじゃないよねーという荷物。

運賃って大体が重量と距離で決まります。後は付帯作業の有無とか難易度とか。これは引っ越し業者の運賃体系と似ているところがあって、例えば車が入って行けないとかエレベーターが無く手運び階段上げ、一人では荷降ろしできないものとか・・・

難易度が高く運賃が割に合わない仕事は大抵大手は敬遠し、中小の運送会社が競って奪い合うような構図になる。だから運賃は上がらないし逆に値引き合戦みたいなことをいつまでも続けているからドライバーの給料は上がらない。
質より量で稼ぐしかない仕事には人は集まらないし、この先も稼げるように思えない。


自分がお世話になっている運送会社にもそのような傾向がみられるのが悲しい。
運送会社の営業も何かしら仕事を取って来ないと自分の立場が危うくなるので、質より量的に仕事をかき集めて来る。運送仕事に限らず新しく獲得できる仕事なんてそうそう美味しいものは無いですよね。ここ数年新規で回ってくる仕事はホントに質が落ちてるなぁと感じます。

他社がやらないような仕事を平気で取ってくる。しかも運賃も安い。中には明らかにやらない方が良いものもあるのですが、社畜と化したドライバーはただ運ぶだけ。会社は見せかけの売上が増えるなら中身はお構いなし。経営的にはプラスにならない仕事なのでドライバーは苦労する割に給料は上がらない。労働対価は悪くなるばかりですけどそこを深く考えないからドライバーはいつまでたっても地位向上を果たせない。

ここで首切られたらもう行くとこ無いという弱みを会社につけ込まれて、低賃金長時間労働という働き方に文句も言えずそれが当たり前になってしまっている。


そこなんですよねぇ、問題は。
労働時間という「量」が増えても給料が増えないことをもっと突き詰めていかないと。
自分の働き方の「質」を追求していかないと社畜で終わる。給料が貰えるものと考えている限りは会社にいいように使われるだけ。自分で働き方や収入手段を本気で考えた時、新しい景色が見えて来るはずです。

雇用されることが生きる手段の全てと考えてはいけない。
「量」で働ける人間なんていくらでもいます。「質」で働ける人間は雇用されないことにチャンスを感じます。

今の仕事を辞めて生きて行く方法を3つ考えてみてください。

1個も思い付かない人は危険です。情報弱者かもしれない。
無理やり考えてください。実現性が薄くてもよいので自分の常識を外して考える習慣をつけましょう。

量より質の働き方を意識すれば発想が豊かになります。豊かな発想の中から自分に合ったものがきっと見つかります。量に流される毎日では人生を楽しむ暇も無くなってしまいます。

せっかくの人生、自分が確かに「そこ」に存在したという足跡を残したいなぁ・・・





posted by ガラダマ at 06:54| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

久々に体調悪いっス

関東は昨日は台風のような激しい雨でしたね。

先週末あたりから風邪をひいたようで鼻水が止まりません。
もう1週間こんな状態が続いています。幸い熱発してダウンするところまではいってませんが、集中力が少々落ちているかなと感じます。

先週末はたまたまwebライターの案件が集中してしまい、風邪の影響もあっていつもよりちょっぴり納期をいただき書き上げましたが、やはり少々頭がボーッとしていた感じがありあまり満足いく出来栄えにはなっていなかったかもしれないなぁ。

体調悪いと肉体労働は辛いですけど頭脳労働もなかなか辛いものがありますね。文章構成考えているとどんどんダルくなってしまいます。この1週間は家では真冬のような格好で過ごしてますけど、まだ寒気がします。厚手の靴下まで履いて寝てます^^;

オマケに昨日の大雨の中で配送仕事してましたから深夜になってまた顔が火照ってきてます。夕方の一人ミーティング終えてから帰って来て速攻昼寝(?)しました。このブログ書いたらまた朝寝しますけど次起きたら熱出てたら嫌だなぁ・・・


私のまわりのトラックドライバーさん達は風邪ひくと簡単に会社休んだりしますが、何だかわかる気がします。
熱出ると身体の節々に力が入らなくなるんですよねぇ。薬も飲んじゃうし集中して運転できる状態ではなくなるので、大きな事故に繋がるよりは休むという選択はある意味正しいと思います。運転だけでなく力仕事もありますから。まあ繁忙期でない場合だけですけどね。

軽運送やってる同士の皆さんはいよいよ体調がヤバくなった時も無理しちゃうのでしょうか?
完全出来高ですと1日の休みが生活に大きく響きますもんね。

肉体労働ができない時のための在宅ワークなのですが、クオリティを追求するなら体調管理は大事ですな。ボーっとした頭でやっつけることができるほど甘い仕事でもないことがよくわかりました。何より集中力が続かないのが辛い。布団の中でもできますけど(笑)


来年のオリンピックの競歩やらマラソンの場所やら時間やらがすったもんだしてますけど、出場する選手当事者はたまったもんじゃないですね。気温・時差など1年かけて対策してるのにいまだ決定してないのですから。
開催国の有利さは果たしてどこまであるのでしょうか?




posted by ガラダマ at 08:58| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月12日

備えあれば憂い・・・なし?

横浜エリアは朝7時過ぎに警戒レベル3相当、大雨・洪水・暴風警報並びに雷・高潮・波浪・竜巻注意報、および避難勧告の地域が時間とともに増えていってます。まだ雨も風も普通ですが、これが数時間後にはあの台風15号の時の恐怖が再現される・・・

前回は真夜中でしたので外の様子とか全くわからず、ただマンションをも揺らす暴風の音、窓ガラスが割れるのではないかという恐怖に怯え耐えるばかり。交通機関が麻痺するのがわかっていても通勤しなければという変な緊張感・興奮により寝付けなかった人も多かったのではないでしょうか?

割と短時間で恐怖から解放された前回と違って、今回の台風は規模が大きすぎてあの恐怖と緊張が長時間に及ぶ。
幸いというか週末であったことがせめてもの救いか。もちろんこんな状況でも仕事場に向かわなければならない人もいるし休めない人もいる。そういう方々に感謝と尊敬の念を持って過ごすしかないですね。


今回は過去の教訓と世の風潮から休みを決めた企業も増えました。最近は鉄道関係は計画運休の告知のタイミングがしっかりしてきたので、無駄に駅に行ってガッカリすることも減ってきました。
スーパーなどの小売業も消費者の食料品などの事前の買い込みもあって品不足。物流も滞るので当日休業という英断をするようになった。そして物流を担う運送業界も大手2社が社員の安全と道路事情を考慮して被害が予想されるエリアで早々と営業中止を発表してくれたことにより、他社も決断がしやすくなった。

このように仕組みの上流がきちんと決断すれば、その下に位置して働く者に安全という恩恵が降り注ぐ。労働者だって生身の人間ですから危ないとわかっている状況で働かされるのは嫌ですよね。


東日本大震災があった当日や翌日にも普通に業務をしようとしていた運送業界が、前日に休業を決め込むなんてこの業界に従事する者にとってはホントに驚きです。
しかしこうした流れの空気を読めない者もいまだにいる。

今回の台風が週末に日本を直撃しそうだというのは何日も前からわかっていたこと。混乱することがわかっているのにわざわざ土曜日に配達指定してきた者が多数いました。しかも土曜日に台風が直撃する確率が高まるにつれ土曜日指定の荷物が増えていく。指定する側は一体何を考えているのか。

昨日既報の通り運送会社の多くは土曜日の配送業務を中止決定しました。土曜日指定してきたお客様には一応その旨をお伝えしご理解ご協力をお願いするのですが、中には激怒する客もいるのです。たった一人・たった一社の荷物のために何人もの従業員が出社して対応する理不尽さは過去には当たり前だったかもしれないが今は違う。こういう客に限って不在再配達・また不在ということを平気でする。配送を無料のサービスとして軽視しているとしか思えません。「台風だろうが何だろうが配達するのはお前らの仕事だろ!」という態度を露骨に表す。

こういう人って暴風雨の中、無理に配達に行けば「遅いよ!」「大事な荷物が濡れちゃってるじゃねーか」と更に難癖をつけくるタイプが多い。無理難題を押し付けて人を攻撃することに快感を求めているのだろうか?煽り運転するタイプっぽいぞ。




結局この顛末はどうなったかは知りませんが、台風が来る日を知っていながら配達を請けてしまう側にも問題はある。依頼があった時点で土曜台風上陸という確率が高いのがわかっていたにも関わらず断らなかったわけですし、土曜日休業しまーす!というのは後出しジャンケンである。

とりあえず請けてしまえ!という丼勘定的な伝統的な業界や会社の慣習と、働き方改革や従業員重視という厳しい世間の目を意識しなければならなくなった現状の板挟みになっちゃってるんですな。


個人事業主にも言えることですけど、とりあえず請けちゃえというのはトラブルのもとになりやすい。ダブルブッキングしたり自分のキャパを超えた仕事だったりすれば相手に迷惑をかけることになる。

断ることも自己管理の一つです。自分のスケジュールや能力をしっかり把握し、「今ならこのぐらいの仕事ならできるな」と常に意識しておくことが大切です。売上げ第一とか相手にいい顔しようと背伸びした働き方をしていると、結局仕事と時間に追われるだけの生活になってしまう。労働対価とかは2の次になり、安価でいいように使われていることに気付かなくなる。
安価で条件の悪い仕事が自分に来るということは、自分が安価の価値しかないと思われていると危惧した方がよい。
自分の価値を上げる働き方を模索していかないとね。


2〜3日分の食料品は確保し、ベランダは片付け浴槽に水も溜めました。スマホやパソコンは満充電しモバイルバッテリーも満充電して台風が無事に通り過ぎるのをじっと待つだけ。
地震災害と違って自分の意思で行動に工夫ができます。

今日は肉体労働をキャンセルし在宅ワークで収入を確保します。
最近時間が取れなかった読書などは外出できない日の最高の過ごし方になります。家から出られないという特殊な状況をいかに活用していくか。
老いて動けなくなる自分の未来を想像して過ごしましょう。




posted by ガラダマ at 10:26| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする