2018年11月17日

長く働きたいなら

昨日は本業をお休みしてMRI検査をしてきました。

膵臓に腫瘍が発覚して以来、数か月おきに欠かさず検査をしておりますが、腎臓内の石の検査と合わせて隔月でどちらかの精密検査を受けているような状況がここ数年続いております。年間の検査医療費はバカにならない額になりますが、放置して緊急手術のようなことになれば、もっと大変なことになる。

手術費用は保険で何とかなるかもしれませんが、サラリーマンではないので職場復帰までは収入が途絶えるわけですからそちらの方が怖い。開腹手術とかだとガテン系の仕事復帰には下手したら数か月かかるかもしれません。であれば年に数日仕事を休むぐらいのことは自分への先行投資と考えれば納得もいく。

自営業もしくは個人事業主の場合、自主性が無いと体のケアや定期健診が疎かになりがちですが、中高年なら最低でも年に一度は健康診断なり人間ドッグを受けた方が良い、いや絶対受けるべきです。後々後悔しないためにも。腰痛等の慢性的な悩みも、治療せず我慢を続ければ更に悪化していくだけですから、一度専門医にしっかりと診察してもらい改善に向けたアドバイスを受けるべきです。長く働いていきたいならば。

ドライバー職は本当に腰痛持ちが多いですし休もうとしない(休めない?)。それが逆に労働寿命を縮めていることに気付かないと。変に会社への忠誠心を示して無理したところで、働けなくなれば即切られるだけです。頭の悪い経営者は、このご時世でも代わりの人間はいくらでもいると思ってますから、そんな薄情な社長・会社のために我慢していた自分が情けなくなりますよ。


フリーランス的な働き方をしていると、食事時間や職場・仕事内容が不定期になりがちで不規則な生活を強いられることが多く、自覚のないストレスが肉体に蓄積されやすくなる。自律神経が乱れてくれば体調だけでなく集中力の欠如やイライラ・鬱等、ドライバー職にとっては大事故に直結するような状況が形成されてしまう。

会社員のように業務命令に従わざるを得ないのとは違って、「やらない」という選択肢もあるのですが、個人事業主の場合はどうしても弱い立場に置かれがちで無理してでも請け負ってしまうケースが多々ある。委託契約であれば労災保険に加入していない状況もあるでしょうから、事故だ過労死だとなっても労災が適用されないリスクは把握して仕事に臨むべきです。自分の限界を知り、断る勇気を含めて自己管理能力が求められるところです。

会社のためではなく、自分・家族のためを優先に働ける環境を模索することがライフワークバランスに繋がるかと。仕事はいくらでもあるが、貴方や家族は一つしかないのですから。








posted by ガラダマ at 09:58| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

トラックドライバー転職の参考動画

YouTube見てたらトラックドライバーの労働環境・待遇に関する動画が沢山ありましたので、ごく一部ですがまとめてみました。
軽運送業じゃ物足りないと思っている方に参考になるかな?



なぜ?ドライバーが集まらないのか?


物流業界の人材不足について【報道ステーション放送】


トラックドライバーの証言 ーこのままでは物流が止まってしまうー

国の血液<gラック業界 運転手の過酷な現実

運送業でよくある歩合制の実態は?やればやるだけ稼げるの?【トラック雑談】

運送業の8割はブラックだと思う|単価安すぎワロタ【トラック雑談】

上場企業の大型トラックの待遇を暴露します(笑)【月収は?休みは?残業は?】

トラック業界の雇用は改善に向かうのか?

優良会社→ブラックへ【転職大失敗】トラック運転手の末路!! 〜そして再逆転・・・〜



昨日ご紹介した軽運送業とトラック仕事の違いが何となくわかってきたのではないでしょうか。
同じ運送業・ドライバー仕事でも、収入や働き方がなんで大きく違うのか?まあ社員と委託という立場の違いも大きいのですが。
何かの参考になりますかね〜?




■ 黒・緑ナンバー車の保険でお悩みの方へ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ネットで早い!はたらくクルマの法人自動車保険

今や自動車保険はネットでの加入も簡単で身近なものとなって来ました。
ところがトラックやダンプと言った黒ナンバー・緑ナンバーの
「事業用車両の自動車保険」となるとそうは行きません。

事業用となるとネットで保険を検討できる保険会社は限られている上、
加入できる車種も限定されています。

多くの社長さんや事業主さんは自動車保険に加入する事に意外にも
苦労している事実があります。

そこで「はたらくクルマの自動車保険」のご紹介です。
このサイトではネットでの加入が難しいと言われている黒ナンバー・
緑ナンバーと言った事業用の自動車保険を専門にしており、「全国対応」
「手続きカンタン」「保険開始もスピーディ」「最短即日加入も可能」
の全力対応がスゴイです。

引受保険会社も大手損害保険会社で安心ですヨ。


https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TVMY8+17GNXU+3EV2+NTZCJ








posted by ガラダマ at 00:00| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

軽運送業の参考になる?動画

YouTubeに軽運送業に興味がある人に参考になりそうな動画が沢山ありましたので一部を抜粋してみました。


軽貨物運送の始め方 part1(登録&手続き) 軽貨物運送をベースに個人事業と掛け合わせ、自分流の充実ライフスタイルを構築する新時代の最強ワークスタイル


これから軽貨物運送ドライバーを検討している方へのメッセージ

【軽貨物運送の問題点を解決!】 株式会社ADL


〜宅配サービス・過酷な実態〜

軽貨物ドライバーへインタビュー | ドライバー 求人

軽貨物 運送 ドライバー 求人 成功法則 東京都

軽貨物 運送 ドライバー 求人 クレーム第一位はにおい 葛飾区

人手不足倒産は道路貨物運送業が最多



情報をどう解釈するかは皆さま次第。

10年前は参考になる動画なんてあまりなかったぞ。羨ましい。
便利といえば便利ですが、これでますます悩んで動けない人もいるんだろうなぁ。
素敵な格言を紹介していた社長さんもいましたけど、まさにその通りだと思いました。
時間があれば視聴してみて下さい。




■ 黒・緑ナンバー車の自動車保険は難しい。

ネットや街中の代理店でも加入が難しいと言われる黒ナンバー・
緑ナンバーといった「事業用自動車保険」をネットで申し込める
珍しくレアなサイトのご紹介です。

この「はたらくクルマの自動車保険」では他社では苦手だったり、
加入不可とされる事もありがちな事業用のトラックやダンプの加入を
得意とする為、現在も全国から申込殺到中のサイトです。

とにかく急いでいる法人・個人事業主様、これから開業予定で
任意自動車保険が必要な方におススメです。

軽運送の方にもおススメですヨ!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TVMY8+17GNXU+3EV2+O3MKJ






posted by ガラダマ at 13:08| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

時間を操れる人は強い

猛暑・台風を乗り越え、ようやく安定した気候が続くようになり、アウトドア仕事の方々には有難い季節ですね。

既に来年の手帳やカレンダーが店頭に並び、ハロウィン関連の商品が街中に溢れ、年賀状印刷の予約ポスターに「来年の干支は何だっけ?」と確認したりする。
個人的にはもう忘年会が一つ決まっている。


気候を肌で感じ、配達しながら五感で季節を感じるのが、軽運送業が良いなと思えるところの一つです。
ただ残念なのは、せっかく五感をフル回転できる環境でありながら、時間の使い方が上手くない方が結構多いこと。

明確な目標設定やスケジュール管理が出来ていないと、せっかくの季節の移り変わりを感じていても、ただ毎日がいたずらに過ぎ去っていくばかり。
毎年その繰り返しで自分自身が進展していない。


1日は24時間。これは誰にでも平等に与えられている。
ところが有効に使えている時間は個人差が大きい。
その結果が満足度や収入の差となっているんです。

会社員時代には拘束されている時間が多いので、好きな事や副業をするのもなかなか思うようにはいかなかったかも知れません。
でも独立したからには自由度は増えたはず、というより自分でやりたい事を組み入れた生活を構築しなければ、結局はサラリーマンの延長でしかないし、独立したメリットを享受できないまま中途半端な人生で終わってしまう。

軽運送業は派手な仕事ではありませんが、もっと自分を高めるために出来ることはいろいろとあると思うんです。
軽ドライバーの満足度を向上させるための意識改革的な話を別ブログでしておりますが、まずは時間を操ることが手っ取り早く収入を生み出す一つとなります。

24092018182320A.png



社員ドライバーとは違った「強い」ドライバー生活を築くために、自分自身と周囲の環境に対して闘う姿勢が求められます。
何となく与えられた荷物を配達するだけの日々から抜け出して、自分がどこに向かっていくのか、どうなりたいのか、という指針を明確にして、多くの同士が一味違う軽ドライバーとして活躍できるようになれば良いなぁ と願う次第でございます。

一緒に頑張って行きましょう!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
幹事様のトータルサポート!
二次会や忘年会、ゴルフコンペの景品なら二次会の虎!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
詳しくはこちら → https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2ZS108+169SQA+45C4+5YZ77
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







posted by ガラダマ at 22:38| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

軽運送業ライフの真骨頂

軽運送業を始めてから11年目に突入しているわけですが、現在の居心地は開業当初に予想していたよりもかなり良いです。
下手な転職せずにやって良かったと思っています。


さて、軽運送業をやっている人にとって「成功」と思える状態はどのようなことなのでしょう?

一つは間違いなく収入面で満足いく額に届くことでしょう。
月収で30万なら微妙、40万ならまあまあ、50万以上になってくると満足感が大きくなる という感じでしょうか。
会社員と違って支出が大きいので単純に月収ベースでの比較は出来ませんが、上記の金額からおおよそ10万ほど差し引いた額が手元に残る感じかな。

ただし完全出来高制が多い職種ですから、収入と労働時間が比例するパターンなので収入が増えるほど仕事もハードになることを覚悟しておくことになります。社員でないので昇給・能力給という収入増に結び付く要素がほとんどないのも単純比例の要因ではある。

収入部分で言えば、月毎に変動しますし閑散期と繁忙期で倍ぐらい違うことも珍しくないですから、年間の中で「不満」〜「満足」を行ったり来たりするのが当たり前の世界。ですからこの変動差をいかに安定できるかというのも開業後の課題であり、満足度に影響してきます。


もう一つは自由をどの位感じることができるか。
そこそこ稼いではいるが仕事と時間に追われる毎日では、やがて「これで良いのだろうか」という疑念が湧いてくる。
そもそも脱サラして軽運送業を始めた動機・理由には「労働環境改善」としている人が多いので、自分のペースで働きたいはず。そこそこの収入になる程度で朝から晩まで働き詰めというのは、本来望んでいた姿ではないので満足度はそう高くならない。


私が現在満足度が高いと思えている理由は、そこそこの収入と自由度の高さにあるのは間違いない。
開業当初は初心者ですから作業に時間もかかるし当然収入もそれなりなのですが、経験を積み作業時間短縮が可能になり自由に使える時間を生み出すことができたので複業が可能になったことも収入増に結びついている。こんなことができる仕事って瞬時に他に思いつかない。


昨日、しばらく土曜日には依頼がなかった運送仕事の打診があったのですが、土曜日の収入の穴埋めとして既にいろいろなパターンを持っているので昨日は運送仕事は断って先に予約を入れていた子供テニス教室のコーチをやっておりました。

収入部分だけ見ればほぼ同じ労働時間で倍ほど違う(運送仕事の方が高い)のですが、逆にテニスコーチの方が倍以上満足度が高い。
こんな楽しい事していても普通のバイトよりお金になるというのは何にも代え難い時間の使い方と思う。

レッスン終了後の子供達からの「ありがとうございました」という元気な挨拶と、筋肉痛を伴う心地よい疲労感は普段の仕事では味わえない。
こういう選択肢・引き出しを多数持つことができているのも、自分の働き方の満足度が高い理由です。

軽運送業とは言えドライバー仕事にだけ目を向けるのではなく、自分の可能性をベースに働き方を考えることによって満足度は高まっていくと思います。そこに収入を増やすヒントもあるのです。
これぞ軽運送業ライフの真骨頂と言えるのではないでしょうか。


収入をどうやって作っていこうかという自問自答から、時間の使い方の柔軟性で軽運送業ライフの可能性がうんと広がりました。
工夫する楽しみ、一つ一つ実現していく喜び、何をやるのも自分の考え・時間・場所・やり方・・・全てが思い通りにできる快適さ。
強い軽ドライバーを創るブログが ↓

24092018182320A.png



私のとっての「成功」とは軽運送業を始めたことかもしれません。









posted by ガラダマ at 11:57| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする