2021年01月09日

2回目の緊急事態宣言、これから軽貨物はどんな感じ?

昨年大晦日の新規感染者数1,000人越えにも驚かされましたが、わずか1週間程度で今度は2,000人越えが続くとか、だいぶ私たちの感覚もマヒしつつあります。

すでにグーグルの予測感染者数を現時点で上回っており、1月14日における感染者数をグーグルは4,806人と予測していることから、来週中に5,000人を超えてくるのでは?とも言われています。

東京の新規感染者数が2,447人と爆伸びした1月7日、緊急事態宣言を発表する日と同じだったのは実にインパクトがありましたね。
ただこのインパクトももはや国民には瞬間的にすぎない。
国があまりにもだらしなく、何も期待できなくなっているため、今後も数字は増え続けるだろうという退廃的なムードが国民には広がってしまっている。

さすがに国民は学習するので前回の緊急事態宣言時に起きたような「買いだめ」はさほど心配はないと思うが、医療崩壊は深刻。
病床数も切迫していることに加え看護師等医療従事者の離職が相次ぎ、肝心の現場の医療有資格者数も減ってきている。
入院中に症状が急変しても誰も気が付かないとか、対応が遅れ重症者や死者がいたずらに増えていくことも危惧される。


前回の緊急事態宣言時の軽貨物の様子は過去ログでも触れていますが、軽ドライバーとしてどの仕事に関わっているかで明暗が分かれたりします。


テレワークやステイホームで「おこもり需要」が顕著となり、宅配やウーバーイーツ等のフードデリバリー系の仕事が恩恵を受けた。
一方で企業・法人を対象とした商業貨物系の仕事は、マスクや除菌グッズに関係した配送はマシだったようだが、経済活動が鈍り荷量を大きく落とした運送会社は多かった。

今回は規制内容が緩いこともあり買い控えや買いだめといった極端な消費者行動も無さそうですが、それでも飲食店等への時短要請は物流の閑散期と重なり多少の影響はあるでしょう。

年末の大繁忙期が過ぎた今、一部の宅配系の仕事以外はドライバーの求人は積極的に行われないのが普通。
逆に繁忙期にスポット的に参入してきたドライバーは、委託を打ち切られたり極端な収入の減収に不安が増す時期でもあります。

もう一つ、運送業というカテゴリーに属する引越し業は緊急事態宣言が3月まで長引くと、今年も苦戦が予想されます。
とにかく昨年の引っ越しシーズンは得体の知れないコロナの第一波を受けて、人の移動が控えられた影響をもろに被りましたから。
今年も同様な事態となれば、廃業する会社も出てくるでしょうし職を失う人間もまた出てきます。

飲食や物流関係で職を失った者の行き先で断然多いのが運送業。
それまでの取引上の関係で接点があったドライバーからの紹介や、引越し業でもトラックを操っていた者も多くいる関係でドライバーに流れて来るのはある意味自然。

毎年よくある光景なのですが、昨年はそれが顕著になって特に軽貨物の中でもAmazonやウーバーイーツ等のギグワークに人が集まった。

コロナの影響で荷量が減ったことと一時的に配達仕事に人が集まったおかげで、昨年は物流崩壊は免れた。
しかし運送業の根本的な解決にはなっていない。


荷物・仕事が多い時は人が集まらない。
人が足りている時は荷物・仕事が少ない。


運送業という仕組みにおける需要と供給のバランスが悪いんですね。
閑散期と繁忙期の差が大きく売上を安定することが難しい職種なんです。
だから運送業における経営者も下手に社員の給料を上げられないし、忙しくてもおいそれと人を増やせない。

少人数で回せば労働環境のどこかに無理が生じる。外部の者の目には運送業はキツイし拘束時間は長いし給料上がらないし・・・と映るので、生涯の仕事として魅力的に感じられず人はやりたがらない。
という悪循環が昔から続いている。

運送業に入ってくる人は先に記したように切羽詰まっている人が多い。
だから運送業界全般に蔓延る問題点を十分把握せず、とりあえず的に食いついてしまうのですがすぐに将来的な不安を覚えるために離職者は高止まりのまま。
結局人手はいつも不足し高齢化がどんどん進んでいる。


昨年は大人気だったフードデリバリーの仕事でしたが、緊急事態宣言の時短の影響がどう出るか。

またテレワークやステイホームが進めばおこもり需要は期待できるでしょうけれど、夜8時以降にデリバリー対応できる店舗が減れば夜の稼ぎは期待できない。

そして何やら今年の日本列島は雪が多そうな気配がしています。
積雪となれば自転車での配達など出来ませんから、デリバリーの需要が増えても配達が出来ないというジレンマが発生するかもしれませんね。
バイクや軽自動車での配達だって積雪の状況によっては配送不能になる。
特に雪慣れしていない首都圏では尚更です。
安易に配達仕事で皮算用していると痛い目に遭うことも考えておきたいものです。


経験者と未経験者では考え方や注意するポイントが見えているかいないかの違いがあります。
これは経験によって蓄積されていく部分でもありますから、「1日3万円稼げましたぁっ!」というような上っ面の情報に振り回されず、常にリスクの部分も想定してトータルバランスで仕事を見て欲しいのです。

ここから数か月間は皆が辛い。何とか生き抜いていきましょう!

━☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
持ち帰る「整体師」【BODYPIXEL】

筋膜リリースなら、BODYPIXELボディピクセル!
整体師やスポーツトレーナーなどプロが使用する
マッサージガンで自宅で簡単に時短効果のボディケア。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3H3DO4+E6TXTE+4NLW+5YZ77
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆━





posted by ガラダマ at 10:00| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。