2020年12月31日

衝撃の大晦日と難題山積みの令和3年

何とか仕事も片づけてようやく落ち着いた夜を迎えられるかなと思った矢先、驚いた方も多かったのでは?
よりによって年の最後に東京都の新たな感染者数が1300人超だと?
過去最多!しかも大きく増えている!

「コロナ大したことない」と緩んだ国民もさすがに少しは気持ちが引き締まるのでは?
小池東京都知事が昨日緊急会見して改めて都民に協力を要請していましたが、もうお願いレベルでの効力では抑えきれないでしょう。
これから12月後半〜クリスマス辺りの行動を踏まえた感染者数が徐々に出てくるはずですから、1,000人以上の数字が当たり前になると思われます。

都道府県単位での政策では限界でしょう。
かといって国はホントにどうしようもないからなぁ・・・




運送業界にもコロナウイルスは大きく影響いたしました。
運送業界の中でも特に引っ越しメインの会社は苦しかったはず。
春先は毎年恒例の引っ越しシーズンですが、今年はちょうどコロナの正体がよくわからないまま感染拡大していた時期で、引っ越しの需要が大きく減りました。

運送会社は引っ越し会社と横の繋がり(?)があることが多く、過去ログでも触れたことがありましたが運送会社の副業として引っ越しの仕事を請け負ったりするのですが、今年はその需要がほとんどありませんでした。
飲食や旅行・宿泊業界同様に引っ越し業界もヤバい年だったのです。

まあ1年だけの困難であれば持続化給付金等で何とかしのぐことも可能化もしれませんが、どうも雲行きが怪しくなってきています。

ワクチンの開発が進みいよいよ実用化が始まろうかというところで、新型コロナの変異型が猛威を振るいだした。
これはイタチごっこの始まりなのか?
また変異型のためのワクチン開発を進めなければならない。

しかし変異型も数種類がすでに確認されているようで、今のところウイルスの生命力の強さに人知が追いついていない。
ここにきて各国で新型コロナによる死亡数が大幅増の修正が行われている。当初楽観視されていたコロナの人体への影響が実は深刻なものであることが数字に表されてきている。


おそらく正月明けて検査機関が機能しだしたら、日本の感染者数も格段に増えているでしょう。
この状況でまた終わりの見えない闘いが始まるのかと思うと、新年早々に憂鬱になっちゃいますよね。

特に医療従事者の方々は自分の生活を犠牲にして、この1年間はほとんどリフレッシュもできずに尽くされてきているのですから、いつ気力・体力が切れてしまうか心配です。
いや、もうとっくに限界は超えているはず。


私も高齢者に片足を突っ込んでおり、オマケに腎臓や膵臓に年に数回検査を要する持病を抱える身。
既往症がある人ほどコロナによる死亡リスクが高いという話は恐怖でしかない。

これまでは普通に診察も検査も受けてこれましたが、これからはどうなるのだろう?
もし自分が緊急に手術をしなければならない状態になったとき、どうなるのだろう?

軽貨物ドライバーだって事故リスクの高い職業です。
もし事故の当事者となり、骨は折れ流血が止まらないような状況でも診察・治療は後回しされるとか?
ホントに他人ごとでは無くなってきています。


このタイミングで正月。
初詣に行く気満々な人は予定は変えないでしょうねぇ。
そして年末年始休みの行動が1月中盤から感染者数に反映されてくるはずですから、1月中に感染が収束に向かうとは思えない。

そして受験シーズンや新入学を迎え、またまた学生への影響が心配されることになる。
正月明けに感染爆発していれば緊急事態宣言は出るでしょう。
もう助成金・給付金という対策も予算は期待薄。小規模の飲食店の廃業数は過去に例をみないほどとなり、リストラや失職者数もとんでもないことになる。

職を失った者の行き先は無く、路頭に迷う人が後を絶たない。

このような阿鼻叫喚の世界が令和3年の春にも訪れるのか?

一つの対策としてはもう誰もが思っていることですけど、オリンピックは早々に中止として延期費用とかでグダグダ予算を水増ししている分まで含めて全て医療体制に注ぎ込むべき。
そして当面の間は出入国の完全閉鎖。

これで時間を稼ぎ医療体制の立て直しを最優先に行う。
まずは感染者数を落ち着かせないことには経済対策もない。


それでもまだGOTOだ何だとほざいている政治家がいたらリコールものですね。
民主主義とはいえ国民の声が全く反映されない政治。
そんな政治家を選出してしまった国民の側にも問題はありますが、さすがにこの国難にこの体たらくな政治家達はダメだ!

令和3年はいろいろなことを変えていかないと安心して暮らすことなどできない国になる。いや、もうすでになっている。
政治家だけでなく私達も変わっていかなければならない。

とにかく大人しくしていれば幸せになれる時代ではありません。
自分が時代に適応していく準備をいたしましょう。
令和3年は今年以上に厳しい年になるはずですから。





今年もブログにお付き合いいただきありがとうございます。
まさか最後の最後にこんな厳しい内容のことを書くとは・・・

私も還暦を迎え働き方や考え方を変化させてきました。
たまたまその変化がwithコロナにマッチした部分があって、さほど影響はなく過ごすことはできました。
しかし医療の問題も深刻ですし仕事だっていつどうなるか不透明。

自分にできることはとりあえずやる!

今はこれぐらいしかないですけど、とにかく前へ進みましょう。

来年も何か皆様のヒントになることがあれば幸いです。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

良いお年を!また来年お会いいたしましょう!





posted by ガラダマ at 18:30| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。