2020年12月14日

運送業の繁忙期、こんな求人あるけどやっても大丈夫?

先週の金曜日、こともあろうに配送仕事中にウーバーイーツの自転車に当たられました。

車ではなく私自身に接触です。人身事故です。
配達先の店舗への納品を終え、店から狭い歩道に出た瞬間に左側から走ってきた若い男性の自転車がぶつかってきました。

あのでかいバッグを背負って何で狭い歩道を突っ走ってくるのか?

幸い瞬間的に身をかわすことができ、ハンドルとバッグに身体が接触しましたがケガはなく、相手もバランスを失って転倒寸前。
背中のバッグは90度以上傾いており中に食品が入っていたら返品ものと思われるぐらいだったが、配達員はバッグの中を気にしていなかったので空だったようだ。。

彼の進む方向の約50m先に地元では地蔵の溜まり場として有名なマクドナルドがあるので、もしかしたらピックに向かう最中だったかもしれません。

相手はすぐに体制を立て直し「すいません!」と声だけ発して現場を立ち去りました。
私も特に痛い思いをしたわけではなく、こちらも午前中に配達しなければいけない荷物を残していたので、シルエットだけ目に焼き付けて次の配送に向かいました。

12月11日(金)AM11:15分頃、京急井土ヶ谷駅近くの歩道を走っていたウーバー配達員!
顔・身長・自転車は忘れないから次に見つけたら声かけるぞ!覚悟しとけよ!
立派な自転車による人身事故だぜよ。
本当ならその場で警察呼んで罰則もんだぜ。



さてさて、こんなくだらないことで時間を無駄にしたくはない繁忙期です。
少しでも隙間時間があるなら収入手段をいろいろ考えたいておきたいですよね。

運送仕事関連では毎年恒例、繁忙期に向けて先月辺りからいろいろな求人が出ています。
求人紙やネット上でもいくらでも見つけられる時期ですが、結構自宅にもポスティングで求人チラシが入ってきます。

皆様も見かけたことがあると思いますが、いろいろな郵便局からバイク・軽自動車(局貸与)によるゆうパックを中心とした配送案件の募集があります。
その多くが時給制なのです。

20201121_112020.jpg20201121_112020.jpg


以前から配送の時給制って能力差で不公平感が出るんじゃないのかなぁ?って思っています。

タラタラ配っていても速く配っても時給は同じ。数こなせる人とどこかで待遇差をつけるのだろうか?

また局によって時給に数十円の違いがあります。
コンビニ店員の仕事より若干時給的には良さそうですけど、どちらが良さそうですかねぇ。
クレーマー対応がないだけ配達仕事の方が良いかな?実際は配達仕事でも配達先にクレーマーはいたりしますけど(^^;)

郵便局の仕事では年賀状の仕分けや配達もあります。
こちらは自転車の配送も有りで高校生も可能な配達仕事。
もちろん受領不要の投函のみなので初級者コースですね。

郵便局の仕分けの求人は中高年は採用され難いようです。
スピードと集中力重視で視力や瞬発力が問題視されているのか、年末は若者優先みたいな感じになる。
普段はパートのおばちゃんたちが結構いるのにねぇ。
それだけ忙しくなるということでしょうか。


正社員登用制度有というのも郵便局の仕事ではお馴染みですが、この制度を利用して非正規から正規になった人を私は知りません。
というか私の同級生で郵便局に勤めている者がいますけど、もう我慢ができないと言って定年延長せず来春で辞めるようです。
やはり運送の会社ってどこも闇があるんですかねぇ?



さて、こちらは配達の仕事ではなく荷物の仕分けです。
ハッキリ言って大手運送会社の仕分けはやめた方がよい(だったら紹介するな!)。

20201121_111324.jpg


時給は良い!正直この金額で釣られて来てしまう者は毎年後を絶ちません。
つい最近別ブログで「時給」に関する話をしましたけど、労働対価に注目するなら運送仕分けは普通のバイトに比べて短時間で稼げて良さそうですが、たぶん長続きしません。

平常時でも辛いのに繁忙期に大手の仕分けなどやったら2日持てば大したものです。
もはやアルバイトの仕事ではなく、特殊部隊の仕事です。

私の本業の運送会社でも忙しくなると夜間の仕分けの募集してますけど、大抵1週間も持ちません。
辞め方も2日目に無断欠勤からバックレる奴が続出し、結局営業所の課長が急遽穴埋めで入ったりしていました。
これ経験したらもうどんな仕事でも耐えられるのではないかと思ってしまうでしょう(笑)

時給が妙に高いのも普通のバイトと同程度では誰も来ないから。
しかも初日の労働分を放棄してまで逃げ出すぐらいですから、その過酷さが想像できるでしょう。

特に年末繁忙期は夜中〜早朝とか寒いし、もちろんトラックがひっきりなしに到着するのでゲートは開けっ放しで暖房もありません。
夏はこの真逆で夜中でも熱中症で倒れる者もいる。とにかく休憩時間さえろくに取れない現場は、是非、労働基準監督署の方々に視察に来ていただきたいと強く思います。

こういう現場・仕事こそAIとロボットで無人作業にして欲しい。
っていうか、ほとんどが荷物や伝票がバーコード・QRコードで管理されているのだし、それを人間が手作業で一つ一つ端末でこすって到着やら何やら管理しているのはホントに無駄だと思う。

それでいて仕分けミスが多く、朝ドライバーが自分の配達荷物ゾーンに荷物が無いと騒ぐのが日常茶飯事。

早朝出勤する原因の一つがこの出発前の荷物探しのため。
やっと出発してみれば一般の通勤時間と重なり道路は渋滞。
納品先や集荷先では積み降ろしの待機時間・・・

運送の世界はホントに生産性の無い時間が多すぎる。
労働時間に対して稼げないと感じる大きな問題点です。
他の業界から来た者はすぐに痛感する点ですが、長く運送業界にいるとこういうところが鈍感になるんですかねぇ?


就職でもバイトでも運送の世界に入るのであれば、他の業界・仕事との違いをしっかり認識してからにした方がよい。
見た目の報酬が良くても続かなければ稼ぎにはならない。
リストラされて後が無い人でさえ辞めてしまう世界です。





posted by ガラダマ at 17:11| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。