2020年11月22日

感染を恐れて外出自粛し宅配に頼っても安全ではない理由

以前からコロナ対策分科会からGOTOと感染急拡大についての関連性を指摘されていたにもかかわらず、経済活動を優先(利権優先?あの人に忖度?)し耳を貸そうとしなかった政府が、昨日ようやくGOTOにブレーキをかける旨の姿勢を示しました。

具体的に何をどうやって何時から?という肝心な内容は相変わらず明言しない。
これまでの対応を考えるとまた中途半端なその場しのぎの案になりそうな不安があります。
すでに対応が後手に回っているにもかかわらず。

そもそも政府により開設されたコロナ分科会の意見を重視しないというのはどういうこと?
単に付け焼刃的に考えるけど機能しないものばかり。

菅首相もいつも言葉だけは威勢が良いが責任を伴わない。
「国民の命と暮らしを守るのが政府の最大の責務だ!」
と記者団には強調したようですけど。

はぁっ? って感じですよね?

自民党というのはいったいどこを向いて政治をしているのか?
誰が総理になっても裏で操る影のドンの姿が常に見え隠れする。

旅行・宿泊業界だけが苦しんでいるわけではない。
このまま感染拡大が続けば医療従事者の負担がまた重くなっていく。私達が普通に診察を受けることすらできなくなる可能性もあるんです。




物流・運送業界に感染が広まれば物流は滞る。
荷物を運ぶ者に隔離・待機などが始まれば、お店に品物が並ばなくなるという悪夢が甦る。
じゃあネットで買い物するからいいや!というのもダメ!
だって配達する人間がいなくなるのですから。

すでに一部の地域の運送関係者に感染者が出ている。
当然同じ会社・納品先にも濃厚接触者として指定される者も出てくるし、宅配なら荷物を受け取ったアナタもその一人にカウントされる可能性があります!

配送データから宅配先・日時は簡単に割り出せます。
もしかしたら突然濃厚感染者の疑いありとして、連絡があるかも知れませんよ。
そうなったらその家族も当然影響が出て来ます。

コロナが怖いから通販・宅配で済まそう!と思っていても絶対安心できるわけではないのです。
それが感染症の怖いところ。

ドライバーだって今現在の自覚症状がないだけで、これだけ全国各地に感染者が広がっていけば感染している確率はゼロではない。
経由する過程で荷物に菌が付着している可能性だってある。
むしろドライバーは媒体として菌を運ぶ役割ですらある。

いや、そもそも家族の誰かが通勤や通学で不特定多数の人の中にいる時間があるわけですから、もはや防ぐ手段は限られている。
リモートワーク、オンライン授業、置き配等により家族全員が人との接触を完全に遮断。
一人暮らしの者ならともかく、ここまで潔癖症のごとく出来る家庭がありますか?


年末繁忙期が近づきコロナ対策もあって、物流・運送の現場は例年以上にピリピリしています。

職場内で誰かが感染者となれば濃厚接触者が多数発生すると仕事ができなくなる。まさにもらい事故のようなもので一番稼げるときの収入が飛びます。
会社だって傾きかねない。

GOTOでどこかの業界を救おうとすれば、どこかの業界がその煽りで迷惑を被ることもある。
わかりやすいのが今は医療業界ですが、政府の対応のまずさでこれからその影響はあちこちに拡散していくでしょう。


宅配という選択は家庭における一定のコロナ対策になると思われがちですが、ドライバー側からしてみれば配達前にすでに多くの人が荷物に触れているわけで、過信は禁物と言わざるを得ないのです。
まあそれはお店での買い物も一緒ですけどね。

生きずらい世の中になったもんですね・・・





posted by ガラダマ at 12:52| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。