2020年05月27日

ウーバーイーツの配達員の気持ちを味わってます

まさかの神奈川県も緊急事態宣言解除されました。
もう街中の人混みは元に戻りつつあるようです。

今日も本業終了後は家族のリクエストでテイクアウトに走らされておりました。
ゴールデンウィーク前からの約1ヵ月、週2回ペースで延べ8店のランチメニューテイクアウトを自宅にせっせと運んでおります。

3月からスポーツジムの仕事は休業中になっていますが、その他4つの本業・複業を絶妙なバランスでこなしながら収入を減らさず楽しく働いております。
一つの仕事に依存しないで電車通勤も無く、ユルく適当にやっていても収入も生活も安定しているという不思議。
webライターという在宅の働き方も今回のコロナ騒動では大変役に立っています。


毎日のように報道されているように飲食業は自粛の影響で店内の売上げはガタ落ち。生き残りをかけて多くのお店でテイクアウトを始めています。

デリバリーの注文は少々割高になりますけど、テイクアウトは店内メニューと値段はほぼ同じ。
食材の在庫廃棄処分回避で考えられたテイクアウトも、僅かながら売上げに貢献しメニューも工夫され意外に安いものもあり、おおむね世間には受け入れられているようです。

ライス大盛りで税込み300円前後のテイクアウト用のお弁当なんか、持ち帰ってもチンする必要がないぐらい暖かいし、何より近未来的軽ドライバーが配達するからプレミアム!(笑)

ただこれ自分の家族に持って帰るだけだから気楽ですけど、見ず知らずの他人に出来立ての食材を届けるとなると気を遣うでしょうねぇ。
汁物はこぼせないし見栄えも崩せない・・・


あるお店ではテイクアウト待ちしていたら本物の(笑)ウーバーイーツ配達員が来た。
ピックアップのやり取りを目の前で生で観察できるという幸運にも恵まれ、なるほどぉ料理は配達員到着予想時間で出来上がっているからピックアップの到着遅れたらヤバいねぇなどと、自分がウーバーやってるつもりで見てました。

結局ホントにアツアツや冷たいモノを美味しく食べるには、配達員の当たりハズレは影響大ですな。
細かく文句言うならお店に行って食べてね!と。

軽貨物と自転車ではそれぞれにメリットデメリットがあるので、注文する側が配達員を自由に選べないとリスクを覚悟しなければいけないかもしれませんね。
多少こぼれても崩れてもいいから早く持って来て!
少しの遅れは許すけど綺麗に運んで来て! なんてね。

特にこれから梅雨・夏を迎え食材にはデリケートな季節になる。
配達員は毎回バッグの中を除菌したり衛生に気を遣ってくれるのかどうか気になりますね。
だから私はウーバーで注文はせず、自分でウーバーイーツごっこをして楽しんでおりますだ。




まあ自分が行くお店はどれも駐車場完備で道も混まない場所ばかりだから、車停めてからの段取りはスムースだし、時間もおおよそ読めるからウーバーやったとしてもストレスがない。

これが都心とかになると軽貨物でやるなら車停める場所にも苦労しそうだし、渋滞も想定しなければならない。
しかもタワマンなんかだと初めての場所だとエントランスもわかり辛いし配達完了まで時間かかりそうですよねぇ。
冷めたりヌルくなったりして注文者の評価も悪くなりがち。

配達終えて車に戻ってくる間に駐禁キップ切られる危険性も高く、ウーバーは車でやるには効率だけでなく経費も考えるとメリットは少ない感じがします。

自粛期間中は配達員の数も激増して仕事がなかなか取れないという話も聞きました。
マクドナルドは私も毎週数回、配達に行く場所なのですがお店の前には配達員らしきお地蔵さん(笑)をよく見かけます。
取れるかどうかわからない待機時間と配達料を考えると、今のままでは最低賃金並みの仕事ではないでしょうかねぇ?

隙間時間の活用としては面白いですけどこれを本業にするというのは、エリアの優位性や注文側の生活スタイルの変化で将来の不透明感が気になります。
テレワークがどれだけ浸透するかも大きな要因ですね。

私なら常に取れるかどうか気にして1件が数百円という配送仕事なら違うことするなぁ。


何かファミレスは深夜営業を中止する方向で動いているようで、深夜の一人ミーティングも出来なくなるかもしれません。
しばらくは無償の配達ウーバーイーツオヤジとして細やかな飲食業の応援消費をしていきます。





posted by ガラダマ at 22:04| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。