2020年02月21日

佐川急便VS積荷オヤジ バトル勃発か?

ちょっと本日嫌なことがありました。

日中、私が不在の間に佐川急便が配達に来ました。
私宛の荷物だったのですが、家族が受け取りしてくれました。

私は恒例の一人ミーティング&webライター仕事をファミレスで片付けてからスーパーで買い物して夜7時過ぎに帰宅。私の部屋に届いた荷物が置かれていたのですが、触ってビックリです!

20200221_191847.jpg


見事に角が潰れており箱が破れて中身も露出してます。

20200221_191159.jpg


家族は中身のこともわからず、ドアをガンガン叩かれ、応対すれば早く早くと受け取りをせかすように何も言わずに渡されたとのこと。商品の損傷については一言も説明なし。
しかしこの状態でしれっと配達に来るかねぇ?
少なくても何かしらの説明ぐらいあるでしょう、普通は。
主人が応対しなかったから騙せると思ったのか?

20200221_192010.jpg


荷物の中身は佐川にはちょっと分の悪い精密機器類です。
娘と私が相次いで ipad pro やらモバイルパソコンやら使いだしたもんですから、ちょっとご機嫌とろうとホワイトデーという名目でカミさんにタブレットをプレゼントするつもりだったのに・・・

心配していた外箱の中身でしたが案の定、タブレットの商品箱の角も潰れておりました。

20200221_192613.jpg


外箱の潰れ方からして間違いなく落下させてますね。
しかも大きく箱が割けている状況から腰高以上の高さからの落下・衝撃によるものと思われます。

私も10年以上ドライバーやってるセミプロレベルの者ですから、この破損状態で何食わぬ顔してお届けなどありえません。
ブログ読者の皆様の中でも軽運送業を営んでいらっしゃる方は少なくないと思いますが、さすがにここまで商品を傷付けていたら少なくても持ち出す前に会社や上司に報告するでしょう。
もしかしたら持ち出した以降、配達までの間にドライバーが落下させてしまったか?

私がお世話になっている運送会社は一応全国に配送拠点を持つ上場会社ですから、こういうクレームになるケースは必ずお客様に渡す前に会社に報告をいれます。
現在使用しているバーコードスキャナーは写真撮影も可能で、破損状態も即会社に送信できるためその場で指示を仰げます。さすがに天下の佐川急便ですからそのぐらいの対応はできるはずです。


では今後はどのように展開していくでしょう?
第三者的立場の読者の皆様はワクワクしてるでしょうね(笑)



商品箱の潰れ方からすれば「大丈夫じゃない?」と思われる方もいらっしゃるでしょうけれど、中身はタブレットという精密機械ですから外箱が潰れ割け、商品の箱も潰れているということはタブレット本体に全くダメージが無いとは言えないでしょう。
しかもプレゼントの商品箱が潰れているなんて贈る方も貰う方も気分が良いわけがない。
大体パソコン等の箱は下取りの時の値段に影響しますし。


運送の仕事をしている者であれば、「外箱も立派な配達物・商品の一部です」と注意されていると思いますし、実際ちょっとでも外箱にキズ・凹み等あれば問答無用で返品喰らう配達先も多く存在します。


今回の佐川のドライバーが社員なのか委託なのかはまだわかりませんが、例えば委託の軽ドライバーが「うっかり」でも荷物を破損して代替え品を手配する羽目になった場合はまず間違いなく自腹で弁償です。私も過去にワインを割ってしまった時、7,000円ほど支払いました。

弁償額が数千円程度の場合はまだ自腹で払えます。
しかし額が万円単位で大きくなる荷物だって扱います。そんな時のためにフリーの軽ドライバーは貨物保険に加入するわけです。請負先によっては貨物保険加入が契約条件になることもあります。

今回は特別高額なタブレットではなかったものの、それでも数万円レベルの商品です。しかも自分用ではなく贈答目的です。
ただし佐川急便が簡単に損害賠償に応じるとも思えない。
一体どんな言い訳・強気な対応をしてくるか?

まず「受領印を頂いている」。つまりその場で異議申し立てがなく荷物を受け取っていると言い張るでしょう。
更に悪質な言い訳になると、「その損傷は受け取った後にできたものではないのですか?」と。

自動車整備士専門求人レソリューション、取引実績300社以上!


今日は残念ながら佐川の受付が終了していたので明日電話してみようと思います。
まあ損傷具合を見たいと言うでしょうし本人が来るのか上司が来るのか。
私が受け取り対応していたら間違いなくその場で受け取り拒否して突っ返してましたけどね。

別に佐川急便に対して特別な感情はありませんけど、いつどこでもブログ読者の皆様にも起こり得る状況ですから運送会社の性質とか対応とかを知る良い機会になりそうです。
もし誠意が感じられない応対をしてくるようであれば、今回担当の営業所名を暴露するのはもちろん、交渉会話の音声等を記録して配信なんかしたらこのブログもきっとバズりますな(笑)
大物ユーチューバ―がついに誕生か?


まあそんな大騒ぎにするつもりもないし面倒だし。
届けた相手が悪いとこうなりますよというのを私自身がクレーマーを演じて(素?)、世の中の軽ドライバーの皆様の教訓になればと心にもないことを思っておりますだ(≧◇≦)


果たして佐川急便はどのような対応をしてくるか?


続きは 有料ブログ でお楽しみください!




っていうことすればブログは稼げるんでしょうね ^^;

私は商売っ気ないもんで・・・





posted by ガラダマ at 22:39| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。