2019年09月29日

増税特需 AGAIN?

10月1日の消費税増税を目前にして先週、特に金曜日の荷量は凄まじいものがありました。

一般消費者が増税前の買いだめをしているように企業やお店レベルでも資材等の買い置きが行われている。
その荷量が先週顕著となっていました。

生鮮食品等の消費期限の短いものは大量の買い置きは無理ですが(あるいは予約という形で入金ベースで現行の消費税額で決済だけ完了しているか)、オフィスのコピー用紙とか介護老人施設や宿泊施設向けのサニタリー類等は当分配達しなくてもいいんじゃね?というぐらいに到着してます。

一般消費者がいくら増税前に日用品を買いだめしたところで節約額はたかが知れてますけど、企業レベルでの消費材だと増税後に購入するより数万円〜数十万円の節約は可能になる。
ただし全てを自社施設内で保管できるならという話。
買いだめ分を倉庫等を借りてなんてやったら本末転倒。
個人なら有り得る節約の勘違い話になってしまいます。


話は元に戻りますが、荷量が増えてもその対処の仕方を誤れば運送会社にとって有難迷惑な特需になりかねない。
通常はレギュラーのお得意様の荷量をベースに営業所毎に最大限の利益をもたらすように多少の荷量調整を行っており、繁忙期のように事前に予想できて期間が数か月に及ぶような毎年のデーターを活用できる忙しさであれば、委託を増やす等対処は十分可能。

しかし数か月前までやるのかやらないのかハッキリしない今回の増税のようなイベントは、丼勘定でやってきたこれまでと違って今はコンプライアンスが厳しくチェックされているので、積載超過、速度超過、労働時間超過させて切り抜けるというわけにはいかなくなっている。

実際今回の荷量も通常50kg〜100kgぐらいで軽の委託がやっていたものが、一気にパレットで500kg〜とかになっていたりしてトラックドライバーの負担が急増。逆に軽で最大積載量内で収まる案件が通常より少なくなっていたりして、運送会社から見れば本音は今週だけ軽の委託を休ませてトラックの委託を使いたかったに違いない。結果論ですけど。

増税のようなイレギュラーな限定的繁忙は消費者の動きも含めて読みづらいのは確かです。
人海戦術で成り立つ事業はその根本的な柱となる人が集まらない苦しさが年々増しているし、最低賃金も上昇を続ける人件費を考えると下手に人も増やせないジレンマがある。


私達のようなフリーのドライバーはうかうかしていると人員調整の波に飲み込まれてしまうかもしれません。
周囲の状況や変化を読み、先手先手で動いていくべし。

Amazon flex が良い例ですね。
好条件でイケイケでドライバーをドンドン集め出したと思ったら、いつの間にか関東圏の募集を打ち切り(また再開したようですけど)、今度はAmazon基準に達しない者をアカウント停止してふるい分けが始まっている。

これはAmazonだけではなく、楽天やヨドバシ、アスクル等の委託ドライバーにも言えること。
荷主と直接繋がっていると報酬的には元請けのような中間搾取する者がいない分、条件は良いことが多いのですが個々の能力や成績はダイレクトに荷主に把握・管理されやすい。ビッグデータ的に最低配達個数みたいな数字が出て来てそのラインに到達できない者は去っていくことになる。自分がそこそこの数字を上げていても周囲がそれ以上の数字を叩き出していれば、全体の平均値が上がりそこで働き続けるには相当の努力と覚悟が必要になる。




これまでは増税後に景気は少々落ち込んできましたが、今回はどうなりますでしょうか?
9月30日は消費税へのシステム変更作業などで通常より閉店時間を早めたりするお店が目に付きます。近所の24時間営業のセルフスタンドも9月30日の23:30〜10月1日の0:30までを臨時閉店して作業をするようです。
30日の夕方から駆け込みで給油する人、多いんでしょうね。

ドライバー関係で駆け込みで購入してしまいそうなものは、時期的にスタッドレスタイヤとかチェーンですかねぇ。置き場所がある人は良いんでしょうけど。私は自分の部屋の中に保管してます^^;狭いぞ
これ保管料として経費計上したらどうなるのかな?

金額的にはカーナビとかドライブレコーダーとかはどうせ予定がある人は買っちゃうでしょうね。でも3万円ぐらいの商品は増税後に買っても2%分の600円しか違わないんですよね。焦ってでも買う価値があるのかどうか。またカー用品店は大雪前のように特需で混雑するのでしょうか?

増税前にあれやこれや買い込むよりタバコ止めた方がよっぽど家庭内経済効果が絶大だと思うんですけど・・・
駆け込み購入より無用な買い物をしないことが本当の節約です。


毎度のように国は「喉元過ぎれば・・・」を国民に期待してますから、国にお仕置きをしてやりたい人はある意味選挙のようなチャンスです。経済は国民が動かしているということをわからせてあげるには、私達一人一人がどう行動すればよいか?

こんな時期に消費税を上げることがどういう結果を招くか?
9月30日と増税後の消費者動向および景気への影響、皆で注視していきましょう!





posted by ガラダマ at 23:15| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。