2019年09月23日

脳の断捨離

朝から強風が吹き荒れている横浜南部エリアです。
かなり遠くに離れているのに台風の影響なのでしょう。先日の台風は直前まで全然その雰囲気すらなかったのにエラい違いですね。

ヨットみたいにあらゆる方向の風の力を推進力に変えられるような工夫が自動車にもできないものですかねぇ。風のある日ほど燃費がよくなるとか(笑)
水力・風力発電だって太陽光発電だって出来ているのだから現代の技術ならできそうな気がいたしますが・・・


また老人がバカなこと言い始めてる・・・

いや、それでいいんです。発明なんてそういうくだらないところからスタートするもんです。そのくだらないこと、おバカなことすら頭の中に浮かんでこなくなったらいよいよ人として終焉を迎える時なのだと。

ただ普段からおかしな言動をしている者が本当におかしくなってしまった時、その変化に気付いてもらえない危険性はある。私がブログで変なこと言っても誰も気にも留めないだろうなぁ〜。
それはそれでマズイのだが・・・



日々の生活の中で当たり前のことを当たり前に消化しているだけだと脳は退化を始めるらしい。真面目で常識的すぎる人ほど割と早い段階で認知症の症状が出始めるとか・・・

真偽のほどは定かではありませんが何となくわかるような。
何でも使わなければ長持ちするというものではありません。家電などは長い間使っていないと逆に不具合が起きたりする。

スマホやパソコンに依存するようになって漢字を忘れる人が大量に出てきているのは、まさに脳が退化を始めている証拠。検索すればすぐに何でも調べられるので脳に記憶しておく必要が無くなってきていることに反論はできませんね。
記憶容量が少なくて済むということは脳にどのような影響を及ぼしているかは想像に難くない。脳は発達を止めてしまうのです。むしろもっと小規模でも良くね?と脳が断捨離を始めたりする。使わないならいらないよねぇ〜 と。

ただでさえ年々記憶力は低下していくのに、早々に脳の店じまいが始まったら痴呆の進行も速まりますわな。
また単純作業を繰り返すような仕事の人も要注意らしい。
軽運送業〜っ?  ^^;マニュアル車に変えようかな


まあガチガチの固定ルートだけ配送している人はともかく、軽運送業、特に宅配の人は毎日配達先も変わるし時間との闘いで知恵を振り絞って工夫しているから、第三者の印象より単純作業ではありません。生活費を捻出するために常に頭の中は火の車状態でボケているヒマもありません。ただし炎上し過ぎて闘うことを止めた途端に脳も営業を中止するので、そこからの痴呆進行は速いですよ〜(怖)


複業というのは一つの老化対策として有効に感じます。
仕事ごとに引き出しが必要になるのと、時間によって切り替えが必要になるため心身ともにメリハリが出来る。
これは脳にとってもリフレッシュ効果とまだまだオイラは進化していくぜぇ〜という刺激を与える効果がある。
記憶容量を増やすことは脳を退化させない上で大事ですな。

趣味を持つことも似たような感じですね。日々の中でいかにモチベーション要素を取り入れることができるか。
単純作業に追われ楽しむこともしなくなることを避けるよう意識して過ごしたいものです。


失った時間、失った脳は2度と戻ってきません。
脳を退化させないためにも、くだらないこと、おバカなことを考える習慣をつけましょう。
もしかしたらその中の一つのアイデアで一生食って行けるビジネスが生まれるかもしれません。

権利収入を手に入れ働かなくても生きて行ける人生、最高ですね。
工夫も苦労もなく毎日何も考えずに遊び放題。
そして脳は退化を始め、お金持ちの認知症となる・・・

なんじゃそりゃ! ^^;


posted by ガラダマ at 13:58| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。