2019年08月14日

名刺改訂

接近中の台風の影響か、横浜エリアは午前中は雨、午後から晴れてくるという天候不順な日が続いています。
今週も配達仕事をされている方、暑い中お疲れ様です。


ドライバーの皆様は暑くても晴れている方が良いか、多少涼しいのであれば雨でビショビショになっている方が良いか、どちらを選択しますでしょうか?
う〜ん難しい選択ですねぇ。 私は暑くても晴れがいいかなぁ。


今週は軽運送仕事がずっとお休みのため、外の仕事は無し!雨晴れ関係なく毎日夕方から快適なインドア仕事の日が続きます。そしてインドア仕事が終わって日付が変わろうとする頃にファミレスへ行き、ライターの仕事に取り掛かる毎日です。
自分にとっては収入的には満足しておりませんが、初老の働き方としてはほぼベスト!快適で仕方がないッス。
数年後の働く姿を疑似体験しておりますだ。


貯蓄・退職金・年金で老後を食っていけない人は、老体にムチ打って働き続けることになる。
今の仕事で定年以降何年働かせてもらえるのだろうか?
雇用が終了となった時、収入手段はどうなりますか?
その時に働き続ける気力・体力が残っているのだろうか?
もう想像しただけで気が滅入りますね。

会社員を無事勤め上げても定年後は皆フリーランスとして横一線。
雇用というセーフティを失って闘っていく自信はありますか?
非常勤の役員待遇とかで名前貸しで収入になる人は羨ましいが。


在籍時に圧倒的な貢献をしてきた方や天下ってどこかで甘い汁を吸い続けられる人は、これまでは人生の勝ち組として左団扇で悠々自適に過ごせたのでしょうけど、有名企業でも大規模なリストラが普通に行われるようになっている昨今、非常勤待遇とか天下りを許しておけるほどの余裕は企業には無くなってきています。どんどんリストラしてるのにそんな人間の存在がバレたらすぐにネット上に晒され炎上・株価にも影響しますので、企業もそこまで危ない橋は渡らないでしょうが。


会社員ですら将来は危機感いっぱいなのですからフリーランス的に生きている者は毎日が定年みたいなもの。
明日を約束されていないわけで、この先どうやって食っていくかを真剣に考えていかないといけない。

あと数十時間後には59歳を迎える私は、危機感だけはしっかり持っているので常に生きていく方法を模索しています。
webライターというのも年齢的な偏見が無い収入手段として、中高年でも可能な闘い方としてチャレンジしています。
面接や履歴書で採用が差別化される働き方には残念ながら中高年はもう固執・依存してはいけない。


時期尚早とは思いますが早々に収入が発生したのでもうwebライターを名乗ることにしました ^^;はやっ
年齢的に悠長にしてられないのでドンドン勝負します。
当然名刺にも新しい肩書きを加えてハッタリかまします!(笑)


近未来的軽ドライバー  ←これも肩書きw
宅地建物取引士
スポーツ指導員(ジムインストラクター)
webライター


どうです。もうわけわからない怪しいオジサンですね。こうして相手を混乱させておいて ”ガブッ” と噛み付こうかと(笑)
弱者は正攻法で闘っても勝てません。相手の常識とちょっと外れたところから懐に飛び込んでいく。
全く結びつかない肩書きをひとまとめに使いこなしているスタイルこそ「話題性」という私の武器。
肩書きマニアと紙一重のところで闘ってますだ。


自分の棚卸し。使えるものは何でも武器にしちゃいましょう!
闘わずに人生を終えていくのは悲しすぎます。

自分の名刺を作るとしたらどんなハッタリをかましますか?






posted by ガラダマ at 08:51| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。