2019年08月10日

宅配配達員刺される

今週はお盆休み直前でかなりの荷量があり、加えて連日の猛暑!
副業の配送も荷量が爆発し、昨夜は疲労蓄積でぐったりしてました。
夜仕事を入れてなくて良かった〜。

そこへちとショッキングなニュースが飛び込んで来ました。


横浜市内で夜7時頃、路上で不在通知を処理中の宅配配達員がいきなり面識の無い男に無言で右脇腹を刺されるという、とても他人事と思えない事件です。しかもこの現場、私の配達エリアでもあり毎日通る場所でもあります。警察署がすぐ近くにあり、路駐するのに大変気を遣う場所ですから余計に鮮明なイメージが湧いてしまいます。

昨日もこの近所で1件配達してましたけど、もし時間が違えば私が刺されていたかもと思うとゾッとしますね。



不在票を書いている時ってドライバーは結構無防備です。周囲に意識はいかず書くことに集中してますので、悪意のある人間が近づいてきても刺されるまでは反応できないのではないだろうか。逆に言えば被害者のドライバーさんも配達先が不在でなければ刺されることはなかった・・・?
う〜ん、やはり不在は百害あって一利なし!
不在票を入れられた(入れる前に刺されてたらそれどころじゃないでしょうけど)お宅は複雑でしょうね。

幸いドライバーさんは命に別状は無く軽傷ということのようですが、このブログを書いている時点では犯人はまだ逃走中ということで早く捕まえて欲しいですね。夏休みで子供達も出歩いていますから次の被害が起きないことを祈るばかりです。


しかし警察署のすぐ目の前でこんなことが平然と起きているのですから日本も治安が悪くなったものです。警察もこのままでは面子丸つぶれですから本気で動くでしょう。たまたま連休になるため私はしばらく仕事でこの辺に行くことはありませんけど、犯人が捕まっていない現場周辺に配達で行くのって気持ち悪いですよねぇ。しかも最近はこの手の犯罪は「誰でもよかった」という無差別的なものが増えてますから、荷物を持った状態の丸腰なドライバーは標的になってもおかしくない。




さて、もし配達仕事中にこのような事件に当事者として巻き込まれてしまったら、その後はどうなるのでしょう?

まず意識があり自力で動けるなら会社に一報を入れ、事件現場もしくは警察署に誰かに来てもらい車と残りの荷物を引き継いでもらうことになる。本人はケガの具合により救急車で搬送されるか警察署もしくは最寄りの交番で手当てを受けながら事情聴取となるので、当日の仕事はそこで終了になる。

万が一、事件が原因で荷物が破損したりしたら・・・

その時は貨物保険が適用されることになるのでしょうけど、本人の保険か会社の保険かどちらを適用するのかは状況次第なのでしょうかねぇ。社員か委託かによっても違いそうだし、事件に巻き込まれたあげくに自分の保険で弁償とかやってられませんよねぇ。

こうした事件に巻き込まれるリスクも、ドライバー職の宿命なのでしょうか。そしてこういう事件が増えていくと保険料も上がっていくのでしょうか・・・


リスクなく普通に働きたいですな ^^;






posted by ガラダマ at 06:31| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。