2019年07月14日

貴方の働き方を探そう!

雨音で目覚める朝。
一瞬憂鬱になりかけるが、今日は配達仕事は無い日。
まだ布団の中で微睡んでいるドライバーもいれば、日曜の朝からお仕事されているドライバーもいる。
本当にご苦労様です。


雨で外出する機会を失うと楽しみはネット上の買い物という人は多いのでしょうね。
特に死語になりつつある(?)「ボーナス」の夏季分が支給されるのが7月の今頃という会社は多いですから、雨予報のこの3連休は絶好の買い物日和となるのか、最近の家電量販店のチラシにも本気度を感じます。もし10月の増税が実施されるのであれば、尚更ボーナスを手にして駆け込みの購買欲は高まっているでしょうから、この3連休にイベントが集中しているのも頷けます。

一方でボーナスとは縁の無い軽ドライバーはボーナス時期はプチ繁忙期となる。世間の購買需要のある時期は忙しくなるのが軽ドライバー、特に宅配系の仕事をされている方の宿命ですが、これを稼げると喜ぶのか忙しくて嫌と思うのか。


私は宅配の仕事ではないのであまり知ったような事は言えませんが、10年前と比べると繁忙期という特殊な期間が薄れて宅配は満遍なく忙しくなってきているような感じがいたします。
それはボーナスが無くなった、或いは額が減ったという人が増えたのか、お中元・お歳暮という期間限定の習慣が無くなってきたということも関係しているでしょう。その分、いつでもどこでも利用できるネット上の買い物がとんでもなく増えているので、全体の荷量は右肩上がりが続いている。


上っ面だけ見ると軽運送業という仕事はもっと景気が良くなって当然と思うのですが、一向に盛り上がってこないのは何故?

未だに根強く蔓延っている運送業界の中抜き多層構造により、末端のドライバーに相応の労働対価が支払われていないのもそうですし、何より低単価のため稼ぐレベルに到達するには長時間労働が避けられないという部分。働き方改革など入り込む隙間もないような世界に魅力を感じないのは当然でしょう。それでもそういう仕事を一生懸命してくれる人がいるおかげで世の中が辛うじて成り立っている。


そんな軽運送業の世界にもようやく変化が現れ出しました。
これまでの朝から晩まで・配達数ノルマというような拘束される働き方から、面接不要で登録のみ。好きな時に好きなだけ働けば良いという働き方に応募が殺到している。敬遠され人手不足という運送の仕事においては信じられない現象が起きており、YouTubeで有名なインフルエンサーの方々も動画で報じているような状況が更にドライバーの登録を増やすという、好循環(?)と言ってよいのかどうか。

この現象もこれまでの働き方に対するアンチテーゼの一つなのでしょうか。コンビニや牛丼屋といったアルバイトの定番も、業務やメニューの増加・複雑化が進み、働くことに楽しみを見い出せなくなりつつある。求人に人が集まらなくなるのは報酬に見合った魅力を感じないというのが一般的ですが、コンビニや牛丼のバイトの賃金はそれなりに上昇しているのに年々人材が集まらなくなっているのは、働き方の内容に原因があるように思う。

フード系のバイトスタッフが勤務中のおふざけの動画を発信したりするのも、本人の資質もありますが、仕事に誇りと責任を持っていないからでしょう。コンビニだって本部がフランチャイズをいかに軽視しているかが暴露されましたから、「こんなんやってられねぇ」と思われても仕方がない。


もうムリぃ〜っ! 自由な環境で働きたい方必見!
▼貴方の新しい働き方を手に入れよう!!▼

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35JNXA+FYJBJM+1PJA+1HLNLF


世の中は確実にフリーランス的な働き方にシフトしていく。
通勤が当たり前、毎日8時間働くのが当たり前、朝礼・会議・転勤・残業も当たり前! というような働き方っておかしくない?とようやく声を上げる人が増えて来て、求人の動向にもそれが少しづつ表れてきている。

前述の軽運送業の例においても、登録制のドライバー数は急増しているのに従来の拘束的な求人には人が集まらない。働き方にダメ出しが始まっている。それは賃金がどうのこうのということではないようです。

この傾向が今後も続き強まっていくのであれば、人手不足倒産は増えていくでしょう。安価で人をこき使って成り立っていた商売はそっぽを向かれるし、慌てて賃金を上げようとしたところでその商売は本性が見破られてしまっているのですから労働力は集まらない。
私達はそういう会社・仕事を見極める眼力を持つべし。決して求人広告上の待遇に惑わされてはいけない。

自分の働くことへの価値感をしっかり持ち、これまでの常識に囚われることなく自分にとってのベストな働き方を追求して行きましょう!
採用されてそこのルールに自分を合わせる働き方は過去のもの。自分の理想に限りなく近づける働き方を見つける時代。
積荷オヤジさんも軽運送業の常識と闘っておりますだ。




posted by ガラダマ at 12:43| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オヤジさん、お久しぶりです。こんばんは、キリタケです。
今まで順調だった運送仕事が突然打ち切りという憂き目に遭い、代わりに違う運送仕事をしています。
今まで順調だったのに胡座かいてた自業自得ではあるんですけど、今違う働き方もあるのかを模索している最中ではあります。
ただ、いきなり全部辞めて一から始めるのはデメリットも大きいんじゃないかと思ったんですが、いかがでしょうか。
オヤジさんの意見を是非とも参考にしたいと思います。
Posted by キリタケ at 2019年07月19日 23:58
キリタケさん こんばんは。

突然打ち切りになった理由は何なんでしょうね。会社の問題なのか、荷主の都合なのか。
新たな運送仕事は融通が利かない仕事なのでしょうか?収入や労働時間がこれまでとどのように違うのかもわからないので、何とも申し上げられないですな。

一つのヒントとしましては、私は現在完全に60歳以降の働き方を意識して労働時間や複業を調整しております。
自分がこの先何を軸に働き方を調整して行きたいのか?そこにフォーカスして行けば自ずと見えてくるのではないでしょうか?

何か一つの仕事が潰れた場合に全体が崩れてしまうような構成ではいけないと思います。複数の仕事を互いにリスクヘッジが効くような組み合わせにしていけば、安定してくると思います。
何が本業でも良いと考えればいろいろな景色が見えて来ると思いますよ。
Posted by 積荷オヤジ at 2019年07月20日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。