2019年06月09日

花言葉

花の子花の子ともてはやされて はや58年・・・

こんにちは! 積荷🌸ルンルン🌸オヤジ です。

ジメジメした梅雨に負けないようテンション高く行きましょう!
脳みそまでジメジメしてんじゃねぇか? ^^; 大丈夫か?

20190607_101725.jpg



さて、毎週のように納品に行く商業施設のトイレの洗面台には上のような誕生花・花言葉のプレートが飾られています。
これ、癒されると思いませんか?
なかなか良いアイデアだと思います。施設内の売上げに繋がるかどうかは別として・・・
いや、腹黒い私ならお客様を洗脳・購買へ誘導するような悪魔のささやきを羅列するな、きっと。( ̄ー ̄)

人間って占いや迷信の類は大好きですよね。
ともすれば何かにすがりたい弱い面を持った動物ですから、根拠のない話でも自分にとって良い方に解釈して行動する。
そこにつけ込んだ商売の多いこと多いこと。
最近では恵方巻とかいい例ですね。買いますか?


もっともポピュラーな占い系だと「星座」「血液型」と「手相」でしょうかね。「手相」はあまり見かけなくなったかな?
誕生日による12星座の占いは様々なメディアで毎日出てますので、それを見るのが日課となっている人もいるでしょう。その内容によってその日1日を快活に過ごせたり疑心暗鬼に大人しくしていたりしてませんか?(笑)

血液型も占いに使われますし、人の性格・性質の傾向を表すものとしても有名ですね。A型は几帳面とかO型は寛容だとか。
面白いことにこれ結構当たっていると思っている人、多いのではないでしょうか?しかし時にはクラスや職場で人間性を決めつけられてイジメの対象になったりする。「オマエA型だからコピーと掃除担当ね!」みたいな。今では立派なハラスメントですけどね。

ただ血液は遺伝分野として考えてもビッグデータとして分析できるようで、性格・性質の傾向というのはかなり信憑性がある。有名なのは競馬の世界。血統により距離適性や気性・馬場コンディションへの適応性等はかなり受け継がれるのでレース予想には血統は重視されます。それでも当たらないのは何故? ^^; だからギャンブル

手相は昔は街角にはよく手相師がいたものですが、最近はすっかりお目にかかりませんね。時々ビルの一角で水晶占いやタロット占いみたいなコーナーを見かけますけど、当たるのでしょうか?一度占って欲しいと思っていてまだ実現してませんが。


商業貨物便の軽ドライバーは商業施設の中にも配達に行くので、こうした世の移り変わりや流行り廃りを目の当たりにします。思わず平家物語の一節が頭をよぎります。「諸行無常の響き」とか「盛者必衰の理をあらわす」というのは現代社会にも言えてますね。
生きるって厳しいなぁ。


<現代版花言葉>

サラリーマン    不安定

リストラ      45歳

ドライバー     貧困

ネンキン      国家的詐欺

タイショクキン   昔の慣習

フクギョウ     最強の本業

サービス      残業

コンプライアンス  守れないもの

ハラスメント    日常茶飯事

シェア       うるとらまん



きりがないですな。何だ?最後のは。(わかった貴方は昭和人)


くだらない時間にお付き合い頂きありがとうございました。






posted by ガラダマ at 09:18| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。