2019年01月19日

続々と求人情報が届いております

登録している求人サイトから多数の案件が来ております。

一応登録しているジャンルとしては、軽運送業・不動産関連・コンサルティング・経理/事務と幅を持たせ、神奈川県限定で。
経理/事務というのはご愛敬ですが、さすがにこのジャンルは露骨に女性中心の求人で簿記とパソコンは必須ですね。未経験の中高年男性はお呼びでないのですが、逆にこの分野で中途採用される中高年男性というのはどんなキャリアなのだろうと、ちょっと興味が湧いたりします。

紹介されてくる案件の中には何故か勤務先が都内だったり20代・30代限定だったり、何のための事前の条件登録なんだよ!とツッコミたくもなりますが、一応すべての内容には目を通してみると今まで気にもしていなかった会社や職種に面白そうなものを発見したりする。もしかしてこれまで食わず嫌いにより閉ざされていた自分の才能が開花するかもしれない気にさせる(笑)


まあ軽運送業の案件については大体条件相場がわかるので、それほど新鮮な情報はない。相変わらず「月収60万70万も可能」みたいなコピーが踊っておりますが、確かにMAXでその金額に届くのは可能だとは思いますが、この働き方でそれを達成するには月400時間くらいはやりなさいよ!ということ。それを毎月続けられますか?過労死レベルですよ。しかも業務委託ですからよほど強要された労働でなければ今のところ労働法の適用は難しい。

しかし別ブログでちょこっと触れてますけど、今後は業務委託でもこういう長時間に及ぶ労働にメスが入るらしいので、「やるだけ稼げる」ということが出来なくなる。当然求人広告もキャッチコピーが変わってくるでしょう。「月収30万40万も可能」なんて、魅力あります?MAXで可能な金額が会社員と大差ないならますますドライバーやる人いなくなっちゃいますよ。会社員同様に1日8時間だけの配送収入で経費引いたら・・・(悲) 
ドライバーやるなら何らかの生活防衛策が必要です。


不動産関連の求人コピーもドライバーと似たところはある。不動産は歩合制が多く、高額収入を謳っている求人も数多い。私みたいな者でも実際に何度も月収100万以上貰っていたことがあるので、求人広告はウソではない。が、やはりそれが毎月のことのように思うのは危険です。月収100万を超えることもあれば月収0円ということもあるような世界です。

不動産関連が軽運送業の働き方と大きく違うのは労働対価の部分。
私の経験感覚から言うと、不動産は稼げる時ほど労働時間が短かったりする。ゾーンに入るとお客様が勝手に来る感じ。ただ物件を紹介して現地を見せて即契約なんてことも珍しくないので、労働時間としては半日もかからないことも。それ1件の歩合がドライバーの月収ぐらいにはなってしまう。月に3〜4件契約取れば月収100万超えになってしまう(会社によります)。
ただし何百時間働こうが一ヵ月契約が取れなければフルコミッションなら月収0円。3か月も契約取れない人はクビになるか生活できなくなって辞めていく。天国と地獄が同居するお仕事です。


コンサルティング系はいわゆる「士業」の世界。専門職の極みというか、独立して活躍しているイメージが強い。
士業を目指して勉強中の方がどこかの先生の下に入って経験を積むような求人パターンが多いと思われます。
世の中の会社の数だけ仕事があると言われている世界で、最近は個人が法人化することが増えており税理・会計・監査の需要が見込めるということで、求人数が目立ってきています。ブログ冒頭で述べた中高年男性が関われそうな数少ない事務系の求人です。ただいくら人手不足とは言っても未経験でパソコンも得意でなければ事務系の仕事に採用されないのは容易に想像できる。


いろいろな求人を見ていても、やはり運転免許を持っていれば出来るドライバーという仕事はハードルが低いのだなと思います。ハードルが低い仕事が条件が良いわけないのですが、その環境を変える発想と行動力があれば居心地は良くなることは可能。その可能性もないような仕事環境であればやる必要はない。そんな環境で一生を過ごすのは何のための人生なのか?

自分の可能性を見つめ直すためにも、働き方・求人の情報は幅広く見ておいた方が良いと思います。





posted by ガラダマ at 07:49| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。