2018年11月25日

効率良く働けば会社員に負けない

横浜エリアでは天候に恵まれた3連休となっておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

すっかり週休3日の本業に慣れてきておりますので、最近は3連休ぐらいでは感動しなくなりました^^;
どうせ年末年始も10連休以上になるかもしれないし。

今週の土曜日には早くも最初の忘年会があります。もう12月に突入してしまうんですね。
平成最後の年末。元号が変わるのがわかっていての最後の年末という初めての状況に加え、来年限定の祭日やらが閣議決定したとかで手帳やカレンダー業界の方は対応が大変なようですが、消費税増税となるとまたそこでひと騒ぎ起きるのでしょう。

こうした国レベルの変化が起きる時には特需というか、恩恵に与る業種もあれば迷惑を被る業種もある。
運送業界はその両方でしょうかね。ただ恩恵を受けるのは会社で迷惑を被るのは末端のドライバーという構図は毎度のこと。
もし運送業に転職してくるなら元号が変わって一息ついたタイミングの方がいいですよ(笑)


大手運送会社でも短時間勤務が可能な求人が増えてきている。
1日の労働時間が非常に長いイメージがついている業界ですから、人手不足を少しでも解消するために背に腹は代えられないということでしょうか。ひと昔前なら最低週5日はやってもらわないとみたいに社員並みな拘束を課していたのがウソのような手のひら返し。

昔みたいに働けば働くほど稼げるわけではなくなってきているので、どちらかというと副業的に取り入れた方が良いとさえ思ったりします。
あくまでも個人的な考えですが、中高年が転職しても余程の特殊なスキルがなければ月収なんて手取りで20万〜25万ぐらいが一般的でしょう。
であれば変な拘束をされずに好きな事好きな仕事を上手く毎日にはめ込んでいければ、収入は30万以上になることは十分可能。それは60歳目前の私が実際に実現していることなので、怪しい情報商材に手を出すよりかは確実・安全!(笑)
ただし週休2日とかは無理ですよ。そこまで甘くない。1日24時間をいかに効率よく使えるかです。

こんな記事がありました。

「通勤時間が長い」ことで、どれだけ損をしているのか

1日24時間を有効に使うための一つの考え方が紹介されていますが、私が転職した理由の一つでもあります。
「そんなこと出来ねーよ」「出来たらとっくにやってるし」という言葉が真っ先に口から出てしまうなら、たぶんこの先も変わることがない人なのだと思います。本気で何かを変えようとしない人ほど理想と現実のギャップで悩み続けることを学びましたから。


独立しても何もかも自分で決めるメリットを活かしきれていない人がまだまだ多いように感じます。
サラリーマン体質というか仕事は場所・時間・給料がセットになっているような考え方で求人を見ている節がある。通勤に関してもムダと考えずに単に時給とかで判断しているなら、それは賢明とは言えないように思います。


軽ドライバーで食っていくなら、そのフットワークを完全に活かすとともに、無駄な時間を極力排除する意識を強く持っていけば、そこに新しい働き方が見えてくる。

自分で考え組み立てた働き方ですから、会社員に比べればストレスは少ないし収入も自分でコントロールできる。そうして試行錯誤していけるなら、下手な転職するよりよっぽど快適な生活を手にすることができる。朝9時起床・通勤5分・手取り30万以上とかが可能になるならやってみる価値は十分にあると思いませんか?
アッ、通勤フェチとか社畜フェチなら話は別ですけど・・・










posted by ガラダマ at 11:30| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。