2018年11月10日

あなたは何を信じますか?

1日パソコンをいじらないと数多くのメールが溜まります。

まあ週に7日働いていると、たまにパソコンを触りたくない日や読書優先にしたり副業の残業に付き合ったりする時もあるし、あまりパソコンやスマホに依存する生活もどうかな?と思ったりする。

溜まったメールは後日に一応タイトルだけでも目は通しますが、半分以上は不要な情報。未読でゴミ箱行きのものも多い。
解除していないメルマガとか勝手に送られてくる迷惑メールの類。皆様はどう対処していますか?
秒速で1億稼ぐ人のメルマガも読んでいたけどすっかり来なくなったのは残念!(笑)


私は割と際どい内容の情報を好む傾向にあり、特に情報商材系の内容が好きみたいです。人の弱さにつけ込んでくるあのテクニックに感心してしまいます。ある意味、商売やる者には必須なスキルではないかと。でも購入したことはありませんが。

怪しく見える情報が全てダメかというと、中にはまともなものもあります。そこの取り捨てを間違えると「騙された」という方向に行ってしまう。最初から敬遠して距離を置くより、時には相手の魂胆やテクニックを勉強する意味でもあえてその情報に触れてみるのも良いかも知れません。それが後々、情報の選択において役立つと思います。


情報商材のパターンって、楽して儲かる的な商材の説明がエンドロール的に延々と続きますよね。そこに購入者・実践者(サクラか?)のコメントを織り交ぜながら、とにかく説明が長い。で肝心の商材の値段はなかなか出てこない。ようやく値段に辿り着くと、通常¥150,000するものが先着○○名に限り特別価格で¥29,800!とかいきなりの値引き。締め切りまで残り○○日とか売り切れまで残り○○個みたいなリアルタイム表示をしているサイトもある。結果が出ない場合は全額返金を謳っているものもある。

で、一端締め切りや売り切れをするのだが、すぐに特別に延長販売をする旨のメールが来たりする。販売に苦戦しているのでしょうか?

これだけの情報社会になると怪しい商材の評判は知れ渡ってしまうのですが、次から次から出てくる新たな商材に惹きつけられてしまうのは現代人が何かにすがりたい弱さがあるからなのでしょう。このビジネスには宗教的な一面が見え隠れします。


本当に楽して稼げる商材ならば、販売後の反響が聞こえてくるはずなんですが、その後の動向・結果についてはプツンと情報が途絶えます。クレームやら金持ちになったという声も聞こえてこない。直接の被害者的コメントが出てこないのは不思議な感じもいたします。実際に購入した者がいないのか、騙された恥ずかしさから口を閉じているのか。まあ最近は商材の価格を小遣い程度にしているのも大騒ぎされないための微妙なテクニックなのでしょうか?さすがに数十万数百万払って結果がでなければ事件になるし。



個人的には有名企業のサプリメントはよくお試し価格で購入したりしてます。製品のサイトでは良いコメントばかり載せていますけど、販売元が信用できそうなので疑心暗鬼ながら効果を人体実験している。薬ではないのでさすがに1か月程度ではハッキリした効果を感じませんけど、病も気からというかサプリを愛用しているということが精神安定剤となり自らの肉体を騙して健康になった気がしているという方も多いのでしょう。


何を信じるかは人それぞれ。信じたこと・モノで満足できれば、例えそれが怪しいと噂されているものでも良しとできる。
むしろ怪しいという噂自体が怪しいのかも知れない。
他人の意見は参考として、自分で試すことが一番。










posted by ガラダマ at 01:47| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。