2018年10月13日

メンテナンス

金曜日は夕方以降に予定を入れていない日。

本業・副業の配送が14時頃に終了しましたので、いつも整備でお世話になっているスタンドに定期点検に行ってきました。


ちょっと最近バッテリーの調子に不安を感じていたのでチェックしてもらったら、案の定ヤバかった。
バッテリー交換の他には、エレメントの交換にクリーニングとオイル交換で、合計¥17,820 也。

今回は最低限必要なメンテナンスでしたが、今後はブレーキパッドやタイミングベルトという、大事故に結びつきかねないパーツのメンテナンスも意識しなければなりません。特に中古車で購入した場合は、前オーナーの使い方によってパーツの寿命具合がメンテナンス時期の平均値と大きく違っている可能性もあるので要注意です。当然上記の費用の数倍が必要になるので覚悟しなければ・・・


車という高額な道具を使う職業ですから、メンテナンス費用もそれなりにかかります。
開業時の支出を少なくしようと安い中古車を手当てするのは仕方がないのですが、中古車は当たり外れがありますので、必ずしも安い車を見つけたからといって一安心はできません。逆にメンテナンス費用が嵩んで返って高い買い物になることがあります。

素人目には事故歴がないとか走行距離ぐらいしか判断材料が得られないかもしれませんが、タイヤの摩耗具合とか社内の臭いとかエンジン音とか、前オーナーの使用痕跡を嗅ぎ取って直感的に自分との相性みたいなものを感じることがあるようです。まあ自己判断だけでなく整備マンとか第三者の意見を参考にすれば、外れを掴む確率は減らすことはできるでしょう。


軽運送業を続けていくのであれば、車との生活は長い付き合いになります。メンテナンスに関してはガソリンスタンドや整備会社はどこか親身に付き合える所・人を作っておきましょう。時には代車の用意とか緊急時の優先的な対応やサービスをしてもらえたりする。この安心感は結構大きなものがあり、何か起きてから手配先を探さなければならない煩わしさを回避しておくことは、後ろ盾のない個人事業主にとっては必要不可欠であり、開業まもなくやっておくべき仕事の一つです。


冬のシーズンを迎えると、スタッドレスタイヤ装着ということも経費計上予定しておくことになります。
今夏の猛暑が冬の気候に何か影響を及ばすのだろうか?

夏場と冬場はメンテナンスに影響しやすい季節です。







posted by ガラダマ at 05:56| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。