2018年10月09日

築地市場移転

今週、いよいよ豊洲に移転する新市場がオープンしますね。

一つの町が丸ごと移動するようなもので、まあすんなり物事が運ぶわけはないのですが、それでもようやく何とか開場できそうで関係者の方々は一息つける(?)のでしょうか。


もう30年ほど昔の話ですが、私が広告代理店勤務していた頃は銀座周辺が活動エリアでしたので、晴海でイベントがあったりした時にはよく築地市場にも立ち寄った事が思い出され懐かしく感じています。

当時は銀座周辺なんかでは回転寿司みたいな気軽に立ち寄ってお寿司が食べられるお店も少なく、築地市場に行った時には少々気持ちが高揚していたのもあり、普段食べれないような豪華海鮮丼みたいなメニューにも手が届く値段でワクワクしました。やはり市場の中だと流通経路が省かれ中間搾取するものがなく(運送業やってる私が言うのも何なんですが)、美味しいものが手頃に味わえるのは素敵ですね。
豊洲でもその良さには期待したいです。



食の魅力とともに私が個人的に築地市場に魅力を感じていたのが、目の前で魚を捌いたり販売したりする方々の口上テクニック。

これは上野のアメ横でも共通して感じた部分でもあるのですが、長年の喋り通しで作られた独特のだみ声で通常の会話では聞き取り辛いのですが、そのテンポと人を惹きつける話の面白さについつい足を止めて聞き入ってしまいます。

私も営業マンでしたので、この口上テクニックは仕事に役立つエッセンスがあると思ったものです。よくデパート等で包丁やフライパンなんかのデモ販売されている方にも話の上手な人いますよね。ああいうセンスは羨ましいです。あの人達は普通に営業の仕事やらせても良い成績残すのではないでしょうか。営業職で少々自信を失いかけている、成績が伸び悩んでいるような方は、アメ横なり市場なり実際に足を運んで間近に口上を観察されると何かヒントが得られるかもしれません。


市場移転で大変だなぁと思うのは引っ越しそのものもそうですけど、これまで築地に出入りしていたドライバーの豊洲での搬入。
築地ではいつどこに行けば効率よく作業できるか、他の業者とのお互いの駆け引きみたいなものが身に染みついているので市場全体がスムースに物事が運んでいたものが、豊洲では市場規模・搬入経路やタイミングが今までと勝手が違うことになるのでドライバーは苦労するだろうなぁ。

ドライバー仕事のストレスって、渋滞とか時間に追われることもそうですけど、納品先の段取りが読めないことも大きいんです。初めて納品に行った相手先で納品場所がたらい回しになることなんか珍しくないですから。豊洲では最初は受取る側も段取りを把握していないかもしれないので混乱するかも知れませんね。



余談になりますが、築地移転問題ではネズミの問題も報じられていました。私も地下鉄の構内で何度もネズミを見ています。それも猫か?と見間違えるほどのデカいのがたくさんいる。地下鉄の人身事故と報じられる中にはネズミが轢かれたものもあるのではないか勘ぐったりして^^;

地下鉄はいろいろなところと繋がっていますので、ネズミも豊洲方面へ大移動するのでしょうか?銀座線、日比谷線、有楽町線辺りの構内でも大規模駆除作戦をしないといけないかもしれませんね。







posted by ガラダマ at 10:29| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。