2018年10月06日

共存なくして生きていけない

毎週のように台風の動向に振り回されている感が強い今シーズンですが、行楽・旅行を予定している方々の不安はもとより、何より影響を受けるのが外仕事をされている方々ではないでしょうか。

特に台風の進路に当たる事が多い沖縄や西日本方面の配達仕事をされていらっしゃる同士の方々には、暴風雨の映像を見ていると頭が下がる思いでいっぱいです。
実際はあのような過酷な状況ではどのような指示を受けて仕事をされているのか、あまり報道では伝えられていませんね。

宅配ピザのバイクが強風に横転した映像がありましたが、どんな暴風雨でも配達仕事が完全に中止になるという話はあまり聞きません。道路が封鎖されているとか人員が確保できていないという場合は別なはずですけど、それでも道路上で立ち往生したトラックとかの映像があまりにも多い。後先考えずにとりあえず出発して(させられて)しまうのが現状でしょうか。


「物流」という言葉が何気なく使われておりますけど、物の流れが止まる事は生活上の一大事になることは、今回話題になった交通機関の計画運休の一連の報道を見てもわかりますよね。「たった半日だけ」「事前に計画・告知」していても「ふざけるな」「知らなかった」と苦情を訴える人は必ず一定数はいる。

これだけSNSが発達した社会になると、好き勝手な意見が拡散・増幅して万人を満足させるような対応はほぼ不可能になる。道路が使えないのに物が届かないとかいう不満などは、もう当たり前のようにある。

「台風接近してるのわかってるんだから運送会社が配送を工夫しろよ」「台風がわかってるんだったら発注のタイミングをずらせばいいだろ」なんていう水面下での醜い罵り合いがバチバチして現場は殺伐としてくるのは大雪の時も同じ。

こんな理不尽な仕事の尻拭いはいつも末端のドライバーとなる。で、ストレス抱えたまま平常心を失った状態でハンドル握って事故やトラブルを起こしてしまう。会社員ならともかく委託の立場で自然災害時の事故に遭ったら保険の適用範囲がどうなっているかは意外に知らない人が多い。というか開業前の保険のまま軽運送業やってる人もいたりしますからね ^^;

暴風雨の中の運転って本当に怖いですからね。視界は通常の半分以下になるし服色や傘色によっては歩行者は大雨に同化して、特に左折時の巻き込み事故に繋がってしまう。夜間は更に視界が悪化してますので歩行者側も信号や車に絶対の信頼をしてはいけないと思います。


自然相手の因果な商売という一面もあり、それを承知で仕事をしているわけですからある程度は困難覚悟でやらなければいけませんが、台風・地震・噴火等の自然災害が多発している昨今、命の危険に晒される状況も考えられるわけで、業務上の行動全てを会社の考え方・指示に委ねて良いものかどうかが問われる時代になってきました。

委託とか正社員という立場は別として、最後には自分自身は自分で守るしかない。仕事に縛られて命を落とす事はあってはならない。殉職とは聞こえは良いかもしれないが、残された家族にとっては恨み辛みの行為でしかない。


今まであまり意識したことのない「仕事と共存」「大自然と共存」

上手く付き合っていきたいものです。




■ 黒・緑ナンバー車の自動車保険は難しい。

ネットや街中の代理店でも加入が難しいと言われる黒ナンバー・
緑ナンバーといった「事業用自動車保険」をネットで申し込める
珍しくレアなサイトのご紹介です。

この「はたらくクルマの自動車保険」では他社では苦手だったり、
加入不可とされる事もありがちな事業用のトラックやダンプの加入を
得意とする為、現在も全国から申込殺到中のサイトです。

とにかく急いでいる法人・個人事業主様、これから開業予定で
任意自動車保険が必要な方におススメです。

軽運送の方にもおススメですヨ!

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TVMY8+17GNXU+3EV2+O3MKJ







posted by ガラダマ at 01:47| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おじちゃん、こんばんは!

これはいいですね!
後は、積荷保険とか、搬入出の際の賠償責任保険が欲しいですね。

これで、おじちゃん、大もうけかなwww
Posted by しふと at 2018年10月07日 19:55
しふとさん お久しぶりです。

大もうけ・・・

してみたいっす(´ρ`)
Posted by 積荷オヤジ at 2018年10月09日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。