2018年09月22日

本業がヒマなのでこんな本読んでます

先週末に続き、今週末も本業4連休の積荷オヤジです。

なんか週3日しか仕事していない(週休4日制 ^^;)ような生活って素敵ですね(笑)
実際は毎日複業しているおかげで収入に困ることはないのですが、もう完全に軽運送業が本業というスタンスではなくなってきた。

こういう状況って、本業に依存している場合は大変なピンチになるわけですが、だからこそこのブログでは副業・複業を推奨しているわけでして、独立開業した場合のリスクヘッジになるわけです。
月の半分も本業していなくても今月の収入は40万以上にはなる。

Aという収入時間が削られた時、他のBやCという収入で穴埋めできるような働き方を構築していくのがこれからのスタンダードになっていくと思います。
これまでの常識が通用しない社会になりつつある。



最近ヒマなのでこんな本を読んでます。

20180921_191116.jpg


ハードカバーだろうが雑誌だろうがマンガだろうが、あらゆるジャンルから自分の生き方のヒントを吸収することができる。
ネットからの情報収集とは一味違った趣があるのが読書。
そこに投入する金額を惜しまないのは大事な自己投資だから。


「Tarzan」は一見趣味的なジャンル雑誌ですけど、スポーツジムインストラクターという副業をしている私にとっては目を通しておく必要を感じます。
先日も報道されましたが、これまでの腹筋運動のやり方が実は間違っていて、最新の考え方・トレーニング方法が紹介されたりする。

ジムで働く動機となったのは、軽運送業という肉体労働を長続きさせるための体力維持方法を考えた時、マシンがタダで使えてお金も貰えるという夢のような(笑)働き方があったから。
まあ58歳のオヤジがいまだに現役インストラクターとして現場にいられるのも、ちゃんとした下心があればこそ。
おかげでギックリ腰にならなくなりました。


「ホンダ N−VANのすべて」 モーターファン別冊なんて超久しぶりに買いましたよ。初代シェンタの時以来かな?
このブログでも以前にコメントしましたけど、ちょっとこのクルマには惹かれています。
特徴の隅々までレポートされていて、やはり軽ドライバーとしては気になるし、様々な働き方の可能性を模索・追求している私にとって、単に軽運送業の枠に収まらないこのクルマは熟知しておく必要を感じております。


「LIFE SHIFT」はかなり話題になりましたし、書店では目立つ場所に置かれているのでご存知の方も多いでしょう。
結構分厚い本でありちと読むのに時間がかかりそうなので、取り急ぎエッセンスを吸収すべくマンガ版を購入しました。

驚いたことに、これ、私がここ数年、感じ・考え・実践してきたことと同じようなことが書かれていました。
これまでの人生観や働き方の常識が通用しなくなる時代になり、そこにどうアジャストしていくかが問われている。
将来安泰と思われていた一流企業に勤務していた者の突然の挫折や、就活に苦悩している大学生の本質、典型的な仕事依存体質の中高年の悲哀等、誰もが一瞬自分に置き換えることができるような事例をピックアップしていてマンガでわかりやすい。
少し時間ができたらハードカバーも読んでみようと思う。
この書籍は読んでおいて絶対損はないと思います。








posted by ガラダマ at 01:00| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。