2018年05月26日

数年後、生き残るのは誰だ?

ガテン系のお仕事をされている方々には暑さがこたえる季節になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?
水分・栄養・休息をしっかり取って乗り切っていきましょう!


さて、AIの台頭や技術革新が急速に進む現代、様々なメディアで「10年後に無くなる仕事」みたいな特集が報じられておりますが、皆様が従事されているお仕事や職場は安泰としていられるでしょうか?

ケータイやパソコン、コンビニなど無かった青春時代を過ごしてきた私と、平成生まれの若者とでは世の中のスピード感や満足感の違いは相当な開きがあると思いますが、将来への期待感(絶望感?)となると意外にその差は縮まっているのかも知れません。

すでに年金受給されている世代では、仕事人としての現役時代は様々なサイクルがゆったりと回っていたおかげで、終身雇用・年功序列の恩恵を十分受けていた方が多かったようですが、現代ではもう生まれた時から競争社会の中に放り込まれたようなもの。育児放棄したような親や多発する犯罪社会においては、成長過程での環境格差も人格・思想形成上の障害となっている。

そして「働くこと」の意義が失われつつあること。

昔では存在しなかった収入を得る手段が今では数多くある。
働かなければ生きていけなかった時代が、働かなくても(実際はそれ相応のことをしているが)稼げることが可能になってきた。

一方では真面目に働いていてもリストラや会社が倒れたりする。
人や物のサイクルが速まり、腰を落ち着けて働くなどということが難しくなってくれば、将来を悲観する方向に流れるのは当然か。
だから手っ取り早い収入手段が注目されるてくる。


転職を難しく考えてしまうのも、雇用先への不安感と自分自身への自信の無さに揺れ動いてしまうからでしょう。
「進むも地獄、残るも地獄」の状況のまま人生を終えていく・・・
一体10年後、いや2〜3年後の自分、会社、世の中がどうなっているのか、健康や地震、戦争等、自分の力ではどうにもできない事に我々はどう備えていけばよいのだろうか。






運送業・ドライバーという仕事も10年後が保障されていない職業の一つと報じられている。
最近発売されていた上の雑誌にも、ヤマト問題以降の物流・運送業の現状と近い将来の展望が興味深く掲載されていた。
展望というのは、「希望」なのか「絶望」なのか?

ここ数年で急速に進展してきた自動運転・無人運転というものが物流・運送の世界を大きく変え、高齢化が進む深刻なドライバー不足問題解消と同時に現在そこに従事している労働者の多くをカットするストーリーが描かれている。特にトラックドライバーは影響が大きい。

最近のトラックドライバーの求人では、3K4Kという過酷な仕事のイメージを払拭するがごとく、「手積み手降ろしがなくラクチン」とか「決められたルート間配送なので道を知らない人でも大丈夫」「残業はほとんど(笑)ありません」等、現役ドライバーだけでなく職に困っている未経験者すら心が揺れ動くような甘い言葉で誘いをかけてくる。

でもね、そんな楽そうな仕事こそ真っ先に無くなるんですよ。AIとか自動運転・無人運転が台頭してきた日には。
手積み手降ろしがなくルート間配送なんてまさに無人運転でOK。
そして「その日」が来るのはそう遠い先ではない。



ヤマトや電通の労働問題だって、実際には現場でずっと燻っていたものがこの1年で大きく様変わりしたように、何かの拍子に環境がガラッと変わってしまう危うさはどこにでもある。

会社と共に沈没するか、大海原に飛び込み自分の可能性に賭けてみるか。
その決断を迫られる時がやがて皆様にも訪れる・・・   かも?


私は2〜3年後に迫った60歳を見据えて、新しい働き方と収入の方法を日々試行錯誤しておりますだ。
もう本業とか副業とか既成概念に囚われず、強い生き方を工夫していかないと社会の変化に流されてしまう。
考えるのではなく感じるのじゃ。フォースを使うのじゃ!










posted by ガラダマ at 04:50| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。