2018年05月19日

ヤングマン

我々50代の人間にとってショッキングなニュースでした。

昭和を象徴するようなアイドルの1人、西城秀樹さんの訃報。
まだ63歳、今の時代においては早すぎる。


自分もあと2年で60歳となってしまう。63歳なら5年後だ。
一応健康の部類といえるかもしれないが、春先に話題となった沖縄の翁長知事の膵臓腫瘍と全く同じものを体内に抱えている(一応現在は良性と診断されているが)ため、いつ不測の事態を迎えてもおかしくない不安がある。

あと何年好きなことをしていられるか・・・


幸い軽運送業をベースにストレスフリーな環境を構築してきたおかげで、病魔も大人しくしてくれているようだ。
何とかあと10年は悔いなく過ごせるように、最近は60歳以降の働き方を意識して活動をしております。


10年前、軽運送業を始めた頃と今とでは明らかに気力・体力の衰えを痛感しているし、更にここから10年後、自分がどれだけしっかりしていられるかを考えるとちょっと気持ちが弱くなっているのも確か。
どんなに激務していようと20代・30代の頃には感じなかった精神と肉体の衰えが、今自分に襲い掛かっている。


そんな雑念(?)を振り払うためには夢や希望・目標を持って集中して取り組んでいくのが一番!
軽運送業にとらわれず60歳以降、自分が「やって良かったぁ」と思えるような働き方を求めて、最近はまた様々なセミナーに参加したり自分なりのビジネスチャンスを模索しての営業活動をしてみたりと、隙間時間を余すことなく活動する毎日で忙しいけど充実しています。

転職というと、どうしても労働環境が根本的に変わる不安が伴うので躊躇しがちになりますけど、軽運送業ライフから派生していく働き方をどう自分の暮らしにアジャストしていくかというのは、自分探しの旅みたいな気楽さがあって、ストレスだらけの会社員生活に疲れた中高年の方々には、自分の存在意義を確認するにはもってこいの環境を提供してくれるのではないでしょうか。


何にせよ、常識や規定概念にとらわれず、気持ちだけは老け込まないようチャレンジしていきたいですね。

西城秀樹さんのヤングマンの歌詞は、決してヤングマン向けだけではなく中高年も噛み締めて乗っていきたいですな。


ヤングマン もう悩む事はないんだから
ヤングマン ほら見えるだろう
ヤングマン 君の行く先に
ヤングマン 楽しめる事があるんだから

ヤングマン プライドを捨てて すぐに行こうぜ
ヤングマン 夢があるならば
ヤングマン とまどうことなど
ヤングマン ないはずじゃないか オレと行こう

ヤングマン 青春(人生)の日々は 
ヤングマン 二度とこないから
ヤングマン 足をふみならして
ヤングマン 今思う事をやって行こう

ゆううつなど吹き飛ばして 君も元気だせよ

若いうちは(歳をとっても)
やりたいこと 何でもできるのさ

               ー 歌詞は抜粋 − 




   






posted by ガラダマ at 14:36| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。