2018年04月14日

愛すべきドライバー達

あっという間に桜の季節が過ぎ、世間の次の関心事はゴールデンウィークに移ったようですね。


軽運送業を始めてからは、カレンダー上の大型連休というものにはワクワク感など無く、収入減の心配と大型連休前後に集中する荷量にウンザリする暮らしとなりました。

マルチワークで本業の収入減を補えるようになった今の私の生活においてはもはや軽微なストレスなのですが、カレンダー通りの働き方をされている同業の委託ドライバーさん達にとっては、やはり悩んでいる方はいらっしゃるようで・・・


軽運送業で独立されて会社員時代より収入が増えている方は結構いらっしゃるのですが、きちんと管理できないと持ち出しの経費と毎月の収入額が変わることに順応できず、逆に会社員時代より生活が厳しくなったと感じている方がいらっしゃるのも事実。

本来なら組織の拘束・呪縛から開放され、精神的な自由度が高まっているはずなのに、勝手に振り込まれていた「定額お給料」の感覚が抜け切れず、毎月の収入・支出の変化に右往左往して、これを「不安定」と決め付けて早々に脱落していく方を何人も見てきました。

毎日早朝から深夜まで働き通しでも収入が増やせないような、融通の利かない仕事を選ばなければ今の時代なら副業のチャンスは見つけられるはず。
収入が増える「不安定」を楽しんで欲しいなぁ・・・



10年ほどドライバーやってきましたが、個人的に感じてきたドライバーの傾向というか人間性というか、気になっていることがあります。あくまでも私の独断と偏見要素が加味されたものとご理解いただければ。

まあごく一般的な部分ですと、腰痛持ちが異常に多い。
これは完全に職業病というやつでしょう。私も最初の数年間はギックリ腰が慢性化しそうになりましたから。
重たい物を持ち上げたり運んだりという直接的な原因もありますが、窮屈な運転姿勢時間が長いというのはかなり問題ですね。身体が凝り固まった状態で重量物を動かせば、意識に関わらず体は悲鳴をあげます。これは要注意です。

もう一つ、花粉症の方も異常に多い。 っていうか現代はドライバーでなくても多いですけどね。
運転仕事なのにくしゃみ鼻水が止まらないは目がしょぼしょぼ痒くて前も見えないとか、危ないですよねぇ。
視界が狭まり事故の危険性が格段に高まります。
私は幸い花粉症ではありませんが、ハウスダストアレルギーがありますので、この症状の辛さは同情いたします。ましてやこの状態で運転するなんて(怖)
これ、彼らの長時間労働・不規則な生活・粗末な食生活は絶対何かしら影響していると思うんですが。

声がデカイ というのも共通しているような。
これは生まれつきというより職場環境のせいでしょうなぁ。とにかく雑音騒音の中で作業していれば自然と大声でコミュニケーション取らざるを得ないですからね。
ただ、普通に会話するのにもあのデカイ声は勘弁して欲しい ^^;


人間性の部分で言えば、面倒くさがりばかり(笑)
思うに割りと単純な作業の繰り返しの仕事が影響しているのではないかと。あと接遇機会が少ないことも。
納品先でも挨拶程度で済むし、日常で他人との心理的なやりとりが少ないので、自然と心の工夫をする機会が失われて退化が始まっちゃうのかなぁ。
「うっせぇなぁ!長時間労働で疲れちゃって何もする気が起きねぇんだよ!」 って怒られそうですね ^^;

もし収入・待遇に不満の多い彼らが労働時間が短縮されたら、増えた自由時間で何をするんでしょうねぇ?
副業で収入を増やそうと努力する?
いや、そんな面倒なことはせず一発パチンコとか。最後はダラダラとテレビ見て時間は過ぎてゆく・・・
競馬予想する時のあの情報と分析力はどこへ?(笑)



あくまでも独断と偏見によるコメントですから。
シャイで不器用な感じのドライバーですが、どこか昭和の良き時代の香りがする愛すべき人達でもあります。
間違いなく日本の物流を支えているんです。












posted by ガラダマ at 01:07| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。