2018年03月31日

節税は収入増と同じ

先週に雪が降ったなんてウソのようにすっかり春めいて、桜も例年より早めに開花しているようですね。
関東圏ではお花見のピークもこの土日でしょうか。


さて、明日からはもう4月。来週には初々しいスーツ姿の新社会人の姿が街に溢れ出てくることでしょう。
一方で運送業界、特にドライバー職の現場においてはスーツ姿とはほぼ無縁の世界。「春 = 新入社員」というイメージが全く湧かない社会です。

大手運送会社以外では新入社員なんて死語。「中途」「3K」「無理やり」「仕方なく」なんていうキーワードが氾濫している業界ですから、そりゃぁ新入社員はこないべさ(笑)


今週、役所にマイナンバーカードを受け取りに行ってきました。
平日の昼間に歯医者行ったり役所行ったり子供の行事に参加したりと、会社員時代には想像もできなかった事を好き放題にやれているのが今の働き方の醍醐味の一つ。
これだけでも随分と時間を有効に使えているのを実感します。

そうそう、昨日また新たに目に付いた書籍を買ってしまいました。

20180330_190104_001.jpg



確定申告は終わりましたが、税務署から申告内容にお尋ねが来るのは初夏あたりまでは気が抜けません。
特に経費や領収書については先方は目を光らせてますので、こちらも反論武装しておく必要があります。

20180330_190448.jpg 20180330_191027.jpg 20180330_191257.jpg


経費を上手く計上すれば税金を抑えることができます。
支出を抑えることは収入を得ることと同様の効果があります。これは自営業者にとっては必須のスキル。
勘違いしそうなポイントをわかりやすく解説してあって、自分が知らなかったこともあり参考になりました。

20180330_191424.jpg



本業だけでなく、副業・複業においても参考になりそうです。
例えば、転売目的で大量に商品を購入した場合、そのまま年を越してしまうと税務署は貯蔵品と解釈し、その年の経費計上はできず資産として処理することになるとか。
お得だったからまとめ買いしたのに、処理を間違えると余計な税金を払ってしまうとは・・・


まあ会社員であれば規模の大きな副業はなかなか勇気がいりますけど、自営業は何やるのも自由ですから、逆にいろいろな商売のルールには精通しておいて損はない。
特に軽運送業と転売やせどりという副業は相性抜群ですから。
転売品の大量購入時の運搬や直接配送もできますから(笑)
本気で取り組めば、どっちが本業かわからなくなるなんて全然不思議なことではありません。


普通に転職を難しく考えるから前に進まなくなる。
「職を探す」というより「収入を創る」という考え方が、非正規労働時代には絶対大事なことと思います。










posted by ガラダマ at 12:29| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。