2018年03月10日

仕事着の自由度

天候不順で寒暖の差が激しい今週でしたが、アウトドア商売人にとっては体調管理は怠れませんね。

会社員の場合、ほとんどがスーツ着用でお仕事されていると思いますが、私が軽運送業を始めて良いなと思ったことの一つに、仕事着の自由度があります。
とはいっても大手(ヤマト・佐川・日本郵便等)の業務を請けてる方々は、指定のユニフォーム着用が義務付けられているので自由度はほとんどないようですが。


私は寒がりのため、冬の朝はかなり着込みます。もう極端な話、3〜4件の配達を終える度に1枚づつ脱いでいき体温調節しているような感じ。お昼頃にようやく一般の配達員さんと同じような見た目に(笑)
でも服装で見栄を張らずに体調管理できるのは良いですよ。

夏は逆に半そでシャツ1枚でいられるのも良い。佐川さんなんかはハーフパンツでやってますもんね。
会社員だとそうはいかず、スーツに汗染み付いたりしますし、クリーニングだって頻繁にできないし。
仕事中の服装の自由度に会社員時代とのギャップを感じます。


さて、昨年に軽運送でデビューされた方々は初めての確定申告に苦戦されていたのでしょうか?
仕事利用で経費扱いで購入するグッズとしては、作業着・雨具・手袋・(安全)靴・台車・ヘルメット・懐中電灯・工具・地図は必需品でしょう。
スポット・チャーターで飛び回っているようなお仕事ですと、カーナビやETCなんかも重宝しますしね。

会社員は経費になるものに制約が多いですが、軽運送業では結構幅広く経費扱いできるものがあります。
多くが自宅を事務所(休憩場所)として開業されるでしょうから、家賃や駐車場代、水道光熱費、通信費なんかも家事按分して経費に組み込むことが可能です。

意外に生活費を経費にできる効果がある商売なので、単に収入部分だけに注目しないで、自由度を含めた全体での評価をしていただきたいなと思います。


確定申告を終えた今の時期が1年で一番、精神的に開放されておりますだ。わっかるかなぁ〜?(笑)











posted by ガラダマ at 04:29| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。