2017年08月26日

1円を笑う者は1円に泣く

私の場合、8月は軽運送業の稼働日が少なく収入が落ち込みます。

今年もお盆の7連休や土日月の3連休が毎週だったため、稼働日はわずか15日となる。
その分、副業をする時間が増やせるおかげで月収自体は45万ほどに落ち着きそうです。

軽運送業を始めたばかりの頃は、本業自体に時間がかかってしまっていたので副業とのバランスを試行錯誤したため、お盆や年末・GW等の大型連休がある月は結構厳しかった。
本業にウエイトを置きすぎる状態は“危険”と感じたのです。


運送業というのは世の中では必要不可欠な職業であり、もっとシンプルに収入計算ができると思っておりましたが、実際はかなり先を読む力が無いといいように安く使われるだけ。
全くの別業種から参入したからこそ、会社員から自営業へと転身したからこその“気付き”だったと思います。

他の世界を知らず、運送業・ドライバー職一筋で叩き上げてきた方々から見れば、「なにをよそ者が知った風な口を」と気分を害されるかもしれませんが、本当に危なっかしい状態の業界であることを認識しないと、これまで築き上げてきたものが一気に崩壊する・・・
そんな危険な香りがいたします。


今週、大手運送会社でドライバーしている知人からSOSが送られてきました。

「ドライバーの離職が加速化して仕事が回らなくなってきている。副業としてでもいい、夜だけでもこっちを手伝ってくれないか?誰かやる人いませんか?」 と。

私の場合、基本的に夜のドライバー仕事はやらない。
年齢的なこともあり、夜間は更に事故の危険性が増すので自粛しているのです。

知人から連絡がきた夜の仕事の場合、まあ宅配の再配達がメインということになるのでしょう。
たぶん夜の再配達ということで「不在」の確率はほとんどない?でしょうから、日中の配達よりは効率が良くなるとは思いますが・・・


運送業界でもようやく労働環境改善の動きがでてきましたが、あまりにも遅すぎるしヌルい。今まで何やってたんだ?

法を遵守すれば仕事が回らなくなるような業界ですから、おいそれと改善できるわけはないし、他のバイトしていたって収入的に変わらないような現実がドライバーに認識されてきて離職者が相次いでいる状況でも、現場では相変わらず「気合いだ!根性だ!」がまかり通っている。

現場を悪くしているのは中間管理職に思える。
彼らも実際はこの業界はちとおかしいと思っている人も少なくはないでしょうが、結局は本部や役員の顔色を伺い自己アピールの部分で部下に理不尽なハッパをかけ続けているように思えてならない。

そんな職場に嫌気がさして次々とドライバーが辞めていき仕事が回らなくなり、上からの圧力が高まり更に中間管理職のストレスが蓄積され現場に向けてぶつけてくる・・・
組織の中にいるとその狂気の沙汰に気付かないのだろうか?


幸い、委託という立場で社員ではないおかげで冷静に状況を観察できておりますが、それでもここ数年の土曜日や月曜日の待機休みが増えてきていることは、喜ばしいことではありません。

委託を使わずにその分を社員をこき使えば外注費がまるまる浮く。

売上げが落ち込んでいる運送会社の常套手段ですが、いいように社員にサービス負担をかけるから離職していくわけだし、仕事が減るから委託のドライバーも離れていく。そうして人手不足が加速していく状況が目先の数字だけ追っている無能な経営者にはわかっていない。


何をするにしても、身を守る働き方を考えないとね。

私も「ただのフリーターじゃねぇか!」と叩かれたりしてますが、日々ストレス溜め込んで転職に悩んで日々を過ごしている立場に比べれば、好き勝手に過ごせて安定収入な現状は結構気に入っております。

「1円を笑う者は1円に泣く」

そんなことわざが頭に浮かんできました。
私のマルチワークなんて仕事の一つ一つは大したことやってませんが、まとめて機能させてみると馬鹿にならない結果になってます。



幸せが続く、簡単な習慣 〜今日から始められる「ひとりビジネス」〜






posted by ガラダマ at 10:57| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。