2017年08月18日

年金と軽運送で食っていく

毎年お盆休みが過ぎると1つ歳が増えている積荷オヤジです。

もう57歳になってしまいました。 いや、まだ57歳?

「ボクはまだ〜 56だ〜から〜」 by松本伊代 センチメンタル・ジャーニー

とカラオケで熱唱したあの日々はもう帰らない・・・(悲) 



昭和の時代のサラリーマンなら定年まであと3年。
定年まで勤め上げ、めでたく会社を去っていかれた方々の姿が今でも脳裏に焼きついています。
花束や記念品など贈られ、皆笑顔でしたね。
退職金やらすぐに年金支給開始とかで老後の不安も薄かったのか、羨ましい時代だったかも。


ところがいまや60歳でリタイヤなど許されないご時勢。
年金はそのうち75歳から支給なんて噂もちらほら。
一応定年も65歳まで延びているようですが、いくら元気とはいえ60歳以降も働かないと生活が破綻する危険に晒されている社会というのは怖い。

60歳以上の求人というと清掃関係とか警備・交通誘導等をよく目にしますが、実際、肉体労働職ばかり。
配達中にも工事現場周辺の交通整理やらビル内での清掃作業をされている方を毎日のように見かけます。

炎天下で日陰もないような場所での立ち仕事、清掃用具を持っての階段の昇降等、これは辛いなぁ。
いったいいつまで肉体を酷使して続けられるだろうか。



フリーな軽運送業者には一応定年はありません。
実際70代で活躍されているドライバーさんもいらっしゃいますし、ましてや50代後半のドライバーなんて全然珍しくない。
でも定年の話題なんて出ないし(笑)、皆行けるとこまで働こうという気概を持った方々ばかり。



誕生月、ねんきん定期便が今年も送付されてきました。
ちょっと変わった働き方をしておりますので、フリーのドライバーでありながら厚生年金というスタイル。
私の場合、年金支給開始は64歳からですが、MAX支給になるのは65歳から。それでも現在の支給見込み額では150万にも届いておりません。途中、国民年金だけの期間が数年分ありましたし。

月平均で10数万円の年金額。
カミさんが老後も一緒にいてくれるとしても、夫婦で20万に満たないかもしれません。自営業者は個人型確定拠出年金を検討する必要大です。


私の場合、老後の生活費は月30万以上必要と試算してます。
仮に夫婦で年金が月20万支給されたとして、あと10万以上の収入手段を持たねばなりません。
取り崩すような貯金もありませんから崖っぷちです。

もちろん65歳以降も軽運送業は続けるつもりです。
上記の清掃業や交通誘導等の肉体労働と比べてどうだろう?
10万を稼ぎ続けるにはどんな働き方が現実的だろう?


問題点として見えているのは、60歳以降も軽運送業を続けていくとしたら、また車両を買い替えなければならないタイミングが来る。
そして、社会問題にもなっている高齢ドライバーの危険性。
運転免許返上を迫られるような機能低下に悩むかもしれない。

同様の問題は多くの軽ドライバーにも当てはまる。
ただ、年金支給までの繋ぎと支給後の収入補足手段を持っている強みをどう活かして老後に備えるか。

仕事情報のアンテナと肉体のケアは欠かせませんね。










posted by ガラダマ at 23:32| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。