2017年07月21日

お小遣い、いくら?

軽ドライバーデビューして初めての “夏” をお過ごしの方、無事に業務を遂行されていらっしゃるでしょうか?

暑さに強かったはずの私でしたが、年々、体力の衰えとともに暑さが体に堪えるようになってきました。
今年も家や車内でエアコンを使用しておりませんが、そろそろ体のケアを考えるべきかもしれませんね。



さて、軽貨物運送を始めて数ヶ月経ち仕事や環境に慣れてくると、おおよそ自分のペースで過ごすことができるようになると思います。
ただ、会社員と大きく違う点が、毎月変動する収入。

中には会社員のように、月極め定額で働いている方もいらっしゃるかもしれませんが、多くは完全出来高制での報酬体系と思われます。
「やれば増えるしやらねば減る」というわかりやすい収入なのですが、なかなか満足いくような収入になっていない方も多いでしょう。

会社員の場合、歩合等を除けばほぼ月々の収入は同じ。
支出の配分がしやすく、家計のやりくりもまあメドが立つ。

しかし独立して月々の収入が乱高下するとさあ大変。
5〜10万ぐらいの月収入差も決して珍しくありません。
例えば会社員で手取りで30万という方が、翌月は突然手取りが20万とかになったらどうですか?
1年間がそんなスリルに溢れる生活が楽しめます(笑)

こうなるともう住宅ローンとか子供の習い事とか、ランニングコスト等を考えたら窮屈な暮らしのイメージになってしまうわけですが、忘れてはいけないのがダンナさんのお小遣いの額。

会社員なら多かれ少なかれ毎月同じ金額でお小遣いが決まっていたと思いますが、独立して月収が安定しなくなった場合、お小遣いの額をどのように取り決めますか?
転職や独立に躊躇する人は、生活費より自分の小遣いへの不安が大きかったりして(笑)


まあ収入が大きく変動する場合、お小遣いは変わらず、というのは鬼嫁を説得できないでしょう。

ちなみに私の場合ですが、独立した当初は軽運送業での収入は全て家計に。副業収入の半額を自分の小遣いとして残りが借金返済と貯蓄というようなルールにしてました。
鬼嫁対策と小遣い欲しければ副業頑張るというモチベーションで。

現在は借金は無くなりましたが、子供が大学進学したため教育費が大きくウエイトを占めたりするなど、時代の移り変わりとともに家庭内支出のバランスも変化が起きるのだよとお伝えしておきたい。

現在のお小遣いルールは月毎に総収入(所得ではない)の10%と、金額は変動性を続けておりますだ。
何やってもいいから、とにかく稼いできた金額の10%を好きに使えるという単純明快なルール。
お小遣い欲しければ収入作れよ!と当たり前なことですな。


会社員時代の与えられた定額のお小遣いから、今は自分で月々の金額を決めにいくお小遣い。

独立すると、いろいろと鍛えられますな。











posted by ガラダマ at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック