2017年06月30日

マイ・ペース

今日はメインの運送仕事が昼前に終わり、午後からの副業の運送仕事までのスキマ時間を家電量販店で物色して過ごしておりました。
が、いつもの平日の昼間と何やら店内の雰囲気が違う。

やたら店員さんの数が多いのです。

ちょっと商品を覗いていればすぐに寄ってくるし、次のコーナーに行く途中でも次々に声をかけられ鬱陶しいったらありゃしない。
何でこんなにウジャウジャ店員がいるのかと考えてみたら・・・

そう、今日はあのプレミアム・フライデーだった。
それと夏のボーナスが支給される頃でしたね。
この週末は店員さんに販売ノルマが課せられていそうズラ。

そんな殺気だった中、プレミアムより早い時間に店内で寛いでいたり、ボーナスとは無縁な世界の人ですから、お店にとってはお呼びでないことこの上ないですな。
いつか札束で店員を煽って買物してやる ( ̄∇ ̄メ)オラオラァ



さて、早いもので今年も半分終わってしまいましたね。
前半戦は愚直に働き後半戦に楽をするのが私の働き方パターンなのですが、今年も実践しております。
前半戦の収入は約320万ほどになっております。

前半で収入・生活のメドが立ったので、後半は例年以上にちょっと手綱を緩めて、月々の労働を減らして違う事やってみようかと考えてます。
例えばテニス(すっかりご無沙汰しちゃってます)スクールに通ってみるとか、セミナーに参加するとか、資格勉強してみるとか・・・

まだ具体的なプランに至っておりませんが、毎日何らかの仕事をしている中で、週に2回ほど夕方以降をフリーにするだけでも私にとってはかなりいろいろな事ができそうな感じがいたします。


軽運送業は下手な仕事に巻き込まれなければ、自分の労働ペース・自由時間を作ることが可能と思います。
今はこの業界絶対的にドライバーが足りてませんから、ドライバーになっていただけるならと、かなり働き方の融通が利くようです。午前中だけとか週休2日以上とか。
大手2強ですら週休3日制なんてこと言いだしてますし。

転職・独立するからには、それなりの理由があるはず。
稼ぎたい、自由が欲しい、好きな仕事したい・・・
自己実現するためには、極力自分のペースを知ること。
周囲のペースに巻き込まれて我慢の毎日が続くようなら、果たしてそれは転職・独立後の理想像だったのだろうか?
もちろん我慢の先に素晴らしい未来が見えているなら別ですが。


私の周囲の軽ドライバーさんで長くやっている人に共通していることは、皆自分の働き方のペース・リズムを持っている。決して企業や仕事に振り回されることがない。
これ結構大事なことだと思うようになってきた。

請負・業務委託契約であるから、契約以上の労働をしなくても問題はない(実際はそうもいかない部分もあることはある)。
ベテランになってくると労働の損益の分岐点がわかってくるので、必要以上に余計なことに関わらない。社員側から見れば腹立たしく思われるかもしれませんが、雇用契約との違いだから仕方がない。文句があるなら社畜から抜け出て独立すればいい。


独立したら仕事をする前に契約内容や法律についてきちんと理解・把握・確認して臨まれたい。
今、巷で話題のブラックと呼ばれる会社や仕事は、契約や法律のグレーな部分で起きていることが多く、請負・業務委託とはいえ、立場的に弱い労働者側が理不尽に振り回されることになる。

運送仕事における具体的な例を一つご紹介します。
配送の業務委託においては当然ながら配達・納品をするわけですが、実際は集荷とか代引き等の金銭を扱う場面が出てきます。
きちんとした会社との契約では配送なら配送のみ。集荷や金銭が絡む仕事は別立ての契約としている。
稼ぎたい人は集荷もやってねみたいな。実際は集荷やっても労働対価的には足を引っ張るようですが。

注意したいのが、元請けと運送会社間での契約と元請けと下請けとの間の契約で微妙に認識に違いが生じている場合がある。
私が現在やっている仕事がそうなのですが、私は元請けとは配達契約しかしていないのに実際は集荷や金銭扱い業務もやっています。運送会社側は全ての業務をひっくるめてのつもりで仕事を委託していると思われるので、これは元請けのミスであり私も契約・法律の勉強不足の部分である。
先に述べた「契約以上の労働をしなくても問題はないが、実際はそうもいかない部分もある」というのがこういうケースです。

ただし、協力するのは配達業務時間内のみ。例えば14時に業務完了して集荷が17時みたいなケースは堂々とお断りしている。こういう仕事を請ける人になってしまうと副業も出来なくなり、仕事はたくさんしても稼げないというドライバー仕事の問題点に突き当たってしまう。
私は複業していることを公にしているので運送会社側もあまり余計な仕事は振ってきません。


自分の守備範囲を知り、そこはスペシャリストになる。
無理に守備範囲外に手を出さない。ライトフライをレフトが取りにいくようなことはしない。もしそれをやらせるならそれ相応の対価があるべき。現在の運送業界は人手不足でライトがいないようなものですが(笑)
対価無しでやる契約外業務はサービス残業と同等。

あくまでもこれは私の価値観であって、やれる人・やりたい人は誰かのためにどんどんやればいい。









posted by ガラダマ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック