2017年04月07日

休日出勤の悲劇

ここのところ忙しく、ご無沙汰しておりました。

年度末・新年度という時期で、物流量の増加自体は想定内だったのですが、同じエリアを担当している社員トラックドライバーさんが、日曜出勤での引越し作業に借り出された際に物損事故を起こしてしまい、無期乗禁となり私が彼の担当すべきエリアをかなりカバーするハメになっており、通常の倍近い件数を毎日走っておりますだ。
それでも日収はいつもと同じ(┯_┯) 日収制のデメリットか。

まあそれでも副業は通常通り何とかこなしているのでまだマシなのですが、可哀相なのはトラックドライバーさんですね。

有無も言わさず休日に会社の副業(他社の下請け引越し作業)に借り出され、更に不運なのは個人向け引越しということで普段乗っていないサイズの、しかも見栄えのする(会社の宣伝も兼ねて)新車を使って狭い住宅地に行ったもんですから大変なことになったようです!

朝礼では委託も含めた全員の前で上司に感情的に怒鳴りまくられ、無期乗禁となってしまいました。
しかしどうしてガテン系の会社って、こういうパワハラまがいのことをするんでしょうかねぇ。朝礼後の全員がこの上司に対して嫌悪・不快感を抱きました。

新車を傷つけてしまったのは確かにドライバーの責任かもしれませんが、この程度の事故は全国の支店・営業所管轄のどこかで毎日のように起きています。それどころかフォークリフトや作業中の事故まで含めると、何て恐ろしい職種なのかと思うほど多いんです。

好きで休日に仕事したわけでもなく、乗り慣れた車を使えず、普段と全然違う環境を走るストレス・・・

これが普段の仕事中で新車でなければ、あそこまで吊るし上げられなかったはず。休み無しで疲労が溜まった状態のところに、単に見栄張って乗り慣れない新車で狭い道を個人宅に行かせた会社に問題はなかったのだろうか?


乗禁となれば手当てが大幅に削られます。
求人上では月収25万なんて謳っているトラックドライバーも、手当てを無理やり加えた数字の世界。
ちょっと事故起こせば手取り15万にも満たないことも。

事故内容によってはドライバーに損害賠償請求するケースもある。
休日に出勤して上司に罵倒され、日当の何倍もの賠償なんてホントにバカバカしいですね。


彼には妻子があるし、無期乗禁なんて状態で家族を養えるわけがないのでおそらくこれをキッカケに辞めてしまうでしょう。もともと退職したがってたし。
つーか、職場には他にも退職したがっている者が数多くいる。


ドライバー不足問題、かなり深刻でございます。
何で現場・ドライバーの待遇は一向に改善されないんですかね。
宅配仕事やクロネコさんだけの問題ではありません。



入社特典アリの案件も多数あります!要チェック




posted by ガラダマ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック