2016年10月31日

落ちこぼれていかないために

朝晩、かなり寒いと感じるようになってきましたね。
今年もエアコン使用せず夏を乗り切りましたが、寒さには滅法弱い私にはまた辛い季節がやってきます。


血圧:77/117 体脂肪14.9% 体重59.6s


ジムのインストラクター仕事の際に職場の体脂肪計で毎度計測しておるのですが、先週の数値です。56歳の数値なら上出来かな。
こういう計測器がある職場環境は良いですね。

この職場ではスタッフが30人ほどいるのですが、喫煙者は皆無。
施設の建物内はもちろん、敷地内でも完全禁煙(施設利用客も)。
健康志向の人が集まる場所ですからスタッフも客も不平不満を唱える人はおらず、そこで採用される人もおのずと生活習慣が問われるのです。
タバコ吸わないだけで仕事の可能性が増えるという見本かも。


これが倉庫内仕事の職場となるとガラッと雰囲気が変わります。
ドライバーが頻繁に出入りしフリーターが多数いる職場。
もう想像するだけでもタバコ臭くなってきますが(笑)。

一時期、あまりにも勤務中に頻繁に喫煙休憩する人が増えたので、原則勤務中の禁煙をやってみたのですが2ヶ月と続かず、現在はまた元通り吸いたい放題。
ルールを決めた側にも喫煙者が多く罰則も設定できず、こんなルールが守られるわけがない。

150m四方ぐらいの広〜い作業場の片隅に、透明アクリル板で完全分煙に仕切られた4畳半ぐらいの喫煙コーナーがあるのですが、いつも賑わっているありさま。
私はこのコーナーを「負け組の部屋」と名付けたのですが、このネーミングが喫煙者からもウケている。

仕事中にもかかわらず頻繁にこの部屋を利用する人たちは結構その辺は自覚しているようで、「これじゃダメだとわかってるんだけど体が言うコトきかないんだよぉ〜」とか、まあこんな言い訳している時点でその先の人生が見えてしまう。

喫煙者にとってはこんな話、不愉快以外の何物でもないかもしれませんが、東京オリンピックに向けて喫煙規制がより強化されるようだし、タバコ1箱1000円なんていう話も実現の可能性が出てきたみたいです。経営者からみても喫煙者を雇うメリットはありません(その人によほど能力があるなら別)ので、今後自分の選択肢を広げていくためには、自分を変える努力ができないと相当苦しくなっていくと思います。

多くの仕事が人口知能とロボットに代わると言われています。
アルバイト的なフリーターや単純ドライバー仕事は取って代わられることになると予想されている。
私もその危機の真っ只中の仕事をしているわけですが、あと数年ぐらいしか働けないでしょうから何とか逃げ切れそうな感じです。


自分の可能性を高め引き出すために何をするべきか。
あと10年以上働かなければならない人達は真剣に準備しておかないと大変な時代になりそうですよ。



住み込み・寮完備のお仕事はコチラ



posted by ガラダマ at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック