2012年12月09日

稼げる12月

運送業界の大繁忙期である12月に突入いたしました。

ボーナスシーズンに加え、お歳暮、クリスマス、年末年始とイベントが目白押しで息つく暇もありません。
荷量も“10%増量キャンペーン中”なんて生易しいものではなく、平常月の倍近いのでは?と思ったりする。

完全出来高制で請け負っている軽ドライバーさんは、当然稼ぎ時!
夜遅くまで文句も言わず黙々と配送に頑張っているようです。

私の場合は本業が日給制のため繁忙期はいい迷惑なのですが(笑)、副業の一次請け仕事(こちらは完全出来高制)が爆発しておりまして、先月・今月ともマルチワークの総月収は60万近くまで伸びております。

これ、正社員トラックドライバーのボーナス&月収の総額を大きく超えちゃっているようで、軽運送業も結構バカにできませんね。
完全出来高制の軽ドライバーさんだってその気になれば繁忙期は日銭で2万円以上稼げるチャンス大でしょうから、25日稼動すれば月収50万円はクリア!

正社員トラックドライバーさんと同じ労働時間を提供していても、彼らの月収+賞与の額を超えるほど稼いでいる軽運送業で独立している面々。
単純に収入額の違いで優劣はつけられませんが、一般的に論じられている「正社員のメリット」と「個人事業のデメリット」という部分ではだいぶ解消されているような気もいたします。

「繁忙期はそうかもしれないけど閑散期はどうなんだよ?」とツッコミたくなる方もいらしゃるでしょう。

確かに閑散期は荷量も落ちますし完全出来高の上限も見えてきます。
しかしそこは自由度の高い個人事業としての軽運送業のメリットを活かさなければなりません。

荷量が減る = 自由に使える時間が増える

正社員では拘束される時間が長いゆえに稼げる可能性が乏しいですが、個人事業ですから時間の使い方・工夫の仕方はそれこそ自由。
ここを活用できるかどうかが個人事業の快適さに直結します。

軽運送業仲間には、繁忙期は稼ぐだけ稼いで閑散期は旅行や趣味を満喫するという、メリハリの利いた生活を送っている方もいらっしゃいます。

お金を稼ぐだけが稼ぎではない。
私の場合は“時間を稼ぐ”ことによって収入がついてきています。

いかに自分らしく生きていけるか。
「会社員時代にできなかったことをやりたい」という理由で脱サラする方はかなり多いようです。
その一番大きな要因は自由時間を持てるという期待から。
この自由時間こそが“生きがい”を生み出すのだと、独立してから強く感じております。


繁忙期は自由時間は少ないけれど、お金は稼げる。
閑散期はお金は稼げないかもしれないが、時間を稼げる。

この感覚、わかりますかぁ〜?

posted by ガラダマ at 13:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
積荷オヤジ様
12月は繁忙期みたいですね。
最近気にして周りを見ているせいか、軽運送の
トラックが増えているように感じます。
私事で恐縮ですが、積荷オヤジ様の見解をお聞き
したくて来ました(^^;
私も軽運送開業に向けて徐々に準備を始めている
のですが、現在所属会社選びで奔走しております。
そこで1社から具体的な仕事を紹介されました。
某製薬メーカーの定期便で朝8:30から夕方
18:00まで・・・。
日当はと言うと12,000円です。
製薬メーカーとの事で通常の運送と違って色々と
制約があります。スーツ着用、納品先(病院・薬局
・ドラッグストア)が納品の際のドライバーに対す
る礼儀に厳しい、納品・積み込み毎の検品作業等。
しかも18:00までに指定された納品先(約50
件)が終わっても早く帰る事はできない。
定期ではありますが、納品スピードの能力向上を
求められる等々。
18:00まで拘束されるとその後のダブルワーク
をやろうにも時間的に不利かと悩んでいる次第です。
土日祝が休みなのでそこに副業を入れるのは当然と思っておりますが・・・。
このような条件の仕事はどのように思われますか?是非ご意見を頂ければ幸いです。
Posted by ガリバー at 2012年12月15日 23:35
ガリバー様 おはようございます。

早速ですが個人的な感想です。
まず日当12000円という金額についてですが、例えば一般的な宅配仕事だと100件近く配達完了できた場合の日当とほぼ同等と言えましょう。
宅配100件の場合、恐らく所要時間としては不在再配達などが1割〜2割ぐらいあるでしょうから配達完了に12時間以上はかかると思います。

それに毎日100件配達できるとは限りません!
それを考えるとスタートから日当が保障されているし本業月収のメドが立つので悪くはないと思います。
運送の仕事で18時に上がれるのは逆に貴重かもしれませんよ(笑)

医療関係の配送が服装や礼儀にウルサイのは知られていますが、普通に挨拶できて誠実に対応していれば特別問題はないと思います。これはどこの仕事でも同じですけどね。納品スピードの能力向上だってあらゆる仕事で求められます。

「軽運送は稼げない!」という声は、1日1万円にも満たない宅配仕事をやられている方の切実な叫びだと思われます。
今回のガリバー様の案件は朝もそれほど早くなさそうですし、荷物もさほど重いものはないはず。土日祝が使えるということで軽運送業に従事されている方々が羨む内容かと。
マルチワークで月収40万円だって十分可能ですしね。

あとはガリバー様がどれだけ「稼ぐ」ことに対して真剣・貪欲なのかが問われます。
ご家族がいらっしゃるのなら、土日祝が休みというアドバンテージは相当大きいと思います。

車は持ち込みなのか、病気等での急な休みは対応してもらえるのか、とかがわかりませんが、軽運送業を新規開業されるなら「定期便」の仕事はおススメできます。






Posted by 積荷オヤジ at 2012年12月16日 07:13
積荷オヤジ様

貴重なご意見、誠に有難うございます(^-^)
車は持ち込みで病気等の突発的な対応は可能な様です。
定期の仕事と言う事で、ある程度収入が見込めるのはありがたいと考えております。
これまで営業畑で活動して参りましたので社会人としてのマナーも心得ているつもりですので業務としてはさほど心配はしておりません。

日給12,000円・・・
20日稼働で240,000円
土曜に別便の仕事で約30,000円
月270,000円(^^;
経費を差し引いたら手取り20万円前後でしょうか。

私も独立するなら40万円は最低ラインと考えております。となると平日18:00以降に別の仕事を組み込まないと難しいですね(^^;
これがなかなか中途半端な時間で難しい(^^;

積荷オヤジ様の「マルチワークで月収40万だって十分可能」のお言葉には勇気づけられます。
まだまだ積荷オヤジ様の様には行きませんが創意工夫をしてみたいと考えております。所属会社を2つにするなどなど(^^;
また相談させて下さい、有難うございました。
Posted by ガリバー at 2012年12月16日 17:34
ガリバー様

今はまだ机上のプラン中でしょうからピンとこないかもしれませんが、実際に仕事を始めてみるといろいろなことが見えてきます。

それまで全く関わりのなかった人々に必然的に出会うという面白さ。これも1つのビジネスチャンスとなります。
始めた人だけに訪れるチャンスを是非、生かしてください!
Posted by 積荷オヤジ at 2012年12月17日 05:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック