2009年10月16日

軽運送業を始めた人のその後

軽運送業に興味をお持ちの方が最も知りたいことは、「本当にこの仕事で食っていけるのか?」ということでしょうね。 私も知りたいです(笑)


正直、軽貨物運送業は仕事自体はそこそこあります!
やる気さえあれば仕事を始めるハードルは比較的低いと思います。
月に20万ぐらいの収入があれば大丈夫という人には、下手な会社に就職して1日拘束されてストレスを溜めるぐらいなら、好きな音楽聴きながらドライブ気分で仕事ができる天国のような(笑)世界です!


では実際この仕事を始めた人の行く末はというと・・・

 @定年がないので、ずっと軽運送業として続ける
 A1次請けもしくは運送会社に正社員として潜り込む
 B法人化して1次請けの仕事を取り、下請けを使って儲ける
 C軽運送業をしながらマルチワークで可能性を広げる
 D稼げないと愚痴を言い、廃業 ⇒ 転職
 E体を壊してやむなく廃業 ⇒ 転職

のどれかに集約されるのではないでしょうか。


この仕事を始める時には大体Bを目標にする方が多いと思いますが、なかなか新規で1次請けの仕事を発注してくれるお客さんを開拓するのは難しいと思います。 夢破れてAもしくは@、Dになるのでは?


軽運送業関連のブログや掲示板などを見ていると、Dに関する記述が多いですね。 こういう記述を見てしまうと、軽運送業に踏み込めず躊躇している方もいるのでしょうね。


実際、1次請けにならない限りは大きく稼げない(いくらあれば“稼げた”と言えるのかがわかりませんが)というのは本当だと思います。
中には軽運送業1本で月に60万円ぐらい稼いでいる(2次請けで)人もいるようですが・・・
でも月30万円ぐらいの収入なら充分可能性はあるので、求人募集でみかける普通の会社の月収と比べても遜色はないように思いますけど。

Eはもう不運としかいいようがありませんね。
法人ルート配達の場合は結構重たい荷物があるので、腰などを痛める可能性があります( ̄▽ ̄;)私も配達中にギックリやりましたし


で、私の場合は最初っから軽運送業1本でやっていくつもりはなかったのでCのパターンということになりましょうか。

軽運送業の場合は仕事中の自由度が高いのと、車に関する費用(ガソリン代、駐車場代、車検代など)がほとんど経費扱いできることに着目いたしました。 運送の仕事以外にも営業活動がやり放題!(笑)

自宅を事務所にすれば、家賃や光熱費・通信費の一部まで経費!
朝起きたらもう出勤完了です(ぷ) 通勤地獄とは無縁の世界!
時間の拘束がないし、しかも毎日いろいろな人に自然に出会える!
こんな美味しい条件が揃った仕事ってなかなかないですよね。


上記に挙げたこの仕事の特徴を生かすことを考えていけば、収入の問題は後から解決していけると思いますし、毎日いろいろな可能性が思い浮かぶので結構楽しくなりますよ!

一方、運送業一本でしか考えられない人にとっては、思うように収入が伸びなかった場合には苦しいでしょうね。 将来の展望も可能性も見えてこないでしょうから・・・


軽運送業に限ったことではありませんが、仕事の背景にどれだけ可能性を見いだせるかで人生を面白くできるか退屈するかが分かれるように思います。 他人の失敗談や愚痴・不満を鵜呑みにしていつまでも前に進めないでいるのは実に時間の浪費、もったいないです。


まず自分なりの一歩を踏み出してみてください!
ちょっと景色が変わって見えてきますから・・・

posted by ガラダマ at 16:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
食っていけないのが正解でしょw
いろいろ言ってますが、ほかの収入が無いと、やっていけないと 主は言ってますw
Posted by シフトwww at 2015年10月24日 19:38
ところが立派に食っていけてる人は結構いるんです。
ほかの収入がなくてもやれなくはない。他の収入手段を持っておくことが、この道を続けていくための精神安定剤となるのです。
Posted by 積荷オヤジ at 2015年10月25日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130408346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック