2020年04月22日

5月7日以降、仕事は?収入は?働き方は?

今週も荷量の少ない日が続く積荷オヤジです。

今月は商業貨物系の運送会社はかなり売上げ落としているでしょうね。
毎年春先にある運送会社の副業の引っ越し仕事も、引っ越し自体中止や延期する人が多かったようで売上げに貢献しているとは言えなかったようです。

私がお世話になっている運送会社も荷量が少なく、トラックドライバー達も積込みが早く終わってしまうため、変に余裕かまして毎朝出発前に7〜8人が簡易喫煙所に集まって話込んでいます。

しかしその人の輪が脚つき灰皿を中心に半径1mぐらい(各自灰皿に手が届くところに立っている)の円の中に納まっちゃってます。
ダメだろ、コレ!わかんねーのかなぁ?
タバコ吸ってるのでマスク外してるし!




自分は大丈夫!周りも大丈夫!と過信している人多すぎ!
まあこんな余裕のある日々なんてトラックドライバーには滅多にないことでしょうから、リラックスしちゃうのもわかりますけどね。
ただこういう油断で職場の中で誰か一人感染者が出たらその職場は営業休止となるわけで、社員どころか委託にも迷惑がかかる。
いや、喫煙してないからといって委託のドライバーだってどこで感染してくるかわかりませんし。


配達エリアのパチンコ・スロット店がようやく全て休業となりました。
「行くところがない」「やることがない」とパチンコ屋に行ってしまう依存症って怖いですね。
パチンコ屋が閉まったら彼ら彼女らは禁断症状で苦しむのだろうか?
挙句の果てに勝手にストレス溜めこんで犯罪に走らなければよいが。

非常事態宣言を安易に解除すればパチンコ屋は真っ先に営業しそうだし、依存症の人々が大挙して押し寄せるのが目に見えている。
せっかく感染数が収まってきているのにこれを許せば
また各地でクラスターが発生しそうですな。


今日はお昼に仕事を終えた後、複業先のジムに行ってきました。
営業は休止していますけど社員が交代で出勤しており、問い合わせ対応やホームページ更新作業等しています。
しかしこういう仕事はテレワークでできるんですけどねぇ。
まあ休止中もマシンの清掃・点検はやらねばいけないから・・・
これも外注に頼めば社員が出勤する必要はないんですけど。

ゴールデンウィーク明けの見込みとか話をしてきましたが、会社の上の方の人間は政府の非常事態宣言がどうなるかを判断基準にしたいと言っておりました。
でも仮に5月7日に宣言が解除されてもスポーツジムは当分無理だろうというのが本音のようです。

まず平常時でも大量に消費していたアルコールの在庫が休止する直前の時点でほとんど底をついており、その後も入手困難でさすがにアルコール消毒できないジムはダメでしょう。

更にウイルス騒動が完全に終息していないのに店を開ければ、パチンコと同様にトレーニングにストイックな人が来ちゃう。
加えて特に普段運動もしないような者でも外出できずにストレス抱えた状態で発散目的で来ることが予想され、感染リスクは休止前となんら変わらない。
よほど全てに責任を持って対処できるジムでなければ、当分の間は難しいでしょうね。

私が注視しているのはこれまでジムでトレーニングしていた人々が、この2カ月あまり何をしているか?
大雪だろうが台風だろうが通ってくるような人々ですから、必ず何かしらのトレーニングは継続しているでしょう。
最近はYouTubeでも自宅でできる筋トレ・ストレッチみたいな番組が人気のようですから、もしかしたらジムに依存しないトレーニング方法を実践しているのかもしれませんね。





人気ユーチューバーの「あそこTV」の海老澤さんも自宅にランニングマシンとチンニングを設置していましたが、こういう動きが加速するとこれまで通って何かしていたことが自宅で消化できてしまうことに気付いていく人が増えていくでしょう。
家飲みやオンライン飲み会なんかもその一つだし、塾や学校にいかなくてもネットで学習できる。テレワークなんかまさにそうですよね。通勤しなくても仕事できるとか。

リアルに人と会ってコミュニケーションをとることももちろん大事ですけど、わざわざ移動して集まらないと何もできないというのは地震や台風のような災害時には収入を失う可能性が高くなる。

そういう仕事を避けろ!というのではなく、そうなった時のために代替え手段を持ちましょうということです。
一つの商売・仕事に依存している方々の多くは今回のウイルス騒動で大きな被害を受けました。
倒産・廃業・破産という選択肢以外に生き残る術がない状態がいかに悲惨な人生をもたらすか。


せっかくのゴールデンウィークですが、今年は我慢が強いられます。
問題はゴールデンウィーク明けに何が待ち受けているか?
自粛解除も怖いし自粛が続くのも辛い。

仕事について、収入について、働き方について。
真剣に考えなければいけない時がきたようです。
外出自粛で家族が顔を合わせるまたとない機会。
家族の波長・方向性を確認し、強く生きていける土台を築くために本音で語り合ってみてはいかがでしょう?








posted by ガラダマ at 22:13| Comment(0) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

同一労働同一賃金法はどこ行った?

すっかり春の陽気となりました今日この頃。

ウイルス騒動で季節の移り変わりや桜を楽しむこともなく、ポカポカ陽気の週末も外出自粛して悶々と過ごしいるのが何かと勿体ないですね。
ご老人が外出したくなるのもわからなくもない。





さて、この4月1日よりいくつかの新しい法が施行されているのですが、本来ならメディアで大々的に報道されていたはずなのに全くコロナの陰に隠れてしまっています。

その一つが「同一賃金同一労働」法。(中小企業は来年4月施行)

昨年辺りから働き方改革の目玉として大騒ぎしておりましたよね?
コロナ騒動がなければ今頃は連日のように新聞・テレビで取り上げられていたはずだったのにどこへ行った?

まあお店も企業も自粛自粛でそれどころではないでしょう。
というか社員も非正規も同じように労働時間は削られている。
同一労働という点では調整が進んだ?

しかし同一賃金という点では逆に格差が広がったのでは?
社員は一応固定ベースでの賃金は今のところ守られている。
だが非正規の者は時短勤務や一時的解雇等で労働時間が減った分はまるまる減収となる。ちゃんとした会社なら非正規にも休業補償・手当として賃金の6割程度は支給されるようですけど、すべての労働者が保証されているわけではない。





今はまだそれどころではない状況なので、企業側の中には新法への対策も準備されておらず、不謹慎ながらホッとしている経営者もいるかもしれません。

だからこそ騒動が終息した後、再び「同一賃金同一労働」に焦点が当たった時、正常に施行されるかどうか危ぶまれている。

騒動後に経済が普通に回っているかどうか?
またテレワーク・在宅勤務が社員に好評であり、仕事もこれまで以上に効率よく消化できることが証明されていれば、非正規の立場はこれまでとは少々変わったものになるかもしれません。
それが良い方に転ぶか悪い方に転ぶか。

職種にもよりますが、非正規の中にはリモートワーク系に優れた能力を持つ者もいます。
在宅勤務の社員より数段作業をこなせる非正規に対して会社はどう評価してくれるのか?それでも社員を優先して残し、非正規という上っ面の格差を持って切られてしまうのか?





テレワーク導入に難色を示していた経営者も、やむに已まれずやってみたら「いいね!シンプルな「いいね」の手の線画アイコン.jpeg」ってなるかもしれない。

そうなるとオフィスもサイズダウン・移転・撤廃などして経費削減が進むし、社員の交通費も削ることができる。
そうして浮かせた資金を人件費に配分してくれるのであれば、社員にも非正規にも恩恵があるでしょう。
いや、そうならなければこれからの時代の働き方として企業は生き残れなくなるのではないか?

会社にも従業員にもメリットがある働き方を考える上で、テレワーク導入のきっかけとなったウイルス騒動はマイナス要因ばかりで終わらせず将来に向けてのケガの功名にして欲しい。






もう一つ地味に浸透しつつあるのが「改正健康増進法」。
・喫煙する際の周囲への配慮義務(すでに実施済)
・原則屋内禁煙(2020年4月1日より)

禁煙エリアでの喫煙(加熱式たばこを含む)罰金最大30万円
禁煙エリアへの灰皿等の設置(管理者含む)罰金最大50万円

基準を満たした喫煙室を設置すれば屋内の喫煙も可能になるが、この基準というのがかなり厳しい。単に喫煙スペースや部屋を用意しただけではダメで、換気(一般的な換気扇程度は不可)・消臭等の設備の設置で行政の承認が必要になる。

罰則の対象は管理者と喫煙者本人。
罰金額を考えてもかなり厳しい内容になっています。

例えばドライバーがいつも納品している得意先の休憩所とかで、法令を知らずにちょっと一服とか油断したら高額の罰金が待っているかも。
1ヵ月分の給料がたばこ1本で消えるバカバカしさ。


私がお世話になっている運送会社も先月末に慌てて喫煙室にしていた場所を閉鎖して、屋外に灰皿置いてます。
トラックドライバーの9割が喫煙者。運転中も喫煙。意識低!

複業の物流倉庫でも喫煙室閉鎖して屋外に移動。
ここでも搬入に来るトラックドライバーはほとんどが喫煙者。搬入待機中に車内でプカプカやってます。
納品先によっては敷地内全て禁煙にしているところもあり、車内で喫煙して出入り禁止になった事例もあります。
荷物に移り香すること気にしないのかな?意識低いなぁ。




法で縛ってもルールを守らない者は一定数いる。
罰金などは自業自得だがウイルス感染はそれで片付けられない。

自己管理できない者は必ず自分への報復が待っている。

ウイルスの感染力が異常に高いのに不要不急で平気で外出する。
呼吸器系がヤバいウイルスなのに喫煙習慣を辞められない。

日本ではまだ致死率がさほど目立たないから甘く考えている人はあちらこちらにいますよね。

最近のニュースでは家族内感染が増えていると報じていました。

今できることは自分を律すること。

何でもかんでも法で規制しなければならない意味、人間の弱さを考えていかなければ・・・


家にこもっていると思考がどんどん暗くなっていきますね。
適度な栄養摂取と運動をしていないと免疫が落ちて感染力が高まるかも。
非常事態宣言解除したら即パフォーマンス全開するためにコンディションは維持しておきましょう!







posted by ガラダマ at 13:28| Comment(2) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月15日

マスクの供給・流通が始まったようですよ!

緊急事態宣言から1週間。皆様の仕事や生活に大きな変化はございましたでしょうか?


運送業においてはまあテレワークとか無理な話ですな。
もしトラックドライバーが在宅勤務とか言い渡されて、自宅でパソコンを用いて「何かやれ!」と指示されてもパソコンより自分がフリーズしてしまうでしょう。

たまたま今回のウイルス騒動においては運送業界は概ね他業種のような深刻な影響を受けずに済んでいます。
今のところは。

しかしドライバーが勤務する会社や請負先で感染者が発覚すれば即会社は営業停止状態になるし、そこで従事している者は濃厚接触者として当面の間は自宅にて外出自粛を受け入れなければならなくなる。既に郵便局やヤマトの営業所の一部で起きています。
そうなったら家での収入手段、何か持っていますか?




いくら営業自粛の対象には絶対ならないであろうという運送業も、身内で感染者が出れば誰もが明日からの収入が途絶える可能性があるのです。
それにしては職場内ではそんな気遣いをしている様子は伺えない。
会社は社員の福利厚生なんか眼中にありませんからね。


会社の体質がよく表れていたのが、この4月1日より施行された受動喫煙防止条例への対応について。
原則屋内での喫煙を禁じ、違反した企業や施設と責任者には罰則が課せられることにも無頓着。

これまで2畳ぐらいの物置みたいなスペース(小さな窓あり)を喫煙スペースとして使用しておりましたが、誰かに指摘されたか先週慌てて喫煙場所を屋外の駐車スペースの隅っこに設けました。
といっても足付きの灰皿を置いただけですが(笑)
雨の日はどうするんだろう?


コンプライアンス意識というのはこういった会社の姿勢から垣間見えてきますね。運送会社は意識低いところが多い!
大手なら看板を気にして感染隠しなどはできないでしょうし休業補償も可能でしょうが、日頃からコンプライアンスを無視したような労働環境の会社はまず休業補償などしないでしょう。
いや、補償どころか感染隠ししてでも働かせるな、絶対に。


先日からウイルス問題が起きてからの物流の様子を気付いた部分でお伝えしておりますが、配達先の企業・会社にもテレワークを始めたところが少しづつ増えてきています。
社員を交代で勤務させるため納品受付を週の中の1日〜2日に限定するところも出てきました。
というか荷物を発注しておいて休業を余儀なくされているお店や会社が増えているので、荷物があっても配達に行けないのです。

ということから日によって曜日によって荷量が極端に減る日も発生しております。
今日などはその影響がモロに出ており、私は午前11時半には委託された荷物を全て配達し終わっていました。
社員のトラックドライバーもエリアによってスカスカなところもあり、無理やり他のエリアを手伝うなどして仕事をしている振りをする始末(笑)

1日分の全ての荷物を1回戦だけで積めてトラックの荷台の床が1/4ぐらい見えている状態ってヤバいですよね?
全ての会社・全てのトラックがそんな極端な状態ではないにせよ、法人相手の運送業の荷量はスーパー以外は確実に減っています。

しかしパチンコ屋・スーパー銭湯・病院への荷物は減りもしません。行く場所のない人の溜まり場みたいになっていて感染危険率の高い場所ばっかり!
営業しているから需要があるのですが、本音は今のこのタイミングで配達に行きたくないんです。怖いです。
でもこれらの荷物も止まったら企業便メインの運送会社も潰れるとこ出てくるでしょうね。ホテルなどにリネンサプライ品の配送・回収している業者もヤバいという話が流れてきています。




こんな状況ですから今はどの業種も求人も少なくなっています。
スーパーやドラッグストアは嫌でも人手を増やさねばならない状況で求人も活発ですけど、1度自分が買い物に行ってみればその混乱している場所で働こうという気持ちにはならないでしょう。
毎日理不尽な客を相手にレジや品出しで勤務されている方々には感謝の気持ちしかありませんね。

そうそう一つ気が付いたんですけど、街中の宝くじ売り場がかなり閉店してますね。
自粛対象ではなかったと思いましたが、対面販売が基本なので自粛してるのかな?
対面とは言え透明なアクリル板越しにやっているイメージがあるから大丈夫なような気もしましたけど、現金でのやり取りとか当選くじの換金もあるから濃厚接触の可能性は否定できないか。
夢を買うことすらできなくなってきたのか・・・



今週は毎日「マスク」を運んでいます。
運び先はドラッグストアではなく個人商店や個人宅です。かなり大きな無地の箱です。たぶん外箱に「マスク」とか記載されていたら運搬中にドライバーが襲われ強奪されるかもしれません ^^;
他の軽の委託メンバーも言っておりましたけど、最近マスクの配送が増えているよと。夜明けは近い?

ようやく一般人の手が届くところにマスクが供給できる状況になってきたのでしょうか?
アベノマスクの布マスクは要らないですけど。

っていうか布マスクが各家庭に到着する前に普通にマスク買える状況になったら、あの466億円という無駄で遅い対策の責任は誰が取るんでしょうね?

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
 1時間のスキマ時間で活躍!ビジネス知見のスキルシェアサービス『ビザスク』
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

登録者80,000名、平均報酬は1時間あたり1.5万円の高単価!
スキマ時間で相談に答える新しい知見の活かし方。
現役から企業OBまで幅広く活躍中!様々な業界・業務の知見が求められています。

<無料登録はこちらから>
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=35UPRN+71MOHE+47IQ+5YZ77

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




posted by ガラダマ at 17:47| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

緊急事態宣言後の街レポート。運送会社・ドライバーへの影響は?

こんにちは!テレワークドライバーの積荷オヤジです。

国民の突き上げで渋々出さざるを得ないところに追い込まれた緊急事態宣言。もはやとっくに緊急事態は進んでいて国民は自衛に走り出している。

おまけにかすかに期待していた緊急経済対策の中身がおそまつ!
108兆円の大型対策と言いながらいったい誰が支援の恩恵受けれるんだというハードルの高さ。
実際に使われるお金は6〜8兆円とも言われている。
大盤振る舞いのイメージだけで、実際は使えないことがわかっている政府の狡猾さ。使われなかった予算は天下り業界で山分けしてうやむやになるのだろうか?




緊急事態宣言後、最初の街中を配達で走り回ってみました。
これまでと何か変わったところはあったのでしょうか?

通勤の風景に関しては私は公共交通機関を使っておりませんし、自宅を出て出勤(荷物を積みに行くのに運転している時間)も8時半〜9時頃の20分程度なので渋滞のピークは過ぎておりストレスなく参考にはなりませんね。

会社員の多くが利用する通勤電車の混雑具合は、若干解消気味とはいえ3密条件を十分満たしたまま今日も多くの人が我慢を強いられています。
安倍首相は「原則在宅勤務、出勤者最低7割削減」と企業に要請をしていますが、本気で要請するなら補償をセットでやらないと働かねば食っていけない国民と中小企業は法的効力のない要請には従えないでしょう。


それでも街中は休業していたお店が多く感じました。
まだまだ桜も見頃な場所が多かったのですが、さすがに1〜2週間前に比べると人出も少なく(店が開いてないから?)、緊急事態宣言の効果は少なからずあったのかなと。

ほぼ毎日納品に行く大型スーパーでは食品フロアのみ営業しており、別フロアの日用品や各種サービスコーナーは全面休業となっていました。
それでも客はいつも以上に多く一般駐車場は満車状態。
業者用搬入口は一般車両とは別導線なのですが、食品関連の納品トラックで外の道路まで荷下ろし待ち渋滞。
私も数十分待たされました。

この状況、夜の物流倉庫内の仕分け仕事でも先週辺りから食品の荷量がメチャクチャ増えているのです。
昨夜はいつもは22時頃終了するライン上の仕分けも23時過ぎても流れてくる荷物が止まりませんでしたから。世間とは逆に求人の緊急募集がかかっているぐらいです。
どこかで雇い止めになっている方は収入対策として検討してみてはいかがでしょうか?




今日のスーパーへの納品はスーパー内の乳幼児商品を扱うテナント向けでしたが、店員さんは納品対応のためだけに出社していたようです。
ほぼ毎日納品があるお店なので今後はどうするのか聞いたところ、緊急事態宣言前に発注していた商品は今週いっぱい納品指示が出ているので店には出勤するが、来週以降はスーパーがテナント営業を再開するまでは納品はないですよ〜とのこと。

これは百貨店やショッピングモールも同様の対応をするところが多いようです。
私の行動範囲にあるアウトレットも今日から全面休業となっており、それぞれの従業員・パート・アルバイトは当然一時的解雇か休職か自宅待機となります。

こうした私達の身近な生活を支えてくださっている労働者は有無も言わさずに収入を失うことになります。それなのに国の対策はこうした方々の多くに適用されない姑息なルールで給付金を利用できないようにしている。

サービス業従事者だけでなく、この状況が続けば運送業者にも影響が及んでいくのは必至。
先に記したように食品以外のテナントが営業中止、ショッピングモールやアウトレット等も全面休業となれば物流の一部は止まることになる。

毎日納品していた荷物が緊急事態宣言が解除(今のところゴールデンウィーク明けまで)するまでなくなるわけですし、自動車メーカーが各工場を操業停止にしているように、工場向けに物を運んでいる運送会社は大打撃です。

減車だらけの運送会社が僅かな仕事に群がって価格競争になるのがまずいパターンですよね。

こういう状況になると会社員ドライバーは辛い。
運ぶ物が無くなるのですから減車で残業はもちろんインセンティブもなくなりますから、額面で20万円にも満たない基本給とその他の微々たる手当では家族持ちでは食っていくのも大変。
逃げ道がなくなるのです。

そして既に囁かれているのがこの夏のボーナスは無くなるのでは?と。
業績連動が基本的考え方にある賞与ですから、閑散期以下の状態が続いている今年は期待できないでしょう。

いや、期待できないどころではない。
ウイルス騒動の収束の見通しが立っていないわけですから、企業は雇用を守るという大義名分で賞与をカットするのが容易に想像できる。
ボーナス“ゼロ”回答になったとしてもさすがに今回ばかりは組合側も強く抵抗する材料が無い。

内部留保に余裕がある大手なら人材流出を防ぐ意味でもいくらかの賞与は出すでしょうけど、労働法に触れるような働き方をさせているような運送会社は賞与など出せるとは思えない。
社員の給料だって満足に払えなくなる会社は増えていきますよ!

待遇悪化が人材流出・人手不足になり、中途半端な経営をしている運送会社は淘汰されていく流れが加速するでしょう。
今年後半は運送業にとって大変革期になるかもしれませんね。





東京のタクシー会社、全乗務員600人解雇へ 自粛影響

こんなニュースもありました。
東京都内でタクシー事業を営むロイヤルリムジン(江東区)が、グループ会社を含む5社で約600人いる乗務員全員を解雇する方針である(朝日新聞デジタルより)

いつどの運送会社に起きてもおかしくないのです。
ただしニュースにもありましたが解雇された方が良いこともある。
何が自分にとってベストなことか?よく考える良い機会です。



ところで今日配送していて印象に残ったことがもう一つ。
今日もパチンコ屋に納品に行ったのですが、普通に営業していたのと相変わらずお客さんは席の半分以上を埋めていた。
これでも少しは外出自粛の効果が出ているのでしょうか?

まあ運送会社にとってはパチンコ屋もお客さん・・・

ってこういう空気読めないようなところがダメなんだよなぁ。
だからコンプライアンスに欠けていると指刺されるんですよ。
どちらの業界も!


まだ緊急事態宣言後の初日だけの街中の一部の風景でしたが、いろいろと思うことが多かったです。
トラックドライバーさん達は何か感じたのでしょうか?

荷物が少なくてラッキー!?

別にラッキーでも構わないのですが、じゃあその「ラッキー」は何かに繋がっていくのでしょうか?
早上がりしたらパチンコに行ったりして・・・^^;

時間の使い方を考えないと。 会社がある!仕事がある!というのは今日・今の時点での話です。
労働者に明日は保証されていません。
いつ何が起きてもおかしくない時代。

自分自身の緊急事態宣言と経済対策は誰も支援してくれません。





posted by ガラダマ at 23:28| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月04日

配達先に起きている自粛の現状

一向に収束する気配のないウイルス問題。
感染=即死に至るという恐怖感が薄いのも、対策がダラダラとしている理由でしょうか?

今週は横浜エリアでは桜の見ごろでした。
職業柄、配達中・運転中にいろいろな場所の桜を楽しめるのですが、これだけ外出自粛が叫ばれているのにとにかく花見している人が多い!

国の対策のだらしなさも大いに問題ですが、国民側の意識の低さにも問題はありますね。
身近に感染者が出ないと事の深刻さがわからないのかなぁ?
4か月後には還暦を迎える積荷オヤジさんは、志村さんのこともあって感染リスクは若者の比ではないのでとても怖いですな。

今はたまたま学校は春休み、新人社員は入社式や研修の延期・中止ということもあって、交通機関等の混雑はいつもより落ち着いている感じはします。

街中でもスクール系ビジネス(楽器・スポーツ・塾等)が営業自粛しているケースが目立ちます。
まあ子供になにか起きたらメチャクチャ叩かれますからねぇ。
学校が自粛中・春休み中という、子供に時間がたくさんある時に子供で商売できないというのは厳しいですね。

一方で花見エリアの近くでは年に何度もない稼ぎ時ということで、自粛=死活問題になるため非難覚悟で積極的に集客活動しているお店もあります。

世間的に見れば「自粛協力しろよ!」「自分勝手!」「店開けてるから人が出てきちゃうだろ!」と非難されますよね。
でもそういうお店に配達にいくんですよねぇ。運送の仕事は。

「売るもの配達するから店開けちゃうだろ!」というそもそも論に飛び火したりすることあるんですよ。
運ぶ人が共犯みたいな目でみられることもある。勘弁してよぉ!
だったら「売るもの作るから配達しちゃうだろ!」と果てしなく責任転嫁の連鎖が続くぜよ(笑)




テレワーク&外出自粛による引きこもり特需と大手運送会社が置き配を一時的に認めていることで、今は宅配仕事はちょっと仕事がやりやすくなって稼げているみたいです。
対照的に私が関わっている商業貨物便・企業便などは目に見えて物量が落ちています。スーパーへの納品を除いて。

デマが出るたびに売れ筋が変わりますが、緊急事態宣言が明日にでも出そうな日が続いており常温保存で日持ちする食料品(カップラーメンや缶詰等)の出荷量が増えています。
それでも店頭に並んでませんよねぇ。買い占めですかねぇ。

スーパーへの納品は増えていますけどそれ以上に他の荷量の落ち込みが激しいので運送業界も影響を受けてます。

私が関わっている仕事のレギュラーの配達先には、幼・保・小・中・高校&塾があります。先に触れましたけどこの1ヵ月ぐらいは多くが休校・休園しておりパタッと荷物が止まっています。

また感染リスクの高いとされる場所、例えばカラオケ店、スポーツジム、スーパー銭湯という納品も毎週のようにあるのですが、これらもこの1ヵ月はほとんど無くなっています。

ところがですよ、パチンコやスロット店。こちらは店も普通にやってるし荷物も普通に到着してます。パチンコ・スロット店に納品するのはおしぼりと景品関係がほとんど。
店が営業している限りは消費されるので納品は止まりません。


ご存知のようにパチンコ・スロット店というのは営業自粛に追い込まれているお店が増えている中で、感染リスクが高そうなのに国からも何もお咎めがない。
こういう国民から目の敵にされているような場所に物資を運んでいる運送会社やドライバーを共犯扱いに叩く人もいるんです。
ドライバーを叩いても仕方がないのにねぇ。




物流を支えているのが運送の仕事。
その運送の仕事を支えているのが荷物。
その荷物を発生させているのが経済。
経済が物流を回している。
因果な商売ですよ、運送の仕事って。


今、その経済が止まろうとしているピンチです。
閉店・廃業・倒産件数は4月以降急激に増えていくでしょう。3月の売り上げが壊滅的状況になっているからもう体力がないんです。

自動車メーカーも次々と工場の稼働をストップしています。
メーカーはまだ内部留保が多少あるので数ヵ月は何とかなる。余剰社員のリストラという延命手段もある。
しかし何千何万という自転車操業している下請け会社は1ヵ月仕事が止まれば資金繰りができずにとぶ。

だから国民全員に1日でも早く一律現金支給が必要であったのに、おバカな政治家たちはいたずらに時間を費やすだけで何も決められない。
売上に目をつぶって外出や営業の自粛に協力している零細企業に真っ先に手を差し伸べるような政策をしないと、4月以降は日本経済は取り返しのつかない惨状を目の当たりにすることになる・・・


経済のピンチは運送の仕事にも大きな影響があります。
自然淘汰されるような会社も少なくない業界ですが、中堅どころの運送会社にも減車・減荷の危機は忍び寄っていると感じます。

現職ドライバーの方は自分の従事している会社や荷主の動向は注視しておくべきです。これからトラックドライバーやってみようと思っている方はウイルス騒動が落ち着くまで待ちましょう。

今はしっかり自分と向き合う時間にすべきです。
自粛は行動を制限されますけど思考は委縮してはいけません。
次のステップのために爪・牙を磨く時間にしましょう。







posted by ガラダマ at 06:32| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする