2019年12月01日

ながら運転はどこまでが「〜ながら」?

今日、2019年12月1日より改正道交法が施行されています。

運転中のスマホや携帯の操作・通話・画面の注視についての罰則規定が非常に厳しくなっています。
単に見つかった場合、違反点数は3点。それまでに点数3点以上ある方はそこで「免停」になってしまう。

更にながら運転で事故等を起こした場合、違反点数は6点!即免停と酒気帯び運転と同じような厳しさです。

運転中に無意識にスマホや携帯を触ってしまう人は要注意ですな。また運転中でも頻繁に連絡が来て応対をしなければならない営業マンや運送業ドライバーはハンズフリーイヤホン等が必須アイテムになります。
グッズを持っていても使ってない人もいますよねー ^^;


スマホや携帯が対象の柱となっていますが、ながら運転の対象はそれだけではありません。
カーナビやドライブレコーダーの運転中の操作や画面の注視も取り締まりされる可能性が高いです。車載TVなどは走行中にテレビ映像が流れていればまさに周囲から目立ちます。ターゲットとして追尾され画面の注視が確認され次第「ウゥゥ〜」とサイレンの音が鳴り響いて路肩へ停止命令が!という悪夢が待っている。

走行中のスマホやカーナビの操作というのは危険というのはわかる。画面を見ながら走行するのも危険だとわかる。じゃあどこまでがセーフなのか?というグレーゾーンが存在することも事実。


操作という行為はちゃんと前方を見て運転していてもアウト?

片手でハンドル握り片手で周囲から見えない位置で操作したら大丈夫じゃない?と思う人はいるでしょう。
カーナビの画面をタッチするのは周囲からわかります。画面見ずに操作するのもちょっと現実的ではないのでチラチラと画面を見る人はよくみかけます。これは注視していなくても後ろに警察がいたら停止させられるでしょう。


スマホや携帯をわからないようにいじるのはどう?

正直運転中に顔が正面を向いていれば周囲からは操作行為の確認はほぼ無理でしょうね。ただハンドルから片手が離れていて時折顔が下方を向いてしまう人は警察は注目すると思います。

私も一度ネズミ捕りしているところで速度超過せずに走っていたのに「???」と停止を求められことがありました。
そこで「携帯の操作をしていませんでしたか?」と質問され「いいえ?」と答えると「携帯を確認させてください」と言って通話履歴の確認をさせられました。

私も全く身に覚えのないことでしたので完全に濡れ衣でしたね。恐らく前後を走っていた車両と間違えたのだと思いますが、今後はグレーの行為をしていて停車を命じられた場合、全力で否定しても通話履歴・操作履歴の確認は覚悟しておきましょう。


画面の注視ってチラ見もダメなの?

注視とチラ見は違います。どこで線引きするのかというのも微妙な判定になることが予想され、トラブルになりそうですね。
一応「2秒」というのが一つの目安になるようです。

走行中のナビ地図をチラ見するぐらいは許容範囲ですが2秒を超えて画面を見ていると注視になる。だからといって1秒ならOKかというとそうでもないらしい。操作を伴っての1秒は印象悪いみたいです。
ちなみにスマホや携帯の操作は手に持って行うと何秒とか関係なくアウトになるようです。最低限車載用のホルダーに固定(ホルダーに固定していても走行中の操作はアウト)しておいた方が周囲の誤解は防ぎやすい。


信号待ちや渋滞時の停止状態の時はOK?

これは警察の見解ではセーフらしいのですが、その時の状況や警察官によっては取り締まりの対象になる可能性があるのだと。
操作や注視が原因で発進が遅れたりすると立場は悪くなるかも。


次はドライバー職あるあるのケースで検証します。

運転中に地図や伝票を見るのはながら運転ですか?

今回の改正法では地図や伝票という具体的な指摘は謳われていないようですが、「〜なから」という行為に該当します。
基本的に運転中の視界・意識を妨げる行為を摘発していこうという趣旨なので、〜ながらの対象はスマホもカーナビも地図もある意味同じようなものだということはわかりますよね。

同様に何かを食べながら、マンガを読みながら、ゲームをやりながら、というのは広く該当すると思っていた方が良いでしょう。
私は信号待ちの時とかに菓子パンやおにぎりを食べたりお茶飲んだりしてますけど、今後はちょっと注意したいなと。

特にドライバー職の人はちょっと電話かかってきて無造作にスマホや携帯持って応対して運悪く取り締まられ「3点」「違反金18,000円」というのはアホらしくて仕事なんてやってられませんね。
1日の報酬以上の罰金って何のために働いていてるんだか・・・

信号待ちでちょっとスマホいじって発信した瞬間に横にいたバイクや自転車と接触したら即免停ですよ!
最短でも30日の免停期間。それまでの違反点数によっては60日以上の免停期間になる。懲役刑や30万円以下の罰金とかもあるので職を失うかもしれないし生活も危うくなります。

今後も「煽り運転」等の道交法に関する罰則が強化されていくでしょうから、ますますドライバーをやるリスクが高くなり旨味が無くなっていきます。
特にAmazon Flex 等のスマホアプリを使った仕事は要注意です。


それでもリスクだらけのドライバーやりたいですか?


posted by ガラダマ at 12:20| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする