2019年11月09日

webライターの報酬が上がりました

今週は祭日があった関係で軽運送の仕事が忙しかったです。

過去にもちょっとお伝えしましたけど、1週間の仕事・荷量は繁忙期・閑散期とはまた別で毎週ほぼ同じで推移します。間に祭日が入ると運送会社は日曜を除いた6日間で処理していたものが、同じ荷量を5日間で処理するような感じになります。
まあ運送会社が日・祭日完全に休みなので仕方がない。

もうすぐ繁忙期を迎えますが、相変わらず通常より業務量が増えようが手当ても残業もつきませんのでテンション・モチベーションとも逆に下がります。
本業の労働時間が増えても収入は増えませんが、複業の時間が削られます。本業が忙しくなると総収入は下がるという変な現象に悩まされる働き方をしておりますだ。


一方で還暦以降の働き方として準備・スタートしたwebライターですが、こちらは想像外に順調です。
プロフィールには作品例の代わりに「積荷くずし」と「近未来的軽ドライバー」を紹介しているのですが、これ見ていただいた幅広いクライアント様から有難いことに多くのオファーを頂いております。

さすがに本業複業で目一杯な働き方をしちゃってますので全部のオファーをこなすわけにはいかず、今は厳選したクライアント様だけ対応しておりますけど、それでも夜の仕事を終えた後に作業しているのはキツイ。
この週末も2つの案件を頂き嬉しい悲鳴をあげております。

このキツさはドライバー仕事のキツさとはちょっと違って、納期が絡む精神的なプレッシャーを感じます。
ただこれはやらされている感がなく、心地良いプレッシャーと言ったら美化しすぎかもしれませんが、自分で選んだ道だし誰もが迎える定年後の無収入リスクを回避するために必要なことなので、今からスキルアップしておかねばなりません。

嬉しいことにお仕事を頂いているクライアント様全ての報酬がアップいたしました。一応期待されている最低限のクオリティはクリアしているようで、初心者という一つのステージをクリアしかけているという状況でしょうか。
将来に向けて希望を感じる出来事です。軽運送業が一向に報酬アップしないので余計にそう感じます。
他の複業の時給が上がったのは最低賃金アップの恩恵ですが、ライターの報酬アップは自力で勝ち取った感じがして達成感がありますね。しかもまだまだ報酬の伸びしろがあります!




もう少し自然体でスラスラスラっとライティングできるともっと仕事を入れられるのですが、まだまだその辺は未熟者です。
しかし例えば本業を完全に辞めてしまうとか、夜の仕事を全て辞めてしまうとか、来年以降の働き方をシミュレーションしてみるとwebライターの仕事はもっと増やせるし、年金受給開始以降の生活イメージが何となく形が出来てきたようにも思う。まあこれはwebライターを継続してやっていけた場合が前提にありますけど。

今従事している仕事の中では唯一webライターが流れが来ていると感じます。こういう流れを大事にするのは鉄則。
本業は頭打ちだしそこに力も時間も注入しようとは思わない。

先月、相次いで強烈な台風が上陸しましたけど、自宅で台風の風の音を聞きながらライター仕事をしていて確信しました。
通勤が必要ない働き方は年齢を重ねていくと必要だなと。
止まった電車の運転再開に前の晩からやきもきしたり帰宅難民とか、ムダな時間ムダな体力はもう年老いた者には残されていない。
いかに人生に残された時間を使いきるか。

いつでもどこでもできるクラウドソーシングという働き方。
軽運送業の副業・複業としてとっても相性いいですよ!





posted by ガラダマ at 04:53| Comment(0) | 複業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする