2019年10月12日

備えあれば憂い・・・なし?

横浜エリアは朝7時過ぎに警戒レベル3相当、大雨・洪水・暴風警報並びに雷・高潮・波浪・竜巻注意報、および避難勧告の地域が時間とともに増えていってます。まだ雨も風も普通ですが、これが数時間後にはあの台風15号の時の恐怖が再現される・・・

前回は真夜中でしたので外の様子とか全くわからず、ただマンションをも揺らす暴風の音、窓ガラスが割れるのではないかという恐怖に怯え耐えるばかり。交通機関が麻痺するのがわかっていても通勤しなければという変な緊張感・興奮により寝付けなかった人も多かったのではないでしょうか?

割と短時間で恐怖から解放された前回と違って、今回の台風は規模が大きすぎてあの恐怖と緊張が長時間に及ぶ。
幸いというか週末であったことがせめてもの救いか。もちろんこんな状況でも仕事場に向かわなければならない人もいるし休めない人もいる。そういう方々に感謝と尊敬の念を持って過ごすしかないですね。


今回は過去の教訓と世の風潮から休みを決めた企業も増えました。最近は鉄道関係は計画運休の告知のタイミングがしっかりしてきたので、無駄に駅に行ってガッカリすることも減ってきました。
スーパーなどの小売業も消費者の食料品などの事前の買い込みもあって品不足。物流も滞るので当日休業という英断をするようになった。そして物流を担う運送業界も大手2社が社員の安全と道路事情を考慮して被害が予想されるエリアで早々と営業中止を発表してくれたことにより、他社も決断がしやすくなった。

このように仕組みの上流がきちんと決断すれば、その下に位置して働く者に安全という恩恵が降り注ぐ。労働者だって生身の人間ですから危ないとわかっている状況で働かされるのは嫌ですよね。


東日本大震災があった当日や翌日にも普通に業務をしようとしていた運送業界が、前日に休業を決め込むなんてこの業界に従事する者にとってはホントに驚きです。
しかしこうした流れの空気を読めない者もいまだにいる。

今回の台風が週末に日本を直撃しそうだというのは何日も前からわかっていたこと。混乱することがわかっているのにわざわざ土曜日に配達指定してきた者が多数いました。しかも土曜日に台風が直撃する確率が高まるにつれ土曜日指定の荷物が増えていく。指定する側は一体何を考えているのか。

昨日既報の通り運送会社の多くは土曜日の配送業務を中止決定しました。土曜日指定してきたお客様には一応その旨をお伝えしご理解ご協力をお願いするのですが、中には激怒する客もいるのです。たった一人・たった一社の荷物のために何人もの従業員が出社して対応する理不尽さは過去には当たり前だったかもしれないが今は違う。こういう客に限って不在再配達・また不在ということを平気でする。配送を無料のサービスとして軽視しているとしか思えません。「台風だろうが何だろうが配達するのはお前らの仕事だろ!」という態度を露骨に表す。

こういう人って暴風雨の中、無理に配達に行けば「遅いよ!」「大事な荷物が濡れちゃってるじゃねーか」と更に難癖をつけくるタイプが多い。無理難題を押し付けて人を攻撃することに快感を求めているのだろうか?煽り運転するタイプっぽいぞ。




結局この顛末はどうなったかは知りませんが、台風が来る日を知っていながら配達を請けてしまう側にも問題はある。依頼があった時点で土曜台風上陸という確率が高いのがわかっていたにも関わらず断らなかったわけですし、土曜日休業しまーす!というのは後出しジャンケンである。

とりあえず請けてしまえ!という丼勘定的な伝統的な業界や会社の慣習と、働き方改革や従業員重視という厳しい世間の目を意識しなければならなくなった現状の板挟みになっちゃってるんですな。


個人事業主にも言えることですけど、とりあえず請けちゃえというのはトラブルのもとになりやすい。ダブルブッキングしたり自分のキャパを超えた仕事だったりすれば相手に迷惑をかけることになる。

断ることも自己管理の一つです。自分のスケジュールや能力をしっかり把握し、「今ならこのぐらいの仕事ならできるな」と常に意識しておくことが大切です。売上げ第一とか相手にいい顔しようと背伸びした働き方をしていると、結局仕事と時間に追われるだけの生活になってしまう。労働対価とかは2の次になり、安価でいいように使われていることに気付かなくなる。
安価で条件の悪い仕事が自分に来るということは、自分が安価の価値しかないと思われていると危惧した方がよい。
自分の価値を上げる働き方を模索していかないとね。


2〜3日分の食料品は確保し、ベランダは片付け浴槽に水も溜めました。スマホやパソコンは満充電しモバイルバッテリーも満充電して台風が無事に通り過ぎるのをじっと待つだけ。
地震災害と違って自分の意思で行動に工夫ができます。

今日は肉体労働をキャンセルし在宅ワークで収入を確保します。
最近時間が取れなかった読書などは外出できない日の最高の過ごし方になります。家から出られないという特殊な状況をいかに活用していくか。
老いて動けなくなる自分の未来を想像して過ごしましょう。




posted by ガラダマ at 10:26| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする