2019年10月07日

セカンドオピニオン

今日の朝食は長崎ちゃんぽん麺2倍の積荷オヤジです。

週休3日の本業生活において月曜日は午前中フリーです。今朝は先月CTスキャン等で腎臓の定期検査をした結果を聞きに病院に行ってきました。
幸い腎臓の石および腫瘍(水疱)は変化も無く特別にどうこうしなくても済みましたが、引き続き経過観察していきます。

今年に入ってから診察がセカンドオピニオン制になり、通っている病院の他に都内の大学病院の先生にも検査データを送り複数の目でチェックしてもらっております。
その結果、腎臓とは別にいろいろな指摘が出て来ました。

前立腺肥大・鼠径ヘルニアの兆候、左大腿部静脈炎の疑い・・・

いずれも現時点においては手術や緊急の治療は必要がないとのことですが、放置しておいてよいわけでもないので進行させない生活を心がけないといけませんね。
いや、朝から長崎ちゃんぽん麺2倍がダメだろう ^^;


鼠径ヘルニアは痛みはありませんが自覚はしていました。40代ぐらいの頃から右下腹部が微妙に膨らんでいるのに気付いていたのですが、ここ数年でゴルフボール3分の1ほどに成長しています。腸が腹壁を破って飛び出す(脱腸)とさすがに痛いし手術になるようですが、運送業のように重い物を持ち上げる時に踏ん張るとそのキッカケになったりするとか・・・ ^^;ヤバいやん
ヘルニアを進行させない生活って、ドライバー職はダメですな。

大腿部静脈炎・・・ 全く自覚はありませんでした。
いわゆるエコノミー症候群も関係するようで狭い空間で長時間座っていたりすると血液の流れが悪くなり、静脈壁の炎症を引き起こし血栓を生じさせる原因にもなるらしい。
静脈炎を進行させない生活って、ドライバー職はダメですな。

前立腺肥大は男性はもう歳とると皆関係してくる病気ですからある程度仕方がないですな。
しかし残尿感やトイレが近くなるというのはドライバーにとっては大きな問題になり得ますね。
前立腺肥大が進行したら・・・ ドライバー職はダメですな。




サラリーマンなら真っ当な会社であれば毎年健康診断を実施しているはずですけど、個人事業主となると健康診断をする機会というのがなかなか作りづらい。持病や自覚症状がなければ尚更です。

私の例で申し訳ないのですが、体力の衰えを感じるのは当然として、一見健康そうに働いていても上記のセカンドオピニオンのように複数の医師の目による多角的な検査を受けると、全く予想もできなかった疾患が発見できたりする。手遅れになるかならないかの瀬戸際で生き永らえるかもしれません。
ちょっと面倒でも個人事業主は、いや中高年になったら定期的に健康診断はやっておいた方が良いと思います。


健康診断に加えて「働き方診断」というのも定期的にやった方がよい。できればセカンドオピニオン制で(笑)。
自覚症状が無くても働き方をこじらす前に!

先生っ! ドライバー職ってダメでしょうか・・・?


★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜

早期に「遺伝体質」を知り、「適量飲酒」を心がけることで、「病気のリスク」
を下げることが大切です。

適量を守れば、お酒は健康を後押しします。
家族やあなたを守る「アルコール感受性遺伝子」の検査をおすすめします。

https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3595KK+AHGUB6+1234+U0W1F

★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜★〜★〜☆〜




posted by ガラダマ at 23:55| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする