2019年07月15日

食わず嫌いに当たり無し

今朝も雨音で目が覚めました。
梅雨らしいというか大人しい雨の降り方なので、今後の水不足の心配を考えたらまあ有難いと思わねば。

しかし相変わらず労働者は洗濯には困ってしまいますね。
吸汗即乾消臭機能の作業着を使っていますので、涼しければ1〜2着で1週間着回すのも平気だし洗濯陰干しでもすぐ乾くので良いのですが、寝具とか靴下はそうもいきません。
私の場合、1日の中でも本業と副業で靴下を履きかえたりしますので、週に15足分ぐらいが洗濯物として溜まってしまう。なので雨の日でも無理やり洗濯して風呂場に干して家族に嫌がられたりしますけど(-_-;)仕方ないじゃん

梅雨夏場は空調の効いたインドア仕事が副業で助かっています。
インストラクター仕事は客は汗ダラダラですが私は涼しい(笑)
倉庫仕事なんて空調どころか室温0度〜10度の環境ですから、作業着なんて3〜4カ月洗濯しなくても臭いもしない。夏なんかは昼間の疲れをクールダウンしに行っているようなもの。家で暑い思いするよりよっぽど快適です。
副業選ぶならお金以外にメリットある部分も考えましょう。

 


雨が降れば文句言うし、降らなきゃ降らないで文句言う。
自分は洗濯物を風呂場に干すくせに他人が干す事に文句言う。
工夫もしないのに稼げないと文句を言うのも同じ。
人間はワガママで面倒な生き物ですな。

そんなワガママな人間にも、職業選択の自由が保証されている。
しかしその選択の自由を誤っている人が多いように感じます。


日本人は生真面目な性質なのか、自分に合わないと感じていてもその環境を変えることに抵抗を覚えるらしい。
律儀というか責任感が強いというか。
「最初に採用された仕事だから」「人に紹介されたから」という働き方にもミスマッチを我慢する傾向がある。

選択という部分がないとズルズル行ってしまうのだろうか。
たぶん選択肢もないままに一択で働いてしまうと、その仕事が果たして自分に適しているのか?やりたいことなのか?を判断できないまま、もしかしたら無駄に苦労して大事な時間を浪費しているだけかも知れません。
今の仕事・働き方について、冷静に分析してみた事はありますか?
いくつか候補がある中で選び抜いた仕事・働き方ですか?


まあいくら理屈を並べたところで百聞は一見にしかず。実際やってみないとわからないですからね。絶対コレだ!と思った仕事でもブラックだったなんてことは珍しくないし、これは無いな!と敬遠していたものが意外に気に入ったりすることもままある。

食わず嫌いで美味しい不味いを言う愚かさ。
何事も自分にとっての美味しさを知るべし。口コミ・評判は参考にはなるが必ずしも自分の感想と同じとは限らない。世間と違う意見となっても気にする必要は無い。そこで自分に嘘ついて世間に迎合して美味しくもないものにイイね👍をしてしまうような状態が、疑心暗鬼に働き続ける姿とダブりませんか?


自分の基準をしっかり持つ。
そのためには好き嫌いせず見聞を広める。
一択ではなく選択肢があればより判断が付きやすくなる。

美味しくもないものにいつまでも執着しない。
自分にとって美味しいものを追求する楽しさを知る。
決して世間の意見・評判に流されてはいけない。


仕事探しはグルメの旅と同じです!
貴方の本物に出会いましょう!

この二日間がチャンス!

posted by ガラダマ at 12:06| Comment(2) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする