2019年07月08日

せどりという副業

梅雨空の毎日、洗濯もままならずウンザリしますね。
横浜エリアでは毎日雨模様ですが、時々風雨が強まる程度で幸いゲリラ豪雨にはなっていません。

こういう日々は無理にお出かけの計画など立てずに読書や映画鑑賞でリラックスするのが一番。
最近はどんな本読みましたか?映画観ましたか?

1日の多くをハンドル握る仕事している人は、なかなか本を読んだりスマホで動画を見る時間が作れませんね。トラックの場合は積み待ちの時間に車内でゲームしてる人結構多いようですけど、その時間を読書や何かの勉強に充てたらまた違った人生が訪れるかも。


「せどり」という収入を作る手段がある。
安く仕入れて高く売るというシンプルかつ経済の基本みたいな取引であり、老若男女誰でも出来るのがいい。
昔は書籍が主流でしたが、最近は流通しているものなら何でも可能。電化製品やマニアックな物は高額な差益も期待できる。取引場所は主にネット上のオークションサイトとなるが、アマゾンやメルカリ、フリーマーケット等、特に目当ての物が無くてもお買い得を探しているような人が集まるところが人気。

まだブックオフが全国展開に至っていない時代、当時サラリーマンだった私も書籍中心にせどりをやっていました。
営業職だったので割と都内であれば自由に動けていたので、神田の古本屋街とまだ数少ないブックオフで仕入れておりました。当時は今と違ってせどりのためのツールなどなかったので、自分で売れ筋を勉強して探し回るという地道な作業でしたが、ライバルがほとんどいないブルーオーシャンでしたので、あちこちにお宝がゴロゴロしておりました。

昔はブックオフもせどり対策もなく適当な値付けしてましたので、利益率は相当高く取ることができました。100円で仕入れた本が6000円で売れたりするので、一度売れ筋を見つけたらひたすら同じ本もしくはその類を仕入れるだけ。数千円の利益が取れる本が家の中に100冊ぐらい在庫で持ってましたので、「もしかしたらこれで食っていけるかも?」と危うく勘違いするぐらいウハウハしておりました。

他にも新橋には「キムラヤ」という大型ディスカウント店があってそこでたまに特売をやるのですが、中でもゲームソフトが恐ろしく安く出て来るのでこれも結構おいしいせどり品として使わせていただきました。ホントに昔はいろいろな物で稼げたのです。




ところが最近は「せどり」が浸透しすぎてもうレッドオーシャン。
ブックオフやディスカウントストア行くと何やらバーコードをこすっている人を見かけると思いますが、あれがイマドキのせどりツールを使った商品探しスタイルです。私のように売れる物がわかっていて探すより数倍面倒臭い。売り場で売れるかどうかを1点づつ確認していくのですから大変です。しかも周囲の目を着にしながらコソコソと。

正直今はお店側も転売の相場を調べて値付けしたりするケースが増えてきているので、バカ正直にやろうとするとせどりの利益は取れなくなってきている。ブックオフが全国展開してしまってからはわざわざセドラーから転売利益が乗った物を買わずに済んでしまうような状況になっている。書籍やCD・DVDで1点数十円稼げても発送や梱包の手間考えたらちと割が合わないですよね。買取店の買取価格がどんどん安くなっているので下手に在庫抱えると処分するのに大変なことになります。

昔稼げていた書籍を今チェックすると、相場はメチャクチャ下がっている。売れても100円稼げるかどうか。
今思えばせどりの参入も撤退も最高のタイミングだったと思います。
でも工夫できる人はまだまだせどりで稼いでますけどね。




せどりで稼ごうと思ったら、やはり計画的にやるべき。
流行っているから・お手軽だからという商売はすでに市場はレッドオーシャンですから、素人には(といってもやるのは素人ですが ^^;)難しい局面になってきている。薄利多売で良しとするなら在庫リスクや流行・市場の変化に敏感であること。地道に続けられることが求められます。転売は楽して稼ごうという人には向いているようで結果が伴わなくなってきてもいる。皆が安く買える情報を知っているような時代になっちゃってますから。

仕入れ・梱包・発送・顧客管理を全て自分でやってしまうともはや副業としては続かなくなる。しかし手間がかからなければ商売としては成り立ってくる。システムとして確立させることができれば転売は良い副業。いや本業に育てる事も可能になってくる。多少の費用をかけても他人に任せる部分を作って自分の時間を確保できればビジネスとして面白い。稼げる品を見つけることをアウトソーシングして商売拡大している人もいますから。


それでも面倒な人は下手な副業で稼ごうとせず、ブルーオーシャンな軽運送業というのはいかがですか?(笑)
時給換算で2,000円ぐらいの仕事はありますよ。せどりの売買の品物を運んだりするアマゾンフレックスはどう?
すでに軽運送業のレッドオーシャンになりつつありますが・・・

軽運送業の隠れメリットは、せどり用に仕入れた商品を沢山積める車を自由に操れること。

物を運ぶのは他人のためだけでなく自分のためにも出来るんです!

ということを意識すれば、ほ〜ら、可能性が広がってきたでしょ?
本業の帰りにせどりの品を探して積んで帰って来る。
だからお店が閉まる時間まで軽運送業やってたら稼げないんです(笑)






posted by ガラダマ at 11:25| Comment(0) | 副業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする