2019年02月16日

フルフレックスという働き方

昨日は朝から吹雪に見舞われました。
予報では雨マークも消えていたのに、荷物を積んで出発した途端に結構な雪が。ワイパー使わないとフロントガラスがあっという間に真っ白になるぐらいの勢いで、未だにノーマルタイヤで頑張っている身としてはちと不安がよぎりました。

幸い雪の勢いは一時的に強かっただけで積もるほどではなく、配達に支障もなく無事終了〜。この週末からは気候も春めいてくるみたいなので、ドライバーさんの戦いの場は寒さから花粉へと移っていく・・・
私は花粉症ではないのですが、昨年の春先に目が充血したり鼻がムズムズした時期があったので、もしかしたら今年は花粉症本格デビューするのかも知れません。(≧◇≦)嫌だぁ〜


さて、最近は登録している求人サイトからの情報を中心にお伝えしておりますが、軽運送業関連のオファーもようやく落ち着いてきまして、結局どの案件も応募するまでには至りませんでした。日給1万5千円稼ぐのに丸一日費やすような案件ばかりだったことが原因なのですが、結局はどれも会社員とさして変わらない働き方になってしまうので魅力を感じなかったのです。

ところが今週、ちょっと興味を惹く案件をご紹介いただきました。

フルフレックス、コアタイムなしの完全週休二日制。ダブルワークOK!正社員な上、自宅、カフェ等、全国どこでも好きな場所で働ける執筆業!会議等はオンラインで行うため出社日は特に設けていません。月給27万〜、成果に応じて給与額の自己申告が可能になる昇給システム。


これ、正社員でありながら私の希望にかなり近い働き方。しかも仕事内容は執筆業(だからリモートワークが可能というのもある)。
当然これだけの美味しい条件をぶら下げてくる以上は胡散臭い部分もある。しかしどんな求人にもここまでの働き方を示してきた会社はこれまでになかったので興味津々です。久々に求人内容に心が動きました。

年齢的に関係なく執筆業でノマド的に働けるのはまさに私が目指している方向なのですが、今回の案件のネックは執筆内容がかなり専門的なジャンルに限られ、私の未経験分野でもあること。上っ面で1つ2つ書けたとしても、毎週10本以上原稿をあげて欲しいとかになると知識のない世界のことは書き続けられません。そこそこの待遇を保証されている以上は執筆内容にも相応のクオリティが求められるわけで、執筆が好き、ブログ10年以上やってます程度の経歴で採用されるほど甘くはない。


副業的にできるライター仕事はたくさんあるし、ある程度そちらで経験積んでいる人でなおかつ先方が求めるジャンルに精通しているような人が応募して更にふるいにかけられるような世界でしょう。

フリーペーパーに掲載されているような誰もが応募可能な会社とは別に、限られた求人サイトからしか情報が出てこないような会社はそこそこ信用できる反面、かなりハードルも高いと思われる。しかし、今まで見たことのないような働き方を発見できる可能性もあるので新鮮ではありますし、自分のキャリアがマッチすれば転職は良い方向に行くのではないかと思ったりする。


今後、フルフレックスや出社不要の働き方は増えていくであろうし、そういう働き方に興味があったり熱望しているような人は、どういう職種がそういう働き方が可能になるのか研究しておくと良い。そういう働き方がしたいならそういう職種の知識を身に付けておけば、求人があった時に即応募できるし採用される可能性も高くなる。夢見る、希望するだけではなく、準備しておくことが大事。


会社・社員は通勤・出社して拘束されるものという常識の中で働いている限りは、他人のための人生で終わる。
自分の人生を切り開くなら「どう働きたいのか」にフォーカスし、その実現のために何をすればよいかを意識して日々過ごせば、必ず夢・希望に近づいていくことができるはず。
私が後悔していることは、それをしてこなかったこと。



70歳ぐらいまでは働かなくてはならない時代。
今の働き方で60歳過ぎても通勤大丈夫ですか?5年後10年後も会社が守ってくれますか?

まだ30代40代ぐらいであれば十分人生の修正が可能です。まだ30年ぐらいは働いていくわけですから。
働き方も多様化しています。定年というゴールが無くなった以上、長く続けられる働き方を早めに準備しておくことは大事です!
情報を知ってから動いても準備していたライバルに負ける。

働き方の多様化は知っておかないと、いつまでも悪い条件下で働き続ける人生で終わってしまうかもしれませんよ。









posted by ガラダマ at 12:51| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする