2019年01月06日

諸行無常の響あり

本業が一番早く仕事納めをし、一番遅く始業する。

もう私には毎年のこと。今年もまだ本業は休みのまま。複業の方は本日で3日目だというのに・・・

軽運送業にもいろいろな請負先がありいろいろな仕事がある。
どこと繋がるかで収入や労働時間や休日その他諸条件が変わってくるため、同じような配送の仕事をしていてもその満足度・快適度には違いが出てきます。何か一部分だけ見て軽運送業を知った気になってはいけない。

最初から最後までずっと条件が同じであるなら人生設計も立てることが容易になるし、その仕事に生活を捧げることも可能でしょう。
しかし、実際は会社員同様にほぼ相手側に依存している状態なので、相手の都合で条件に変化が現れることもあり、その変化に対応できなければその働き方を継続していくのは難しくなる。


「安定」と揶揄される正社員・会社員ですが、中高年のリストラはもう珍しくもなく、早期退職制度なる柔らかなリストラも盛んになってきている。現代人は何を信じて生きていけばよいのか。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響あり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。



学生時代、国語や古典で一度は聞いたことがあるフレーズ。
有名な「平家物語」の冒頭の部分ですが、正確な語訳がなくてもそれとなく現代人の心に染みてくる。もう何百年も前から今の時代を生きる人間の姿を予言しているような表現。いや、人間という生き物は今も昔も本質的には何も変わってないよという証明なのか。


働き方に関する記事はよくチェックしておりますが、こんな記事が目に留まりました。

「1社に人生ゆだねる方がハイリスク」
間近に迫る「定年レス時代」あなたはどう生き残る



記事内容は読んでいただければと思いますが、私がこの記事を読んで真っ先に頭に浮かんだのが、諸行無常=平家物語 でした。

良かれと思って進んだ先が「ひとへに風の前の塵に同じ」となる可能性が高まっている時代。転職に躊躇しているのはそんな危険性を感じているからなのでしょうか。しかし良かれと思って現状維持・転職回避もまた「ひとへに風の前の塵に同じ」になる時代。なんか映画「BIRD BOX」の世界ですな。「目を開けたら、最期。」みたいな ^^; じゃあどうすんだよ?とか聞かれても困りますが。


今できること、準備することは
多くの収入ネタ・収入手段を作っておくこと。
一つの仕事・働き方に依存しないこと。
いろいろな収入の組み立て方を考えておくこと。

突然の変化に備えてあらゆるパターンを想定し、こう来たらこうするみたいな囲碁将棋のような戦いと考えればわかりやすい。
面接だっていろいろな回答を用意してるでしょ?

あらゆるサイクルが短くなっている時代、いつまでも制度や条件が続いていくと思ったら大間違い。状況・環境に応じて自分自身を進化させていかないと、もう生きてはいけない社会なのです。


軽運送の仕事は単純であるがゆえ、そこに変化が起きた時に対応できる心身になっているかどうか怪しいもの。朝起きて配達してテレビ見て寝る〜の毎日が、知らず知らずに自分を退化させていることに気付かないと。イチローのように常に準備を怠らない者はいつでもどこへいっても長く活躍することが可能になる。
諸行無常を乗り越えて強く生きていきましょう!







posted by ガラダマ at 14:11| Comment(0) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月03日

しっかり充電してました

年明け2日目の昨日は3日からの仕事(副業)開始に備え外出もせずたっぷり充電しておりました。

私は基本的にテレビを見ませんが(昨年は有馬記念を副業先の駐車場で見たぐらい)、昨年末の紅白は本当はサザンやユーミンが出るのでリアルタイムで見ようと思っていたのですが、ちと調べ物で集中してましたので自宅にいたのに見ておりませんでした。なので今日は昼間からYouTube見まくり。

昨年の紅白はかなり評価が高かったようですが、もう米津・ユーミン・サザンで満足度は相当なものでしたね。やはり普段テレビでお目にかかれない人の生の演奏は、ネットで聞き慣れている人にとっても極上のエンターテイメントですね。

個人的にはユーミンの「やさしさに包まれたなら」は大好きな曲なので、イントロを聞いただけでジーンとこみあげるものがありました。歌詞の中で「目にうつる全てのことは メッセージ」というフレーズは、人が成長する過程においてとても大事にするべきだと思ってます。私達、本当は見えているのに見逃してしまっているメッセージ、これまでたくさんありましたよね?親の愛情とか。自分が親の立場になってようやく気付くみたいな。

aiko さんがユーミンの登場からずっと涙してましたけど、久々に純粋に美しい涙だと思いました。ああいう感情を出せる機会があることは幸せです。音楽や人の持つ魅力・力はやはり素晴らしい。人より上に立ちたいとか出世欲みたいなエゴ・競争に明け暮れる世界に疲れている多くの人々の心に響いたのは当然かも知れません。

サザンの「希望の轍」のイントロも、「これから行くぞー!」みたいな気持ちを奮い立たせます。ユーミンもサザンも新しい年を前にして、なかなか味のある選曲をしてくれましたね。最後の「勝手にシンドバッド」はもう1年を忘れて騒ぎたいという国民の潜在的な欲求のはけ口になって良かったのではないでしょうか。紅白は国民の忘年会みたいな位置付けの方が成功するかもしれませんね。公共放送を意識して杓子定規なイメージのNHKですが、最後はユーミンとサザンの個性の前に助けられたのではないでしょうか。


それにしてもレコード大賞、毎年の不可解な選考にはもう呆れてしまいますね。誰がどう見ても昨年は DA PUMP の「U. S. A. 」でしょ。テレビ見ないオジサンだってそう思いますよ。もうオープンに国民投票で決めたらどうなんですかね。



2020年、東京オリンピックが開催されます。
前回の東京オリンピックの時、私は既にこの世に生を受けておりました。そして奇しくも人生2回目の東京オリンピックと同じ年同じ夏に還暦を迎えます。生の感動を目に焼き付けてみたいという気持ちもある中で、開会式には多くのコメント同様、ぜひこの曲を使って欲しいと思い、貼り付けさせていただきました。曲・歌詞とも世界に向けて日本の底力を見せつけてやれる盛り上げ方が出来ると思っておりますし、渋谷で騒いでいる方々のエネルギーも集約したりしたら壮大なパフォーマンスとなるのではないか?
私も還暦に向けてのMYテーマソングとして自分を鼓舞していきたいと思っております。昨日もこの映像を見て今年に向け充電しておりました。是非見てやってください!

積荷オヤジ 還暦に向けてのテーマ(東京オリンピック推薦曲)





posted by ガラダマ at 02:53| Comment(2) | コラム:感性貧語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

プレ還暦イヤー

皆様、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。


横浜エリアは好天で穏やかなお正月を迎えております。
私にとって1年の中では貴重な何もしなくて良い日がお正月。
働き方改革で元旦を休みにしているお店も出てきているようですが、まだまだサービス業は休めませんね。現代は仕事上の繋がりが過密すぎて、1社だけ、1業種だけ、という単位では休むこともままならない縛りの社会になってしまっている。

運送業なんて典型的な休めない仕事のように思われていますが、実際はお盆や年末年始を数日間連休にしている会社は結構あります。12月の大繁忙期を何とか乗り切り、心身ともにグッタリしているドライバーさんに充分な休養を与えられないような会社は間違いなく人は集まらないし、やがては淘汰されていく運命。普段強欲な経営者も背に腹は代えられず渋々休業としているとか(笑)

正月の年賀状配達とかケータリングで走り回っているドライバーさんのおかげで、私たちはコタツの中でまったりして正月を楽しめるということに改めて感謝したいですね。まったりしているドライバーのお前が言うな!ってツッコまないで〜^^;


私もいつの間にか来年に還暦を迎えてしまいます。ホント人生なんてアッと言う間に過ぎてしまいますな。それでもこんな歳になってもまだまだいろいろとチャレンジしようと思えるのは、健康な体と強い好奇心のおかげ。会社員を続けていたらたぶんブログなんてやってないしチャレンジなんてしていなかったでしょう。もしかしたら心身ともにメタボになりもうこの世に存在していなかったかも。実際、会社員末期の時には健康診断の数値がかなり悪くなっていましたから。軽運送業始めて最初の3か月間で10kg体重落とせたぐらいですから、会社員続けていたら相当危うい橋を渡っていたかも知れませんね。


機会ある毎に働き方改革に関係する話をさせて頂いておりますが、今後のテーマは「60歳以降の収入をどう創っていくか」ということに集中していこうかと。幸い軽運送業というのは定年もないし現実に70代の方が何人も現役で頑張っているような世界。深刻な人手不足で参入ハードルも低く、下手な転職するよりストレスも少ないし収入だって会社員に負けず劣らずです。運送業に特化して月収70〜80万稼ぐ人もいれば、私のように他と違った働き方を取り入れ満足度を上げていくこともできる。指示待ち族でなければいくらでも自分に合った働き方が可能なわけで、年相応に調整していけば70歳超えても安定した収入を確保できます。

年金がどうなるかわからない将来、70歳でも1日4〜5時間の週5ペースで月収15万ぐらいの収入は大きい。年金支給開始までをどうしのぐかという切実な問題への一つの対策にはなる。が、私は単なる収入手段としてだけではなく、そこにもう一つ二つ味付けを加えたいと考えています。そこを解決することがシニア世代の働き方改革と胸を張って呼ぶことが出来るのだと。


そういう具体的な目標があれば、人間まだまだ先へ進めます。
しかし、ただ歳を重ねることと進歩することは全然違います。
いつも夢や目標を持っていたいものですね。


今年読んでおきたい「働き方」に関する書籍




posted by ガラダマ at 15:54| Comment(2) | 軽運送のお仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする